2017
01
15

ヴィア・デル・エンメ

大阪福島に昨秋できたイタリアン ヴィア・デル・エンメさんhttp://www.viadelemme.com/に行ってまいりました。

とあるお世話になった方が母国(仏)へ帰られるとあって特別にワインは持ち込ませて頂いての会。5名にて。

IMG_5001.jpg
IMG_5002.jpg
IMG_5029.jpg
ヴェシェ BRUT
酸、ミネラルがピシッと通っていて、イイ!!

IMG_5003.jpg
IMG_5004.jpg
渡り蟹のズッペッタ、サフランのアランチーニ
カニのエキスが濃厚~~~!!
IMG_5025.jpg
コルトン・シャルルマーニュ 2007年 ラペ ペール・エ・フィス
若いかな・と思いきや、抜栓直後からエンジン全開!
蟹に合う合う!!🎵

IMG_5006.jpg
鰆のインサラータ

IMG_5024.jpg
バローロ1997年 バルトーロ・マスカレッロ
久々の熟成バローロだな。
若いネッビオーロは個人的にあまり好みではないが、これぐらい熟成すると角が取れだして(まだまだ熟成できますね)トリュフや腐葉土、ジビエそのもののようなニュアンスが楽しい。
フォアグラとも鉄板ですな。

IMG_5026.jpg
お顔がちょっぴり汚れてる
Ch.クリネ 1993年
状態良く、立ち上がりは予想通りまだ若々しさが残る。

徐々に開きだし、健全で優等生的メルロー。

IMG_5008.jpg
フォアグラ ババ、エピスのメレンゲ。
素晴らしい逸品!
ワインとのマリアージュも最高!!

IMG_5009.jpg
IMG_5010.jpg
鮟鱇と冬野菜、箸休め的にコルシャルの開き具合をチェックしながら。
この時期に春を感じるお料理は、本能的にうれしくなります。
体は冬眠中の時期ですが本能的に春を楽しみにしている感覚を感じる。。。素晴らしい。

IMG_5011.jpg
IMG_5014.jpg
IMG_5017.jpg
仔牛の香草パン粉焼きは燻製ソースとチーズの後掛け系🎵
薫香が素晴らしく、保険的予備ワインのバローロ1964年 ボルゴーニョも開けてみることに。



IMG_5027.jpg
バローロ1964年 ボルゴーニョ
若い!状態がすこぶるいい!
VT聞かされなかったらせいぜい80年代くらいまでしか予測でき無かったろうな。
ネッビオーロ強いです。

古酒って、すんごい古くても蔵出しとかでピカピカのエチケットだったりするとなんだかテンションが上がらなかったり、どこでどんな状況で保管されててん!どんだけエチケット汚いねん、な古酒がオーラを振りまいて実際めっちゃ美味しかったり、といろいろありますが、程よく汚れていた方が趣あって喜ばれたりして、状態のリスクは上がるけどある程度汚れていた方が味わいはこなれていたりして・・・・そうとも限らんかもですが、難しいし面白い。

IMG_5028.jpg
シャンボール・ミュジニー レザムルーズ 1980年(VTラベル欠損) ロベール・グロフィエ
まさしく、こんなええわいん、なんでVTシール欠損してまうねん。。なボトルですが、状態良かった。。
この、心配しながら開けてみて香り良し味よしでホッとするこの快感が古酒の魅力の一つだな。
華やかな香りがトーン高く、序盤から楽しめる。
酸も綺麗で華やか。
やはりブルゴーニュは素晴らしい。
80年ということで、奥行きに馬力は少なかったものの、いい経験できました。


IMG_5018.jpg
猪肉のラグー
いやぁ、旨いっす!!
お料理めちゃ旨い!!


IMG_5020.jpg
ティラミス・デル・エンメ

IMG_5022.jpg
アーモンドプラリネのエスプーマ、ヴァニラのムース

IMG_5023.jpg
IMG_5030.jpg

オーナーシェフの前田さん他皆さんソムリエでもあられ、今回の件についてもワインの銘柄からお料理を考えていただき見事なお料理でした。

わがまま放題、すみませんでした!!

お勧め間違いなし!ごちそうさまでした!!!!!!!!!!
スポンサーサイト
2017
01
13

ギャロ ガレージ/GALLO GARAGE

年末に訪問したんですけどね。
バタバタしててアップできておりませんでしたので。

ギャロさんの3店舗目、ギャロガレージさん。

画像メインでご紹介🎵

IMG_4799.jpg
IMG_4813.jpg
IMG_4801.jpg
ハイボールも充実だったり、生ビールはマネキンのオパイから注がれる(笑)


オーナーシェフ川添さんいわく、どこを切りとっても「ギャロガレージ」と分かるような内装、ということで「これでもかっ!!」っていうほどのこだわりまくりの店内。
面白いわぁ。
到底画像だけでは伝わり切れませんので是非、行っていただきたい。
よくぞここまで・・・・・な圧巻の作り込みですよ。

IMG_4802.jpg
IMG_4803.jpg
IMG_4804.jpg
IMG_4806.jpg
IMG_4807.jpg
IMG_4809.jpg
IMG_4811.jpg
IMG_4812.jpg
IMG_4815.jpg
IMG_4816.jpg
もちろん、お料理も、それはそれは最高でした!
脂身の少ない赤身のお肉はさっぱりしてていくらでも食べれてしまう。

グラスワインも豊富に取り揃えられていて・・・・また神戸がザワつくこと間違いないです。
2017
01
07

新年一発目!業務用試飲会のお知らせ。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

昨年は例年にも増して、「お勧めしてもらったワイン、美味しかった~!!」というお声をたっくさんいただけた気がした一年でした。

日々の朝練、昼練、夕練などの特訓(FBにてちょいちょい更新中)の成果と、輸入元各社様のご協力(試飲提案いただけるありがたいお話)、年間5000品目を超える(大体数えてたらこれ以上でした🎵)ワインのテイスティングの中から選んでお勧めしている弊社ならではの精鋭揃い品揃えが、皆様に「美味しい」という形でお伝えできたことに「ワインの楽しさを少しでも多くお伝えできたかな?」と思える一年でした。


2017年もより一層、お客様にご満足いただけるご提案ができるようガンガン試飲して、面白楽しいワインの世界へ皆様をいざないまくりたいと思っております(笑)

今年もセンチュリーからは、目が離せませんよ🎵

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下記、2/15(水)、業務店様向けの試飲会が決定いたしました。
(一般の客様はゴメンナサイ。改めて、一般方もご参加いただける試飲会のお知らせも後日アップさせて頂きます。)

是非、ご参加くださいね。

テーマは「100%単一ブドウ品種のワインと美味しいロゼ」
テーマを設けて行うのは、下世話な話かもしれませんが、少しでも貴店のホールスタッフの方々などのセミナー的な要素で、「学び」の要素を取り入れたい、という思いがあります。
社内研修の一環としてもぜひご利用いただければ幸いです。

弊社とお取引のない飲食店の方々も遠慮なくご参加ください!

ワインを盛り上げていきましょう!!

ikuta20170215.jpg

2016年も終盤ですね。

年末年始もセンチュリーは突っ走りますよ!

通常は火曜定休をいただいておりますが、27日火曜は通常営業!

30日までが通常営業。(大口のご注文はできるだけ、早め早めにご依頼くださいませ!)

31日は店頭販売のみ、15時ごろまで。

年始は1月4日から通常営業となっております!

ワインのご用命はセンチュリーまで!!

どうぞよろしくお願いいたします!!

2016年末POP JPEGデータブログ用


■ここから先は備忘録。
先日、男塾で空いたえらいこっちゃなワインズat まん乃さん。。

IMG_4523.jpg
NV(2013) セドリック・ブシャール ローズ・ド・ジャンヌ・コート・ド・ヴァル・ヴィレーヌ
・ピノ・ノワール100%ブランドノワール。
ガス圧やさしめ。味わいはふくよかで心地よいミネラルを感じる。
程よくドライで飲みやすい。いいシャンパンだ。


・1991 シャブリ(ドーヴィサ)

・1991 シャブリ 1er ラ・フォレ(ドーヴィサ)
1991年ドーヴィサ水平!
マニアックやなぁ~。よくこんなんもってはるわ。。

で、村名シャブリの黄金糖のようなとろみある熟成感に思わずにんまり。
こういうことよね~~~~~~~~~~!!!🎵
とろけたミネラル、栗の様な甘み。素晴らしい!

フォレは液色が村名よりも明るく、こちらはこちらでまた違った奥深さ。
村名ほどの甘さはなくミネラルの奥行きがあり、やはり1級のポテンシャルを感じる。
時間が経ってからの持ちがよく、まだ熟成がもう少しできる余力を感じられる。


・ヴォーヌ・ロマネ(ルネ・アンジェル)????(VT不明)
私がフランスで買い付けてきた1本。現地価格6000円くらい。
R師匠からのリサーチいわく86年以前のエチケットデザインとな。
こんなワインが転がってるから、現地調達は辞められない。。。

で、気になったのがキャップフォイル。
ルモワスネって書いてある。
コルクにも情報なしですた。。。
内容はというと、これはこれは遊べる内容で飲み頃ピークな甘旨。
古いから、「ローヌのシラーとかちょっと入れてた時代じゃない?」みたいな会話で盛り上がったり。


・リシュヴール 1970年 Louis Affre
こちらも現地調達系。
薄旨でグッとゴージャス感が出てくる。
複雑でエレガントで・・・・・よかった🎵


・ジュヴレイ・シャンベルタン VV 2004年 フーリエ
お口直しに…といってもフーリエだしバックヴィンテージだし…贅沢な話。
熟成系と比べてみると美味しいがもっと熟成させてほぐしたくなりますね。
2004年から想像される少し青い感じがあり杉?のようなすこ~しネガティヴな、と言っても十分に美味しい中での話。


・コルトン ブレッサンド 1986年 トロ・ボー
うん。なるほどうまい。
トロ・ボーの赤はこれくらい寝かせないと、個人的には少し人工的な硬さがほぐれてこないと思っている。
ジンワリエレガントでうまみがありなるほどコルトンの独特な石灰質を感じられる。

・・NV(2008) セドリック・ブシャール ローズ・ド・ジャンヌ コート・ド・べシャラン
〆シャンはシャンパイのシャンの畑違い!ってどんだけマニアックな会なんや。
やはり、ガス圧に関してこの生産者の思惑が見えてくる。
というか、先日、ルイロデレールのセミナーに参加したときにも話していたのには、シャンパーニュメーカーはガス圧、ガスはシャンパンの添え物、的な感覚でいるんじゃないだろうか。
スパークリングのカテゴリではあるが、シャンパーニュはガスを含む特別なつくり方の白ワイン、という概念。
近年、シャンパンメゾンもグラスメーカーも、良いシャンパンは「白ワイングラスで楽しんで」という話をよく聞く
→ガス感を楽しむのではなく、ガス感がある特別な飲み物=シャンパン、なのだなと。

肝心な、シャンパンの感想は、少しゆるい・・・?不安定感があるようなビオ的なニュアンス。繊細で優しいタッチで〆シャンにはいい感じ。



スミマセン。最近ブログがぜんぜん書ききれていない。。。お料理画像割愛スミマセン。。。ガンバリマス。

IMG_4509.jpg
画像は当日いただいたオマールエビの生前のお姿。お料理すごすぎた。。

2016
11
20

ESTNATION 神戸BAL ANNEX

ESTNATION 神戸BAL ANNEX のNEW OPENに先駆けて、レセプションパーティーにご招待いただきました🎵

IMG_4255.jpg
IMG_4291.jpg
オサレやなぁ~~

IMG_4285.jpg
IMG_4284.jpg
IMG_4289.jpg
IMG_4287.jpg

芦屋から、コシモプリュスさんがケータリングされていて、なんでも600名分を振舞われるとのことで・・・すご・・・・。
http://www.koshimo.net/

小霜シェフ、シニアソムリエ 小林さん、お会いできてよかったよかった。カッコイイ。


エストネーション内4Fにある、今をときめくお花屋さん、ニコライ・バーグマンとのコラボケータリング。

4階のニコライ・バーグマンプロデュースのNomu Kobeというカフェもオサレ満開でした。
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28047643/IMG_4292.jpg
お土産までハートを射抜くパフォーマンス。

勉強になるわ~~

JR三ノ宮駅ビルも建つとか聞いてるし、これからのKobe熱いです!!!
2016
11
03

たまにはワイン以外・・・

そう、表題通り、センチュリーズは日夜、ワインにとどまらずワイン以外のお酒にもビンビンにアンテナ張って日々過ごしております!

最近見つけたオススメアイテム。

IMG_4087.jpg
マルサラ ネットショップ



料理用で、お客様からのご依頼につきお取り寄せしたマルサラ酒の弊社在庫分が気になって開けてみた。
あっ!少し甘くって
「ウマ~イ🎵」


1Lで1800円!

「ヤス~イ🎵」



アルコール度17.5%(多くのワインが11~15%くらい)

「ハヤク酔エ~ル🎵🎵」


酒精強化ワインなので抜栓しても

「日持ちスルゥ~」


めっちゃいいじゃん!!

スペインのシェリー、ポルトガルのポートワインとマデイラワイン、そしてマルサラワインが4大酒精強化ワインと呼ばれていますが、相場の値段がマルサラだけはかなり安い!という盲点に気付いた!(もちろん上等もありますヨ)

レストラン様(特にイタリアン。マルサラはシチリアで作られてますので)にはグラスでの提供を強く強くお勧めしたい。

アルコール度が高いと味わいにもボディがあり、お肉料理などにも負けないで楽しめる!!

もちろん、お料理用とも併用できる!

なんて経済的なお酒なんだ!




はい。続きまして・・・・



14590486_1530447216970763_1436277178480631166_n.jpg
画像左は、ワインです。珍ワイン🎵

地中海に浮かぶマルタ共和国産白ワイン。(シチリアの南)

ワイン説明:
1919年に創立したMarsovin社はマルタ島の優れた気候条件の下で、葡萄栽培及び醸造技術の向上にたゆまぬ努力を重ねてきました。
映画「TROY」の撮影地で、撮影中はブラッド・ピット、オーランド・ブルームがMarsovin社に滞在し、そのワインの素晴らしさを褒め称えました。
卓越されたマルタ共和国のワインをぜひお楽しみください。

樽のがっつり利いたシャルドネ!

遠路はるばる、よーこそおいでなすった!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
画像右は、地元 灘の沢の鶴さんの熟成古酒1996年物をベースに、紀州の南高梅を漬け込んだ
1996年熟成古酒梅酒
3000円税別。

おもろいなぁ。

食前酒に。中国料理の食前酒なんかに!?面白いかなぁ。

アルコールは10%でさらりとお楽しみいただけます。




14666175_1515360798479405_4852937716620981892_n.jpg
麦焼酎 鬼嫁(笑えない(笑))


そんなところでしょうか🎵

まだまだ、あります。ご来店お待ちしております!


IMG_4098.png
毎日のように行っている朝練(FBで日々更新中https://www.facebook.com/winehousecentury/?ref=aymt_homepage_panel)は、テイスティングだけじゃありません。

抜栓も訓練訓練。
2016
10
28

音音にてホドルス・クリーク

そう、初めての、本日3ネタ目の更新。

やりだしたら止まらない性格でしてね。

hodorusu_.jpg
昨日は、オーストラリア ヤラ・ヴァレーよりホドルス・クリークのオーナー フランコ様ご来店。

6種類試飲といろんなお話レクチャー受けて・・・



夜は三ノ宮の音音さんにて会食🎵
IMG_4035.jpg
IMG_4042.jpg
和食に合わせてピノ・ブラン、ピノ・グリ。
もちろんこの後シャルドネも。

いまさらながら、と言いますか、こちらの生産者で学べたのか、ハイコスパなヤラ・ヴァレーのワインズに胸キュン(笑)

ヤラ・ヴァレーがいいのか、ホドルス・クリークがいいのか、今後検証の余地あり。

とにかく、安くてうまい!(カエルの絵のシリーズは皆上代2800円だったはず。)

IMG_4045.jpg
お料理、シェフソムリエ京町さんの安定感あるお料理に舌鼓。

海外の生産者が来日された場合の多くは、輸入元の営業マンさんがいろんな得意先に生産者を連れていくため、例えばイタリアワインの生産者はせっかくイタリアから来たのに和食を食べさせてもらえず日本でイタリアンばかりの会食で帰っていく・・・という悲しい話が毎日のようにある業界。

今回は、ワインと和食をゆっくり楽しませてくれるいいお店で会食出来て本当に良かった。

hodorusu.jpg
IMG_4049.jpg
このシャルドネ(上代5000円)めちゃくちゃイイ!!

IMG_4051.jpg
激うま茶碗蒸し!

IMG_4052.jpg
IMG_4054.jpg
IMG_4059.jpg
IMG_4060.jpg
IMG_4062.jpg
最近、ありがたいことに毎日のように生産者のお方々を輸入元さんがお連れしてきていただいて。

刺激的だわ。

つくづく感じますが、ワインにも人柄でますね~。

お料理のシェフと似てるかも。

とにかく、オススメワインに出えた有意義な夜でした🎵
2016
10
28

神戸 出汁 豚しゃぶ まん乃

思い立ったら、たまっていた分のネタを一気に書きまくる。。。

暫くおもいっきりさぼっていたクセに。

本日二回目のブログアップ。


自分の雑な性格に嫌気がさしている今日この頃・・・・
雑さが隠せなくなって来たと強く感じる。。。


もう二週間以上前のネタですが・・・、甲南山手駅南数分のところにある「まん乃」さまに行ってまいりました。
まん乃
http://まん乃.jp/tenpo.html
IMG_3868.jpg
IMG_3872_.jpg

IMG_3870.jpg
いきなり圧巻!!
浜ゆでのカニを香住から、早朝便にて直送してもらっているとか・・・・
これだけでも確実に食べに行く価値あり!な一品。

IMG_3871.jpg
IMG_3873.jpg
IMG_3874.jpg
IMG_3876.jpg
IMG_3877_.jpg
IMG_3879_.jpg
スペアリブ!!

IMG_3883.jpg
豚しゃぶ用のストウヴ鍋登場!

IMG_3885.jpg
IMG_3887.jpg
昆布もこだわりまくりな説明をいただきながら。

IMG_3895.jpg
IMG_3897.jpg
IMG_3902.jpg
IMG_3904.jpg
IMG_3905.jpg
薬味にも抜かりなし!


IMG_3907.jpg
もちろんお米も土釜で、最高です!

IMG_3908.jpg
IMG_3909_.jpg
IMG_3910_.jpg
「ここは竜宮城か!!(笑)」を連呼してしまったこちらのお店。
もとはラ・ペーラという中華のお店だった場所。

オーナーさんは同じで業態転換されたんですね~。いやいや素晴らしかった!!

ぜひぜひおすすめですよ🎵
2016
10
28

ルッカ

う~ん、なかなかブログが書けていなくって最近不甲斐ない。。。

毎日、面白いワインやワイン以外のお酒の発見が続いたりで、我ながらセンチュリーの魅力に磨きがかかってきたと我ながら思う今日この頃🎵

昨晩の夕練も、今朝の朝練も超おモロかったな。。おいおいご紹介していかねば。。



話は変わって、、、

先日、(といっても結構経つんですが)ファットリア ルッカさんに行ってまいりました🎵
IMG_3804.jpg
小皿料理もグラスワインも超充実でワインラバーには最高に楽しいお店ですね~

IMG_3805.jpg
IMG_3807.jpg
IMG_3809.jpg
IMG_3812.jpg

IMG_3815_.jpg

で、六甲道でルッカさんが新しいお店出されますヨ🎵

IMG_3990.jpg
IMG_3991.jpg
ヴィア ルッカさん

楽しみだ!!!!!
ご来場いただいた皆様、誠に有難うございました!!!

前回の生田神社での試飲会でも行ったのですが、初心者向けセミナー、いかがでしたでしょうか???

ご参加いただいた方々の一部からはお褒めのお言葉を頂戴したりで、少しほっと胸をなでおろしているところです。

IMG_3852.jpg
IMG_3853_.jpg

口頭での少しお急ぎモードのぶっこみ系でいろいろお話させて頂きましたが、また機会がありましたらいくらでもこんな感じでレクチャーできますので、お得意先の皆さまはお気軽にお声がけくださいませ。



下記、弊社はこんな感じのスタンスでおります🎵
IMG_3837.jpg
よろしくお願いいたします。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター