2017
07
15

STEAK HOUSE V

北新地に新しくできたSTEAK HOUSE Vさんにて久々の男塾🎵
※画像メインで失礼します。

IMG_7686.jpg
IMG_7687.jpg
IMG_7688.jpg
アンドレ・クルエ
安定したおいしさ。
少しセラーで寝ていたのかな。熟したニュアンスも楽しめる。
アフターにビターがほのかに楽しい。

IMG_7690.jpg
手込んでますね~

IMG_7693.jpg
シェフの竹嶋さんは元 和食ご出身とのことで和のエッシェンスがふんだんに盛り込まれた前菜。

IMG_7695.jpg
IMG_7696.jpg

ピュリニー・モンラッシェ 1988年 ジャン・ボワイヨ
立ち上がりは「ピーク過ぎな感じかな?だけど美味しい・・」ってな感じから、30分後くらいかな?ぐんぐん伸びてきて、めちゃくちゃ素敵な古酒に大変身。白ワインはゆっくり飲まなきゃわかりませんねぇ。


ピュリニー・モンラッシェ 1er cru レ・ペリエール 1991年 ルイ・カリヨン
立ち上がりは明確に、と思えるほどスケール感も感じられたし酸がしっかりととおっており骨格もしっかり。
果実味もまだしっかりと感じられる。いやいやいい古酒だ。




IMG_7697.jpg
IMG_7705.jpg
ヴォルネイ 1er cru 1976年 ダンジェルヴィーユ
予想通り、まだまだ力強いです。
出汁系旨味。好み的にはまだ5年~くらい置きたいかも。
状態が素晴らしいってのもあると思うな。


IMG_7707.jpg
エシェゾー 1985年 ミュニュレ・ゴーション
飲むの初めての生産者。
う~ん、少し漬物的な独特香。
本来の状態ではないのか・・・

IMG_7706.jpg
グラン・リュ 1964年 フランソワ・ラマルシュ
ラベルほとんどなし。。。
1er cru時代の検証を・・・
!!!!!!!!!!!!!!!
久しぶりに「キターーーーーー!」
この感じ、久しぶり。このワインにおいて香りの頂点に近い気がする。
グラスの中での変化は複雑かつ早く、口をつけるごとに印象が変わっていく。
ワインにとって熟成って大事な要素だと改めて実感。


IMG_7699.jpg
お肉は神戸牛、近江牛、USプライムと、でしたが国産が美味いのかと思いきや、USプライムの燻製肉がめちゃくちゃ美味しかったです!!

IMG_7700.jpg
お塩各種も面白い🎵

IMG_7701.jpg
ハヤシライス。

IMG_7702.jpg
IMG_7704.jpg
ソムリエの松下さん、安達さんともにハンサムで、調度品も目を見張るものばかり。

お店はビルの1,2階で二階は個室となっています。
優雅過ぎるひと時でした。
無理ばかり言って申し訳ありませんでした。。

熟成・・・・・・大事です。
勉強になりました!!!
スポンサーサイト
2017
07
13

ワイン基礎講座のご予約受付開始!!

19894997_1361092094009283_6202165771124570294_n.jpg
久保正和先生によるワイン基礎講座、ソムリエ試験に向けた受験予備校座の予約受付開始です!

ワインをもっと楽しみたい方や来年のソムリエ協会呼称資格試験の受験を考えてらっしゃる方のための講座です。

12名以下の少人数講座できめ細やかに講義をしていただきます!!


お早めにお申し込みくださいね。
2017
07
12

ワインセミナーお手伝い【備忘録】

IMG_7676.jpg
IMG_7675.jpg
①櫻正宗 焼稀 協会1号酵母 純米酒
チーズ:サント=モール・ド・トゥーレーヌ 1本

②ミッシェル・リンチ ボルドールージュ 2015年(ボルドー メルロー、カベルネ・ソ-ヴィニヨン)
チーズ:オッソ・イラティ 100g

③ブルゴーニュ パストゥーグラン  レクセプション2009 ミッシェル・ラファルジュ(ブルゴーニュ、ガメイ)
チーズ:ブルサン・アイユ 2個

④ポール・バラ グラン・クリュ ブリュット レゼルヴ(シャンパーニュ ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%)
チーズ:コンテ18カ月熟成 100g

⑤ヴォルネー 1er cru クロ デ スワッサント ウーヴレ2012年プス・ドール
(ブルゴーニュ、ピノ・ノワール)
チーズ:エポワッス 1個
おいしさ、ポテンシャル、しっかりと感じます。
素晴らしいワインだ!ただ、がっつり熟成がほしいところですね。


⑥アルテンベルグ・ド・ベルグハイム グラン・クリュ 2009 (マルセル・ ダイス)
アルザス  
ブドウ:リースリング、ゲヴュルツトラミネール、トカイ、ピノ・ブラン、シャスラ、 ピノ・グリ、
ピノ・ノワール、ミュスカ…など
チーズ:イディアザバル 100g
すこ~し甘い、リースリング、ゲヴェルツを強めに感じるアロマチック仕立て。
美味しいです!


⑦シャトーヌフ・デュ・パプ・キュヴェ・ショーパン 2014年 ジャナス (ローヌ、グルナッシュ100%)
チーズ:フルム・ダンベール 200g
こちらも、20年ほど熟成させたい。
図1_

センチュリー&輸入元:アズマコーポレーションさんとのコラボ企画!

「生産者と楽しむワイン会!」を企画いたしました!!
※お昼の部、夜の部アリ!

来日する生産者:
南仏ラングドックでオーガニックでワインを造るドメーヌ・バサック。
当主であるルイ氏は、独学で日本語をマスターするくらいの大の日本好き。
普段聞けないフランスの話、ワインの話。日本語が話せるルイだからこそ、なんでも聞けちゃいます!!
夏の夜にみんなで楽しくワインを飲みませんか??

ドメーヌ・バサック←クリック

ワイナリーの素敵な画像がいっぱい見れます
http://www.salud-japan.com/?s=300142←クリック
バサック1


1406840458c0c247a4d2c48b1999b673_s.jpg
ルイ氏は親日家で日本語も堪能との事。しかも男前やん🎵
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※いずれも一般の客様も参加可能です。
★お昼の部
日時:2017年 7月20日(木)14時~17時
場所:ワインハウス センチュリー 3階セミナースペース シエクル  芦屋市東山町7-21-3F 0797-34-0045
参加費:無料
アズマコーポレーションさんご協力の元ドメーヌ・バサックのワインを含む約20種類を試飲していただけるまたとないチャンス!!
もちろん、ルイさんとも会っていただけますヨ。
参加人数を把握したいので、メール(info@century-jp.com)かFAX(0797-34-0642)へお名前・ご連絡先・ご参加人数をご連絡ください!


★夜の部
日時:2017年 7月20日(木)19時~21時
場所:リニューアルしたホテル竹園1Fにあるマグネットカフェさん🎵
http://takezono.co.jp/magnetcafe/

3マグネット

1マグネット

2マグネット

●場所:ホテル竹園芦屋 マグネットカフェ
   〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町10ー1

●会費:3,000円(軽いおつまみ付)定員20名
参加方法:info@century-jp.comへお名前・ご連絡先・ご参加人数をご連絡いただくかFAX:0797-34-0642までお申し込みくださいませ。 
(こちらから返信がない場合はお手数ですが、ワインハウスセンチュリー 0797-34-0045 までお問い合わせいただけますと幸いです。)

※定員になり次第締め切らせて頂きます!既に数名様エントリーいただいております。お早めに!!!!!!!
年に二回、弊社主催で行っているBIGワインイベントのお知らせです!!

来る8月22日(火)に16年目(年に二回)となる、ワインハウス センチュリー主催の大試飲会
「第16回 ワインテイスティング IN 芦屋 Bの会」を開催いたします!


好評ご予約受付中です!!!

どんなイベントか簡単にご説明させて頂くと、予約制で1000円のご予算で200~250種類の、ワインを主としたお酒が試飲でき
て当日特価で予約注文できる大試飲会。

出展されるお酒のテーマは今回、



★★★「フランス、ニューワールド他のワイン&食前・食後酒」★★★


ワイン専門店ならではの超楽しい商品提案をさせて頂けたら・・・
そんな思いで全力を出し切る所存でございます。

一般のお客様は、当日10000円以上ご注文ご予約をご指定用紙に書いて提出していただきましたら、弊社に
入荷でき次第、代引き便にて送料と代引き手数料、クール便代はセンチュリー負担にて随時発送させて頂きます。

続々と、美味しそ~~~~~なワインズの 出展が決まってきています。
※要予約
この機会をぜひお見逃しなく、お気軽にご参加くださいませ♪??




詳細は下記のとおり:

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃の格別なご愛顧を感謝し心より御礼申し上げます。
ワインは食生活の“宝石”を合言葉に、皆様方に幅広く味わって頂く弊社主催のワインの試飲会を今年も下記の
通り企画いたしました。この機会に是非お越しいただけますようご案内いたします。

テーマ:
「フランス、ニューワールド他のワイン&
              食前・食後酒 大試飲会!」

日  時:Bの会 平成29年8月22日(火) 
14:00~19:00

場  所: ホテル竹園芦屋 3F 飛鳥の間   

TEL 0797-31-2341
主  催:株式会社 センチュリー
〒659-0091 芦屋市東山町7-21
TEL :0797-34-0045   FAX :0797-34-0642
メールアドレス: info@century-jp.com

出展業者:ヴァイ&カンパニー、モトックス、日本グランドシャンパーニュ、豊通食料、飯田、アズマコーポレーション、稲葉、
ボンド商会、三国ワイン、エノテカ、徳岡、ヘレンベルガーホーフ、AMZ、コートーコーポレーション、ブリストルジャポン、
kpオーチャード、nakato,、チョコヴィック・ジャパン、ワインハウス センチュリー(順不同、敬称略)  

出展ワイン:約200~240種類予定。比較試飲多数あり! 酒精強化ワインも含みます!

対  象 : 飲食店関係者、ワインに興味のある酒販店、酒類小売り卸業者様、一般のワイン好きの方。

目  的 : ワイン文化の啓蒙、及び特別価格による予約販売。 (一部、有料試飲あり)

参加費用: 各会¥1,000 

定  員 :  400名 【完全予約制】
・お支払いは当日受付にてお願い致します。お車でのご来場はご遠慮願います。
(※お申込みはFAXもしくはメールにてお願い致します。FAX:0797-34-0642)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<参加お申し込み>
□ Bの会に参加します。(8月22日(火))
ご住所:
お名前:                   様 

お電話:      -         -    
(合計    名)

e-mail:                                   
(各種イベント等をご案内するセンチュリーメールニュースに自動的にご登録させて頂きます)


IMG_5811.jpg
※画像は前回の様子。


2017会Bの会
2017
06
26

社内シャンパンセミナー

アオセフランスのマックスさん(フランス シャンパーニュ地方 ランス出身 イケメン🎵)にシャンパーニュセミナーを弊社社内向けに開いてもらいました。

7519_.jpg
もちろん日本語で(笑)
彼、リヨン第3大学日本語学科卒でシャンパーニュで日本人向けのメゾンガイドととして200軒以上見学した後、日本に来て日本で輸入会社を立ち上げた頑張るマン。
私が先日、シャンパーニュを視察に行った際にも大変お世話になりました。
シャンパーニュのこと、なんでも知ってます。

7522_.jpg
ソムリエ資格を取るようなタイミングでしかなかなかニュートラルにシャンパーニュのお勉強ってしないもんなんですよね。
輸入元さんが行うセミナーは必ず輸入した商品を販売するための生産者についてのセミナーがほとんどですから。

ということで、純粋に「シャンパーニュについて」のお話をみっちり二時間以上していただきました。


シャンパーニュについての裏話とか、なかなか興味深い「へぇ~まぢで・・・」、な少々残念な!?お話などいろいろ聞けて超興味深く、センチュリーズ経験値ア~ップ!!

IMG_7521.jpg
我々がお客様にフィードバックするのはもちろんのこと、商品を売るのではなくて武器になる基礎知識や豆知識を学べる機会をお客様に提供しなくては・・・・と強く感じました。

新たな企画、考え中です🎵
2017
06
16

ワインサロンお手伝い【備忘録】

IMG_7469.jpg
7468_.jpg


1【酸味(触覚・聴覚)】
Champagne
●タルラン BRUT ZERO    ピノ・ノワール、シャルドネ、ピノ・ムニエ
パルミッジャーノ・レッジャーノ 100g
キレよくシャンパーニュ特有のミネラル感。


2【甘味】
●富久錦 FU 純米酒
トロンチェット 2個


3【甘味=残糖分ではない果実味による】
●Torres Milmanda  シャルドネ 2013年 スペイン カタルーニャ
ブリヤ・サヴァラン・アフィネ 1個
樽がしっかりと効いたシャルドネ。


4【酸味】
●ゼルバッハ オスター ツェルティンガー カビネット トロッケン 2012
(ドイツ、モーゼル、 リースリング)
フェタ樽熟成・オーガニックPDO 200g
しっかりキレのいい辛口。



5【酸味+甘味】
●ゼルバッハ オスター ツェルティンガー シュロスベルグ シュペートレーゼ 2007年
(ドイツ、モーゼル、 リースリング)
ブリヤ・サヴァランア・ラ・パパイヤ 0.25個(125g) 
バックヴィンテージによる酸の角の取れ具合。ついつい飲んでしまう絶妙の甘さ加減。


6【酸味+渋み+甘味+熟成】
●シャトー ラネッサン 1998年 
カベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー20%、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド5%
シュロップシャー・ブルー 100g
程よい飲み頃。


7【酸味+渋み+甘味】
ボルドー左岸
●リオン・ド・バタイエ 2014年      ポイヤック、カベルネ・ソーヴィニヨン主体
スティルトン 100g
バックヴィンテージを飲んだ後はすごく若く感じる。



8【アルコールによる甘味】
●デュポン カルヴァドス オル・ダージュ 
カマンベール・ド・ノルマンディ 0.5個(125g)
食後に少しだけ。乙です。
2017
06
11

寿し おおはた

いろいろとご縁あって、北新地の人気お寿司屋さん 寿し おおはたさんに行って参りました。

IMG_7414.jpg
IMG_7415.jpg
いきなり持ち込みスミマセン。。。

ピエール・カロ クロ・ジャカン 
味わいだけではきっとブラン・ド・ブランとは言えてないだろう分厚く濃い味わい。
でもミネラルしっかり、全体のトーンが高くまとまっている。
特徴的な、単体でもしっかり楽しめるシャンパーニュとしてぜひ取り扱ってみたいと思った。


IMG_7416.jpg
IMG_7417.jpg
IMG_7418.jpg
ヴォリューミーなアテの数々🎵

IMG_7420.jpg
ムルソー クロ・ド・ラ・バール 2008年 コント・ラフォン
し、師匠!コレ、めっちゃくちゃ美味いやないっすか!!!!!!!
※あ、この日もP師匠と一緒でしてん。。
ピーク入りたてな、しかも想像を大きく上回るスケール感。
バール、ラフォンと言っても村名ですし、08ですし、と過小評価していた自分に反省。
流石のコント・ラフォン。。

7422_.jpg
IMG_7423.jpg
IMG_7424.jpg
IMG_7425.jpg
酢飯は三種類を使い分ける。
絶妙なシャリ硬で米の噛み応えが楽しい→米でここまで楽しいと思ったお寿司屋さんは初めて。
水にもこだわる。
何を聞いても随所にこだわりが。
お寿司、本当に素晴らしいです。


IMG_7427.jpg
IMG_7428.jpg
IMG_7429.jpg
IMG_7431.jpg
ムルソー ジュヌヴリエール 1990年 アンドレ・ブルジョワ
かなりの濃い色調。。。一瞬やな気がする。
味わいも立ち上がりややアルコール感も飛び気味か?と思わせるピーク過ぎなニュアンス。

時間とともに、味わいが返ってくる感じ。
ギリギリセーフかな。
ミネラルのほどけ感、古酒好きなあのお方ならお褒め頂けるかも、な好みが分かれるギリギリ感。
あ、ちなみに私はこれくらいの古酒は逆にドキドキも楽しめるし味わい的にも好きなんです。

IMG_7433.jpg
IMG_7434.jpg
IMG_7435.jpg
IMG_7436.jpg
IMG_7438.jpg
IMG_7439.jpg
IMG_7440.jpg
IMG_7441.jpg
美味しいお寿司とワイン、至福の時でございました。
わがまま放題申し訳ありませんでした。

ごちそうさまでした!!!!!
2017
06
09

フェルトンロード×オーベックファン神戸

ニュージーランド南島・セントラルオタゴにあるフェルトンロードの醸造家 Blair Walter氏 来日によるディナーに参加しました。

私も2011年に訪問したことがある生産者ということで🎵楽しみ~。


食事の前に、プロジェクターを使用してのワイナリー紹介。
グラヴィティフロー、1997年がファーストVT、オーガニックで有機栽培、自然酵母、こだわりぬいた造り。

IMG_7347.jpg

IMG_7349.jpg

IMG_7357.jpg

IMG_7358.jpg
IMG_7360.jpg
IMG_7361.jpg
・フェルトンロード リースリング バノックバーン 2015年
やや甘で酸がしっかり通っており食前に一杯いい感じ。

ありがたいことに、ターニングポイントとなったらしい2011年物を水平。
偶然にも訪問したVT。


・フェルトンロード シャルドネ 2011年
樽が強く、果実味をマスクしている立ち上がり。バランスがあまり良くなかったが時間とともにまとまりだす。

・フェルトンロード ピノ・ノワール バノックバーン 2011年
果実の力強さがあり安定感があっていいワインだ!

・フェルトンロード ピノ・ノワール カルヴァート 2011年
力強く複雑で開くといい感じなのだが、立ち上がりに苦みが立つ。
1時間ぐらいでまとまりだした。

・フェルトンロード ピノ・ノワール コーニッシュポイント 2011年
もっとグッと凝縮した味わいと果実の甘味。
熟成が利くNZの最高峰だと頷ける。

なるほど~。





IMG_7362.jpg

IMG_7368.jpg
IMG_7369.jpg


201706091.jpg
お料理も美味しかった~。

勉強になりました!

個人的にはバノックバーン ピノ・ノワールが良かった。
現行VTも気になるNZ最高峰、ただいま弊社在庫アリですよ🎵




苦楽園の人気中国料理 ベル・ロオジエさんと大阪のフレンチ ディファランスさんのコラボイベントに参加させて頂く。

※画像メインで失礼します。


IMG_7225.jpg
IMG_7226.jpg
グラシンアハは安定の美味しさ。

IMG_7227.jpg
IMG_7229.jpg
IMG_7232.jpg

IMG_7233.jpg

IMG_7234.jpg
シャブリ 1er cru フォレ 2002年 フランソワ・ラヴノー
時間と共にほぐれてきて、安心安定、美味しゅうございます。

IMG_7235.jpg
コラボと言っても色々ですが、今回、多くのお皿の中でシェフ同士がコラボしていて、ソースと素材それぞれコラボしてます、的なお料理が多く面白い。


IMG_7238.jpg
IMG_7239.jpg
IMG_7241.jpg

IMG_7244.jpg

IMG_7246.jpg
アロース・コルトン 1er cru ラ・トプ・オ・ヴォール 2012年 ティボー・リジェベレール



IMG_7248.jpg

IMG_7249.jpg
お隣には、実は師匠もお越しになられていて・・・・
ラヤスのフォンサレット2003年だったかな?も頂いちゃったり。
こちら画像失念。。。めちゃ旨かったっす。


IMG_7251.jpg
IMG_7254.jpg
IMG_7257.jpg
サマートリュフがっつり。
原価度外視!(嬉)


IMG_7259.jpg
Ch.ランゴア・バルトン2006年 

IMG_7261.jpg
IMG_7262.jpg
メインのお肉も超肉厚で美味しかったです♪

IMG_7264.jpg
IMG_7266.jpg
IMG_7267.jpg
IMG_7269.jpg
IMG_7272.jpg
IMG_7273.jpg
IMG_7274.jpg
コラボイベント、シェフ同士が意識し合いながらも得意技の出し合いしたりしてるんだろうなぁ、な渾身のお皿が楽しく貴重な機会でした。
有難うございました~~!!!!!!!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター