2016
08
27

鶏天

夙川の人気店 鶏天さまへ🎵

IMG_3230_.jpg
ハイボールで乾杯。
最近ビールは控え気味。歳取りました。。。
スッキリ辛口で好印象🎵

IMG_3232_.jpg

IMG_3233.jpg
IMG_3236.jpg
ぺルソン ローダスィゥーズ・ブリュットNV 
ブラン・ド・ブラン
スッキリきりっと。いろいろシャンパンも豊富にストックされていて楽しいです。

IMG_3237.jpg

IMG_3238.jpg
IMG_3241.jpg
IMG_3242.jpg
この肝絶品でした!!!


IMG_3245.jpg
ヴォーヌ・ロマネ 1996年 ベルナール・マルタン・ノブレ
骨格しっかり。
どんなかなぁ~と思いながらのチャレンジでしたがこれがこれがまだ若さも残る良い酒質。
こういったワインに当たると気分いいです🎵

IMG_3248.jpg
鶏丼で〆

美味しかったぁ。よく流行ってられる。今回は二階のお座敷でゆったりでした。

あ、ちなみにワインも充実されています。

素敵なお店だわ。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト
2016
08
26

直心

この日はP師匠と直心さんへ。

IMG_3196.jpg
剣先イカ ウニ

IMG_3198.jpg
いつも持ち込み、スミマセン・・・
シャブリ 1er cru ヴァイヨン 1999年 ラヴノー
少し酸化香なニュアンス。やや梅酒な熟成感。
ちょっと待とう。。。。
思惑より結構熟成進んでるな。
シャンパン古酒のニュアンス。
徐々にミネラル感がほぐれてくる印象で甘くない黄金糖みたい。
熟成香が強めで、半分くらい飲み進めたところでミネラルがほどけて美味しさが開いてきた印象だったが・・・
すこ~し熱劣化もあったのか・・・・微妙な判定。

IMG_3200.jpg
タコ

IMG_3203.jpg
さんま

IMG_3205.jpg
シャブリ対決
シャブリ グランクリュ ヴァルミュール 1995年 ヴェルジェ
素晴らしい樽香!!!
密の香りも出てくる。
余韻も膨らみ香ばしい。
結構しっかり目の樽で果実がマスクされるのでは。。と思いきやのポテンシャル。
グランクリュたる所以だよな。
アペラシオンを聞かされずに飲むとシャブリとは答えないだろうな。


IMG_3207.jpg
金目鯛

IMG_3208.jpg
クエ

IMG_3210.jpg
マグロ ボタン海老

IMG_3211.jpg
マナガツオ

IMG_3214.jpg
茄子

IMG_3216.jpg
天然すっぽんのしんじょう

IMG_3218.jpg
トリにピノ・ノワールのシャンパンを持ってくる🎵
セドリック・ブシャール ローズ・ド・ジャンヌ プレスル2011年 ブラン・ド・ノワール
柔らかい。甘味あり優しいシャンパーニュ。
ガス圧も優しく香りはフレッシュ。
甘味が結構あって初心者に受けやすい印象。
しかし、激レアですよね・・・・・

IMG_3219.jpg


IMG_3222.jpg
牡蠣

IMG_3224.jpg
四角豆

IMG_3225.jpg
鯛飯

IMG_3227.jpg
イチジクの田楽風、餡子乗せ


いやいや、お料理素晴らしかったです。。
感動の嵐。
シャブリはこんなにもタイプの違いがあるのか。ま、熟成も経ていて状態も異なりますが、結構熟成シャブリの経験って少ないな。
深堀してみたいかも・・・


勉強になりました!!!
ありがとうございました~~~~~~~~~!!!!!!!!!
2016
08
21

コシモプリュス×ランコニュ コラボイベント

コシモプリュスさんにて、パリでのイタリアン レストランで勝負されている檜垣シェフ来日に伴い「コシモプリュス×ランコニュ」 コラボレーションイベントをされるということで行ってまいりました。

ランコニュさん→http://restaurant-linconnu.fr/ja/#accueil


IMG_3141.jpg
お二人とも素晴らしい経歴・・・

IMG_3142_.jpg

シャルルプジョワーズでシャンパイ。


201608211.jpg
流石、小霜シェフ。百戦錬磨なので程よい緊張感なご挨拶。

IMG_3140_.jpg
とってもシャイな檜垣シェフ🎵

進行される小林シニアソムリエの安定感も素晴らしいです。
お客様がリラックスして安心している雰囲気を強く感じる。

IMG_3127_.jpg
シャンパイはシャルルプジョワーズ。
ふくよかで美味しい。

IMG_3146.jpg
左が檜垣シェフ、右が小霜シェフのアミューズ。
少し男っぽさを感じる檜垣シェフのお料理に対し、小霜シェフの繊細複雑な、いきなり対照的なアミューズはとても興味深かったです。



201608212.jpg
夏輝(牡蠣)とグラニースミス、胡瓜のジュレ、軽いブッラータ【檜垣シェフ】
牡蠣は水深深くに居る奴、とのことでブリンブリンで臭み全くなし。素晴らしい!!

IMG_3182.jpg
ワインはペアリングにて、すべてを委ねる。
キュヴェ・ブレディフ ソーヴィニヨン・ブラン 2014年
スッキリでとがらない酸が気持ちよくエクセレント!!


IMG_3150.jpg
今回特別に使用された生のナッツを見せていただく。へぇ~。

201608213.jpg
鱧とフォアグラのハーブフリット とろとろ茄子【小霜シェフ】
いつもながら細部までビンビンに手が込んでいて複雑。
余韻ある味わいです。


201608214.jpg
エリクシール ブラン2013年 (ルーサンヌ60%&ヴィオニエ40%)
ふくよかで厚みがあり凝縮した味わいの茄子のソースによく合う!



IMG_3162.jpg
IMG_3163.jpg
カッペリッティのブルターニュ風【檜垣シェフ】

IMG_3183.jpg
テヌータ・デッレ・テッレ・ネレ エトナ・ロッソ
ネレッロ・マスカレーゼ

オマールエビのソースということで、一見白を合わすのかと思いきや、イタリアンへのオマージュも込めてのまさかのイタリア赤!
こちらがよく合う。
オマールからくるしっかりした出汁、香りがネレッロ・マスカレーゼとナイスマリアージュ!


IMG_3164.jpg
パンのバターは皿によって使い分け🎵




IMG_3167.jpg
鮮魚とトリュフ 夏蕪と茸【小霜シェフ】
出た!3Dチュイル!

IMG_3170.jpg
ヴィレ・クレッセ 2008年 ドメーヌ・ド・ラ・ボングラン 
貴腐が混じるブドウ使用。
程よくこなれた熟成もありとろみがあるがシャープな酸もあり綺麗で非常に美味しい。



IMG_3175.jpg
極秘入手の生のアーモンドなんかも見せていただきながら・・・

IMG_3171.jpg
ラカン産ピジョンのロティ 崩したトウモロコシのミルフィーユ【檜垣シェフ】

IMG_3184.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン 2004年 ジェラール・ラフェ
ピジョンはこれまた全然臭みがなくしっとりジューシー。トウモロコシの甘さ、崩したミルフィーユのクリスピー感・・・・なるほど五感でいくつも楽しめる要素が詰まってる。
そこに合わせる熟成ジュヴレイ・シャンベルタン。
もう至福です。
2004年ラフェはちょうど今が飲み頃トップギアな印象!


IMG_3176.jpg
ブドウと紫蘇のデザート

IMG_3178.jpg
小菓子。

IMG_3179.jpg
カフィで〆。


夢の競演でした。
パリに行ったらぜひ、檜垣シェフのお料理も食べに行かなければ!

素敵な時間をありがとうございました!!!!!!!!
2016
08
13

無事終了!ワインテイスティング IN 芦屋

無事終了いたしました!
ワインテイスティング IN 芦屋。

ご来場いただいた皆様、誠に有難うございました!!!

201608091.png
IMG_2805.jpg
IMG_2807.jpg

今回は我ながら、レベルの高いワインや食前食後酒ばかりで非常に勉強になる会となりました。

ご協力いただいた輸入元の皆さま、ホテル竹園さま、ありがとうございました!!!
2016
08
07

買い付け

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■8/9(火)開催「ワインテイスティング in 芦屋」(センチュリー主催の大試飲会)の詳細は下記URLまで!!
http://www.century-jp.com/event/diary.cgi

ご予約お待ちしております!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

7/31~8/5までフランスにワインの買い付けに行ってまいりました。

古酒からカジュアルレンジの面白系までいくつか見つけることができ非常に有意義な出張となりました。
IMG_2639.jpg

IMG_2647.jpg

IMG_2659.jpg

france2.jpg

france1.jpg

パリは非常事態宣言中ということでなかなか気分的にどこか緊張した感じ・・・

でも、やはり現地まで赴くことはワイン屋として非常に大事なことだな、と改めて感じました。

トレンドや価格の動向、気候や食文化。何回行っても刺激を受けるものですね。

採用したワインズは夏が終わり涼しくなってきたころに入荷予定。

お楽しみに♪
輸入元ヘレンベルガーさんの計らいで、ドイツナンバー1生産者、フリードリッヒ・ベッカーから息子のベッカー君(36)来日でご来店🎵

童顔やけど年齢聞いたらいい大人やん(笑)
IMG_2515.jpg
IMG_2428.jpg
7種類テイスティング。

ベッカー君、めちゃくちゃカジュアルなお人柄で、わんぱく少年なイメージ(笑)

元総合格闘家だった経歴も・・・


お昼ご飯をご一緒に🎵ということで、ベルロオジエさん訪問です。

IMG_2440.jpg
IMG_2442.jpg
乾杯はベッカーさんとこのプティ・ロゼにて乾杯。


IMG_2445.jpg
温かいスープをワイングラスに🎵

IMG_2447.jpg
焼きなすのジェラート。ほっほ~~~

IMG_2451.jpg
IMG_2455.jpg
フォアグラ無花果のモナカ

IMG_2457.jpg
ベッカー君、昼からガンガン飲むし・・・・
フーバーさんのヴァイサー・ブルグンダー超限定品。

IMG_2460.jpg
トウモロコシ、サマートリュフ、ワイルドライス、金華ハム、ベーコン
メニューは食材のみの表記。しかし食材の種類の多さもさることながら、お昼からめちゃくちゃ手込んでます。

IMG_2461.jpg
鮎、モッツァレラ、大葉、黒ニンニク、オクラ、枝豆、キュウリ、十三香粉
春巻き。
お昼の方が、やや中華を思い出せる!?(中国料理なんですけどね。夜はいつもフレンチかと思う・・・)アレンジだとシェフ岩崎さんはおっしゃられてました。

IMG_2466.jpg
鱧、ズワイガニ、冬瓜、金糸瓜
上湯スープ。綺麗なお味。いやぁ美味い!

IMG_2468.jpg
ガンガン飲むベッカー君につられて。。
ブルゴーニュ・ルージュ 2013年 ロッシュ・ド・ベレーヌ
ピュアチャーミングでいいですね。

IMG_2470.jpg
マナガツオ、海老、乾焼、ガルバンゾー、甘長、パプリカ、蕪
食材、いくつか読めません・・・

IMG_2472.jpg
パンならぬ・・

IMG_2475.jpg
高原但馬鶏、トマト、油淋、ジャガイモ、丸茄子、インゲン
夜とはまた違ったテイストで、っていうかお昼からお料理気合入りまくり。
すごいお店だ。。

IMG_2477.jpg
杏仁豆腐、桃、桂花陳酒、ヨーグルト

IMG_2480.jpg
プティフール

IMG_2482.jpg
中国茶で〆

bekka-kunn.jpg
洋風料理はもちろんのことですが、こういった高級アジア料理系にベッカーさんのようなドイツワインとマリアージュを考える、みたいな機会というのは生産者にもっともっとアプローチしていきたい、と常々考えていたところでした。

ベッカーさんのワインをはじめ、ドイツワインは中国料理にも非常に相性がいいと思いますしフレンチでは当たり前の、「お料理とワインのペアリング」が中国料理、そして、和食でももっともっと進めば、食の世界のレベルはもっともっと多様化して面白くなるのに・・・

たいへん勉強になりました!!!!!!!

ベッカーさん、ヘレンベルガー山野さん、ベルロオジエ岩崎さん、ありがとうございました!!
改めまして、センチュリー主催の一大ワインイベントのご報告!!!

来る8月9日(火)に15年目となる、ワインハウス センチュリー主催の大試飲会


「ワインテイスティング IN 芦屋」
開催いたします!

好評ご予約受付中です!!!



どんなイベントか簡単にご説明させて頂くと、予約制で1000円のご予算で200~250種類のお酒が試飲できて当日特価で
予約注文できる大試飲会。


出展されるお酒は上代3000円以上のフランス、ニューワールド他とそれらの国の食前酒&食後酒も。


今回、今までと大きく異なるのは「上代3000円以上」を謳ったことと、「食前酒、食後酒」もテーマに盛り込むことで、もっと
フォーカスを絞ったご提案ができたら、新しい味を発見していただけたら・・・そんな思いで全力を出し切る所存でございます🎵


一般のお客様は、当日、5000円以上ご注文ご予約をご指定用紙に書いて提出していただきましたら、弊社に入荷でき次第、
代引き便にて送料、代引き手数料はセンチュリー負担にて随時発送させて頂きます。




続々と、期待大なワインズの出展が決まってきています。
※要予約
この機会をぜひお見逃しなく!!!!!!!




詳細は下記のとおり:
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<第15回 ワインテイスティング IN芦屋>

皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃の格別なご愛顧を感謝し心より御礼申し上げます。
ワインは食生活の“宝石”を合言葉に、皆様方に幅広く味わって頂く弊社主催のワインの試飲会を今年も下記の
通り企画いたしました。この機会に是非お越しいただけますようご案内いたします。


           記

★テーマ:
「上代3000円以上のフランス、ニューワールド他ワイン
            &
 フランス、ニューワールド他の食前・食後酒 大試飲会!」




●日  時:Bの会 平成28年8月9日(火) 
14:00~19:00 
(いずれもどの時間帯に来ていただいても結構です)


●場  所: ホテル竹園芦屋 3F 飛鳥の間   
TEL 0797-31-2341


●主  催: 株式会社 センチュリー     
〒659-0091 芦屋市東山町7-21
TEL :0797-34-0045   
FAX :0797-34-0642
メールアドレス: info@century-jp.com


◆出展業者  :
ヴァイ&カンパニー、ヴィレッジセラーズ、モトックス、日本グランドシャンパーニュ、ファインズ、豊通食料、飯田、アズマコーポレーション、稲葉、ボンド商会、三国ワイン、エノテカ、徳岡、ヘレンベルガーホーフ、AMZ、コートーコーポレーション、チョコヴィック・ジャパン、ワインハウス センチュリー(順不同、敬称略) 



●出展ワイン:約200~240種類予定。比較試飲多数あり! 酒精強化ワインも含みます!

●対  象 : 飲食店関係者、ワインに興味のある酒販店、酒類小売り卸業者様、一般のワイン好きの方。

●目  的 : ワイン文化の啓蒙、及び特別価格による予約販売。 (一部、有料試飲あり)

●参加費用: 各会¥1,000 

●定  員 :  400名 【完全予約制】

・お支払いは当日受付にてお願い致します。お車でのご来場はご遠慮願います。
(※お申込みはFAXもしくはメールにてお願い致します。FAX:0797-34-0642)


_____________________________
                
     <参加お申し込み>

□ Bの会に参加します。(8月9日(火))


ご住所:〒       -                                     

お名前:                     様 

お電話:        -      -      

(合計       名)

e-mail:                 


ワインのある生活をもっと身近に🎶
是非、ご来場お待ちしております!!!!!!!!!!!!
2016
07
14

ウンドラーガ

昨日は、チリから来日中の生産者ウンドラーガ社のヘッド・ワインメーカー RAFAEL URREJOLA氏とエキスポートマネジャーのAXEL VADE P.氏と、輸入元三国ワインさんのありがた~いはからいで会食させて頂く。

場所は、福島のブラッセリー エールさん。

小道を入っていく面白いつくりの、これまた風情のあるお店!(画像失念)

二階の個室にて🎶

IMG_2335.jpg
IMG_2336.jpg

IMG_2338.jpg
サーモンと沢山のお野菜の蒸し料理をチョイス。

なぜなら、初お披露目のロゼ スパークリングがあったから。

unndora-ga

IMG_2340.jpg
ウンドラーガ シバリス グラン・レゼルヴァ ピノ・ノワールも。
果実味が元気で、やっぱハイコスパやなぁ~!!


IMG_2382.jpg
乾杯は少し硬~い表情。

IMG_2379.jpg
最後にほぐれた表情にて撮りなおし(笑)

IMG_2378.jpg

チリの事情についていろいろいろいろ聞きまくらせて頂きました。

何でも、こちらのウンドラーガ社、
チリ大統領三代続いて御用達だそうで・・・・(驚!!)

ごちそうさまでした!!!!!!!!

2016
07
08

コシモ・プリュス

この日は、大事なお客様とお久しぶりのコシモ・プリュスさんへ。

IMG_2213.jpg

IMG_2214.jpg
IMG_2215.jpg
シャン杯はシャルル・プジョワーズ  ブラン・ド・ブラン
スッキリ気持ちイイ🎶

IMG_2217.jpg
牛と豚を合わせたパテを詰めた蒸しパン。
箱の中にはスポイトに入ったエキストラヴァージンオリーブ油が忍ばせてありまして・・・一口目はそのまま、二口目はオイルをかけて楽しむ・・・・乙だなぁ。

IMG_2219.jpg
剣先イカとセロリ イカのチュイル
イカは生と火入れされたものが混ぜ合わさってます。
とにかく手が込んでいて、作る工程の説明を聞くのも楽しみの一つですね。


IMG_2221.jpg
イヴ・キュイユロン ルーサンヌ・ヴァン・ド・フランス レ・ヴィーニュ・ダ・コテ 2012年
ああ~~~いい!
ルーサンヌ、やっぱり好きだわ。


IMG_2222.jpg
IMG_2223.jpg
鮎2016’ トマトとキュウリの香り
年々チャレンジと進化を遂げている鮎の一品との事。
淡路のフルーツトマト、玉ねぎを使ったソースも素晴らしい!!!
何よりも、繊細な骨のトッピングによる視覚的な美的感覚にやられます。


IMG_2226.jpg
クレピ 2014年
レマン湖南端、シャスラ100%
瑞々しく、繊細な鮎には完璧なマリアージュ!


IMG_2227.jpg
ゴールドラッシュ
・冷製スープ コーヒーゼリー!?&コーヒーアイス!?
これがこれがなぜか合うんだなぁ。驚きのマリアージュ。

IMG_2230.jpg
ヴーヴレ 2005年 ドゥミ・セック 
ほっほぅ~~~~。
コーンの甘味に寄り添う。勉強になります。。。

IMG_2232.jpg
ゴールドラッシュでもう一品!
・ハモのフリット サラダエノキ ラー油!?のアクセント
チャレンジングなお料理説明に面食らうも食べると見事なマリアージュ!!


IMG_2234.jpg
牛タンの煮込み マイタケの3Dチュイル

IMG_2239.jpg
マイタケはめっちゃ3D(笑)
牛タンの断面も素晴らしい肉厚

IMG_2240.jpg
Ch.ベル・エール 2007年
見事に飲み頃!開いていてお料理とのマリアージュも感動もの!!


IMG_2245.jpg
マハタのロースト マッタケとアワビのスープ仕立て
先取りですね~。もうはやマッタケとは!


IMG_2243.jpg
ABC シャルドネ サンタ・マリア・ヴァレー 2014年
やっぱりカリフォルニア シャルドネ好きだわ。
近年、とても綺麗なつくりになっていますが、いい意味で分かり易く上品ではなやか。

IMG_2248.jpg
お腹いっぱいにならないように、このタイミングでのパン、という配慮。
ペッパー、海藻バター

IMG_2250.jpg
ハンガリー鴨胸肉のロースト トリュフとエスプレッソのソース 春菊のソース
いやいやいや、鴨の火入れ!見た目の美しさに脱帽です。
鴨肉の皮目と肉のエッジの効き方が半端ない。
もちろん味わいも。

IMG_2254.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン 2004年 トプノー・メルム 
あかん、素晴らしい!
ワインもベストタイミングの飲み頃入ってる。マリアージュも素晴らしい。

IMG_2252.jpg

IMG_2256.jpg



IMG_2258.jpg
キウイフルーツとピーマンのグラニテ  ヨーグルトのソース



IMG_2259.jpg
食後酒にちょいと、イザギレはスペイン産ベルモット!!
こうやって楽しむんだよなぁ。

IMG_2261.jpg
IMG_2263.jpg
桃のムース、ラベンダーのアイス、赤紫蘇のゼリー、ココナッツフレーバーのチュイル


IMG_2268.jpg
ミニャルディーズは箱入り。

IMG_2269.jpg
ここで指輪でも出てきたら・・・・・・・妄想してみたり(笑)


IMG_2267.jpg
IMG_2271.jpg
IMG_2273.jpg
〆カフィにはアイリッシュクリーム垂らして🎶

いやいや、毎度のことながら、参りました・・・・

素敵なお料理に素敵なサーヴィス。

レストラン関係(同業)のお客様が多いとの事、頷けます。
何かいいところを盗みに来るんでしょうね。
でも、魅力を作り出しているいろんな要素は小霜シェフとシニアソムリエの小林さんのお人柄によるところが大きく、真似たくても真似れない・・・・ところが大きな魅力だと思うんですよね。

自分磨きをするしかない!と思う今日この頃。

勉強になりました!!!
2016
06
30

ガッリレオ

この日は弊社棚卸、その後、壮行会を神戸元町のガッリレオさんにて🎶


まずは、棚卸後、店頭にてお疲れ一杯。
IMG_2140.jpg
アヤラ ブリュット・マジュール (黒ラベル)
アヤラ ブリュット・ナチュール ゼロ・ドサージュ (シルバーラベル)飲み比べ。
個人的には断然ノンドゼがイイ。と思ったらやっぱり2000円くらい高いんですよね~。

8人で景気づけに、アテもないのにシャンパン2本開けてから、レストランに向かう。。。みんな好きね。。





民族大移動して到着。

IMG_2148.jpg
ワインは、わがまま言って持ち込ませて頂く(スミマセン・・・)

カヴァのシャルドネ100%。ロジャーグラート
スッキリしていておいちい。
でも、まぁまぁなお値段なんだよね。エチケットが結構ポップなんでね。
激安シャンパンと同じくらいのプライスレンジ・・・戦えるか・・・・

IMG_2142.jpg
淡路のハモ、雲丹がふんだんに入ったスフォルマートに一同悶絶。
シャンパンに衝撃的に合う!!


IMG_2146.jpg
ニコラ・マイヤールのマリー・オンズ  
ニコラ・マイヤールのお手頃レンジ。エチケット変わりましたね。
以前より良くなったと思うぞ!コスパ高いです!
ピノ・ ノワール 6 0 % ピノ・ ムニエ 3 0 % シャルドネ 1 0 %。


IMG_2144.jpg
白魚と鰆の白子のガーリックトースト
シャンパンと・・・・最高だ

IMG_2151.jpg
チアユ、トウモロコシ、淡路のサザエのフリット。ドライケッパー、パセリのソース


IMG_2145.jpg
シャブリ 1er Cru フォレ 2002年 フランソワ・ラヴノー
樽香がいいよね。
う~ん、美味しいんだが、なんだかコアが弱い。
甘味ぐグッとくるかなぁ~と思って待ってみたが期待ほどには膨らまず。美味しいんですよ。02に期待しすぎたかも。


IMG_2153.jpg
ギリシャ産のからすみとアスパラのパスタ
いやぁ、美味しっス!


IMG_2155.jpg
ボンヌ・マール 2006年 ヴォギュエ
イイですね~。黒果実系の芳香。まだタイト目で若めですがいやいや大したもんだ。
奥行きの伸び幅が別格。
5年後再チェックしたいけどできないだろうなぁ~、な感じ。

IMG_2157.jpg
ロマネ・サン・ヴィヴァン 1995年 ルイ・ラトゥール
もっと開いてる。
ボンヌ・マールがやや陰な印象だったのに対しこちらは明るく朗らかな陽の印象。

でもでもでも、軍配はヴォギュエだな。
アフターがボンヌ・マールのほうがはるかに粘る。


IMG_2160.jpg
ソーセージと青豆のソースのオレキエッテ。


IMG_2168.jpg
サンファヴィアーノ・カルチナイアキャンティ・クラシコ グランセレツィオーネ・ チェッロレ  2008年 1.5L
おぅ!ジスイズ サンジョヴェーゼ。
なんだか久しぶりな気がする質の高いサンジョヴェーゼ。
マグナムのなんだか静かな印象も相まって、ブルのグランクリュの後でも大丈夫(笑)


IMG_2164.jpg
仔牛のロースのラグー マルサラソース
いやいやいや、お料理めちゃ美味しっス!!


IMG_2161.jpg
ラモン・ビルバオ ミルト 2008年
デキャンター誌でリオハNo.1ワインにも輝いたワイン。
がっつり濃い中にエレガントさアリ。

※画像失念
ゴルゴンゾーラとリンゴ、赤ワインのシャーベットがお口直しに出てきたんだが・・・・これがまためちゃくちゃ美味しかった🎵



IMG_2167.jpg
カシス入りチョコレートのムース、リコッタチーズとグラッパ入りのソース、パッションフルーツのフルーティホッパー
デザートまで手が込んでるなぁ。
一同大満足。

IMG_2169.jpg
弊社35周年を迎えましてね。
大変お世話になっているお客様から頂いた創業年産のリヴザルトなんかも開けちゃったり。
リヴザルト 1981年 M・シャプティエ
甘味はもちろんあるんだけど結構控えめで大人ビターな印象。
タニックさもしっかり。
チョコとの相性はばっちり。
いやぁ、勉強になったなぁ。


IMG_2181.jpg

ガッリレオの坂本シェフにはわがまま言い放題申し訳ありませんでした。

お料理感動いたしました。

ありがとうございました~~~!!!!!!!!


プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター