2006
05
20

ブドウの実!!



苗を買ってきて3年目。
我が家で栽培しているブドウに実がつき始めました!!

4月上旬に葉が芽吹いてからほんの1ヶ月ちょっとの間にブドウの木って驚くべきスピードで成長していくんですね。
100房くらいの赤ちゃんブドウが鈴なりです。

昨年は若い葉っぱをカナブンに食べられまくって実もほとんどつけませんでしたが今年は木も大きくなって今のところ虫にもやられていません。

我が家のブドウを見ながら今年の海外のブドウの出来を期待する今日この頃です。
スポンサーサイト
2006
05
19

シャンボール・ミュジニー1er生産者別飲み比べ



イル ガレット ネロさんでのワイン会の続き・・・。

●シャンボール・ミュジニー1er レ・クラ 2003 G・ルーミエ
若い木のような鉛筆の芯のような独特の香り。
口に含むと2003年の猛暑の影響か意外とこなれており果実味もありじんわり旨みが来る。
余韻にほのかな苦味が心地よくバランスも良くまとまっている。
時間と共に果実の甘みも出て、よく出来ているが若さの為か2003年産のためか他と比べるとやや単調。
でも充分合格点。熟成が楽しみなワイン。

●シャンボール・ミュジニー1er グリュアンシエール 2002 
デュジャック
色がやや薄い。
ルーミエとは又全く違ったニュアンスの若くして怪しげな香り。
口に含むと塩味のような旨みが強く、ルーミエよりもっとまとまりを感じる。
“だし”系のあとからあとから来る味わいがあり複雑みも兼ね備えていて万人受けするのではないかと思わせる安心感。
時間と共に酸味が少しづつ出てきてややバランスが変わりだした。
抜栓直後から1時間くらいが私的には好みでした。

●シャンボール・ミュジニー1er 2000 ヴォギュエ
これまた個性的な独特の少し骨太を思わせるシーフードやコーンスープ思わせる複雑な香り。
味わいも同様繊細で緻密で目が詰まっている、といった凝縮感。
時間と共に開いてくると“さすが!”の男っぽい味わい。
繊細でしっかりしているという絶妙の骨のあるバランス感覚がヴォギュエなのだと感じさせられました。
今飲みから熟成後まで楽しみな密度。
時間を経るごとにどんどん開いて旨みが増してきて最後まで落ちなかった。

S先生、F本様、貴重な経験をいつも有難うございます。
次回は白特集でお願い致します。
2006
05
19

イル ガレット ネロでワイン会



JR甲子園駅歩いてすぐにあるイタリアン“イル ガレット ネロ”にて持ち込みさせていただきワイン会をしました。

開いたワイン
・ブリュワー・クリフトン ランチョ・サンタローザ シャルドネ2003
 (カリフォルニア)
・パレオ 2001
・テヌータ ディ トリノーロ 1999
・シャンボール ミュジニー 1er レ・クラ 2003 (G・ルーミエ)
・シャンボール ミュジニー 1er グリュアンシエール 2002 (デュジャック)
・シャンボール ミュジニー 1er 2000 (ヴォギュエ)


●ブリュワー・クリフトン ランチョ・サンタローザ シャルドネ2003
 (カリフォルニア)
03とは思えない濃い黄金色。
ナッティー香やバターのようなオイリーな感じが見て取れる。
口に含むとはじめは若干ひねたような感じがあったが時間と共にいやみがなくなり心地よくなってきた。
少し高めの温度で楽しめたのが良かった。

●パレオ 2001 
評価の高いパレオの前オーナーの遺作。フラン100%にして最初のヴィンテージということもあり期待大で抜栓。
香りは“パーン”とグラスから溢れるエレガントでボルドーっぽいニュアンス。
口に含むと品があり質のいい酸をしっかり持っている。バランスよくまとまっているがまだ若いこともあり甘みの部分が少なく若干単調。
熟成に期待できる“イタリア”ワイン。

●テヌータ ディ トリノーロ 1999
力強い芳香と妖艶な液色。ディスクが長い。
口に含むと“おー!!”一気にテンションが上がる果実味のヴォリューム!
パワーもあり甘みも旨みもかなりのレベルの高さでまとまっている。
一口、口にしただけで余韻が長く複雑味もあり伸びがある。
心地よい旨み、塩味を感じる。
シルキーで滑らかでちょうど飲み頃のピークをここ数年迎え初めているといった大ヒット。
さらに熟成させるといいブルゴーニュのようなニュアンスも出てくるのでは?といった奥深さ。
トスカーナを甘く見すぎていて反省させられました。

続く・・・。
2006
05
04

ペルージュでお食事会



神戸の有名フレンチ“ペルージュ”に行ってきました。
神戸市中央区中山手通1丁目27-11-1F TEL078-242-4188

フォアグラ、アナゴや伊勢えび、かに、鹿や鴨等などの新鮮な食材をふんだんにしかも繊細に調理されたフレンチに感動!!

ヴォリューム満点で大満足でした。

そちらで頂いたワインについて。。。
●ブルゴーニュブラン 2003 ドメーヌ・レミ・ジョバール
ムルソーの造り手の手掛けるブルゴーニュだそうですが2003年産なのに
こってりさはなくきれいなバランスの取れた味わい。
樽の風味は控えめで品があり飲み安い。


●モレ・サン・ドニ 1er Cru レ・シャフォ 1997 ユベール・リニエ
色は鮮やかなルビー色。ディスクも長い。
若いなりに妖艶なしっかりした香りが出てきている。
口に入れてまず、心地良い若干の塩味を感じる。
酸味も品良くバランスよい。
あと5年ほどするともっと怪しさが出てきそうなポテンシャルを感じた。
何より特筆すべきは持続性あるしっかりとした香り。
2003年にこのワインの作り手が脳腫瘍でなくなったそうでこれからますます価格も高騰するだろう実力を感じた。

最近感じるワインに大事なものはバランスの良い“酸”!!
いいワインと思うものほどしかっりとしていていやみのない酸味が全体のバランスをつかさどっていると感じます。

幸せなひと時でした。

2006
05
04

新地の弘屋でワイン会

新地にある“弘屋”にてワイン会に誘っていただき行ってきました。
持ち寄りで開いたワイン
・エリック・ロデス シャンパン
・Chメルシャン 黄色香
・Provignage 1999 ロワール、プレフィロキセラ、ロモランタン種
・マコン・ミリーラマルタン2002 コント・ラフォン
・モレ・サンドニ 1er Cru クロ・ソルベ 2002ジャック・トロショー
・クスダ (g)2003 ピノ・ノワール (ニュージーランド)
・ソンホフ リースリング2002 (オーストリア)
・ボーヌ1er Cru セント・ヴィーニュ プロスペル・モーフ


●エリック・ロデス シャンパン
泡がとてもきめ細かい。
少し甘みを感じ柔らかくフレッシュでのみ良いシャンパン


●Chメルシャン 甲州 きいろ香
バナナのような甘やかな香りに驚かされた。
色はかなり薄い。
口に含むととてもさっぱりさわやかで若干の苦味を感じたあとに来る酸も程よい。
和食に合いそうなきれいな飲み口。

国産にしてはとてもレベルが高く、甲州種はあまり経験がなかったがしっかり個性がありとても面白い品種だということを知りました。


●ヴァン・ド・ペイ プロヴィナージュ 1999 ロワール、プレフィロキセラ、ロモランタン種(白)
色は濃く少し熟成した感じが見て取れる。
プラスティックのような複雑味ある独特の経験のない香り。
若干の果実味から来る乾いたような甘みがヴォリュームを感じさせるが後口はさらっとすっきり。
天然かんぱちを使った料理にも良く合う。


●マコン・ミリーラマルタン2002 コント・ラフォン
香りも程よく口に含むとさすが!コント・ラフォン!ミネラリーでバランスよい。
この作り手は依然にも思ったがバランス感覚がすばらしい。
若さも感じるが万人受けするまとめ具合。


●モレ・サンドニ 1er Cru クロ・ソルベ 2002ジャック・トロショー
最初、ブラインドでテイステイング。
若いのにダシ系の旨みがありインパクトあり。
酸、タンニン共に控えめなので若のみできる。
バラのような妖艶な香りが時間と共に出てきてなかなか楽しめるポテンシャル。


●クスダ (g)2003 ピノ・ノワール (ニュージーランド)
日本人“楠田さん”がニュージーランドで経営しているワイナリー。
ニュージーらしい甘みがあるがとてもきれいな造り。
雑味がなく手が掛かっているのが想像できる。
土壌の苦味、凝縮感もあり抜栓直後からしっかりした味わいが楽しめる。


●ソンホフ リースリング2002 (オーストリア)
ドイツでいうハルプトロッケンの味わい。
リースリング特有の自然の甘みが程よく感じられ癒される。
酸もしっかりしており食中にもほのかな甘みが旨みを引き立ててくれる。


●ボーヌ1er Cru セント・ヴィーニュ プロスペル・モーフ 1983
煮詰めたようなしっかりとした甘い香り。
凝縮感が強く酸は控えめでしっかりとしたお料理とあわせたい。
ニュイではない南のニュアンスを良くあらわしていた。



●アマローネ 1997 ヴィヴィアーニ
私がもち込んだワインでしたがフランスワインのあとに感じるのは、やや単調、複雑味にややかける。
辛口だけど甘み、凝縮感しっかり、もう少し時間を置いて飲んでやりたかった。

一度にこれだけたくさんのワインを飲み比べできて、貴重な体験でした。
今回は個性派のワインが多く新しい感覚もいろいろ体験できてとても勉強になるワイン会でした。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター