レストラン ペルージュ  神戸市中央区中山手通1-27-11-1F 078-242-4188 にてラモネのシャサーニュ モンラッシェ 1er リュショット 2000を飲みました。

予想以上に濃い色合いと樽のニュアンスを感じる香り。
口にすると香りに比例してしっかりとしたバターを感じさせるようなオイリーな味わい。
もっと易しい感じかと思いきや骨太の少々こってりタイプに感じました。
お料理もすばらしく前菜から魚介類がふんだんに使われていたので(あわびの前菜は圧巻!)メインのお肉までのお料理にはしっかり楽しめるボディのあるワインでした。
個人的にはこの時期もう少しさっぱりとした白をチョイスしたかったかな。。。
スポンサーサイト
2006
06
19

キスラー1995 デュレルヴィンヤード



我が家に、いつもお世話になっている西宮のS先生をお招きしてワイン会をしました。

開いたワイン
・クレマンダルザス ビネール1992 EX BRUT
・キスラー 1995 デュレル・ヴィンヤード 
・シャンボール・ミュジニー1985 ドゥデ・ノーダン
・シャンボール・ミュジニー 1er レ・ザムルーズ 1990 ル・ドゥーモン

●クレマンダルザス ビネール1992 EX BRUT
クレマンの1992自体が初めての経験!
抜栓直後はかなり強い熟成香。
口にすると甘みもありEX BRUTと表記してある割には果実味もしっかり残っていてボリュームも感じられる。
ガス圧もそこそこしっかりあり時間とともに熟成香も和らいできた。
シャンパンといっても全く遜色ないすごいポテンシャル。
3千円前後で手に入れられた代物と聞いてさらにびっくり、かなり楽しめました。

●キスラー 1995 デュレル・ヴィンヤード 
バターやナッティーな香りがしっかり!!
液色も濃くオイリーな感じ。
口に含むと果実の甘み旨みがすごい。ハチミツ等の要素も感じられるがしつこいような感じはまるでなく深い余韻も感動もの!
樽もしっかり利いているがいやみはない。
とにかく全ての要素のバランスのまとまり具合がすばらしい!
S先生いわく、“コシュデュリ ムルソー・ペリエールといい勝負”とのこと。
ブラインドで飲んだらフランスワインと答えてしまうかもしれない繊細で奥深いコクも持っている。
むずむず沸いてくるような旨みは言葉では表現できません。
大ヒットでした。

●シャンボール・ミュジニー1985 ドゥデ・ノーダン
微妙に妖艶な香り。(もっと香りほしい!!)
酸もしっかりしておりおいしいが奥行きにかける。
きれいに熟成を経てきているがやや単調か・・。
価格も当店店頭で一万円台半ばから行くともうちょっと手頃だといいなーと思わせる内容。

●シャンボール・ミュジニー 1er レ・ザムルーズ 1990 ル・ドゥーモン
フランス在住の日本人のネゴシアンのワイン。
“天・地・人”といった漢字がラベルにデザインされている。
シャンボールミュジニー飲み比べとなったがさすがプルミエクリュ。
香りがまず明らかに違い上回っている。
甘みの余韻も程よく、質の良い酸を持っておりまだ若さを感じる。
果実味もしっかりありまだもう少し熟成させても面白い。

いいワインと思わされるものはまず“香り”でかなり楽しませてくれることを実感しました。
それにしてもキスラーはすごかった!
S先生いつも有難うございます。
次、頑張ります。

2006
06
11

串かつとワイン



先日、弊社スタッフとともに“串かつ のぐち”さん芦屋市大桝町7-9-1F TEL0797-25-0557でワイン会をしました。
開けたワイン
・Ch.フューザル ブラン 1996
・バルベラ ダスティ アイ・スマ 2000
・ヴォルネイ 1er カイユレ 1993
・レオヴィル ラスカーズ 1982
・ドワジー デーヌ 1990

●Ch.フューザル ブラン 1996
のっけからすごいヴァニラ香!口に含むと酸は穏やかですこーしだけひねたようなニュアンスはあるが全然気にならない。
しっかりとした樽の味わいとソーヴィニヨン&セミヨンのマッチングがバランスよくセミヨンから来ると思われる微妙にアマっぽい果実味が印象的。
果実味と樽、酸のバランスが時間とともにあってくる!
1時間ほどで熟成ならではのまとまりを見せた。
ボディがあるので串かつに良く合う!!

●バルベラ ダスティ アイ・スマ 2000
きれいなルビー色。まだ新鮮さの残る若々しい香り。
口に含むとバラのような花の香りが口中に広がり上品な酸がストレートに感じる。
熟成したらもっともっと面白くなるであろうポテンシャルを感じさせる。
バルベラでここまで好く出来ているとは想像できなかった。
ブルゴーニュを思わせる繊細で優雅なワイン。

●ヴォルネイ 1er カイユレ 1993 ラ・プスドール
これまた強い芳香!
グラスからあふれんばかりのしっかりした妖艶な香り!
味わいは抜栓してすぐで飲み頃はまさに今!!と思わせる出来。
複雑味も出てきて面白い。ヴォルネイならではの力強いきれいな熟成によるバランスのよさが心地よい。
2時間ほどで酸味が出てきてバランスが崩れ始めた。

●レオヴィル ラスカーズ 1982 (ハーフボトル)
2度目のラスカーズ82!!
予想通り力強い香り。柔らかいプラスティックのような若々しく個性ある香り。
まだまだ硬い。
はじめは旨みがなかなか出てこない。
香りは超一流。
時間とともに隠れていた深い旨みが徐々に出てくる。
1時間位した頃にやっと、舌で感じるのとは又違う後頭部に感じるような旨み?余韻?(うまく表現できません)が出てきた。
以前、飲んだときと同じ感覚。
もう少しゆっくり飲んであげたかった。

●ドワジー デーヌ 1990
ロゼワインと貴腐ワインの間のような濃い色調。
刺激の少ないセメダインのようななんともいえない強い香り。
とろとろのオイリーな液質。
口に含むと口いっぱいに広がるまとわりつくような甘みが品良くすごいうまい。
余韻がいつまでもじんわり残る。
これが貴腐ワインか!
まだまだ先も楽しみな印象に残るワイン。

今回はヒットの連続で串かつもおいしく頂き大満足の会となりました。
熟成の力がワインをさらに面白くさせることを痛感させられた会でした。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター