2006
08
28

コンヴィヴィアリテでお食事会。

大阪の“コンヴィヴィアリテ”さん 大阪市西区新町1-17-11-1F 
TEL06-6532-4880でお食事会。
いつもお世話になっている西宮のS先生と新地のフレンチのオーナー様と行ってまいりました。

安尾シェフの気合の入ったお料理とともに・・・・。
・ジャン・ヴェッセル セック 
・フィサン 1er クロナポレオン 2002 ドメーヌ・ピエール・グレン
・Ch.ヌフ デュ パープ 2003 ドメーヌ・セネショー


・ジャン・ヴェッセル セック
セックだけあってほんのり果実の甘味を感じるがいやみはなく果実のフルーティさと味わいのヴォリュームもあって初めの一杯としては上出来!のシャンパンでした。
甘味のバランスのほんのりさ加減が口当たりよい。

・フィサン 1er クロナポレオン 2002 ドメーヌ・ピエール・グレン
インパクトあるラベルデザイン。
香りは若々しい少し男っぽさを感じるピノ。
味わいは香り同様結構しっかり主張があって抜栓直後からインパクトを感じる。酸も1時間ほどで角が取れ始めバランスが早い段階でまとまってきた。
ニュイだけどボーヌっぽさも兼ね備えてるようなしっかり加減。

・Ch.ヌフ デュ パープ 2003 ドメーヌ・セネショー
果実味、辛口だけど果実の持つ甘味のパワーがすごい。パンチがあり旨みのバランスも良くボディもしっかりしていて若飲みから非常に親しみやすい。
子牛のお料理にも良く合う!

お食事も繊細で奥が深く大満足でした。

そろそろジビエの季節が近づいてきたのでそちらも楽しみな今日この頃です。。。。


スポンサーサイト
2006
08
05



阪急夙川駅南すぐにある“アルテ・シンポジオ”西宮市寿町5-16 TEL:0798-22-1886にてワイン会をしました。
持ち込ませていただいたワイン。
・パイパーエドシック キュベレア V.V(新商品)
・ムルソーペリエール1996 ピエール・モレ
・ムルソー2000 コシュ・デュリ
・ムルソー1999 コント・ラフォン
・ブリュワークリフトン アシュレイ ピノ 2003
・シャンベルタン クロ・ド・ベーズ2002 ブリューノ・クレール
・ボンヌ・マール 1996 ルイ・ジャド
というえげつないラインナップ!

まずはシャンパンから
・パイパーエドシック キュベレア V.V(新商品)
パンの香りのようなイースト香が心地いい。
ガス圧はそんなに高くない。甘みのバランスがしっかり取れていてのみ安く飲みなれていない人にも受けがよさそう。
そして次に上記3品目のムルソーをブラインドティスティング!!
私、古河は全問不正解でした。(涙)
ちなみにご一緒していた姫路のF本様は全問正解!さすがです!!
ムルソーといっても三者三様でまず

・ムルソーペリエール1996 ピエール・モレ
抜栓直後からしっかりとした樽の香り、パン、イーストを思わせる香ばしい香りが立ち上る。味わいは最初からインパクトがありバランスが取れていてすばらしい。
時間とともに酸の感じや香りに火薬のニュアンスが出てき始め複雑さもあってGOOD!

・ムルソー2000 コシュ・デュリ
上質の酸がこれまたきれいで3つの中で一番品が良いといった印象。
みずみずしいなんともいえない口当たりの良さを持っている。
抜栓から40分後位にバランスがよりまとまりだし樽もしっかり利いてるしアフターにオイリーな余韻を残す。さすがコシュ・デュリ!

・ムルソー1999 コント・ラフォン
まず、香りが個性的で面白い!華のような高貴なニュアンスを持ち味わいもとても品良くまとまっている。
奥深いポテンシャルを感じるがコシュデュリとともにあと数年後にもう一度飲んでみたいと思わせる感じ。

続いて赤ワイン・・・

・ブリュワークリフトン アシュレイ ピノ 2003
パーカー96点というだけあってインパクト抜群。香りはわかーいピノだが味わいは独特。ピノのアマローネのような濃縮感。
こってりオイリーで口の中でまとわりつく。酸は控えめで塩味を感じ面白い。

・シャンベルタン クロ・ド・ベーズ2002 ブリューノ・クレール
繊細で柔らかくしなやかな香り。香りでまずOK!!といいたくなる。
ピュアーで若いのに硬くない。「いいワインだ!」
きめ細かくミルキーさもあり若干の塩味、旨み、ぴちぴちした赤果実若くから楽しめ熟成も大いに期待できる。

・ボンヌ・マール 1996 ルイ・ジャド
立ち上がる香りからやはり少し熟成していることもあって先ほどのクロ・ド・ベーズとは全く違う。深い複雑さを持つピノの香り。味わいは口いっぱいに広がるヴォリューム感がすごい!まだ若さももちろん持っているがプラスアルファの深み、旨みが凝縮されており1996ピノの評価は酸が強いなど言われ微妙な評価になりつつあるようだがいやいやすばらしいバランスでした。

荻堂シェフの素材をいかしたお料理もとてもすばらしく大満足のワイン会でした。
ムルソーの造り手の個性を勉強できた貴重な時間でした。
S先生、F本様有難うございました。
次のお題はどうしましょう?

20060805094251.jpg

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター