2006
10
25

マッサンベのワイン基礎講座

10月24日(火)センチュリーの定休日にお店のフロアにて、“ワイン基礎講座”を開始いたしました。
講座は全部で6回。
20061025164151.jpg

講師は我々のワインの師匠であり、先日「ソムリエ協会」他が主催する“ロワールワインコンクール”にて見事日本一に輝いたエコール・マッサンベ・デュ・ヴァンこと久保正和氏によるものです!!
20061025164545.jpg

6回講座の初回、ワイン概論からの始まり。
ワインのルーツや製造過程などなどについて熱弁をふるっていただきました。
20061025164651.jpg

終盤にはワインテイスティング。
ソムリエナイフを使ってのワインの開け方からテイスティングの仕方、その他いろいろと知ってて得するいろいろな知識を講義していただきました。
20061025164615.jpg

1月下旬か2月初旬より同じくセンチュリー店頭にて2007年度の久保講師による“ワイン受験塾”も開催予定です。
詳しくは先生のHPからも情報が得られます。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin/index.html
受講をご希望の方がいらっしゃれば定員制ですので私、支配人古河までできるだけお早めに・・・。
TEL:0797-34-0045 またはinfo@century-jp.comまで。
スポンサーサイト
2006
10
13

新地の弘屋でワイン会Ⅱ

新地にあるワイン好きが集まる人気フレンチ“弘屋”(こうや)さん
(大阪市北区堂島1-3-1 二葉ビル3F:06-6348-5455)
で持ち込みさせて頂きワイン会♪
開いたワイン
・ラルマンディエ ベルニエ RM
・ヴォギュエ ブルゴーニュ・ブラン 2001
・Ch.ド ボーカステル ヌフ・デュ・パプ・ブラン 1997
・バルベラ ダスティ “アイ・スーマ”1997
・ドメーヌ・プリューレ・ロック クロ・ド・ベズ 1996
・アバディア・パゴ・ネグレラーダ 1996
・コンセイヤント 1978


●ラルマンディエ ベルニエ テール・デ・ヴェルテン ノンドゼ RM
さっぱり系。色は薄い。
ふくよかでマロラティック発酵の感じが口に余韻として残る。
ノンドゼにしては果実味のせいかシャープというより多少しっかり。

●ヴォギュエ ブルゴーニュ・ブラン 2001
樹齢が若いためミュジニーのブドウで造られたのにブルゴーニュ・ブランとか・・・。
ほ~お!分厚い味わい。
じわじわじわじわ余韻が残る。「いいワインだ!」
さすがミュジニーの底力。あと数年置いておくともっと面白い感じ。



●Ch.ド ボーカステル ヌフ・デュ・パプ・ブラン V.V. 1997
すごい濃い色。97にしてはえらい熟成早いな~と思わせる麦茶?アモンティリャードのシェリー?強い香り。
ビオワインゆえの状態?
味わいは・・・・生きてる!甘いけど口の中ですーっと消えていくナチュラルさ。
“フォアグラとあわせるといいんじゃないですか?”と弘屋の菅沼さん。
20061013094349.jpg


●バルベラ ダスティ “アイ・スーマ”1997
イチゴ、ベリー系、赤果実の強い芳香。色濃い。
味わいは非常にエレガント。凝縮感に溢れスパータスカンでもガヤでもないバルベラならではの個性が印象的。
中間の密度もしっかりしていてGOOD。20061013094414.jpg


●ドメーヌ・プリューレ・ロック クロ・ド・ベズ 1996
少しにごった液色。溢れんばかりの芳香はデュジャック?DRCっぽい?
若さがみなぎるが妖艶さももち独特の個性&ナチュラルエレガント。
ポルチーニとチーズのソースとの相性は抜群!パカレ節炸裂!!
薬草、ハブ酒?、ビャクダン?色んな香りへの表現で盛り上がる。
10~15年後もっとものすごいことになりそうなポテンシャル。
20061013094446.jpg


●アバディア・パゴ・ネグレラーダ 1996
テンプラニーリョの野生的な香り強い。まだまだ若いし強い強い!
カカオ、タンニンもしっかり。
デキャンタして楽しんだがまだまだ熟成の余地あり。
旨みが余韻にムズムズっと残り将来楽しみ。
20061013094503.jpg


●コンセイヤント 1978
ややこしいボルドーの香りがガツン!ボルドー右岸のピークを堪能。
どこまでもしなやかで滑らか。
メルローの特徴が良く出ていて柔らかく不思議な感じの品のある熟成。
やはり熟成によるワインの魅力はすばらしいと再認識させられました。20061013094519.jpg

弘屋さんのお料理もすばらしくワインに合わせていただいて感激、満足度倍増でした。
今回、お題はなしでしたが個性派ぞろいで全て状態良し!各国の品種の個性が高いレベルで楽しめてとても有意義な会でした。

(次のお題はF本様お願い致しますっ!)

2006
10
12

ベルフォンのオリビエ・クリル氏来店!!



シャンパンメーカーのべスラ・ド・ベルフォンのアジア担当マネージャー、オリビエ・クリル氏にご来店頂きベルフォンの魅力についていろいろと触れることができました。

代表的な
・キュベ・デ・モワン ブリュット
・キュベ・デ・モワン ブリュット ロゼ
・キュベ・デ・モワン ブロン・ド・ブロン
を一緒にテイスティング。。。

◎キュベ・デ・モワン ブリュット 上代5565円
マロラティック発酵をしていないシャンパンですっきり心地よい後口の酸味と赤ブドウメインのセパージュから来るヴォリュームのバランスが良い。
柑橘系を思わせるニュアンス。
ガス圧は控えめできめ細かくGood!

◎キュベ・デ・モワン ブリュット ロゼ 上代7560円
通常見かけるロゼシャンパンよりは明らかに薄い色のロゼ。
オリビエ氏いわく、「シャンパンのロゼは色合いの華やかさやイメージ先行の会社が多い中で弊社は味を重視することに徹している」
ごもっともの内容です。
瓶も白かロゼか分からないようなクラシックなボトル。

・・でももうちょっと位、派手にしても良いんじゃない?
と思わせるほどの職人気質を感じさせる印象のご意見。

◎キュベ・デ・モワン ブロン・ド・ブロン 上代9975円
通常我々は「ブラン・ド・ブラン」といっているけど「ブロン・ド・ブロン」が発音的に近いみたい。。。。
こちらはすこーし熟成感がありスタンダードクラスとはぜんぜん違うずっしりとした印象。
余韻も舌に長く残るわりとパンチのある味わい。

フランス国内では「しっかりと対面で接客をしてくれるワインショップかレストランにしか卸していないしもちろん日本でも!」と豪語してくれたことがうれしいお言葉でした。
“アランデュカス”もお気に入り!!とのお墨付きとのことですのでまたネットでも近々アップする予定です。
お楽しみに・・・・♪


2006
10
02

ファミリーパーティ



jyuirerarumann.jpg


いつもお世話になっている西宮のS様のご自宅にお招きいただき3家族でのワイン会。

開いたワイン♪
●クリプタ カヴァ
●ジュイエ・ラルマン BRUT ミレジム 1990
●ピュイ イ フュッセ“クロ・レシー”00 ドメーヌ・バレット
●ニュイ・サン・ジョルジュ“オー・シュイレ”ジャン・クロテ1998
●グラン・ピュイ・デュカス 1982
●レオン・バレル“ヴァリニエール” 2001

●クリプタ カヴァ
専門誌、“ソムリエ”にも写真入りで取り上げられていたカヴァの最高峰と呼ばれるワイン。
色は薄い。シャンパンとは全く違った複雑で個性的な香り。口にするとフレッシュですこーし苦味もアフターに感じ何より切れ味が鋭い。複雑みも持つが後味の切れは食前酒としてかなり面白い。

●ジュイエ・ラルマン BRUT ミレジム 1990
1990年にしてはお手頃価格とのこと。
香りもまだヒネ感は感じずいい色具合。
口にしてびっくり!これはすごい・・・・・。激うま!
1990のシャンパンって本当にすごいといわれる意味が良く分かる。バランスよし旨みや酸、香り苦味の複雑さ年数ほどの熟成感は感じず思わず興奮してしまいました。

●ピュイ イ フュッセ“クロ・レシー”00 ドメーヌ・バレット
これはこれは強いピュイ イ フュッセ。ブラインドで出されたらムルソー?ニューワールド?まさかまさかの内容。
ピュイ イ フュッセにこんなに濃い造りのものがあるなんて。
樽もしっかりローストしているのだろうこんがり感。とろみがありこってり。
ハチミツ、バターなどなどを感じ“これでもか!”のワイン。
甘味、樽味などのバランスは取れておりグラタン(写真上)にまだ勝ってしまうヴォリューム。
ネタとして面白い。

●ニュイ・サン・ジョルジュ“オー・シュイレ”ジャン・クロテ1998
香りは抜栓直後からOK!
程よい旨み、旨塩味は徐々に出てくる。
味の骨格ははっきりしていて好感が持てるが奥行きにはやや欠け、さすがに爆発力がない感じ。

●グラン・ピュイ・デュカス 1982
抜栓直後からすばらしい香り!さすが1982ボルドー!旨い!
かつおのだしのような変わった香りを感じる。血なまぐさい感じもあり面白い。約40分後早くも酸味が少し出てきた。
開けたら早めに飲んであげなければ。。
これが超一流シャトーとのポテンシャルの違いなんだろう。
でも充分に楽しめた。

●レオン・バレル“ヴァリニエール” 2001
甘濃旨。ストレートパンチでゴーンと攻めてくる。若さゆえのとげとげしさが若干あるが分かりやすく面白い。少し苦味、少しザラッとしたタンニン。
数年置いておいたらまた柔らかみがでてすごいことになりそうなポテンシャルを感じた。

S様ご夫人のお料理もN本ご夫人のお料理も本当に美味しく気づけばすっかり深夜になっていました。
ワインもヴァリエーションに溢れ色んな個性に触れられてとても勉強になりました。
zenntai.jpg

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター