2008
04
26

ワインの配送スタッフ急募!!

センチュリーでは元気な配送スタッフを緊急大募集中♪

配送業務に興味のある方、ワインやお酒の世界に興味のある方。

元気のある方、大大大大大歓迎です!!!

まずはお気軽にご連絡下さいネ。

詳しくはコチラ

担当:古河(ふるかわ)まで  TEL:0797-34-0045

DSCF1002+.jpg

VFSH0050+.jpg


スポンサーサイト
2008
04
25

アルテシンポジオでワイン会

阪急夙川駅すぐの「アルテシンポジオ」さんにてワインを持ち込ませて頂きワイン会。

「アルテシンポジオ」 西宮市寿町5-16   0798-22-1886

まずは開いたワインから(※エチケット写真酔っ払ってて取るの忘れました。。。)
●シャブリ グランクリュ ヴァルミュール 2001 オリヴィエ・ルフレーブ
官能的な香り。
色はしっかり濃い。
酸もミネラルもきっちり。
さすがグランクリュですね。
奥から膨らんで湧いてくるようなヴォリューム。
ボディもしっかりなので温度は高めがいい。

●アランロベール 1986
香ばしい、バター&ハニーの香り。ガスもきめ細かくしっかり。
程よい熟成香でヒネ感はまったくない。
余韻も長く素晴らしいシャンパン。(ブランドブラン)

●キスラー デュレルヴィンヤード 1994 
これまた個性的、官能的な香水を思わせる香り。いわゆるキスラー香ってやつですか?
味わいは樽がきっちりばっちり効いているのに甘すぎずほんのり大人の苦味も合って素晴らしい!

●ガッリオーレ ペッキア 1999
香り「ん?」少し怪しげなコルキーさを感じたのは私だけ・・・・・・・?????
若い果実の香り。スワリングすると徐々にいやな感じは消えていったがどこか納得いかない。
嗜好品、好みの問題なのか判別つかず。
いいサンジョベーゼとしては楽しめた。。。けど。。。難しい。

●ジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru 1997 クロード・デュガ
あんま~い香りに思わずにんまり。うふふふふ。
重低音でドーンと幅広くストライクをせめて来る感じ。どっしりで濃いです。
マニアな方のご意見では90年代にはやったブルゴーニュスタイルとの事。
乾いた煮詰めた凝縮感があり好きな人は好きだろうな。
説得力はあるワイン。
個人的にはどうだろう??価格によりけりですね。以上に高騰してますけど。

●グリオット・シャンベルタン 1997 シェゾー
シェゾーさんのエチケットのこれはいろいろあって実はポンソさんの作品らしい。
テンションあがります。
エロい色調に長いディスク。
日本酒?酒かす?を思わせる香りも感じる。
口に含むと「わお!」「ザ・ブルゴーニュ!」
贅沢&生意気を言うともうすこ~しだけ甘みが欲しいと思ったがこれはこれはすごいワイン。
複雑みも素晴らしい。
デュガの1er Cruと比べるとグランクリュと位置づけられる所以が分かる気がした。

●シャルム・シャンベルタン 1995 セラファン
香りから「若い!」香水のようなエレガントな香り。
味わいもわっかわかに若い。
本当に1995?状態が良すぎるとこうも若く感じることもあるのかナ?
ビキニのアイドル、ぴちぴちの赤い果実、SO2強めに効いてるの?
あと20年必要?とてもポテンシャルは感じるのですが開かずおいしい要素がまだ戦っているよな状態。

続いてお料理。
DSCF4748.jpg


・トマトとのズッパ
トマトのエキスが凝縮。のっけからひっくり返るほどおいしー
DSCF4749.jpg


・色々な魚介類のサラダ仕立て ルーコラソース
うに、白子、あわびも隠れておりました。
DSCF4760.jpg


・レンツィーニ社プロシュート・ディアヴォロを添えた鯨のタルタル
鯨なんてひさしぶり。
DSCF4770.jpg


・イタリア産ウサギのインヴォルティーニ
DSCF4778.jpg


・イベリコ豚ほほ肉と合間産筍、レンコンのラグー、キターラで
食感も楽しめる。
DSCF4785.jpg


・ビーツとリコッタのクレーマのオレッキエッティ
ビーツの色でこんなに鮮やかなお料理ができるのね。
DSCF4796.jpg


・高知産アンコウのインパデッラ
アンコウに感動。
DSCF4798.jpg


・ロンバルディア産マイアリーノのミルト風味のロースト
完食、満腹、満足です。
DSCF4812.jpg


ドルチェ
DSCF4814.jpg

DSCF4816.jpg


こちら、アルテシンポジオさんは二階で「エノレア・ドゥエ・アルテ」というオリーブオイルとワインを楽しめるバーもOPENされますます目が離せない大注目のお店です。

お料理のメニューには、各料理に全て違ったオリーブオイルが使用され全てのオリーブオイルの説明も頂き違った視点からもお料理を楽しませて頂きました。

しかし、お料理は最高でしたがワインというものは奥が深い。
贅沢すぎる、いろんな味を知れた一日でした。
2008
04
24

衝動買い。

今朝も花屋に行って店頭のお花を購入。

いつも同じ花瓶にお花を活けているので何かいい花器がないかと“ちら見”していて偶然発見。
DSCF4741.jpg

特大ワイングラスにも併用できる花器(誰がこれでワイン飲むねんっ!)が視界に飛び込んで参りました。

思わず衝動買いしてしまいました。

そういえばスピゲラウ社から特大ワイングラス型のデキャンタが出ていたな。。。。

昨年フランスのボルドーに行ったときにワイングラス型のデキャンタが現地で流行ってるって聞いた事あったナ・・・・

でもそれよりぜんぜん大きい。

パーティの時なんかにマグナムのフルボディのワインを空ける時なんかに本当に使ってみようかな。。。。。

DSCF4744.jpg

一人で喜ぶ古河でした。

2008
04
19

「エコ」少しでも・・・・・・・

当店は酒類の業務用卸業務も行っているため毎日大量の空き瓶を回収させて頂いております。
(※もちろんお買い上げ頂いたワインやウイスキーなどの空き瓶です。。。)

DSCF4708.jpg

汚い画像でスミマセン。
本来、バックヤードで処理したい作業なのですが当店はお店の建物の構造上正面の隅っこの方に空き瓶をまとめておいております。
(ご来店いただくお客様にはお見苦しい場合もあり、いつも大変申し訳なく思っております。。。。。)

この空き瓶の山をどうするかというと、弊社では瓶のガラスの色を弊社サイドで細かく色分けしてリサイクル業者さんにこちらからお金を払って引き取って頂いております。

少しでも「エコな活動」を出来ればという思いで地震後よりはじめて早13年。


話は変わって少しでも「エコな活動」として当店ではお酒をお買い上げ頂いた方で袋を持参頂いた方には5円を袋代としてお返しする活動も長年に渡り実施しております。(500円以上のお買い上げに限る。)

センチュリーのビニール袋と紙袋。
DSCF4720.jpg



もちろんこちらを持ち歩いて頂けると宣伝になる事もあるかと思いますが、最近流行りの「エコバッグ」という発想も悪くない・・むしろいいと思っております。

[エコバッグとは:]
マイバッグを持つことによって、レジ袋などの問題等でのごみの削減、資源の有効活用という意味で間接的にエコ(エコロジー)につながります。
消費者が買い物に行く時に袋(バッグ)を持参して環境負荷を減らそうという運動が広がっていますが、この、持参する袋のことをそういった広い意味でのエコバッグ(マイバッグ)といっているようです。


というわけで当店でもまもなくエコバッグを発表したいと思いますのでお楽しみに。


醜い画像のお詫びをこめて、当店のお庭(市の土地です)のつつじがもうすぐ満開の画像をどうぞ。
DSCF4709.jpg



2008
04
12

さびしい限りです。

仕事で久々に心斎橋に・・・・・

DSCF4695.jpg


7月8日で閉店との事。「大阪名物 くいだおれ」さん。

すごい人だかリでした。

僕らが学生の頃に良く遊んでいた街の雰囲気とは確かにガラリと変わってきていました。

時代は移り変わっていくのを痛切に感じさせられた一件。

大阪の“風情”みたいなものが少しづつ薄れていくような気がして寂しい気持ちになりました。
2008
04
11

スタッフのソムリエエプロン新調

「お洒落な食文化の情報発信基地」としてスタッフの身だしなみ、ワイングッズなんかにもいろいろと気を配って行きたいと考えております。

最近新調した真っ赤なソムリエエプロン。
シャイなので私の写真は小さめに。。。。
DSCF4606.jpg


こんな感じで店頭に立ってます。(副店長・中熊)
DSCF4604.jpg


エプロンが少々鮮やか過ぎる赤色なので街で牛に出会ったら突進されないように注意しなくてはいけません(笑)

ワインにまつわるお洒落話、お洒落グッズなんかがあれば情報お待ちしておりま~す。
2008
04
10

都市開発

今日、雨の中お得意先に出かけていて改めて驚いてパチリ。

阪急西宮北口南側(山手幹線北側、旧西宮スタジアム跡地)のエリアにそびえる都市開発中の鉄骨群。
DSCF4690.jpg


DSCF4691.jpg


デカすぎて全体像はお伝えできません。。。。。

DSCF4692.jpg


非常階段?の多さがその建物の規模を物語ります。

芦屋~西宮間の山手幹線もようやく開通し、ここ数年の間に阪神エリアは激変すること決定です。

ワインの似合うお洒落な街づくりに貢献していきたいと思う今日この頃です。
2008
04
09

チューリップは難しい⇒桜満開!

お花はお店の雰囲気を華やかにしてくれるということで、センチュリー店頭のいけばなは私、支配人古河ダイスケがいつも活けております。

毎週気が向いたら、お花屋さんに出向いて買っては活けるのですが今回はピンクいチューリップをチョイス。

DSCF4683.jpg


ピ~ンと上向いて綺麗に咲いてくれるかと思いきや「だれ~ん」となってしまい「悲し~い感じ」を演じているので「ドンだけやる気ないねん!」(怒)

チューリップは難しいのでもう買いません。。。。。


でも、センチュリー横の桜は遅咲きで今満開!
DSCF4688.jpg

見に来てくださいね~
2008
04
04

意外に知られていない芦屋のお花見スポット。

セレブ御用達!?
意外に知られていないと思われるお花見スポットがあります。
芦屋市岩園町の「岩ヶ平公園」
住宅街の中にどどーんとある広い公園。
今朝、メタボ解消に徒歩出勤していてあまりの綺麗さにパチリ。
住宅街から続く桜並木を通り抜けると・・・・
DSCF4663.jpg

DSCF4656.jpg

DSCF4660.jpg

DSCF4661.jpg

東京は先週満開のようでしたが関西は今週末がピークになりそう。
神様、雨ふらせんといて~!!!!
2008
04
03

Cosi Cosi

人気イタリアン 「Cosi Cosi」さんに行って参りました。
西宮市若松町5-9  TEL:0798-72-7270

ワインを持ち込みさせて頂いて。。。。
まずはお料理。
真鯛、鰤、縞あじ、サーモンのカルパッチョ。
彩りも豊かヴォリュームも満点。そそります。
DSCF4625.jpg

アスパラと半熟卵のオーブン焼き。
あっつあつをいただきます。テンションUP!
DSCF4630.jpg

渡り蟹とホタテのオーロラソースグラタン。
ホタテが立派。
DSCF4632.jpg

生うにのスパゲッティ、香ばしいガーリックチップがけ
生うにが甘い。赤ワインと合う!!
DSCF4636.jpg

縞アジと温かいにんにく菜のジェノヴェーゼソースあえ
縞アジどか~ん。
DSCF4644.jpg

フォアグラのソテー、バルサミコソース
これははずせません。かなりの食べ応え。大満足。
DSCF4647.jpg

スペイン・カタルーニャ産豚肩ロースのグリル、マスタードソース、サフランライス添え
味わい深いお肉に最後まで感激。
DSCF4651.jpg


さすがの内容に大大満足でした。
大阪にも新店を構えられますます人気上昇中の目が離せないお店です。

大阪店
「伊酒屋 Cosi Cosi」 大阪市中央区道修町1-3-3-102 TEL:06-6223-7900 


お世話になっているお客様とご一緒させて頂いたのですがワイン赤白ご馳走になってしまいました。
DSCF4639.jpg

●白 マルク・モレ シャサーニュ・モンラッシェ 1er Cru レ・シェネヴォ 1999
濃いレモン色。香ばしいバターのような香りが立ち込める。
パンチが効いていて濃密で甘みがあってバランスが整っててほめ言葉しか見つからない。
今飲み頃。よーできてます。
時間とともに複雑さも出てきて甘みの奥に苦味も出てきて素晴らしい!

●赤 ラルロ! ニュイ・サンジョルジュ クロ・デ・フォレ・サンジョルジュ 2005
ラルロ!デビューです。
香りから“おっしゃれ”な香りしてます。
若くまだ閉じ気味ですが確実に若のみにも対応できるつくり。

そりゃ手に入らんワインやわ・・・・・

凝縮した果実の甘みがあって実においしゅうございました。
フォアグラのソテーとの相性は抜群でした。

Cosi Cosiさんのオーナーソムリエの金広さんともお会いできワイン談義にも花が咲き楽しいひと時でした。

S先生、ワインご馳走様でした!!!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター