2008
08
30

ビオワイン研究会。

三宮のビオワインと美味しい料理のお店“マグノリア”さんに行って参りました。
兵庫県神戸市中央区加納町4-6-4 ビクトリービル3F
TEL:078-332-6226

お料理はバリエーションに富んだ創作料理でとっても美味しかったです。

ウォークインのワインセラールームがありビオワインにとてもこだわられていて、ワイン好きにとってはとっても“オモロ”なお店でした。

そちらで頂いたワイン。

ワイン名を控えてこなかったものもあるのでラベル画像でご勘弁下さい。

ユリス・コラン
すっきり酸味が気持ちよくいいシャンパン。
欲を言えばもう少しふくよかさや奥行きが欲しい。
でもブラン・ド・ブランらしい切れある感じが好感をもてます。
DSCF6132.jpg

コチラのサンセールは価格の割りに内容はヒッジョーに素晴らしい。
香りから期待できる複雑みもあり秀逸!
DSCF6139.jpg

アルザスピノ

開くのに時間がかかるということでミニデキャンタも一緒に持ってきて頂く。
ビオ臭はないがビオらしいしっかりした味わい。
薄ウマでよろしい。
DSCF6140.jpg

シチリアのネロ・ダヴォラ 2001
こちらも味わいしっかりで素直に美味しい。

DSCF6147.jpg

ミネルヴォワ
甘味もあってよく出来ています。
DSCF6151.jpg

最後はやっぱピノが飲みたくなる・・・・
ピエール・ジュランのフィサン クロ・ナポレオン(モノポールですね)2001

酸味がわりと強めでした。
うん、うん、美味しいけど甘味に欠ける感じかな。
トータルでは合格のワイン。
DSCF6152.jpg

ビオワインは弊社もビオ臭の少ないいい物を見つけるのに一苦労するのですがコチラのワインセレクトはかなりいろいろと選定されているのが伺えていい勉強をさせていただきました。

又、特筆すべきは価格設定が良心的!

又行ってみたいお勧めのお店です。


スポンサーサイト
2008
08
27

“ワイン基礎講座”お申し込み受付開始!

イヤー、昨日はソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートの一次試験、受験された方はお疲れ様でした。

難しかったらしいですね~。

年々範囲が広がって勉強するのもひと苦労な試験になっているようです。

ご案内は常々店頭などにてもご案内を行っておりますが、ワインハウス センチュリーでは店頭にてカリスマワイン講師“マッサンベー”こと久保正和氏によるワイン講座を各種行っております。

今回案内させて頂くのはワイン基礎講座

ワインに興味があるけどまだまだ初心者だと思われる方や、将来ソムリエやワインアドバイザー、ワインエキスパートを目指したいが初歩から学びたい、といったお客様のご要望にお答えした講座で毎年大好評頂いております。

是非ご興味のある方は詳細をご覧下さい!!

詳細はコチラ

先生アップ
先生全体
2008
08
25

シフォンケーキ

日頃お世話になりすぎて頭の上がらないお客様に手作りのシフォンケーキを差し入れいただきました♪
DSCF6115.jpg

DSCF6113.jpg

お砂糖は通常レシピの半分に抑えた

“ヘルシーアールグレイ入りシフォンケーキ”とのこと。

メタボ気味なセンチュリーズにお気遣い頂き有難うございます!!

フワッフワで甘さ控えめでめーっちゃくちゃ美味しかったです!!!!!

“大人味の甘さ控えめのシフォンケーキと昼過ぎシャンパン”
なんておっしゃれでアリかなー、なんて思いました。

カフェ経営の皆さん、どうですか?????
2008
08
20

La Bu’perlata

神戸元町にある新しいイタリアン La Bu’perlata(ラ ブーペルラータ)さんにてランチ。

神戸市中央区北長狭通2-5-10 KOBE Tik Bldg1F
078-333-6626

このマークの旗が目印。トアロード沿いです。
DSCF6108.jpg

神戸発?日本初ではなかろうか?モッツァレラチーズを主体としたイタリアンレストラン!

シックでスタイリッシュなデザインの店内は落ち着いた大人の空間。

ピッツァランチをチョイスしました。

前菜三種盛り
切り立て生ハムと豚のパテ、カポナータ
DSCF6096.jpg

生ハムとモッツァレラと半熟卵をのせたトマトソースピッツァ “ビスマルク”
生地がめちゃくちゃおいしい!感動物でした!
もっちろんぐちゅぐちゅ半熟卵とモッツァレラのマリアージュもベリーグー。
DSCF6102.jpg


何でもピッツァ生地には“オーロ ディ マチナ”(黄金のひき臼) という石臼引き小麦使用ということで明らかにハイレベルでクリスピーな味わいにかなりかなりテンションUP。

「イタリア視察に行った時にしか味わえないと思っていた味に出会えた」そんな感覚でした。

デザート
アーモンドトルタ、ガトーショコラ、黒ゴマのパルフェ。
DSCF6107.jpg

もちろんの事ながらワインメニューも充実♪

夜もよばれに行かなければ・・・・

内装も神戸らしいシックでお洒落な空間で新しいスポットが又一つ!

夜はワインバーとしてゆっくり楽しむお客様もいらっしゃるとのこと。

センチュリーお勧め間違いなしですっ!


2008
08
15

ワイン研究会 at レストラン タイス

阪急芦屋川駅スグのところにあるレストラン タイスさんにてお誘い頂きワイン会。

まずはお料理から。
かぼちゃのスープ
DSCF5999.jpg

天使のエビ、さわら、ヨコワマグロのサラダ
DSCF6001.jpg

お魚名前、聞きもれてしまいました。下にはニョッキ。
DSCF6005.jpg

黒豚をチョイス。
DSCF6010.jpg

お料理はいつもヴォリューム満点で大満足♪

ワインはご覧の通り、5人で6本。
DSCF6026.jpg
・カルプ・ディエム(シャンパン)
熟成系で酸もしっかり。個性をはっきり持っていて、万人受けするタイプではないかも。
若干ですがいやみのない程度のひね具合。
個人的にはかなり好き、イケてます。

・ヴーヴクリコ ロゼ
すっきりとした酸が心地よく色みも鮮やかでとっても綺麗です。
安心感がありますね。

・マコン ピエール・クロ レ・シャヴィニュ 1997 ギファンエナン
マコンのトップドメーヌ。
香りからこんがり系で香ばしく、いい樽を使っている事が良く分かります。
酸が一本ピシッと通っていてしっかりとしたポテンシャルを感じる。
時間とともに複雑さも出てきていいワイン。
マコンも捨てたモンじゃない。

・オ ボン クリマ 1999 オレゴン・ピノ・ノワール
香りよし!
抜栓直後は地味に辛口で熟成感もあり「大人味なのかな~」と思いきや小一時間後には上質な甘味がふんわり出てくる。
果実味は若干衰え気味だが、いい感じの熟成で糖度の高いブドウから来るであろうアルコールの力強さも感じる。
カジュアルに楽しめるワインとしては上出来。

・シャルム・シャンベルタン 2000 ジャン・ラフェ
わお!いいですね~。テンション上がります!
さすがグランクリュ。
エキス分濃い。
複雑で奥行きもなかなかのもの。
粘性ある甘味の余韻はかなり高評価なポイント。
あと5年もすればもっとグラマーになるような予感。

・Ch.オーバタイエ 1990
これまたGOOD!かぐわしい熟成香。
エロさも出ておりさすが1990、ヴィンテージって大事な要素です。
飲み頃ワインのいい感じ。まだ5年は大丈夫そうだけど・・・・
果実味のバランスもOK。
小一時間で少し酸が出てきた。
抜栓後はそんなに強くないのかな。


先日、飲んだラランド1979もそうですがボルドーの飲み頃をきっちり味わえるとうれしくなります。

でも気付いたら華やかな香りのブルゴーニュのグラスに鼻を突っ込んでる。

香りも大きな大きなワインの要素。麻薬ですね。この飲み物は。

今回は皆いい感じにこなれているものばかりが味わえてそのワインの実力をじっくり楽しむ事ができました。

銘柄もさることながら、ヴィンテージも考慮して飲み頃もヒットしないといけない・・・・ほんとに奥が深い、でもこれが“はまる”ポイントですね。

昨日ご一緒させて頂いた皆様、次回も宜しくお願い致しますっ!!!!
2008
08
10

チャコリ!

先日、スペインはバスク地方在住の中学校時代の同級生が弊社のホームページを見て私の存在に気付きはるばるご来店。(帰省のタイミングもかねて頂いて)

その同級生(女性)はなんとスペイン留学中にバスク地方出身の方と出会って結婚してられてご主人様もご一緒にご来店いただきました。

お土産に、「チャコリ」「ガルナッチャのロゼ」を頂き早速チャコリを試飲。
DSCF5972.jpg
DSCF5974.jpg

★チャコリとは・・・
スッキリ辛口で切れのある酸が特徴のバスク地方産のワイン。

葡萄品種:オンダリビ・ズリ90%(白) オンダリビ・ベルザ10%(赤)
アルコール度数は15度未満。

バスク地方の伝統的ワインで、ブドウ品種はバスク原産の2品種のみで、白ブドウはオンダリビ・ズリ。
収穫後1年ぐらいのフレッシュな状態で地元消費されます。


おもに白ワインが中心で、ほとんどがリリース後1年以内に地元で消費される。。。。


★バスクとは・・・
このチャコリの造られる所、バスク国はピレネー山脈をはさんで、北スペインと南西フランスの二国にまたがるスペインの自治州のひとつ。

人口は約200万人。

他のヨーロッパ地域とは全く異なる言葉を話し、人種的な由来もいまだ定説がなく、ヨーロッパの中でも一際異彩を放つ。




スペインバル、スペインレストランからの「チャコリ」のお問い合わせは何度かいただいたことがあったのですがなかなかいいものが見つけられずじまいでした。(まだ見つけれておりませんが・・・)

お土産に頂いたチャコリを早速試飲。

爽やかで苦味もありフルーティーさもありますがシャープな酸味は“と~っても暑い夏向き”な感じ。

初めての味わい、勉強になります。

バスク人の旦那様から色々とバスクについてレクチャーして頂きとても貴重な時間でした。

バスク料理も有名だし同級生もいることだし・・・・今度の海外視察はバスクもいいな。

わざわざ、バスクから来てくれた同級生にも感謝感激、人のご縁って大切ですね。

Mさんご夫婦、ご来店有難うございました。

バスクに行ったときは案内してくださ~い!!



2008
08
09

伊ワイン会。

いつもお誘いいただくワイン会の集まりにて心斎橋の焼き鳥屋さんにてお食事会。

イヤーおいしかった。

二次会はヨッテリア ガクさん。


のんだのんだ
DSCF5980.jpg
・キャンティ クラシコ リゼルバ 1999 コッレ・ルンゴ
いい熟成感。
エロティック、深遠で静かな感じ。酸しっかり。良いです!

・テッラ ディ ラボーロ 2002
アリアニコ
ブショ?
本来じゃな~い・・・・
味はまだギリ楽しめるがコンブのような独特度も。
残念。

・トラミン ヌッスバウマー 2001 ゲヴェルツトラミネール
角が取れてちょうど飲み頃なのではないでしょうか。
ほっこリ安心するような大人味。
スパイシーで香りも深い。

・バローロ チャボット・メンテン・ジネストラ 1999 クレリコ  
樽が良く利いていて甘味も強い。
タニックでまだ少し若いですね。
強いワイン。

・カンティコ 2001
こなれていてよろしい!
有機ワイン故かパワー不足は時間を経るごとに少し感じる。
もう少し熟成に耐えれそうなポテンシャルがほしいところ。

・クルニ 2003 
甘濃いいモンテプルチアーノ。
濃いです!
2003から来る焼けた感?乾いた感?他のVTはもう少し華やかな広がりがあるとのこと。
でも、濃いワイン好きには勧め易いかも。

そのほかにサンクトヴァレンティン ゲヴェルツ、レチョート ディ ヴァルポリチェッラも登場。

気付けばAM3:00.。。。。帰ったら4時前。。。。。。

業界人同士の濃い濃い話に花が咲きいい感じによっぱらってしまいました。

いつも何かととても勉強させて頂けるワイン会。有意義なひと時でした。
2008
08
08

tamon's cafe

私、支配人古河がアサヒ飲料チャレンジャーズにてアメリカンフットボールをしていた時の大先輩、中村多聞さんの経営するお店に行ってまいりました。

tamon's cafe
DSCF5956.jpg

8月より全メニューがリニューアルしていて、フードもイタリアで修行を積んでこられた宮野シェフのピザやパスタなどで大充実!!

写真は「沖縄幻のアグー豚ソーセージと季節野菜ピッツァ」
ウマイ!!
DSCF5967.jpg

ドリンクメニューもリニューアル!
沖縄産の紅塩がきれいな特製マルガリータは絶品でした♪
DSCF5959.jpg

東京にも串焼きのお店「塩屋」さんを出店され、ますますご活躍の大先輩。
センチュリーも頑張らなければ・・・・


ちなみに、大阪のtamon's cafeさんは泡盛の種類も驚くくらいに大充実!
オリジナルカクテルもとっても豊富で面白い!
ワインももちろん充実してます。(←ここ大事!)


お勧めですよ~!
『ワインテイスティング IN 芦屋』 おかげさまで大好評ご予約受け中でございます。

まだ、定員400名の枠には達しておりませんのでご都合よろしければお早めにどしどしお申し込みお願い致します。

今年は、七回目ともあって色々過去の反省点や、いかにお客様にワインを楽しんで頂けるかを考え昨年までのアイテム内容やアイテム数、その他もろもろもグレードアップしてお客様をお待ちさせていただく予定です。

インポーターのブース数は増えましたがワインのアイテム数は減らしワイン自体のグレードをグググッと上げる予定ですのでよりワインのお好きな方にご満足いただける内容にする予定です。

ご期待下さい!

詳細はこちら

看板手づくりしました♪
DSCF5955.jpg
DSCF5954.jpg


店頭アイテムも充実!

ご来店の方もお待ちしておりま~~す!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター