2009
06
29

エビススタウト クリーミートップ

スタウトビールで有名なギネスが今まではサッポロビールだった扱いがキリンビールに移行したのに伴い、サッポロさんがやってくれます。
新発売、エビススタウト クリーミートップ
P1040567.jpg
P1040568.jpg
との事です。





興味あるけど飲まなわからんやんか!







と言うことで・・・・・





P1040564.jpg
弊社駐車場内でルネッサ~ンス。
P1040565.jpg
路上テイスティングサービスいただきました。

初めての提案方法だな。車にサーバー積んで飲ませるとはなかなかいい感じ。


新商品が飲めるのは、お酒屋さんの特権ですね♪

確かにウマイ!

クリーミーで苦味も程よく・・・・・・でもまだ樽しか発売されません。


今のところ飲食店様のみの扱いとなります。

いかがでしょうか???

スポンサーサイト
2009
06
27

無事終了。Ch.メルシャン 特別ワインセミナー

弊社3Fのセミナールームを利用してCh.メルシャンのチーフワインメーカー 味村氏による特別ワインセミナー、無事終了いたしました。
P1040552.jpg
いやいや、中身の濃いこと!

超超専門的ですが、海外のワインメーカーなどが来日してのセミナーでは、通訳するタイムラグもあるし、そこまで突っ込んだ話は聞いたことがないようなテクニックや研究結果などをワインそれぞれに沿って説明いただくスタイルで大納得。

P1040555.jpg
熱弁を振るう味村氏。


P1040560.jpg
甲州種でも作り方によってこうも違うタイプのワインができるのか!!ってなことも技術的な説明を聞けるととても勉強になりました。



遠いところをご来場いただいたお客様には改めまして、有難うございました!!

さて、次回ネタはどうしましょ?

ただいま考え中♪

2009
06
26

決算前の特価セール!!

決算を控え特価品をご用意!!(店頭販売に限ります。申し訳ございません。)
P1040543.jpg
陳列されてるワインの首に赤いリボンがついている商品は店頭価格より15%オ~フ!!

在庫限りのお得品、新入荷で早く知って頂きたいワインにも惜しげもなくリボンつけてお待ちしております!!!!!

これから、弊社ビル3F、新設セミナールームにて、Ch.メルシャンのセミナーです。
(定員いっぱい、ごめんなさいね。)

ガンバロ。

P1040542.jpg


2009
06
25

ブラゾン・ド・レヴァンジル 2000

ポムロールのCh.レヴァンジルのセカンド「ブラゾン ド レヴァンジル 2000」デギュスタシオン♪
P1040540.jpg

ボルドーは2000年って言うだけで「おっ?」と期待してしまいます。

まだ“プリンプリン”としてて、若いがいいワインだ。

きっちり酸があって・・・・でもセカンドでもまっだまだ若々しいのはいいヴィンテージの加減てのもあるでしょうね。

丁寧に作ってる感が伝わってきます。

7月入ってから、入荷予定。(店頭6000円台予定。)

お楽しみに~♪♪
2009
06
25

ガヤのダルマジ1985年

飲んだ感想書きたいところですが、レアもの入荷のご案内です。
P1040520.jpg
アンジェロ・ガイア(ガヤ) ダルマジ 1985年  (←クリック)

イタリアのバックヴィンテージってなかなかお手ごろ納得価格では出てこないんですよね~。

しかもGOOD ヴィンテージ♪

今回の入荷は、改心の一撃、掘り出しモン感が強かったのでブログでご紹介。

このあたりのネタは入荷してきて現物を手にすると興奮します。

かっこいい。

飲みて~な~


気になる方はお早めに!

売り切れるか、私が個人コレクションで隠してしまいますので(笑)。。。
2009
06
24

ノアの会

ノアの会、(イタリアワイン研究会ですね。)at ノアちゃんのおうち。
P1040504.jpg
ノアちゃん♪

まずはお手製料理のご紹介。
P1040488.jpg
ヒラメ。
P1040489.jpg
P1040490.jpg
P1040494.jpg
ナスのグラタン、うにてんこ盛り
P1040497.jpg
バーニャカウダ

P1040487.jpg
ヴィッラのフランチャコルタ・ブリュット 2005
ふんわり酵母、複雑みある香り。
温度を締めるときりり感が増します。

P1040486.jpg
相当レアです。
ヴィエ・ディ・ロマンス ディスクリエミス2007(マルヴァジア イストリアーナ)
いつも品良く作りますね。ヴィエ・ディ・ロマンスは。


P1040482.jpg
キャンティ・クラッシコ リゼルバ  コッレルンゴ 1999
ワオ!モンワリ、いい熟成を経たキャンティの妖艶さが出ています。
味わいは大人のドライテイスト。苦味もあり軽めのジビエに合わせたい感じ。
いいです!

P1040485.jpg
シャトー・メルシャン 桔梗が原メルロ・シグネチャー 2002
上級キュヴェの方。(感謝)
国産ワインの最高峰の一つですが、うん、国産ならではのウエッティな感じ(お分かり頂けますでしょうか?)しっとりしなやか。
目は詰まっています。
熟成していく感じは少ない。
試行錯誤がありそうな内容の一本。


P1040484.jpg
テッラ・ディ・ラヴォーロ ガラルディ 2002 (CS,アリアニコ)
カベルネのいいバランスを持った香り。(←これ重要)
カベルネのピーマンな感じがなく上手に作っています。
いいワインだ。アリアニコのタンニンもあるはずなのにきれいに解けていてうまいです。




P1040483.jpg
フランケッティ 2005
プティ・ヴェルド60、チェザネーゼ・ダフィーネ40
ヴァニラ香。ブドウの果実の鮮度と密度感じる凝縮系。
めちゃうまいです。
熟成するとどんなんかな~感もあって飲みなれないセパージュも面白い。


P1040500.jpg
ベン・リエ 2003 ドンナ・フガータのパッシート
いつ飲んでもおいしいです。


お料理もたらふく頂いて、デザート食べて・・・・・久々に・・・・・しっかり酔いました。

おいしかった~、ご馳走様です!!!!!

貴重な経験、いつも有難うございます!

店頭にてデギュスタシオン♪

P1040479.jpg

ダメだ!うますぎる!

両方うまいがブログアップに至ったのは画像左の赤ワイン。

こんなにヴィンテージ違いで印象が違うのもどうかと思うが、いい方に印象が違うのでご紹介。

無農薬ワイン(いわゆるビオワイン)でトップ生産者のひとつに上げられるプリューレ・ロックのカジュアルライン ニュイ“1”(アン) 2006

めちゃくちゃいいです!!

少々高額ですが即採用!(8000円くらいだったかな?)

ロックのいいところがちょうど今いい感じに出てきてて・・・・・やさしくて癒される!・・・・・2006って当たり外れもあるんだろうが最近、若のみヒットに恵まれてちょ~いい感じ。



ご報告まで!!(7月から店頭に並びます!)
2009
06
22

予約受付終了のお知らせ。

6/26(金)に開催予定のCh.メルシャン ワインセミナーのご予約受付は、定員となりましたのでご予約受付を終了させて頂きました。 

ぎりぎりの日程にもかかわらず沢山のお客様にご予約頂きまことに有難うございました。

今回、ご都合が会わないなどの理由でご参加できなかったお客様、今後いろいろと多彩に特別ワインセミナーを実施予定ですのでどうぞお見逃しなくお願いいたします。

P1010783+.jpg
昨秋のCH.メルシャンの畑。

2009
06
22

カテナ アルゼンチンワインセミナー at リーガ

アルゼンチンのワイン生産者、カテナ社のランチセミナーにお呼ばれ♪

at リーガ・ロイヤルホテル内ナチュラルガーデン♪


関西の大手同業他社様に混じって呼んで頂き恐縮でした。

P1040420.jpg
Amuse-bouche


P1040421.jpg
ハモン・イベリコ・ホセリート、ズッキーニのムース トマト風味のお野菜 メリメロ仕立て


P1040427.jpg
青森シャモロックとフォアグラのファルシ トリュフ風味
ダメだ!料理うまい!昼からトリュフ♪

P1040431.jpg
1、アラモス エクストラ ブリュット  泡がよく持続してました。比較的ライトタッチ。 
2、カテナ シャルドネ 2006  樽しっかり
3、カテナ マルベック 2006 
4、カテナ アルタ マルベック 2005
5、ニコラス・カテナ サパータ 2003  これ、だいぶいい。



P1040435.jpg
バラの香る、蜂蜜ソースに赤い果実のソルべとマカロン添え


Bodega CATENA ZAPATAより Jeff Mausbach氏の来日もあっての会食。

いろいろ聞けました。

標高の高い畑を持っているとのことでなるほど繊細さも感じる仕上がり。

人件費が安い国なので他国のワインよりもより同価格帯で手の込んだ作業で作っていることをアピられておりました。

アルゼンチン、やっぱり注目ですね。


勉強になりました!!
2009
06
20

マジック・マドラー

マジック・マドラーなるものをお知り合いの方から紹介いただきました。

P1040415.jpg

「水道水を二杯用意し一方はマジック・マドラーで混ぜてみて味を見てみて。」

と言われ言われるがままにやってみる。。。。。。。。

「ちが~う!!すげー!!」

「お水がやわらかくなっている!!」

「カルキ臭もマシに感じるゾ!」

角が取れ確実に丸~い味わいに変化していました!!!

弊社スタッフ、ほぼ全員がブラインドでもおいしくなった水が分かっちゃう!


マドラーの先には遠赤外線セラミックチップ採用でいつまでも効果が持続する代物。

柄の部分も凝っていて七宝焼きとのこと。


水割りやコーヒー、紅茶に最適です。

まだワインには・・・・・試してません。どうなるやろ。


ネタとして採用♪

3800円也。

いかがでしょうか?



2009
06
19

お漏らし注意

ワインの話です!

最近暑くなってきました。

ワイン屋が特に気になるのがワインの保管。

弊社ではクーラーがんがんにかけてワインの入荷を待っています。

それでも年に数回起こってしまうのが急な温度変化による液モレ(お漏らし)。

昨日、弊社スタッフ榎本が持ち帰った(弊社スタッフでよかった。)ワインが家に帰って見るとこの通りのお漏らし具合。(約1時間)

P1040414.jpg

新品の吹いていないボトルを確認すると、気泡は直径1センチ以下!

みっちみちにワインが詰め込まれておりました。

こういう事例は特にブルゴーニュに多いですね。

弊社も取り扱いには万全を期していますが今回のような防ぎにくい事例もございます。

豆知識として頭の片隅に・・・・

ちなみにこのワイン、シルヴァン・カティアールと言う生産者のブルゴーニュ・ルージュ 2006。

割り当ての入荷したて。

クロ・ヴジョに隣接した畑から作るブル赤と言うだけあって・・・・・・・若いのにマジうまいっす。

後わずか数本在庫でございます!!(5040円)
2009
06
18

Ch.メルシャン ワインセミナー のご案内

日が迫っており大変恐縮ですが、来る6月26日(金) 弊社三階の新しいセミナールームにてシャトーメルシャン チーフワインメーカー味村 興成氏を迎えてワインセミナーを開催致します。


セミナー内容
 『シャトーメルシャン奮闘記甲州プロジェクト』

講師:講師:メルシャン株式会社
     チーフワインメーカー 味村 興成氏

日時:2009年6月26日 (金)
    15時~16時半まで

定員:12名

参加費:1000円

試飲アイテム
  ①甲州きいろ香 2008年
  ②甲州グリ・ド・グリ 2008年
  ③勝沼甲州 2008年
  ④甲州小樽仕込 2007年
  ⑤ヴィンテージ甲州1996年
  ⑥北信シャルドネ 2006年
  ⑦山梨マスカットベリーA 2006年
  ⑧長野カベルネ・ソーヴィニョン 2005年
  ⑨桔梗ケ原メルロー 2004年


国産ワインの現状を知るまたとないチャンスです!!


会場の席数に限りがあるため予約制となっております。

ご参加希望の方はお早めにお願いいたします。

※ワインの試飲がございますので、お車でのご来場はご遠慮ください。

P1010782+.jpg
昨年秋に訪問したときの画像です♪

よろしくお願いいたします!!
2009
06
14

頂き物ご紹介

芦屋のイタリアンドルチェ&焼き菓子のお店といえばアマレーナさん。

イタリアンレストランも併設されている芦屋のおしゃれスポットなお店です。

で、そちらの焼き菓子が弊社の記念日ということで・・・差し入れ・・ムフフ。

P1040398.jpg
すっごいかわいいんですけど。

P1040400.jpg
箱もかわいい。

P1040403.jpg
おいすぃ~♪

うれしい。

箱持って帰ろ。
2009
06
14

満28歳

ワインハウス センチュリーは本日、28歳のお誕生日を迎えました。

P1040379.jpg
弊社店頭に張ってあるお気に入りロゴにも創業日が入っております。

1981年、今の場所から少しはなれた場所で開店。

私はまだ小学校1年生でした。

時の経つのは早いです。

28年を節目にセンチュリーは新たな企画新たな展開が目白押し!!!!なんです。


どたばたでお知らせしたいことが山積み。


先日もお伝えしたセミナースペースが完成し、それを利用して催しも行っていきます。

更なる、ワインを通じたおしゃれな食文化の発展を目指して!!!!!



まずは軽く"ネタその1”のお知らせ!


来る6/26(金)15時~16時半まで
Ch.メルシャンのチーフワインメーカー味村氏をお招きして

「世界に誇れる日本のワイン シャトー・メルシャン」

セミナーを行います。

詳細は改めてブログアップ予定。

定員:12名

会費:1000円

日が近いので気になる方はお早めに~(要予約)

2009
06
12

Maison Nicolas Potel

Maison Nicolas PotelよりMarco CASCHERA氏にお越しいただき(二回目)現況についていろいろとお話いただく。

ドメーヌ・ニコラポテルとメゾン・ニコラ・ポテルは完全に二つに分かれて歩き始める、とのこと。

要するに「ニコラ・ポテル氏はドメーヌに専念する」とのことでネゴシアンのブランドは今まで通り残るが、実際醸造するのはニコラでは見切れないということのようです。


いずれにせよネゴスものもピュアーテイストで洗練されていてテロワールがよく表現されていて味にうるさいセンチュリーズも大お気にいりなので、意欲的に販売していく方向性は変わりませんが。。。。。。そういわれるとドメーヌ物の今後も気になりますね♪

ニコラ・ポテル

Marco CASCHERA氏はすごいいいおにいちゃん。

次、ブルゴーニュ行くときは案内してもらお。


話題は変わって、またまたスワロフスキー加工のご依頼。
P1040375.jpg
文字入れが人気です。

文字数によって加工の価格は変動します。

気になる方はこちら(←クリック)

漢字も複雑でなければこの通り!

こんなんもろたら・・・・・・・心に残るゾ!(自画自賛)
2009
06
07

杮(こけら)おとし

弊社3階のセミナールーム(名前考え中)がいよいよ完成。

杮(←こけらと読みます)おとしで久保先生ご夫婦をお招きしての親睦会。

P1040329.jpg
社長、挨拶中。

お料理は阪急岡本からすぐのところにある、デリ(お持ち帰り)も人気のイタリアン♪ カバルッチョ・ヴェルデさん(←クリック)にてテイクアウトしてくる。

P1040321.jpg

P1040322.jpg

P1040320.jpg

P1040318.jpg

P1040319.jpg

P1040315.jpg

P1040316.jpg

P1040317.jpg

開いたワイン(&ドリンク)
新入荷!
フランス産ビオレモネード!!!
きゅんきゅんに冷やしてこの時期GOODです。
P1040325.jpg


アンリビリオ グランクリュ アンボネイ キュヴェ レティシア(←クリック)
P1040326.jpg

年産500本の限定品。
劇旨です。繊細な泡&泡もち。
厚みある凝縮感。ノーマルのアンリ・ビリオも大好きですが上のキュヴェは格別です。


P1040324.jpg
左から
・シャサーニュ・モンラッシェ 1er シャン・ガン  2006 ジャン・マルク・モレ
色うっす~。おいおい、期待以上にめちゃくちゃよろしいんじゃないの!
果実の甘みあり少しビオっぽい還元なかんじもいやみはなく若くからこなれた感じ。
ヴィンテージは当てられない系。

・ジュヴレイ・シャンベルタン 1er レ・シャポー 2002 ドニ・モルテ
上記とは対照的に色濃い。魚介のうまみのようなものを感じる。
インキーともいえる密度。
まだ若くヤドカリのように閉じこもっている。
コーヒー、カカオ、海苔、複雑味ありポテンシャルを感じるが気難しい。



久保先生の授業は次回からこちらのスペースで行われる予定です。

今後、セミナーも行っていく予定!

Don't miss it!!
マッサンベ(久保正和講師)主催の
第17回 ワインと食事を楽しむ会 イタリアワインをもっと知ろう (2) 中部イタリア編

に参加してまいりました。

P1040311.jpg
資料です。

地図がもりもりに盛り込まれておりかなり専門的です。

まずはお料理♪
荻堂シェフがイタリアにいらっしゃった経験とその土地の伝統的な料理をこの日にあわせてセッティング。
P1040283.jpg
パンチェッタ

P1040284.jpg
オリーブの詰め物のフリット

P1040291.jpg
ハリイカのインツィミーノ

P1040300.jpg
豚足のソーセージ

P1040306.jpg
鶏ラグーのキターラ

P1040308.jpg
サルティンボッカ(子牛、セージほかのお料理)

P1040312.jpg

左から
①DOC フラスカティ・スペリオーレ 2007 (ラツィオ)
②DOC ヴェルディッキオ カステッリ・イエージ クラシコ リゼルバ 2005 (マルケ)
③DOCG ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ 2007 (トスカーナ)

④DOC ビフェルノ ロッソ 2003 (モリーゼ)
⑤DOC モンテファルコ・ロッソ 2006 (ウンブリア)
⑥DOCG モンテプルチアーノ・ダブルッツォ コッリーネ・テラマーネ 2004
⑦IGT トスカーナ モンテティ 2004

食事の前にざらっと先生の講義があり理解したうえでお食事と合わせて見る・・・・・レベルが高い!!

皆さんワイン談義に花咲きまくり。

勉強になりました!

お料理も上品でおいしい♪

すぐにいっぱいになるワイン会、知識を持って望むお食事会は満足度が格別に違いますね。

ガンバろ。。。。
2009
06
06

PCぶっ壊れてました。ブログ再開いたします。

いきなりPCがダウンしてブログの更新が止まってしまっておりました。

本日より再開いたします。

いろいろお知らせが目白押しなのでがんばります!!!

取り急ぎご報告まで!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター