2009
08
30

昨晩のデギュ。

8/25のワインテイスティング IN 芦屋 Aの会(イタリア、スペイン他)にてご注文いただいたアイテムが徐々にそろい始め、梱包作業に合われております。

P1050286.jpg
P1050288.jpg
ご注文いただいたお客様、ありがとうございました!

もう少しお待ちくださいね♪

随時発送手配中です。


話は変わって、弊社には平日は毎日国内インポーターよりワインが到着いたします。

中にはラベル不良、吹き漏れ不良なんかもあったりして・・・・・・
珍しく瓶割れによる不良ワインがございました。

わずかに瓶が欠けて少しずつ漏れているといった状況。

中身はしっかり入ってます。(気持ちショルダー低め)

は~残念。。。
P1050296.jpg

悲しみに暮れながら渋々検証(笑)♪
P1050290.jpg
バローロ ブリッコ・アンブロージョ 2002 パオロ・スカヴィーノ (←クリック)

不良による液劣化はみじんも感じない、むふふふふふふふふふふ~うま~い!!

もちろん弊社スタッフにはブラインドにて提供。

バローロボーイズの旗手なんて呼ばれる生産者ながら熟成を経るとモダンとクラシックが入り混じったような複雑みある“ぶっとい味わい”に一同唸り声が上がります。


ネッビオーロ・・・・・・・・面白い!・・・・・・熟成を経てポテンシャルが引き出される、気長に待たないといけないブドウ品種ですね。

わかっちゃいるけど・・・・・・出玉も極端に少ないし・・・・・・難しいね~。
スポンサーサイト
2009
08
27

ワインのプロを目指すあなた必見!

弊社で一緒にワインを販売してみませんか?
(只今配送アルバイトスタッフ募集中♪)

ワインに触れられるチャンスが一番多いのは我々ワイン専門店の強み(役得♪)です。

将来、ワインのプロフェッショナルを目指される方はぜひ一緒にワインにまみれて働いてみませんか?


飲食店のソムリエやサービスのプロを目指される方は、センチュリーでお仕事をしたキャリアをお持ちになればワインの世界がぐぐっと広がるしワインを学ぶ環境は日本一と言ってよいほど整っております!


弊社の経営スタイルは国内インポーター数十社から紹介いただくワインの中から“いいとこ取り”をして飲食店様にご紹介する、いわゆるセレクトショップ♪

ワインを扱う業界の中でも一番多岐にわたるアイテムに触れることができます。

資格取得に向けたワイン受験塾も併設しております!!

ぜひぜひお気軽にお訪ねくださいね~。

TEL:0797-34-0045  担当:フルカワ ダイスケ まで♪

2009
08
26

ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会 

ワインティスティング IN 芦屋 Aの会(イタリア、スペイン、他)は昨日大盛況となりご来場いただいたお客様、ご協力いただいた輸入業者様、お疲れ様でした!!

ありがとうございました!!!!!!

過去最高の来場者数(約400名)

いやいや有意義な会でした!!

嵐の前の静けさ。準備中。
P1050251.jpg
P1050256.jpg

有料試飲は多数出ていましたが弊社のブースはオルネライア2001 マッセト2000がお目見え。
(カメラ目線です。)
P1050254.jpg


開宴と同時にすぐさま満員。
P1050258.jpg
P1050270.jpg
P1050272.jpg
P1050274.jpg
会場の活気、熱気をお伝えするのは本当に難しいのですが14時~20時までみっちり満員大盛況!

9/8のBの会(フランス、ドイツ、ニューワールド他)にむけて改めて準備に入ります。

まだ若干の定員枠がございます。

ご興味ある方はお早めにお申し込みくださいね♪

 
2009
08
23

配送、物流アルバイトスタッフ募集中!

配送、物流アルバイトスタッフ募集中です!


理想は店内がこうありたいのですが・・・・・
DSCF2491.jpg


最近は・・・・・ご来店いただくお客様にはご迷惑をおかけしっぱなし・・・・です。

P1050245.jpg
P1050246.jpg

今回のスタッフ募集はもちろんワインや酒類を飲食店様へ配送するお仕事も沢山ありますが・・・・・ちなみにこんな車でワインをメインに配達して頂きます。
P1050249.jpg

バックヤードへお片付けなどなど物流全般のお仕事を頑張っていただける方を希望します。
(↓バックヤードの一例)
P1050248.jpg


近所のコンビニのオーナーさんに「手書きのほうが(へたくそなPOP)の方が目立ってええで!」
というアドバイス即採用。
P1050250.jpg



ワインに興味のある方はいろんな学べる機会が盛りだくさん、意欲をお持ちであればこちらもいろいろとワインに触れる機会を検討します。


頑張り次第で社員への登用も過去に実績が多数ございます。

何しろ楽しく元気な職場ですので一緒に頑張っていただけるそこのあなた!

お気軽に担当:フルカワ ダイスケまで♪  TEL:0797-34-0045
2009
08
20

「ワインテイスティング IN 芦屋」準備万端!

ワインティスティング IN 芦屋の準備も大詰め。

8/25はイタリア、スペイン、他

9/8はフランス、ドイツ、ニューワールド、他

を予定しております。

以前にもブログでご紹介させていただきましたが有力なインポーター様約35社(各会約20社)のご参加はもちろんですが、毎年センチュリーのブースも設けるわけで・・・・・

弊社ブースではここ近年は毎年グランヴァンの有料試飲を行っております。



8/25はトスカーナな○ルネライア2001、とそのメルローヴァージョン2000のスーパートスカーナ兄弟がお目見え。

9/8の有料のメインはこちら♪(まだほかにも若干あり)
P1050244.jpg

気難しいワインなので少々ためらいましたがこんな時くらいは・・・・・・皆で検証してみましょう。


ご予約まだの方はまだ間に合いますよ。

こちらまで。(←クリック)
2009
08
17

パセミヤ⇒Nadja(ナジャ)

イタリアワイン界NO.1の方が来阪されるとあって、ワイン業界の重鎮の方々の会にお誘いいただきました。

阪急庄内駅すぐにアルお好み焼き パセミヤさん♪

P1050238.jpg

チャレッロ100%、手摘み、手詰めのカヴァで始まる。(画像失念。)

オイルサーディン
P1050221.jpg


ロエロ アルネイス08
すっきりバランス取れててとっても気持ちいいです。
P1050218.jpg

焼き野菜
P1050225.jpg


デリンジャー シャルドネ 97

樽がっちり、暑い年のシャルドネはヴォリューム抜群!
P1050222.jpg

出ました!
ヴァレンティーニ トレビアーノ 1995
状態完璧!若々しくて元気!
こんないい状態のヴァレンティーニ トレビアーノは初めてかも。
難しいワインだのに、状態完璧とあってナチュラルでスムース、みずみずしくてとにかく綺麗な味わいにビックリです。
P1050226.jpg


クスダ ピノ 2006
すごいワインです。
香りのもやもや感はいつもストックしておきたくなるワイン。

手に入らないんだな~これが。
P1050228.jpg


ナパ ヴァレーのサンジョベーゼ 1997

モレリーノに似ているとのご意見。
海洋性の旨みも感じる。
うまいです!
P1050237.jpg

LUDI 2001
すばらしい!
ボディしっかりだが、モンプル&メルローのシルキーな熟成感はきめが細かくこれからが飲み頃。
P1050233.jpg

お店は、ビオ系のワインが多いそうで・・・・パカレさん来店、クスダさん来店の形跡が(驚!!)
P1050234.jpg


画像失念。
デュクリュ ボーカイユ 1988  
口に含んだときのスケールのでかさがさすがボルドー!


お好み焼きと合わせる・・・・・・日本でも関西だけのスタイルですよね♪
P1050229.jpg



タクシーにて一路、塚口のNadja(ナジャ)さんへ

すごいお店だ。
そうそうたる空き瓶がオーラを放ち存在を示します。
P1050240.jpg

画像はないけど
トレヴィソル 1988 スプマンテ
MARGINALE ソミュール・シャンピニ 1997



いやいや勉強になりました。

何より日本のワイン界をしょってられるかたがたとお話させて頂き、貴重な夜でした。
2009
08
16

牛丼に合わせるワイン(こうやってワイン選びます。)

「今日の晩御飯は何?」

家で食べるときはほぼ必ず献立を電話であらかじめ聞きます。

そして・・・・・ワインを選ぶ♪


昨晩の献立は、頂きものの伊賀牛で作る牛丼。(贅沢~)

すき焼きにして欲しいところだが最近、息子が吉野家に目覚めたのもありまして!?家で再現スルとのこと。


「甘辛い味付けか~」

「重たすぎるのもタンニンが強いのもな~」


献立の味のイメージからワインのブドウ品種を搾って行きます。

メルロー?、プリミティーボ?、モンテプルチアーノ・・・・・・・あたりから・・・・・和のダシ味なので少し抑え目ボディを欲する・・・・・ってところで目に飛び込んできたワインは・・・・ロッソピチェーノで24ヶ月間のオーク樽での熟成か・・・・・「樽の甘さがあるしバッチシ!のはず!」

ということで
ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ・イル・ブレッチャローロ VS 牛丼 (大根とエビのサラダ)

P1050210.jpg

P1050209.jpg

ちなみにロッソ・ピチェーノのセパージュはサンジョヴェーゼ、モンテプルチャーノ。


ワインは樽感がもう少し強いのかと思いきや、思いのほか酸もあり鉄分、血のニュアンスもアル。

もちろん正解!

牛肉との相性は抜群、バッチグーでした。



いっつもこうやって味の想像をしながらワインを選んでいます。

楽しい♪



先日持ち帰った芋、髪の毛&あごひげ伸びてきた。。。
P1050212.jpg



2009
08
14

家飲み♪ラインガウのリースリング 

家飲み備忘録⇒とっても優秀だったのでご案内。

ライツ リースリング トロッケン 2005 〔←クリック〕

P1050200.jpg

はじめの印象は・・・・程よいリースリング特有のガソリン香。“程よい”がポイントです。

目つむって香りかいだら「ガソリンやん!(驚)」みたいなぎゅんぎゅんのリースリングとは全く違い、女性生産者ということもあるのかやさしげな個性の打ち出し方。

ミネラルはしっかりですが温度が上がり時間が経つにつれ開いてきました。



二日目。

ぜんぜん印象がちが~う!

味わいがしっかり開いて果実味が出てきて、個人的には二日目が超お勧め。

もしくは少し温度を冷やしすぎずに最初(一日目)からデキャンティングしてあげてもよろしいかと思います。


とにかくこの季節、汗ダクダクで帰って仕事から帰ってキュッといっぱい行くには酸が気持ちいいワインが欲しいところ。


こりゃ優秀なワインでした。
(今のところ在庫おます。実はこっそり超超特価出てます♪ブログ見た人ラッキーの早い者勝ち品。)

コチラからクリック♪
2009
08
12

さて問題です。

どうやって入れたのかな~?

ビンの中にリンゴがそのまま入ってます♪

カルバドス、ポム ド イヴ (←クリック)

P1050194.jpg
P1050192.jpg


今日たまたま、お得意先のバーから空瓶が帰ってきました。
P1050199.jpg



店頭にご来店のお子様(推定3歳)に、

「ビンの中にリンゴをどうやって入れたでしょう?」

と聞いてみたら・・・・・・




「瓶の中に種入れて育てた!」



あ、新しい発想!!!(驚)




夢がありますね。子供は。



答えはコチラ 
ご存知でしたか???
2009
08
10

本日のデギュ⇒いろいろ考えてるもんだ。

本日のデギュ。
P1050182.jpg
カルロ・ガンチャ 2003  メト・ド・クラシコですね。

3000円くらい?

ガスは弱めで繊細。

香りはほんの少し熟成した酸化香。

ナッツなどの複雑味ありヴォリュームはしっかり。

果実みもアリ私は悪くないと思ったがセンチュリーズは賛否両論。(否多め。)

採用には至らず。。。。。。。。





P1050184.jpg
ワイン雑貨輸入業者さんがこんなものを扱うというんで持ってこられました。

今までのバキュバン(残ったワインが瓶内で酸化するのを抑えるキャップ)のゴージャス版みたいな商品。


P1050185.jpg
スパークリング用の栓もあって・・・・・・・・スパークリングに栓をする時には、空気を抜くのではなく逆に空気を入れてガス圧が下がるのを抑えるキャップになってます。

アタッチメント方式でエアー注入か吸引かを変えられるようになってます。

いろいろ考えてるもんだ。

耐久性が問題かな。


今回のワイナート
P1050179.jpg
いろんな特集がありますね。

でも個人的には海外のワイナリー紹介(綺麗な写真)が少ないのは残念。


でもワインの仕事、こうやって特集されるといろんな仕事があるもんです。

生産者になるためのシュミレーションがあったりして・・・・


でもやっぱワインをブドウから作るより、選んで飲んで好き勝手言う側かな。。。

よくよく考えると楽しい仕事だわ・・・・・・
2009
08
08

本日のデギュスタシオン⇒家庭菜園行き決定

本日のデギュ
P1050178.jpg
アサヒから発売予定のノンアルコールビールの見本缶♪

ワリといける・・・・かな?

少し香りが気になるが・・・・

ま、こんなもんでしょう。

風邪ひいてても、スポーツ中でもこれのめるんなら大有りだな。

続きましてワインワイン♪
P1050175.jpg
ピエモンテ コルテーゼ

シャルドネ樽なしと間違えちゃいました。

すっきりでこの季節気兼ねなく飲むには有り!

コルテーゼ、なるほど夏向きですね。

酸しっかりだし。。。。。。。。


今日みたいな真夏日にはス~と入ってきて気持ちいいです。



画像へたくそでスミマセン。




野菜屋のお兄ちゃんが放置プレイしてたら芽が出てきた芋、もろた。
P1050172.jpg



我が家の家庭菜園行き決定です。
P1050173.jpg

続きです。
ワイン研究会 at 桜会
P1050131.jpg
熊本産天然うなぎ。
ふわっふわですやん。
ソン所そこらでお目にかかれないとの事です。

P1050140.jpg
三田牛のみすじ、赤ワイン&赤ワインビネガー入りポン酢。凝ってます。
やりこくてすばらしい!

で、ワイン。
P1050155.jpg
シャンボール・ミュジニー 1er cru コノブ・ドルヴォー 1996 ドメーヌ・アンリ・ペロミノ
香り妖艶!酸も十分!
芯はしっかり、合格!

最初30分ほどは枝茎系のエグミや苦味が少し前面に出てきていたが時間とともにまとまる。

個人的にはもう少し果実みが欲しいところだが香りのレベルも高いし申し分なし。

評判ではもっと液色、味ともに濃いワインをイメージしていましたがぜんぜんそうではない感じ。

飲んでみなわからへんモンです。


続いてトリのワインはコチラ!
P1050135.jpg
ロマネ・サン・ヴィヴァン 2001 ラルロ
レアすぎ!
香りははじめ大人しめかと思いきや口に入れた瞬間「ショッ~ク!」(←いい意味で!)


メッサすごい!!!

深い!

爆発感!

それでいてめっちゃ高貴な感じ?


ここまで違うとは・・・・・逆にショックです。


複雑みがぜんぜん違う。

そりゃ評価高いはずだわ。

若さはあるが全体で綺麗にまとまっておりスケールが何しろでかい。

余韻の長さも畑のポテンシャルを物語っています。

薄うまの極みだな。



P1050145.jpg
食べたことない調理を施されたスイカとイベリコ豚、ワケギ、カモのエキス、赤ワインを煮詰めたソース。

スイカがこうなるの?へぇー面白い。

P1050148.jpg
ヅケ丼、ご飯は赤ワインとバルサミコ、塩、砂糖で煮詰めたものが和えられてる・・・・んでしたっけ?

コチラもワインにマッチ。


P1050150.jpg
デザートで〆。

コチラのお店、有名人のお客様も多いそうでいろいろ楽しいお話も聞かせていただきました。

ワインに合わせた創作料理、すばらしかった!

そして、ロマネ・サン・ヴィヴァン。改めて、ワインの感動って素敵♪

今流行の麻薬に近いな。(やってませんよ。)

思わず空きボトルテイクアウト、センチュリー店頭陳列決定です。


2009
08
05

ワイン研究会 at 桜会

ワイン研究会 at 桜会(←クリック)

豊中の和食のお店。ワインも扱っておられます。
P1050105.jpg
P1050106.jpg
P1050107.jpg
インカの目覚め、タイのコンソメ、にんじんのスープ。うま!

P1050152.jpg
ポール バラ 2000 G・C
熟成感がはじめはやや進み気味かと思われたが徐々にほどけてくる。
時間とともに開くと果実みが現れグレープフルーツの苦味酸味。
短時間で変化が訪れ面白い!


P1050114.jpg
スズキのグレープフルーツジュレがけ。ダシのゼリー、アモンティリャードもはいってます、との事。
凝ってます。

シャンパンに合う~


P1050115.jpg
新さんま。ばりアブラのってる!

P1050119.jpg
アランロベール 1990  ブラン・ド・ブラン
少しシェリー香なニュアンスは程よい熟成感。
やっぱすごいシャンパンです!
余韻が長くコチラもグレープフルーツを感じるいい酸を持ってます。

以前、飲んだ時(いつもご馳走になっているんですが・・・・)はもう少し若さを感じたので手作り的な瓶差があるような繊細さも感じますね。

とにかく一級品だ!


P1050123.jpg
ソーメンのウニパスタ風。
だめだ、うまい。好きです。



P1050124.jpg
↓とりわけ後
P1050129.jpg
有機野菜のスープ、ベーコンと焼きアナゴ入り。

野菜の旨みと甘みぎっしり!!

冬瓜の器もイカしてます!


ごめんなさい。タイムオーバーに付き つづく・・・・・。

2009
08
02

頂き物♪

お客様から頂いた頂き物♪

恐縮です!!

有難うございますっ!!

いただきますっ!

物をもらう時は人一倍大きな声が出るセンチュリーズ。

P1050093.jpg

しかも今日は堂島ロール、限定バージョンだそうで・・・・

P1050094.jpg

パインごろごろ、ヨーグルト生クリームがしつこくなく大変大変おいしゅうございました!!



ふんわり綺麗なやわらかそ~なロールケーキだったのに・・・・・・ブログ用の写真を撮ろうと箱を覗いてみたら・・・・・・・きれ~になくなってました。

気づいたら野良犬が食い荒らしたような残骸状態・・・・・・・(笑)



食べる前に皆に「お預け!」「シッシッ!」といいながらじゃないと撮影できない職場です。(嘘・笑)





おいしい物って、ワインもそうですがみんなで分け合っててもすぐになくなっちゃう。


逆に「ふーん・・・悪くないんじゃない?」なんて感想のものでも気づいたら減らずに残ってたり。。。。。


おいしさってみな素直に減り具合に比例して出るもんだな。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター