2011
06
29

ヒルトン大阪、ロスチャイルドの宴

某輸入元にお誘い頂きまして、行って参りました。ヒルトン大阪。

会場は35階「ウィンザーズ オン ザ ワールド」


ムートン・ロートシルトを手掛けるバロン・フィリップ・ド・ロス・チャイルド スペシャルディナーですね。

素晴らしいロケーションですね。大阪一望です。
P1150983.jpg

ホテルのホールスタッフは全て仮面をしています。演出ですね。外資系ですしパーティですから。発想が違う。
P1150977.jpg

アミューズ
P1150973.jpg

鴨とフォアグラのドディーヌ、ポルト酒ゼリー添え ドライフルーツチャツネと琵琶のコンポート
P1150990.jpg

毛ガニとホタテ貝のガレット、カニのクーリー添え、ウニ玉子とセヴリュキャビア
P1150994.jpg

アジア統括責任者 アントニー・グルメル氏。男前ですね~
P1150996.jpg

リードヴォーとオマール海老のクレピネット包み焼き、小茄子のファルシ、グリーンピースのフラン、ジェヌヴォワーズソース
P1160005.jpg


席の前は生足による生歌(笑)
P1160008.jpg

ソムリエさんはこんな感じ。
P1160012.jpg

ムートンは飲めませんでしたが(贅沢過ぎる!)ロスチャイルド家の手掛けるワイン7種類のトリにはオーパス・ワン2007!
P1160014.jpg

アントニー・グルメル氏と。私の体の大きさに反応していたのでフットボールしていたと答えると彼はピンポン選手だったと言ってました。
P1160018.jpg

デザート
P1160024.jpg

最後はでぃすこ状態。
P1160033.jpg
P1160034.jpg

すごい世界があるもんです。

ソムリエさんの砕けた、それでいてパーソナリティをしっかり植え付ける接客にはさすがだなぁと感心させられっぱなしでした。

だってホテルのソムリエさんがダースベイダーの仮面かぶって踊りまくって大声出すんだもんな。。。。
※とてもいい感じで盛り上げられるんですよ。

とっても勉強になりました!

ご馳走様でした!
スポンサーサイト
2011
06
26

ワイン受験塾 基礎講座 受講受付開始です!

 『マッサンベのワイン受験塾  基礎講座』



受講受付開始です!!
P1040542.jpg
P1050764.jpg




内容:
1. ワインを教養として勉強したい方、ワインを楽しみたい方の入門講座

2. 日本ソムリエ協会呼称資格取得を目指す方の予備講座
(引き続き受験講座を開設)

3. 講師作成の教材使用。
   
4. ワインをテイスティング



日時: 第1、第3火曜日 13:30~16:30 3時間 全6回

1、9月20日(火) ワイン概論
2、10月4日(火)    フランスワイン(1)
3、10月18日(火) フランスワイン (2)
4、11月 1日(火) ドイツ
5、11月15日(火) イタリアワイン、スペインワイン
6、12月 6日 (火) アメリカワイン、 オーストラリアワイン


場所: ワインハウス センチュリー
     芦屋市東山町7-21 古河ビル1F
     (JR芦屋駅下車、北へ10分)

Tel:0797-34-0045 Fax:0797-34-0642
     E-mail:info@century-jp.com
     http://www.century-jp.com/




講師: 久保 正和 エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン
   
日本ソムリエ協会公認シニアワインアドバイザー
   
日本ドイツワイン協会公認ドイツワイン上級ケナー
   
第1回 ロワールワイン ワインアドバイザー/コンセイエ コンクール優勝 
    
第5回ワインアドバイザー全日本選手権ファイナリスト
   
Tel/Fax:0798-66-3123  
 
E-mail: ecolemacambe@knd.biglobe.ne.jp
   
http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin
      





講座参加料: 48,000円 (教材・ワイン代、税込み)


支払方法:
参加お申込み受け次第、銀行振込先、口座番号を通知させていただきます。



参加人数: 15名以下。



予告: 平成24年1月よりソムリエ協会呼称資格1次試験受験対策講座(14回)を
開始します。





ご参加申込         

平成23年  月   日

To ワインハウス センチュリー Fax:0797-34-0642

又は、久保正和 Fax:(186) 0798-66-3123

  
-----------------------------------------------

平成23年9月20日から始まるマッサンベのワイン受験塾、基礎講座に参加します。

ご氏名:

ご住所:

電話:             Fax: 

E-mail: 





------------------------------------------------
★ワイン入門編講座です!

何からやっていけばいいかわからないけどワインが大好き!と思われている
アナタ!

ソムリエなんて大げさだけどワインは基礎からちょっと学んでみたい・・・・・

将来ソムリエ資格を目指す前のステップアップ講座としても大変有効です。





超お勧め!

人生変わりますよ!!(マジで!!)

是非ご検討下さい!!
2011
06
25

おめでたいワイン

おめでたいワインをホームページにアップしてます。

CENTURY(センチュリー)[2008]年(←クリック)
P1150807.jpg
シャトー・ラフィット・ロートシルト&サントリー・超高級日本ワイン
全世界へ総販売本数1,200本のみ!
(登美の丘100周年&ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト社提携25周年記念)


1200本の限定品です!!!(驚)


ラベルは日本らしく熨斗のように赤白の帯がラベルに埋め込まれています。

何がおめでたいって

こんなレアな記念ワインで名前がセンチュリー♪

しかも弊社もつい先日創業30周年を迎え・・・・タイミングがよろしすぎるんじゃないの?


世界へ向けて1200本の限定生産品ですがただいま6本在庫がございます。


しかもしかも、名前がセンチュリーですからね。

どこよりも価格も頑張ってますよ~♪


アップしましたよ!



お次はカベルネ・ソーヴィニヨンセット。

P1150895.jpg

前回のピノ・ノワールセットが好評頂いたので調子に乗って作りました!!!

実は、この企画の狙いには・・・・・
ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートを目指す方々の二次試験のお役にも立てたら・・・・
と考えています。


二次試験のテイスティングで大事なのは(個人的な見解です)せめて押さえておきたい有名品種は分かるように、効率よく試験までの間に試飲する事、だと思うんですよね。個人的経験上・・・・



ブドウ品種の個性を見抜くには同じ品種でも産地ごとにいろいろいろいろいろいろ飲んで
“それでも当てはまる品種の個性”を覚えておかなければなりません。


だので、国別対抗にした次第です!


もちろん、一般のワイン入門編の方にも

「どんなブドウ品種がお好みですか?」

とたとえば高級レストランでソムリエさんに聞かれたときに

(例)「○○国の○○○○種がしっかりしていて好みなんです」

な~~~~んて答えを「スッ」と言えたら・・・・・

ソムリエさんは心の中で
「こっ、こいつやるな!(汗。。。)」
と思ってもらえるはず(笑)

そんなお役に立っちゃうぞ~!!!
2011
06
24

アメフト世界選手権 オーストリア大会

ご存知ですか?

アメリカンフットボールのいわばワールドカップですね。

『第4回アメリカンフットボール世界選手権   オーストリア大会』
日本代表選手45名が決定
o0210013311303475234.jpg


----------------------------------------
以下、記事引用:
日本アメリカンフットボール協会は、今年7月に予定されている第4回アメリカンフットボール世界選手権オーストリア大会に出場する日本代表選手45名を発表いたしました。

初の世界選手権代表入りは24名、一方最多代表入りはDL脇坂選手で第1回大会から4回連続。

それに続く3度目の代表入りはRB古谷選手・WR清水選手・OL平本選手・DL山中選手・DB佐野選手の5名となった。

学生からの代表入りはRB末吉選手(早稲田大学)1名。

所属チームとしての最多はオービックシーガルズが13名、パナソニック電工がそれに次いで11名の代表入りとなった。

http://americanfootball.jp/japan/Japan45player20110620.pdf


日本代表選手45名は、6/25(土)・26(日)、7/2(土)・3(日)に行われる強化練習に参加し、7/6(水)オーストリアに向け出発いたします。

---------------------------------------

対戦した選手や名前を覚えてる選手がまだ5~6名いる。

コーチ陣に加わった同世代もいるしね。

頑張ってるね~

特筆すべきは私が在籍したアサヒ飲料チャレンジャーズでともに汗を流した後輩の平本晴久選手が3度目の代表入りを果たし出場する事!

平本晴久君のブログ
無題


こいつ、バケもんですから!

ほんと強いから!


活躍を期待します!!

2011
06
22

フードマッチング

この言葉もしくはマリアージュの重要性を感じる今日この頃。

口で言うだけっじゃ伝わらない。という事でズブズブの素人ではありますがワインとお料理も私が感じるままにやってみた物をブログアップしてみようと思いました。

冷蔵庫のぞくと現れたアスパラガス。大好物♪
P1150877.jpg

ベーコンが欲しかったがソーセージ発見につきお皿に入れてレンジでチン。後焦げ目をつけたくなりチーズ投入してトースターへ。
充分なアテが出来ました。
P1150880.jpg

対決するのはローラン・ルーミエ ブルゴーニュオート・コート・ド・ニュイ 2008
ジョルジュの孫ですね。
P1150882.jpg
最初酸が立つ。
時間とともに、「ほほう」と思わせる香りが・・・・・良い!!!!!!!!!


ワインの若々しい酸味があったので・・・・プティトメイト投入。
P1150886.jpg
P1150887.jpg
78点のマリアージュ具合といったところでした。

洗練された味わいのワインだったのでチーズ入れなくて素材のみを楽しむ感じで良かったかも。



2011
06
19

ある日の食卓

先日、スプラウトさんで買ってきたズッキーニと玉ねぎがあったのでね。

玉ねぎはレンジでチンしてからオーブンで焼きを入れてみます。
ズッキーニはフライパンでちゃーちゃーっと。
P1150855.jpg

シンプルイズベスト!

玉ねぎあまい~!!!

こんなんが好っきやわぁ♪ 


30周年の会で開いたワインがまだ残っていたので検証です。
P1150856.jpg
●ロートル ド ソシアンド マレ 2006(ソシ・アンド・マレのセカンドの業務向けラベル)

●ドメーヌ・ド・バロナーク 2006(ムートン・ロートシルトを所有していることで知られるバロンフィリップ・ド・ロートシルト社が南仏・ラングドック地方のリムー(Limoux)で経営するドメーヌ。)

どちらも火曜日抜栓(昨晩は土曜なので5日目)ですがぜんぜんへたりもせずいい感じ♪

逆に開いていて良かったかも。


画像のようなシンプルメニューとはマリアージュは・・・・・ワインが勝っちゃうので冷蔵庫を物色。


市販のロコモコソース?なる物を発見!!しナスミンチはさみ揚げにかけてワインと合わせてみる・・・



「コレやな!!うまっ!」




個人的にはソシマレ セカンドの方が好み。

エレガントでよく出来たワインでした。

バロナークも良かったですが強いですね。2~3年後に飲みたいワイン。

こうしてお家でマリアージュを実験しながら楽しむのもおもろいですよ。

センチュリーに来店頂ける際には是非、今日の献立を教えてください!

ばっちり合わせて見せます!!


※ちなみにロコモコソースって・・・・クックパッド参照。

ハワイのロコモコ用ソース。ウチで簡単に作れます。
材料 ( 2人分)
水 100cc
ケチャップ 大さじ2
ウスターソース 大さじ1
酒 大さじ1
醤油 小さじ1
バター 15g

何となく味が想像できるでしょ。
2011
06
18

カルボニエラ デル トロさんにてランチ

子供の授業参観した後に・・・・行って参りました。

カルボニエラ デル トロさん

P1150820.jpg
茶美豚ベーコンのマッシュポテト

P1150822.jpg
ローストビーフ♪うんめ~ ワイン飲みて~

P1150824.jpg
生ソーセージとパプリカのトマトソースパスタ。
チーズがたっぷり入ってて病みつきになります!


P1150831.jpg
辛子明太子とジャコ、青シソのペペロンチーノ レモン味
具沢山でボーノです!!


P1150833.jpg
地鶏の香草イタリアンフリット サラダのソース
これまたカリカリジューシーで旨かったですっ!!!



P1150836.jpg
キャラメルパンナコッタ フランボソース♪
これ買って帰りたかった!




オーナーシェフ 仲川さんの本場仕込みのお料理はいつも感動があります!


ご馳走様でした!!!!


ところで・・・・先日小学校の同窓会で25年ぶりくらいに再会した真辺先生
※ちなみに私が当時通っていた芦屋市立三条小学校は少子化により廃校になってます。
P1150321.jpg

うちの子供を教えてくださってた(驚!!!)
P1150817.jpg

世間狭いなー。

悪いことはできませんね~。

うちの子、宜しくお願いします!!!

2011
06
17

いただきもも

いただきももです。


中学時代の同級生がご来店♪で桃頂きました!
有難うね!
P1150775.jpg
P1150773.jpg
P1150776.jpg
桃山町の桃って桃の為にある場所っちゅうことやな。

しかし日本の農産物のレベルは高い!形も味もすごいレベルですね。

ご馳走様でした!!
2011
06
16

スプラウトさん

スプラウトさん

箕面市船場東2丁目6-46-1F

SSOKの近くですね。

私の大学の時のアメフトの先輩が奥様とはじめられた産直野菜のお店。

奥様の大谷英子さん♪
DSCN0349.jpg
DSCN0350.jpg
DSCN0352.jpg
DSCN0353.jpg
DSCN0354.jpg
DSCN0355.jpg
DSCN0359.jpg
DSCN0361.jpg
DSCN0358.jpg
いいお野菜、最近の注目度も高いでしょうけど見てたらほんと魅力的です。

一日で綺麗に売り切れてしまうとのこと。


イタリアンパセリもパシッ!とバリバリ元気!

ワインとのフードマッチングもそろそろ考えて行かないとあきませんな~。

ワインも妥協できませんね~

ガンバロ!
2011
06
15

30周年

30周年の感謝の会を、いつもお世話になっている方々をお招きしてホテル竹園にて行いました♪

P1150692.jpg

会の前に集合写真♪
P1150685.jpg

私は司会進行役。
P1150691.jpg
P1150701.jpg

久保先生に乾杯のお言葉を頂きました。
P1150705.jpg

ご参加頂いた皆様は弊社の為にお集まりいただき誠にありがとうございました!!

ワインも沢山頂き誠にありがとうございました!!

30年、感慨深いものがありますね。

特に弊社社長は我々にもまして感慨深さひとしお。


31年目に入るセンチュリーにもどうぞご期待ください!!!!!!!

2011
06
13

ラジオ出演してきました。

もう終わったんですけどね。

西宮のさくらFMさんの番組に出演してきました!

緊張した~。

P1150666.jpg

DJの武田 康子さんと終了後に。


明日、お陰様で弊社創業30周年を迎えます。

ラジオでまでも告知が出来て嬉しかったです。


店頭販売に限りワイン全品15%~30%オフ! (店頭販売に限る)

というネタも告知できたし。

明日は定休日でお休みですがあさって以降、31年目に入るセンチュリーにもどうぞご期待くださいね!
2011
06
12

父の日にワイン

父の日っていつやねん???

調べてみました。


2011年の父の日は、6月19日(日)です。父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日で、
毎年6月の第3日曜日(=その年の6月15日 - 21日のうち日曜日に該当する日)に祝う習慣があります。
(wiki調べ)

そう。6月19日(日)です。

日頃の感謝をワインで・・・・・・・いかがでしょうか???

センチュリーは30周年感謝祭につき

6月一杯店頭販売のワインは15%~30%オフ!!!

これはチャンスですよ!!


P1150641.jpg




P1150582のコピー
シニアワインアドバイザー 



古河ダイスケが選ぶ特別企画!



「国別対抗ピノ・ノワール飲み比べセット!!」


作ってみました。
http://century.ocnk.net/product/2213



わたくし個人的に好きなブドウ品種はピノ・ノワール♪

(ブログでもかなり偏って飲んでるのがばれてるかも♪♪♪)



あとは、ニュージーランドに修行に行って強く感じたんですが日本はいろんな国のワインが容易に手に入りすぎて・・・・・

「ブドウ品種のイメージを持てるようになるのに時間がかかる!」と思うんです。



ん???  と思われる方も多いかもしれません。



では意地悪な質問。



「あなたのお好みのブドウ品種を言えますか?」

言えた人は

「そのお好きなブドウ品種でどこの産地のものがお好きですか?」

これが答えられるようになるだけでレストランのソムリエさんに

「どんなワインがお好みですか?」と聞かれたときに



「バシッ!!!」と答えられるようになります!!







ワインを少しでも楽しいものにしていくうえで大事な大事なポイントは



“国際品種”


と呼ばれる代表的なブドウ(僅かしかありません)の個性を知ること。



そんなお悩みを解決するべく、




「安くておいしくて学べるセット」を考えました。



今回お勧めするのは私、古河ダイスケが一番好きなピノ・ノワール。



お手頃でいてコストパフォーマンス抜群で国や産地が違う様々なタイプのピノ・ノワールをしかもセットでさらにお安く!!!お試しいただいてピノ・ノワールのイメージを持てるようにご自宅で飲み比べてみましょう!!!!!!!




ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート資格取得にも大いにお役にたてること間違いなしのセットでっせ!!!!!



2011
06
09

無事終了!ローガン試飲会!

業務店様向けオーストラリアワインのローガン試飲商談会無事終了!

ご来場いただいたお客様誠にありがとうございました!!!


好評でしたね~。ワインも美味しかった!

オーストラリア等のニューワールドワインは単一ブドウ物が多いからブドウを説明しやすくていいですね。


ローガンのオーナーPETER LOGAN氏も紳士でいて愛想が良くて魅力的な方でしたよ!

店頭にて採用する予定ですので皆さんまた是非是非お試しくださいね~
P1150635.jpg
P1150640.jpg
P1150638.jpg
これもろた。

ローガングラス
かっこいい画像すぐにオーストラリアの奥さんに電話して画像送ってくれた。やるやん。

Logan_Apron photo
これももろた

嬉!


ピノ・ノワールが良かったナ。

ニュージーランドでも感じましたがピノ・グリがオーストラリアでも人気が出てきているらしいですね。

ローガンさんも作ってはった。


最近お手頃価格のニューワールド充実してきました。

ご来店お待ちしております!


2011
06
09

ITOH DINING OSAKA

ITOH DINING OSAKAさんにてディナー♪

ダウンタウン浜ちゃんもご来店の人気店。


向かいのビルがなくなってとっても景色が良くなってました!
P1150598.jpg


P1150600.jpg
P1150601.jpg
P1150603.jpg
カボチャのポタージュ

P1150605.jpg
ブラゾン・ド・オーシエール
いいワインだ!安定感がありますね。


P1150608.jpg


P1150610.jpg
海鮮も楽しめるコースをチョイス

P1150618.jpg
ミディアムレアです。


P1150620.jpg
P1150621.jpg
かっこいい。焼く側にまわってみたい。

P1150624.jpg
P1150626.jpg
ガーリックライス最高でした♪

P1150634.jpg
デザートで〆。


こちらのお店、今後の展開がとっても楽しみ。
神奈川にはNOBUさんとコラボで出された新店もあって・・・・
http://www.itoh-dining.co.jp/

こちらも行ってみたい!!!

鉄板焼きってほんっと贅沢でした。

日本の食文化を改めて考え直させられた・・・・・・
2011
06
06

ラジオに出ます。

そんなお話があってね。


さくらFMさんの番組ですねんけど。

番組名は「さくっとLa・ら・Raにしのみや」
6月13日(月)12時25分頃から50分ころまで


話するのへたくそに付きみなさん聞かないでください。(嘘)

2011
06
06

業務連絡 試飲会のお知らせ

一般の方はゴメンナサイネ。

業務店関係者様へのご案内です。

イタリアワイン 「ルーチェ」のセミナーを弊社3Fセミナースペース シエクルにて行います!


詳細は下記の通り
「ルーチェ・デッラ・ヴィーテ社 エリカ・リバルディ氏来日記念テイスティングセミナー」(後援:日本リカー)


このたびイタリア トスカーナのルーチェ・デッラ・ヴィーテからエリカ・リバルディ氏を迎え特別セミナーを実施致します。

ルーチェ・デッラ・ヴィーテは、1995年に、ヴィットリオ・フレスコバルディとロバート・モンダヴィというワインへの情熱と卓越したワイン醸造の技術を持った20世紀を代表する二人のワイン醸造家によって創設されたワイナリーです。

セミナーではルーチェブランドのワインをエリカ・リバルディ氏の解説を踏まえながらテイスティングしていただきます。

なお、「神の雫」の本間チョースケのモデルになりました日本リカー㈱商品部イタリアワイン担当の本間敦が当日の通訳として参ります。

ご多忙の折とは存じますが、是非ご参加賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 



セミナー内容
 『ルーチェ テイスティングセミナー』
 講師:ルーチェ・デッラ・ヴィーテ
 アジア・パシフィックエリア担当マネージャー
 エリカ・リバルディ氏
無題



【日時】 2011年7月7日(木)
       PM15:00~16:30


【場所】 ワインハウス センチュリー 3階 セミナースペース シエクル
 
【定員】 20名(先着順要予約)


【試飲アイテム】
  ルーチェ
  ①ダンザンテ ピノグリージョ 2009年
  ②ダンザンテ メルロー 2009年
  ③ルチェンテ 2007年
  ④ルーチェ 2006年
  ⑤ルーチェ グラッパ


あのルーチェのセミナーです!!!!!!!


ご予約はお早めに!!!
2011
06
05

白古酒研究会 at 弘屋

いやいや、ありがたい事にまたもやお誘い頂いたワイン研究会。

テーマは白古酒。

この時期いいですね♪

こんな表までご用意頂いたりで・・・いつも有難うございます!
P1150494.jpg

P1150499.jpg
ドンペリ ロゼ 1996
程良く骨太な味わい。過去の経験より頑丈な感じがする。
飲むタイミングによって同じワインでも印象がこうも違うんですよね。
ともあれ贅沢すぎる乾杯。

・ブルゴーニュ・ブラン 1999 コシュ・デュリ
みずみずしく繊細。うるうるとした独特のうるおい感ある舌触り。
程良い深みで今飲み頃。
ブル白でこのポテンシャルはすげーナ。



いきなり画像失念のラッキョのポタージュのあと
P1150501.jpg
ウニとレモンビネガーのパスタ。


P1150502.jpg
フォアグラ、トウモロコシのプリン

P1150505.jpg
赤ピーマンのアイス、トマトと生野菜のジュレ

P1150508.jpg
超マニアックですが興味ある比較試飲。

全く同じワインですが
画像左はロバート・ハースセレクションと言って簡単に言うとアメリカ向け
・ピュリニー・モンラッシェ コンベット 1989年 エティエンヌ・ソゼ
画像右はオリジナルのラベル

ロバート・ハースは初め甘い樽が感じられオリジナルとはこうも違うのか!と思わせる甘み。
オリジナルは同じ物を以前にもご馳走になった経験があるがもっと恥ずかしがっていたのに今回は初めから開放的な感じ。

時間と共にハース物も酸がきれいにでてきてエレガントさが出てくる。

ソゼ・・・・・ええ生産者や。好きや。



P1150513.jpg
ウナギ。皮パリパリやねん。


P1150518.jpg
バタール・モンラッシェ 1983年 ジャン・ノエル・ガニャール
おぅ!外交的で素敵!甘みあり今飲み頃。
酸も溶け込みうまいな~。いい感じ。


P1150520.jpg
・コルトン・シャルルマーニュ 1995年 ボノー・デュ・マルトレイ
酸がまだ少し硬め。レモンや蜜のようなトロミと甘み。
これが時間と共に開く開く。
会の後半ではカスタード系の甘い香りが出て楽しかった。

・ル・モンラッシェ 1988年 ルモワスネ
ドメーヌ テナールが手掛けるワインですね。
クリーミーでナッティ。
ぐーんと余韻が伸びる。
色濃く状態も良くバランスがとにかく素晴らしい!


P1150522.jpg
お肉料理。トリュフだ。

P1150523.jpg
・クロ・ド・ヴージョ 2000 ドニ・モルテ
くぐもった、それでいてすみれのような自分を持ってる力強さ。
アンリジャイエっぽいらしい(←言ってみたい)
エキスが濃くフレッシュ感もあり素晴らしい!
少し濃いスタイルのピノですね。

・クロ・ド・ヴージョ 1997年 ドニ・モルテ
2000年を濃いと思ったが97はより濃い仕上がり。
暑かったんですね。
厚みありトーン低い。
重心が低い。
個人的には2000年の方が好き。

スタイルが変わってますね。




P1150530.jpg
すっぽんリゾット

P1150534.jpg
〆白
ムルソー ペリエール 1990 セレクション・ニコラ・ポテル
いいね~~
安定感、安心感がありますね。
見つけたら即買いワインだな


P1150539.jpg
沢山ご馳走様でした!!!

いやいや勉強になったなー


場所は変わって西宮の豪邸
P1150541.jpg
P1150542.jpg
フレデリック・コサール  ポマール 2008
ロブマイヤーのグラス二種でグラスの違いも楽しみながら・・・

ビオです。
抽出薄いです。
なんかフィルターに掛け過ぎたようないいところがそげちゃったようなポマールにしては少し物足りない感じかな。  
美味しいですが少し控えめすぎる?
(ご馳走になってるのにスミマセン。。。)



いやいや、経験値またもやアップです。

ご馳走様でした!!!!!!!

ドニ・モルテのクロヴーさがそっ!!!
2011
06
04

ソムリエ試験直前講座 受付開始ですよ!!!

日本ソムリエ協会呼称資格認定試験  2011 年度 一次試験受験直前講座


ご予約開始です!!!!

今年の一次試験は8/22!!

受験される皆さま、頑張れ~!!!!って事で一次試験直前講座のお知らせです!



我々もどれだけこの講座で救われたことか・・・・・

絶対お勧め間違いなしです!!

詳細は下記の通り:

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2011年度 

「(財)ソムリエ協会公認 ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート 資格取得向け 


             一次試験受験直前講座



講座受講お申し込み受付開始!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弊社の3階「セミナールーム シエクル」にて、我々が尊敬してやまない「第一回ロワールワインコンクール」にて“日本一”に輝きその他多数の輝かしい経歴をお持ちの久保 正和講師によるワイン受験塾を開催しております。

今回のご案内はソムリエ  ワインアドバイザー  ワインエキスパート 資格取得に向けた一次試験受験直前講座となっております。

詳細は久保先生のホームページでもご紹介

         ⇒ http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin/

--------------------------------------------



詳細は以下の通り:

本講座の特徴:
§ 教材と講義内容
1. 「究極の直前講座虎の巻」
講師自身が、過去6 年間の出題を充分検討して絞り込んだ出題範囲の徹底理解と記憶を容易にするための教材を作りました。
【注】ソムリエ協会発行の「教本2011 年度版」は、各自で必ずご用意下さい。


2. 「過去6 年間の一次試験出題問題集」
ワイン概論、フランスワイン、ドイツワインなどカテゴリー別に整理作成したものです。


3. 「模擬試験」
講師が出題を予測して作成した問題で模擬試験を行ないます。


講座日程と内容: 平成23 年7 月12 日(火)、19日(火)、26日(火)、8月2日(火)、9日(火)

火曜日 13:30~16:30 5 講座。



【平成22 年度ワイン受験塾 呼称資格一次試験講座 カリキュラム】


火曜日 13:30~16:30


講義内容 

* 講師作成の教材「究極の直前講座虎の巻」と理解を容易にする資料を活用。
* 本年度ソムリエ協会教本の昨年度からの変更点解説。
* 模擬試験(講師作成問題)と解説






※平成23年度のソムリエ協会呼称資格一次試験は8月22日です。


【場所】ワインハウス センチュリー
    芦屋市東山町7‐21古河ビル3F
    JR芦屋駅下車、北へ徒歩10分)
    Tel:0797‐34‐0045
    http://www.century-jp.com/

    E-mail:info@century-jp.com


受講料(教材含む): 30,000 円(消費税込み)。

* 日本ソムリエ協会発行の教本は別途各自購入して下さい。




【支払方法】参加お申込みを受け次第、銀行振込先口座番号を通知させていただきます。






講師: 久保 正和 エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン
    日本ソムリエ協会公認ワインアドバイザー
    日本ドイツワイン協会公認ドイツワイン上級ケナー
    第1回 ロワールワイン ワインアドバイザー/
                  コンセイエ コンクール優勝 
    Tel/Fax:0798-66-3123  
E-mail: ecolemacambe@knd.biglobe.ne.jp
   



http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin
       (マッサンベ検索で開きます)


ご参加申込はFAXかメールにて Fax:0797-34-0642   email:info@century-jp.com
  


「平成23年7 月12 日から始まるマッサンベのワイン受験塾、受験直前講座に参加します。」として

ご氏名:   

ご住所:   

電話:  

Fax:  

E-mail

上記をお知らせ下さい。


------------------------------------------------------------------------



勉強の成果をココでキッチリ再確認!

効率よく追い込みするにも完璧!!

ちなみに弊社スタッフ5名は久保塾にてワインアドバイザー一発合格、私、支配人 古河と営業本部長 藤原、店長中熊はシニアも一発合格。

資格取得に向けて頑張ろうと考えていたそこのあなた!!

チャンス到来です!


ご検討下さい。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター