2011
08
31

GAJA コスタ・ルッシ 1986年

昨日の試飲会に出した有料試飲分のGAJA コスタ・ルッシ 1986年。



少しだけ残っていたので検証です♪
ガヤ

同じワインを二本開けましたが、流石ここまでのヴィンテージ物となると同じワインでも少し瓶差がありました。


両方感動物の美味しさだったんですけどね。


素晴らしいです!!


美味しいほうのボトルは特に、久々のドキがムネムネ状態になりました(笑)


初日は流石の酸を楽しめて本日は角が取れて余韻がムズムズっ。


エレガントですね。


トップに君臨する生産者のトップたるゆえんは、過去のワインでどれだけ良い物を作ってきたか、が物語ってくれますね。


ラベル良く見ると 9600BOTTLES    250MAGNUMS    50DOUBLE MAGNUMSって書いてある。


生産本数書いてある・・・・。


合計するとフルボトル換算で10300本ってことか・・・(計算してみました)


ふ~ん。

少ないね~。

そのうち数本がセンチュリーにあるって、ご縁ですな~。

幸せ~

ご馳走様でした~
スポンサーサイト
無事終了いたしました!

「第10回 ワインテイスティング IN 芦屋  Aの会」

過去最高に大盛況となりました!

ご参加頂いたお客様、誠にありがとうございました!!ご協力頂いた出展業者の方々も、誠にありがとうございました!!


お陰様で約350名のお客様にご参加頂き、あっという間の6時間でした。

年々レベルが上がっていくワイン会。

大変有意義でしたね~


P1170143.jpg
P1170167.jpg
P1170169.jpg

P1170141.jpg
P1170140.jpg

9月13日のBの会(フランス、ニューワールド編)もどうぞよろしくお願い致します!!
『マッサンベのワイン受験塾   基礎講座』


ご予約受付中です!!

内容:

1. ワインを教養として勉強したい方、ワインを楽しみたい方の入門講座


2. 日本ソムリエ協会呼称資格取得を目指す方の予備講座

(引き続き受験講座を開設)


3. 講師作成の教材使用。


4. ワインをテイスティング


日時: 第1、第3火曜日 13:30~16:30 3時間 全6回

1、9月20日(火) ワイン概論
2、10月4日(火) フランスワイン(1)
3、10月18日(火) フランスワイン(2)
4、11月 1日(火) ドイツ
5、11月15日(火) イタリアワイン、スペインワイン
6、12月 6日 (火) アメリカワイン、 オーストラリアワイン


場所: ワインハウス センチュリー
     芦屋市東山町7-21 古河ビル1F
     (JR芦屋駅下車、北へ10分)

Tel:0797-34-0045 Fax:0797-34-0642
     E-mail:info@century-jp.com
     http://www.century-jp.com/

講師: 久保 正和 エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン
    日本ソムリエ協会公認シニアワインアドバイザー
    日本ドイツワイン協会公認ドイツワイン上級ケナー
    第1回 ロワールワイン ワインアドバイザー/
              コンセイエ コンクール優勝 
    第5回ワインアドバイザー全日本選手権ファイナリスト
    Tel/Fax:0798-66-3123  
 E-mail: ecolemacambe@knd.biglobe.ne.jp
    http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin
    エコール・マッサンベで検索  

講座参加料: 48,000円 (教材・ワイン代、税込み)

支払方法: 参加お申込み受け次第、銀行振込先、口座番号を通知させていただきます。

参加人数: 15名以下。

予告: 平成24年1月よりソムリエ協会呼称資格1次試験受験対策講座(14回)を開始します。

******************************
ご参加申込         

平成23年  月   日

To ワインハウス センチュリー Fax:0797-34-0642
又は、久保正和 Fax:(186) 0798-66-3123
  

平成23年9月20日から始まるマッサンベのワイン受験塾、基礎講座に参加します。


ご氏名:

ご住所:

電話:             

Fax: 

E-mail: 
***********************************

受験塾のステップアップ講座としても大変有効です!

一般の方から業務店関係の方まで、毎年様々ですのでお気軽に♪

ワインって世界中にあるお酒ですから・・・・「人生変わります!!」

楽しくなります!!!


是非ご予約お待ちしております!!
29+.jpg
2011
08
29

簡単一言ワインセミナー

意外と知らていない話。



ワインは果汁のみから作られたお酒で加水、アルコール添加は一切無いんです。



いかに、ブドウそのもの素材が重要かが分かりますよね。




美味しくない果物からはおいしいワインは作れない・・・・当然です!





下の画像はブドウを収穫後、梗を取ってタンクに入れた直後の画像。
P1120831+.jpg




ワインの製造方法を超簡単に言うと、上記に酵母を入れ発酵させて、皮を絞って取り除く・・・・・



それだけなんです!!!(超簡単に言うとですよ!テクニックはいろいろあります!)





いかに「自然、大地の恵み」な飲み物か、少し想像して頂きたいな♪

弊社主催の10年目になる大試飲会。

気合入ってます!


忘れ物は無いか。印刷物は足りているか・・・・・


準備に追われてる中・・・・
P1170131.jpg

お陰様で今年もご予約状況順調♪Aの会、Bの会ともにご予約状況は300名様は越えております。
(有難うございます!!!!!!!!)


ブログと店頭とメールニュースのみでの告知となっております。

チラシや雑誌広告は今年もやりませんでした。


それでもこのご予約状況には、ありがたい感謝の気持ちと共にワインを愛するファンの方が沢山いらっしゃって、期待を裏切れない・・・・


「頑張って行かなくちゃいけないな」。。。。




試飲会は各会ともに2時から8時までぶっ通しでやっているのでまだご予約はもう少し受付できそうです。

お時間が作れそうな方は今すぐご予約を!!!

安くでいろんなワインを「飲み比べ」できる数少ないチャンスですヨ!!(当日特価での予約注文もあり!)

詳細はこちら。

お待ちしてま~す!
2011
08
25

Ch.ラフィット・ロートシルト 1988年 7日目

遠慮の塊ではありませんが、グラス約一杯分を残して1週間たったCh.ラフィット・ロートシルト 1988年。


抜栓時のブログはこちら
http://centurywine.blog7.fc2.com/blog-entry-840.html


まだ生きてました!!!!!!

本当に驚きです。

良いワインってこういうことなんですね。

P1170086.jpg

確かに余韻や華やかさは落ちていますが複雑味、カベルネ古酒の心地よい香りにはまだまだうっとりさせられます。


偶然タイミング良く来た某輸入元営業マン、T氏。


おすそ分けを一杯差し上げてみる。


ちなみに、この人

2008年7月  第2回ロワールワインコンクール ワインアドバイザー優勝

2010年10月 第8回ワインアドバイザー全国選手権大会優勝

なお方。

私の激写に全く気付いていません。(携帯で液色を激写)
P1170089.jpg


お次はボトル撮影。
P1170088.jpg
必死です。最後まで全く気付いていませんでした。



無断で載せてごめんね。面白かったもんで・・・


ワイン好きって良いワイン飲んで興奮すると結構な確率でこうなるんですよね(笑)


私も気をつけよ。
2011
08
25

ガミーラ

ガミーラさん


センチュリーから徒歩2分?くらいかな。すぐご近所さんにある超人気イタリアン♪



こちらのお店は久保先生の塾の卒業生でもありソムリエさんが3人もいらっしゃいます。

お料理もさることながらワインも豊富!という事で行って参りました♪

前菜盛り合わせ!すごいヴォリューム!!
P1170066.jpg


お任せサラダもおいしかった~
P1170073.jpg

さんま!どでかい!!!!
P1170081.jpg

お任せで冷製パスタしてもらいました!


超具沢山!こんなパスタ始めてかも。
P1170074.jpg

こちらもお任せでクリーム系パスタ。
P1170084.jpg
あさりがたっぷり入ってて「ごっちゃんです!!」

ワインもグラスで充実。

・エスト!エスト!!エスト!!!

・フラスカティ

・レイダ ピノ・ノワール (チリ)

飲んで〆。

いやいや、お久しぶりに寄せて頂きましたが大満足。

・・・・・・・・ダイエット断念します(笑)

シャンパン=フランスのシャンパーニュ地方で法律に従って作られたスパークリングワインのみをシャンパンと呼びます。



スパークリングワインを何でも「シャンパン」て言わないように気をつけましょうね♪



ちなみにスパークリングワインのラベルにBRUT(ブリュット)と書いてあると辛口です。



この確認を怠ると、「辛口買ったつもりが甘いやん」なんて事になりかねませんので要注意。





ワインアドバイザーがいるお店で質問しながら買うのがベターですね♪
2011
08
22

簡単一言ワインセミナー

★ヴィンテージとはなんですか?



ヴィンテージとはブドウが収穫された年を指す言葉です。



ブドウは他の農作物と同様に、育った年の天候の影響を大きく受けます。



不作の年か豊作の年か?暑かったのか雨が多かったのか?



ボルドーの高級ワインなど長期熟成するようなワインなどは飲み手にとっても興味の対象になりますし、また飲み頃を迎えるまでに10年以上掛かることも少なくないのでヴィンテージの表記はワインにとっても不可欠です。



ワインは「ヴィンテージ=生産年が多彩に楽しめる唯一のお酒」 と言う事でロマンがありますよね♪
2011
08
22

【飲食店様へのお知らせ】試飲会情報

秋の試飲会情報をアップしております。

一般のお客様は申し訳ありませんが、業務店、飲食店関係者様向けの情報です。

http://www.century-jp.com/event/diary.cgi

ご検討くださいね~
★ワインの個性の違いはどこから出るのですか?

4番目になりましたが、最後は人間です。
(※まだまだありますが、ざっくりの内容で進めていっております♪)

たとえば、全く同じブドウからでもそれぞれの作り手の手の掛け方や醸造のテクニック、最終的にどういう味わいのワインを作ろうとしているのかによって全く違うタイプのワインを造る事が可能です。

一方は厚みのある物、一方はライトな物という具合に正反対の物ができる事さえあります。

・ブドウの選果

・畑への手間暇

・作り手の技術

・作り手の味の好み


奥が深いですね~


要するに作り手も大事なポイント。

一つ美味しいワインを見つけたら、その生産者の違うワインも飲んでみたら「美味しい確率が高い」という事は良くありますよ♪

ニュージーランドのワイヘキ島で修業させてもらったストーニーリッジのワインはどれも美味しかったもんな~
P1120874+.jpg
P1120563.jpg
2011
08
20

お好み焼きに合うワイン&ラフィット 1988年

センチュリー社内にて、社員研修も兼ねて私古河ダイスケの発案により新しい企画をやってみました。



近くのスーパーに行ってみる。
いかり


総菜コーナーを物色。
P1160986.jpg
お好み焼き購入。450円くらい





センチュリーに行って

「今日お好み焼きなんだけど予算2000円以内でこれに合うワイン選んでください」





という設定で、今回は弊社営業本部長 藤原タクヤにチョイス依頼♪





チョイスしたアイテムはこちら♪
アッソーロ レッジアーノ フリッツァンテ ロッソ セッコ
http://century.ocnk.net/product/2288
P1160996.jpg

ソースの豊潤で甘辛い酸味。対するランブルスコ セッコのやや辛口ながら酸味があり食中でもいけるフルーティな味わいが意外にヒット!



これはおもろい企画が出来上がりました!





我々、ワインアドバイザー4名(内シニア3名)がお客様にワインをお選びしておりますが、一つのテーマに対して選ぶワインは皆それぞれ結果が違います。





一人が選んだワインをみんなで検証する・・・・・・ライブ感がありはずした時は怖いが新しい発想が違うスタッフも学べる・・・・



学びが多いひと時でした。またやります!乞うご期待!







で、そのあとサプライズで・・・・こんなワインあけました!



Ch.ラフィット ロートシルト 1988年 超訳ありな環境下にて保存されていたとても販売できなくなってしまった代物。。。



99%死んでいると予測しながら皆にブラインド♪



その前に、抜栓する私。



野ざらしに近い状態だったためかコルクがボキッ。ぼろぼろでした。
P1160990.jpg

P1160991.jpg

折れつつホジホジして開けたのですが貫通した瞬間得も言われぬGOOD スメルが・・・・・・
P1160994.jpg


!!!!!!!!!


あの~完璧に生きてるんですけど!!!!!!!!!



100%の状態ではないのかもしれませんが90点は上回るでしょう。全く問題なし。



20分後くらいから余韻と甘みが”めろ~ん”と出てきて・・・・・特筆すべきはカベルネ古酒の熟成した香り。



いつまでも嗅いでいたくなる複雑な香り。



いやいや、長年やっていたらこんなラッキーなこともあるんだな。



今やラフィットの古酒はどえらい値段になっていて手が出ませんから・・・・・



ご馳走様でした。
いよいよ近づいて参りました弊社主催の  


        <第10回 ワインテイスティング IN芦屋>


まだ定員に余裕がございますのでお知らせさせて頂きますがその前に!この試飲
会も10周年、弊社は創業30周年という事で参加して頂いた一般のお客様には当
日、入場の際に



 

        「センチュリーでワインを買うとワイン全品15%オフ券」


を贈呈させて頂くという“試飲会参加者限定特別企画”を行う運びとなりました!





また、毎年楽しみにして頂いているセンチュリーのグランヴァン有料試飲ブースの
ネタをブログでもアップしてしまいます!(メールニュース限定のつもりでしたがごめんちゃい)




※アイテム等、変更になる場合もございます。くれぐれもご了承ください。

また、下記アイテムは全て在庫に限りがございます。

当日売り切れの際はご容赦ください。


★★★Aの会(イタリア、スペイン他)8/30★★★

(1)ポッジョ・アイ・メルリ 2003 イタリア トスカーナ               
カステラーレ・ディ・カステリーナ社 メルロー
\10,500⇒ 参加者限定特価\8,400
有料試飲40ml 500円



(2)バルバレスコ ブリッコ・アジリ ベルナドット 1998 イタリア ピエモンテ     
チェレット社 ネッビオーロ 
\15,750⇒参加者限定特価\12,600
有料試飲40ml 1000円



(3)オルネライア 2001 イタリア トスカーナ
オルネライア社
カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー25%、カベルネ・フラン12%、プティ・ヴェルド3%
\22,050⇒参加者限定特価\17,640
有料試飲40ml 1500円



(4)バルバレスコ コスタルッシ 1986 イタリア トスカーナ  
ガヤ社 ネッビオーロ
\36,750⇒ 参加者限定特価\29,400
有料試飲40ml 2000円



(5)ウニコ 1974 スペイン リベラ・デル・デュエロ ヴェガシシリア
テンプラニージョ カベルネ・ソーヴィニヨン
\55,650⇒参加者限定特価\44,520
有料試飲40ml 3000円






★★★Bの会(フランス、ニューワールド他)9/13★★★

(1)シャンボール・ミュジニー レ・ザムルーズ 1996 フランス ブルゴーニュ
ジョセフ・ドルーアン ピノ・ノワール
\30,450⇒ 参加者限定特価\24,360
有料試飲40ml 1500円


(2)ヴォーヌ・ロマネ クロ・パラントゥ 2007 フランス ブルゴーニュ  
エマニュエル・ルジェ ピノ・ノワール
\46,200⇒参加者限定特価\36,960
有料試飲40ml 2500円



(3)ヴィルジニー・ド・バランドロー 1996 フランス ボルドー
Ch.ヴァランドロー メルロ75%、カベルネ・フラン20%、マルベック5%  
\18,900⇒参加者限定特価\15,120
有料試飲40ml 1000円



(4)パルメ 2001 フランス ボルドー  
カベルネ・ソーヴィニョン55%、 メルロ40%、プティ・ヴェルド3%
\18,900⇒ 参加者限定特価\15,120
有料試飲40ml 1000円




(5)シュヴァル・ブラン 1981 フランス ボルドー 
メルロー42、カベルネフラン58
\42,000⇒参加者限定特価\33,600
有料試飲40ml 2500円




(6)マルゴー 1990 フランス ボルドー ※パーカー100点ワイン!
カベルネ・ソーヴィニヨン75%/メルロー20%/カベルネ・フラン、 プティ・ヴェルド 5%
\157,500⇒参加者限定特価\126,000
有料試飲40ml 5000円





以上が弊社ブースの有料試飲アイテムとなりますがその他のブースも気合入りまくりです!!!!!!

ご期待ください!!!

***************************

改めまして下記に



             「ワインテイスティング IN 芦屋」

の詳細をお知らせさせて頂きます!




皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃の格別なご愛顧を感謝し心より御礼申し上げます。
ワインは食生活の“宝石”を合言葉に、皆様方に幅広く味わって頂く弊社主催のワイ
ンの試飲会を今年も下記のとおり企画いたしました。この機会に是非お越しいただけ
ますようご案内いたします。
                       
                       記

日  時:
Aの会 平成23年8月30日(火) 14:00~20:00 (イタリア、スペイン他)

Bの会 平成23年9月13日(火) 14:00~20:00 (フランス、ニューワールド他)
(いずれもどの時間帯に来ていただいても結構です)

場  所: ホテル竹園芦屋 3F 飛鳥の間   TEL 0797-31-2341

主  催: 
株式会社 センチュリー     
〒659-0091 芦屋市東山町7-21
TEL :0797-34-0045   
FAX :0797-34-0642
メールアドレス: info@century-jp.com


予定出展業者  :
■Aの会:
ユニオンリカーズ、
モトックス、
メモス、
サントリーワインインターナショナル、
ファインズ、
モンテ物産、
サッポロビール、     
日欧商事、
フードライナー、
ワインウエイヴ、
飯田、
アズマ、
稲葉、
アルトリヴェッロ、
エノテカ、
JSRトレーディング 、
日本リカー、     
メルシャン 、
日本グランドシャンパーニュ、
コートーコーポレーション、         
ワインハウス センチュリー 
(順不同、敬称略)            


■Bの会:
ユニオンリカーズ、
アサヒビール、
モトックス、
木下インターナショナル、
サントリーワインインターナショナル、
MHDディアジオ モエ ヘネシー、
ファインズ、
日本リカー、
メルシャン、
ブリストルジャポン、
コートーコーポレーション、
豊通食料、
稲葉、
ヴァイ&カンパニー、
エノテカ、
ミレジム、
JSRトレーディング、     
スマイル、
ワインハウス センチュリー 
(順不同、敬称略)


出展ワイン:A、Bの会共に約200種類予定。
各ブース選りすぐりのワイン約10種類ずつ!比較試飲多数あり♪


対  象 : 一般のワイン好きの方。飲食店関係者。ワインに興味のある酒販店。


目  的 : ワイン文化の啓蒙、及び特別価格による予約販売。 

(一部、有料試飲あり)

参加費用: 各会¥1,000 
(イベントの性質上、お子様及び未成年者の入場は固くお断りいたします。) 


定  員 :  400名 (A,B共に)  【完全予約制】

・お支払いは当日受付にてお願い致します。お車でのご来場はご遠慮願います。


(※お申込みはFAXもしくはメールにてお願い致します。 FAX:0797-34-0642)


-------------------------------------------------------------
             

                  <参加お申し込み>    


[参加希望の方は必ず □ 印ににチェックを入れてください!]

□ Aの会に参加します。 (平成23年8月30日(火)、イタリア、スペイン、他)

□ Bの会に参加します。 (平成23年9月13日(火)、フランス、ニューワールド、他)

□ A、B両方の会に参加します。                

ご紹介者:            様

ご住所:〒     -                                     

お名前:                様                            

お電話:    -        - (合計       名)



以上、皆さまお誘い合わせの上ご予約お待ちしております!!
2009_08260008+.jpg
(昨年の画像です♪)

2011
08
18

G'day(グッダイ)

新地のG'day(グッダイ)さんにワイヘキメンバーにて♪

ストーニーリッジのヴィンヤードマネジャー クリスさんの奥様カナエさんがまだ日本にいらっしゃる間にもう一回、という事で行って参りました。

初めに言っときますが・・・・話に花が咲き過ぎてメモ取れてない・・・・

お料理名、ワイン名いい加減です。スミマセン(汗)

こちらのお店、ワインはほぼオーストラリアと言う事です。

オーナーさんがとってもご縁があるとのことでした。

P1160828.jpg

タスマニアのサーモンだったはず!
P1160831.jpg

シャルドネ。以外にドライです。
P1160833.jpg


P1160836.jpg

淡路産玉ねぎのキッシュ
P1160838.jpg

イエリング ピノ レゼルヴ 2006
P1160843.jpg
こちらも結構ドライだね♪

冷製パスタで〆
P1160844.jpg

ティレルズのヴェルデホ
P1160847.jpg

オーストラリアはまたニュージともイメージやとらえ方が違いますね。


こちらのお店、オーストラリアのいろんなワインをお持ちでとても楽しめました。



ニュージーも南北に長くてイメージつかむの大変だけど、オーストラリアはもっとでかいし近年いろんな品種のワインが出てきてるからな~。

完全に勉強不足エリアです。

頑張らなきゃあきまへん。



この後まだ飲んだよね・・・・・


ワイヘキメンバーまた会いましょうね~
2011
08
14

プチ?ワイン研究会 at ジョヴァンニ

久しぶりのプチ試飲会♪ 

場所は阪神芦屋駅すぐにあるジョヴァンニさん


まずは、あっついですから。ビールです。
P1160802.jpg

旬の果物が入ってきますね。美味しい!
P1160804.jpg

お料理はいつも独創的なエッセンスも楽しめて美味しいです。
P1160806.jpg


ワインはわがまま言って持ち込みさせて頂きました。

シャブリ 1er Cru モンテ・ド・トネール 1997 フランソワ・ラヴノー
あっついですから♪ 

P1160809.jpg
ミネラルな旨みがしばらくしてじわじわ出てくる。火打石?ああ~この香りミネラルファンにはたまんない。

もう少し伸びて来そうと思い開き待ちするが香りには甘みが出てきて楽しめるものの味わいはいつまでも少しドライ過ぎてそっけなく、「いい線まで来そう」な感じのままドカーンと来ない。

充分に美味しいですが、「The プルミエクリュ。」





次に赤ワインなんですが、ブラインドにて特訓。という事で・・・・




香りがイタリアン?・・・・・・




液色は鮮やかなルビー色・・・・・




しかし香りが強いから、フランスじゃないよな・・・・





イタリアのエレガント系?




酸も控えめだし・・・





ネレッロマスカレーゼがよぎるがファイナルアンサー 「ネッビオーロ」(全く自信なし)
P1160812.jpg
ぎょえ!(驚)

ピノはずした。。。

ショック。。。

ニュイ・サン・ジョルジュ クロ・ド・ラ・マレシャル 2006 ジャック・フレデリック・ミュニエ


ウン、確かにピノと言われればピノ。

若くて濃いエキスの抽出。土っぽくて酸控え目。

NSGの特徴ですね。

タニックだし。

少し野暮ったいイメージ。

ドーンと低めの重低音系。

酸がもっと欲しい。


お料理もお名前失念しちゃいましたがワインに合うしマイウ~です♪
P1160813.jpg
P1160817.jpg

後もう一点、ブラインドして頂く。

香りモンワリ・・・



嗅いだ事ある。



ビオ?ピノは間違いなし。



花の香りは芳香剤くらい強くなって立ち上がる。


プリューレ・ロック?フィリップ・パカレ?


ひょっとしてもう一回ニュイ?

P1160822.jpg
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


師匠ほどほどにって言ったのに。


DRC ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru キュヴェ デュ ヴォー ブロシェ 2002年 


ロックと言えた事に大満足!!!


ラベルにもロックさんのサイン入りですもんね。


エレガント、ビオ感ありますが華やかで独特、複雑で官能的。

外交的。



少々生意気言うと芳香は素晴らしく楽しめるが味わいの伸びがもっと欲しい。

後半はやや単調に感じるのは、DRCのグランクリュを少しでも私が過去に知ってしまったという意味で不幸な話です。




デザートで〆。
P1160826.jpg


思いがけない夏期講習でした♪

ご馳走様でした!!!!!


2011
08
13

カルボニエラ デル トロさんにてランチ

いやいや、最近ありがたい“ご縁“に恵まれています。



フェイスブックで再会した学生時代のお友達と何かビジネスができそうな予感♪という事でミーティングを兼ねたランチat カルボニエラ デル トロさん
P1160796.jpg

P1160798.jpg
トマトクリームのパスタ。

ここのパスタ、ほんっっとうに美味しいです。

チーズたっぷし!


P1160800.jpg
メインの鶏も焼き加減が絶妙!!ワイン飲みて~


P1160801.jpg
デザートも持って帰りたし!!


話に花が咲き過ぎて・・・・有意義な時間だったな。



この日は夜もありがたいプチワイン会だったんですが続きは後日!
2011
08
08

簡単一言ワインセミナー

★ワインの個性の違いはどこから出るのですか?


先日からの続きですがワインの個性の違い、3番目は土壌と地形をあげたいと思います。




ブドウの樹と言うのは肥沃な土地よりもむしろ石の多い程良くやせた土地に向いてるとされます。




恵まれた土地だと枝葉が伸び過ぎて良いブドウができません。




このほか、畑の土質、つまり石灰質が多いか、粘土質か、あるいは砂利質か?あるいは土地が平坦か急斜面か、南向きかどうか・・・・・・それらは全てワインの品質にそのまま跳ね返ってきます。




人間と同じでブドウもあまやかされると中身が薄っぺらい。




かたや、厳しい環境だと強く生き延びて行く為に努力する・・・・・ブドウに置き換えると、やせた土地=厳しい環境に植えられたブドウは栄養を求めて地中に深く根を生やし、いろんな要素を吸い上げてブドウへ蓄積させる。。




深い味わいのブドウが出来る⇒それはもちろんワインの味わいに直結するわけですね。

※「味のある人」と言われたい。。。(笑)
2011
08
08

淀川花火大会

この位置からの花火観覧イベントのお手伝い♪

P1160658.jpg
P1160684.jpg
盛り上がりましたね~



花火見え過ぎ!!!!!!!



梅田に移動。



中村多聞さん帰阪につきご挨拶♪遊んで頂きます。
P1160700.jpg


その後、こちらもフットボールつながりにて♪
P1160711.jpg
グラサイさん


久々のフットボールがらみでの飲み。

昔話に花咲いて・・・・良いですね。

有難うございました!!
昨日のブログの「第十回 ワインテイスティング IN 芦屋」の説明に引き続き、今日はご参加頂いた際にうまく楽しんで頂くための、コツをお伝えしたいと思います。



「ワインテイスティング IN 芦屋 をうまく楽しむコツ」

・まず、ご予約くださいね♪

詳細はこちら


●受付でエントリー頂いたら当日出展されている輸入業者様とその業者ごとの出展ワインのリストをお渡しさせて頂きます。


ワインを良くご存じの方はさら~っとリストに目を通して頂くのがベターです。



●会場入り口すぐの所にワイングラスと紙コップがございます。一つづつ手にとって下さい。




● ※ここ重要当日出展されるワインは150種類以上約200種を予定しています。



できるだけたくさんの種類のワインを試飲するには、ゴックンと飲みこんでいては酔っぱらってしまいいくらお酒が強い方でも限界がすぐに来てしまいます。



大変抵抗があるかと思いますが業界での鉄則は、 



 「一度口に入れたワインを味わった後、紙コップに出す」もしくは「吐器に出す」

業界では当たり前の鉄則です。



紙コップもしくは会場中央にあるテーブルの上に吐器が置いてありますのでそこに吐き出してください。





慣れれば何のことはありません。



会場に来て頂ければ“ノリ”が分かって頂けると思います。





うまい!と思った時は少しだけゴックンする感じでしょうか?(笑)



●輸入元各社スパークリングワイン、白ワイン、赤ワインと混在して出展しておりますので、上手に回るには



1、スパークリングワインで気になる物をテイスティングして一周する



2、白ワインで気になる物をテイスティングして一周する(同時に赤ワインもチェックしながら)



3、最後に赤ワインを試飲。



赤ワインもボディの濃い物を試飲したらそのあとの味覚が鈍るので比較的軽めな物から攻めるのがベターですが・・・・そうも言ってられなくなるんですけどね。。


有料試飲でグランヴァンも出展しております。



こちらは味覚が繊細な間にお楽しみ頂く事をお勧めします♪



当日特価につき予約注文して終了♪



数日後にご自宅にお届け(代引き)させて頂きます。

ご注文お待ちしております!!



慣れない方は一気にこれほどのワインの味を試すのは目が回って大変だと思います。



私も昔はそうでした。



そんな方は、各ブースの中でも少し良いワイン♪(価格的に)に絞って回るのがいいでしょう。



昨日もブログに書きましたが食べ物はございません。



純粋に、ワインを試飲する会です。



ブドウ品種の個性や、地域ごとの味わいの特性、飲み比べなどなどいろんな角度から得られる物が多い年に一回の大試飲会です。



会場にはブースごとにプロのスタッフがおりますのでいろいろとワインについてのご質問も遠慮なくぶつけてくださいね!!!!!
2011
08
05

ワインテイスティング IN 芦屋についての説明

ワインハウス センチュリー主催の、今年で10周年となるビッグ イベント、



「ワインテイスティング IN 芦屋」

について どういう会なのか?説明させて頂きますね~






■ワインテイスティング IN 芦屋 とはどういう会なのか?



★ワインハウス センチュリーが主催のワイン大試飲会です。




★弊社が定休日である火曜日を利用して、10年前(2001年)より始めました。



★ワインによる地域活性化!、ワインによる景気回復!日常にワインを!!こんな思いでやってます!



★今年も2DAYSで



8/30(火)イタリア、スペイン他編、



9/13(火)フランス、ニューワールド編  とテーマに分かれて行います。




★時間は各会14時~20時まで。

仕事の後で駆けつけていただけるように目いっぱい長時間で設定しているつもりです。




★場所はJR芦屋の駅北側すぐにある「ホテル竹園」の大広間。

ジャイアンツが宿泊するホテルとして有名ですね。







★我々酒販店は、常日頃ワインを国内のさまざまな輸入業者から購入しているのですが、各々の輸入業者は自社の商品の味を酒販店やレストランに味わってもらわないとワインはなかなか売れません。



そこで、よくあるのが“酒販店やレストラン関係の方“を対象にした試飲会と称して、都心のホテルなどで自社の商品を一同に抜栓し、一気に味わいを試してもらう、いわゆる試飲会を行います。



それはそれは一気にいろいろ飲み比べができるので業界関係者はワインの経験値を上げる環境がとても整っています。



そんな環境を一般の方にもご提供してワイン文化の発展のお役に立てたら・・・・・との思いから始めた企画です。






★弊社は弊社の3Fセミナールームにて久保正和講師によるソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートの資格取得に向けたワイン受験塾を行っておりますが、その資格取得試験にはワインのブドウ品種や、生産年、生産国などを当てる二次試験があります。



弊社の試飲会は必ずその試験対策に少しでもお役にたてるように二次試験の直前の日を選んで行っております。

したがってソムリエ試験対策に参加されるお客さまも毎年多数おられます。




★当日試飲して頂けるワインは当日特別価格にて予約注文を受け付けさせて頂いております。



味を知って、しかもお得なプライスでお買い求めいただけるチャンスです。



※当日持って帰る事はできませんのであしからずご了承ください。後日発送とさせて頂いております。





★食べ物は一切ございません。ワインパーティといったイメージではなく、あくまでワインを試飲して頂く会となっております。




★ワインを知る一番の近道はこうしたワイン試飲会でいろいろを飲み比べる事がとても大事です。



品種の個性や生産地の個性、自分自身の味の好みを分析するにはもってこいです。



ご自宅でやろうにも一気にいろいろ開けるのはもったいないし何しろお金がかかってしまう。



ちなみに参加費はお一人さま1000円です。



※ごく一部の高級ワインは有料となっております。





★完全ご予約制で定員は400名までとさせて頂いております!






ワイン入門編の方はワインの経験値を上げる絶好のチャンス!!



上級編なあなたはお好みの一本を見つけるチャンスです!!




という事で、お申込み詳細はこちらです。



ワインファンな皆様お誘い合わせのうえお早めにお申し込みくださいね。




過去の様子


会の始まる前。ホテル竹園の3F大広間 飛鳥の間です。
P1050255+.jpg

P1050251.jpg
2009_08260008+.jpg

お客様が入るとこんな感じ。
P1050271+.jpg




次のブログでは、こんな魅力的なありえへんワインイベントをうまく楽しむかについてのコツをお伝えしたいと思います。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター