2012
04
28

ブドウ栽培記

いつまでアップに耐えうる画像が撮れるか?

ブドウ栽培記。

428ブドウ
428ブドウ
4月21日は萌芽と題したブログの通り芽が1センチほど、葉も開いていなかったのがご覧の通り、うっとおしいくらいに伸びてます。

驚くほどの成長スピード。

気づいたら今年もボーボーになってるんだろうな。。。

実を収穫するのを楽しみにしていたら収穫直前にカラスにやられるんだろうな・・・・

ブドウ栽培って大変。。。。
スポンサーサイト
2012
04
27

セミナー

弊社ビル3階のセミナースペース シエクルにて各種セミナー開催しております。
つい先日、大好評だったチーズセミナーの様子。
P1200667.jpg
P1200671.jpg
次回は5/31(木)   14時~16時
テーマ:バル気分で楽しむスペインチーズ
お申込みお問い合わせは直接、久世雅代先生まで  kuzekuma@yahoo.co.jp






昨日行った、イタリアワインと前菜のマリアージュ セミナー

講師は、レシピラボ ピアットピアットの杉本 敏氏。
多数のメディアに取り上げられご活躍されていらっしゃいます!
http://ameblo.jp/piattopiatto/
P1200672.jpg
P1200676.jpg
今回はガヴィとバルバレスコに合わせて、ワインの講義とお料理のお話と。

実演も眺めながらの講義。

シエクルでのお料理実演講座は初めてでした!
P1200682.jpg
P1200685.jpg
ごらん通り!

ワインとのマリアージュ、お料理レシピのお話、オリーブオイルについてのお話、いやいや食の世界は深いです。

次回も企画中!!



続きまして、センチュリー主催のワイン講座のご案内。

P1200063.jpg
画像は前回の講座風景。

次回、「めっちゃ簡単!これだけは知っておきたいフランスワイン講座」
5 月 12 日(土) 14時30分~ 16時
こちらはセンチュリーに直接お申し込みくださいね♪
0797-34-0045
メール:info@century-jp.com

最低限知っておきたいフランスワインについて濃縮してお伝えします!!






我らが師匠の久保正和氏による単発ワイン講座も好評受付中!
P1200559.jpg
画像は前回の講座風景。


次回は5/13(金)「ワイン総論」
5 月 13 日(金) 14時~ 16時30分
TEL/FAX:0798-66-3123
メール:mac@msc.biglobe.ne.jp

上記以降もまだまだ単発で世界のワインが学べる単発講座です!


こちらはできれば直接、久保先生にお申し込みくださいネ。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin/



セミナーも盛りあがってきた!!!!!!

ワインにまつわるオシャレな食文化のご提案、

センチュリーはただワインを販売する物販だけでは終わりませんよ!!

是非、積極的にご参加くださいね!


2012
04
26

フランス以外のワイン研究会

かねてより、いつも同席させて頂くワインラヴァーな方々と企画案として挙がっていたフランス以外のワイン会、とうとう実現致しました。

フランス以外、と言う事は集まるメンバーの方々のほぼ皆様が普段フランスワイン(ブルゴーニュメインで抜けられない)ばかりになってしまうため、敢えてフランス以外の手持ちワインを持ち寄りましょう、となったのはお察しの通り♪

場所はいつもわがまま放題聞いて頂いているDOHVA(ドーヴァ)さん。

P1200611.jpg



P1200612.jpg
P1200613.jpg
クラシック・キュヴェ1997年 ナイティンバー
イギリスです!!
シャンパーニュ方式で作られるスパークリング。
セパージュは、シャルドネ60%、ピノ・ノワール20%、ピノ・ムニエ20%。

熟成感が出ていて香りが楽しめますね。
テロワールの加減か、気候の加減か複雑味という面でもう一伸びほしい期待感もありましたが、1997年で熟成にも耐えれていて、しかも生産国がイギリスとはネタとして面白いですね~





P1200615.jpg
鳥取の岩牡蠣。最高です。スパークリングと・・・言葉がない。

P1200616.jpg
淡路の雲丹、羅臼の雲丹。
私は淡路派♪でした。
素晴らしい!
フランス以外の会ですが・・・・・シャンパンとも合わせたいな~・・・・と、ここで早くもフランスワイン投入(笑)


P1200620.jpg
エグリ・ウーリエ 2003年 ブリュット・ミレジム
これ、いい!!
素敵な甘みはピノ70%から?
ガスは細かくも細く立ち続ける。ボディがあり複雑で、「おいしい!!」の声が上がる!
複雑さはやはり流石のシャンパーニュ!!!


P1200622.jpg
キスラー ダットンランチ 1994年
樽の香りがしっかりしっとり。
立ち上がりはやや硬めの印象でしたがポテンシャルを感じる!!
めくるめく変化で20分ほどでこんがり香ばしいキャラメルポップコーンの香り。
トロミや蜜のニュアンスも出てきて最後まで面白かった。
抜栓後ゆっくり飲むのがコツですね。


P1200625.jpg
沼島の石鰈、エンガワに肝のお造り。
素晴らしいです!

P1200628.jpg
豊後の赤貝と利尻のホタテ
いやいや素晴らしすぎる!
すごいヴォリューム!



P1200633.jpg
沼島の伊勢海老、若松川のあさり
いやいや、スペシャリテですね。
身ブリンブリン

P1200638.jpg
キスラー ソノマ・コースト 1999年 
もっとパワフルな果実味があるかと想像していたがエレガント。
ブルゴーニュとはまた違ったピノですね。
酸が少なめでカリフォルニアの燦々と照る太陽を想像させる黒い果実。



P1200636.jpg
マーカッシン・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2006年 マーカッシン
トーンが軽快。
酸があり、余韻もあって好印象!!
にこにこ陽気!?
独特のスパイス感があり胡椒にハーブ、春のハイキングで感じる山の香り!?をほのかに感じる。
個性的でエレガントさもあり面白い!!
複雑さが表現できてるのが素晴らしい!


P1200639.jpg
ベルグストローム 2004年 
オレゴンピノ
世界一のソムリエに相談されたという話。。。(驚)
おっ!!
ニュイのワインやん!!
ブラインドだったらブルと疑わないだろうピシっとした酸と厚みあるポテンシャル!
アルコール感もしっかりリッチでエシェゾー当たりのグランクリュを思わせる!





フランス以外と言いながら「いかにフランスに近いか」を検証している(笑)





P1200640.jpg
地鶏の炭火焼にその骨のソース
素敵やん♪



P1200647.jpg
子羊の炭火焼、山椒の香り♪
山椒がまたぴりりと利いてて旨いんです。

P1200649.jpg
GAJA バルバレスコ 1970年
はい、エロティック!
エレガントに無駄な部分がそがれていて、熟成でしか味わえない複雑味。
芯はしっかりとしていて枯れ切るにはまだ早い。
ネッビオーロの真骨頂です!!



P1200658.jpg
良く食べる人の為に!?パスタ追加(喜)
こちらも名物、レモンパスタ♪

P1200661.jpg
クロ・ヴージョ 2000年 ジャン・ラフェ  from 四次元ポケット 有難うございます!!
今美味しいグランクリュ!
黒果実ですがとっても砕けてる。
柔らかく薄うまでクロ・ヴジョをいい意味で親しみやすく表現できてる生産者。
甘さも魅力でスルスルと飲んでしまう。



P1200663.jpg
デザートも気合入ってますね~
イチゴは仙台のイケメンワインファンの方からお送り頂いた物だとか・・・有難うございます!!!!!!!


P1200666.jpg
いやいや、良く飲みましたね~



しかし皆様、フランスワインラヴァーと思いきや、よくぞこうもフランス以外のマニアックなワインが次から次へと出てくるものです。

※私はワイン屋でありながらこの日の為に探して仕入れたものを持参してますた(恥)

ご馳走様でした~
2012
04
25

日韓食菜 はた坊

芦屋は打ち出にある人気店、日韓食菜 はた坊 さんに弊社スタッフ榎本と、店長 矢島と行って参りました。

しかし、酒飲みな私たちにとって韓国料理ってめちゃテンション上がりますよね♪

行く前からよだれがこぼれそうになる(笑)
P1200591.jpg
この日は はた坊さん3周年のお祝い月につき新作のお料理を前菜盛りにて・・・
どれもおいしいっす!

しかもこのお料理名が料理の下にある提供の技、感動いたしました!!

P1200593.jpg
キムチ盛り合わせ

P1200595.jpg
明太子の韓国風(料理名は勝手に付けさせてもらいます。。。控えてなくて・・・スミマセン)

P1200597.jpg
お豆腐、スンドゥプ。

P1200599.jpg
P1200600.jpg
やっぱ、まっこりでしょう!
生マッコリ。うみゃい!飲みすぎる~!

P1200602.jpg
P1200604.jpg
海鮮ちぢみ!!

P1200606.jpg
P1200608.jpg
P1200610.jpg

トッポギ!

日韓食菜という屋号だけあってお出汁のテイストも感じ辛さも柔らかいお料理、と言うのが印象的でした。

仕事の話で熱くなって・・・長居してしまいスミマセンでした~

お勧めですよ♪
2012
04
23

シャンパーニュセミナー⇒ガミーラ

昨日は久保先生によるシャンパーニュ単発講座!

流石の満席でしたね~

P1200560.jpg
いろいろと忘れていた事、再確認出来たこと、得るものが多いし勉強は続けないといけませんね。。。


次回単発セミナーは5/13のワイン総論
http://century.ocnk.net/page/24


P1200567.jpg
開いたワインはこちら♪
左から
シャンパンではありませんが比較試飲として
①クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン NV ルーデュモン
香りはさほど望めないもののブラインドで飲んだらお手頃シャンパーニュと答えてしまうかもしれません。
奥行き、香りともにやや単調ではありますがクレマンと言うことと仲田さんが作ってるネタ、ラベルの個性を考えるとやっぱり”アリ”な商品です!


②ロベール・モンキュイ ブラン・ド・ブラン NV  RM グランクリュ メニル・シュル・オジェ
ボンッと溢れる果実味溢れる香り。
アフターに感じる心地よい苦みと余韻。
クレマンと比較すると奥行きがあるのがよ~~~く分かります。
やっぱいいシャンパンだ!


③アントナン・ペユ グランクリュ ヴェルズネイ NV   NM  ペユシモネ  (PN70%、CDD30%)
ピノ・ノワール主体のシャンパンと言う事での比較試飲でしたが↓の画像お通り一番左のものは色がうっすら濃い。
ピノの影響ですね。
男っぽく黒い味わいがありドライ。

人懐っこく、売りやすいのは②かな?

P1200564.jpg



続きまして、ご近所のガミーラさんに一部持ち込みさせて頂いて、先生と呼ばれる方々とのワイン&お食事会。
P1200570.jpg
映っていないワインも含めラインナップは下記の通り
①コヨーテクリーク シャルドネ  カリフォルニア
②ピュリニー・モンラッシェ ウイエール 2008年 マシャール・グラモン
③マヒ ピノ・ノワール 2010
④ヴォーヌ・ロマネ 2009 メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ
⑤ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru レ・ゴーディショ 2009年 マシャール・グラモン
⑥Ch.ラ・フルール・ド・ジョーグ 1996年 サン・テミリオン
⑦イプシス クリアンサ (スペイン)

1と2はカリフォルニアとブルゴーニュシャルドネ比較
3と4,5はピノのニュージーランドとブルゴーニュ比較
4と5はヴォーヌ・ロマネの村名とプルミエ比較
6はピノとメルロー主体のボルドーとの比較
7はテンプラニーリョ主体につきスペインスタイル確認のおまけ(飲み足りない人用(笑))


⑤ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru レ・ゴーディショ 2009年 マシャール・グラモン
はやはり面白いワインでした。
シャイな一面をのぞかせながらも若いのに開いてくるのが割と早く、香りとインパクトが村名VRとは比べ物にならない。

⑥もメルローが程良く熟成していてとてもいいですね♪

P1200571.jpg
お料理もすごいヴォリューム!!

P1200578.jpg
P1200580.jpg
P1200581.jpg
スミマセン、ペンネ&メインのお肉撮り忘れ。。。
P1200583.jpg
ガトーショコラで〆



いやいやよ~飲みました。

ウォーミングアップ完了してるのですが・・・・・今日もウォーミングアプ予定です(笑)
2012
04
21

萌芽

自宅で育てていたブドウの木を冬の間(樹の休眠期)に店舗の一角に植え替えていたのですが芽吹き始めています♪

P1200557.jpg
P1200558.jpg
芽吹いてくれてほっとしています。

デラウエアなんですけどね。。。。。


5月に入ったころから急激に成長が速くなるんですよね。

また報告しますね。


昨日、所用でニトリへいって見つけたキーボード999円
P1200533.jpg
シリコンキーボード
P1200534.jpg
今まで使っていたキーボードが消耗していた所に、見つけたので買うてしもた。

ボタンをしっかり押さないといけない。

お世辞にも使いやすいとは言いにくい。。。。。
2012
04
20

コルクキャッチャー初体験!

コルクキャッチャーを初めて使いました。


ワインを開けようとしたらコルクがぐずぐずでしかも瓶にへばりついて途中で折れて散々。

コルク下1/4位が瓶内に落ちてしまいました。
P1200473.jpg
ここまでの状況になること自体が少ないですよね。

で、幼少期から目にしていたコルクキャッチャーの存在を思い出す。
上記画像右のへんてこりんな道具。
コルクキャッチャーと言う名前もこの度調べてみて初めて知りました(恥)



P1200466.jpg
ぐっと押しこむと瓶内で針金が広がって、引っ張るとUFOキャッチャーのように瓶内に落ちたコルクを針金がつかんで来てくれる道具・・・・・

やってみる。


すげ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!

一発で完っ璧な仕事っプリをやってのけました!


P1200471.jpg
P1200478.jpg
ワインにはコルク屑が落ちてしまうのはやむをえませんが、いやいや道具も奥が深い。

ワインはCh.ボーモン 2000年、美味しかったですよ♪
2012
04
19

クズマーノ オーナー来日記念パーティ

先日17日ですがシチリアの人気生産者、クズマーノ社のオーナー、ディエゴ・クズマーノ氏来日に伴い記念パーティにお誘い頂きました♪
P1200461.jpg
大阪駅直結のLUCUA内アマランティさんにて

P1200459.jpg
一番乗りしてしまいました。

P1200464.jpg
クズマーノ社のワイン、年々エレガントになっていっていてとてもいい!

会はこの後約100名ほど来場し盛り上がっておりました。

P1200465.jpg
ディエゴ・クズマーノさん、男前や。
2012
04
18

祇園さゝ木

いやいや、日本中のワインファンな方々がお集まりになられるワイン会にお誘い頂く。光栄ですっ!!

しかも、場所は祇園のさゝ木さん。個室にて。

P1200413.jpg
アラン・ロベール  ル・メニル・レゼルヴ1988 マグナム
いやいや、アランロベールの88。
アラン・ロベール自体、生きてる間にあと何回飲めるかなぁ。
テンションあがります。
抜栓させて頂いたのですがコルクを抜いた瞬間素晴らしい芳香がモワっと!
きれ~な、すこ~し飴、カラメルを感じる当たりボトル。
フレッシュな酸も残ってる。
ドライドライすりおろしリンゴ。
泡がとっても細かくクリーミー。おいしっす!!!

P1200418.jpg
菊鹿セレクション上永野 シャルドネ2009
熊本ワイン
樽発酵にシュール・リー、限定1862本。
ほっほ~!!!
ムルソー的な厚みとアマ甘み。樽感がうまく表現できているんですがブドウのポテンシャルがあってこそ。
素晴らしい国産ワインです。


もう少し開くの待ちたいところでしたが本数が多いのとグラスにも限りがある為飲み干して行く。
少し残念でしたね。



P1200411.jpg
シャブリ1級モンテ・ド・トネール1995 マグナム
ラヴノー
結構ドライ。マグナムゆえの若さがありミネラルがほどける直前といった感じ。
少しスワリングして待つと海の潮の感じが出てきて楽しめました!




P1200404.jpg
ル・モンラッシェ2000
ニコラ・ポテル
若干酸化!?フルパフォーマンスではない。
10分ほどで香りが変化してくるも難しい内容。スミマセン。。。
少し科学的な香りに変化して行くもモンラッシェの感じは垣間見えず。。。




ル・モンラッシェ1996
フォンテーヌ・ガニャール
プレマチュア・オキシデーション???う~ん
進んでるなぁ・・・
本来のスタイルではないのかな?


P1200406.jpg
画像左のモレ・サン・ドニは開きませんでした(珍しい)

真ん中、
クロ・ド・ラ・ロッシュ2004
ジャッキー・トルショー
独特の個性派ですが濁り薄うま系で良いですね~~~~~~~~~~
やや還元な香りと若さ残るも開いてきたらエレガントベリージュース。
手に入れられんからな~


ヴォーヌ・ロマネ1級オー・ブリュレ1995
メオ・カミュゼ
香りは花畑。ヴォーヌ・ロマネを立ち上がりに感じるも、100%の力は出せていないのかなぁ。
固さが先に立ち今後に期待したい内容。
難しいなぁ~


P1200408.jpg

P1200455.jpg
エシェゾー1995  ジャイエ・ジル
優しいアタックの素敵なグランクリュ。
若くして楽しめる親しみやすさ。甘美で高貴。
いやいや良かったよかった。



P1200409.jpg
ポマール1級リュジアン1983 マグナム  モンティーユ
元気ですね~~~
ポマールの暖かみあるイメージと健全で溌剌とした感じがある。
うっすらお出汁も感じるな。
やはりマグナムの状態の良さがキラリ光る内容でまだあと5年?10年後でもおもろいかも。
とてもパワフルで凝縮した果実味に酸味がしっかりとあり飲み進む。
モンティーユはやっぱり素晴らしい生産者ですね。




お料理も本当に素晴らしかったです。画像でどうぞ。控えれず横着してスミマセン。
P1200419.jpg
P1200421.jpg
器も素敵です!

P1200425.jpg

P1200427.jpg
P1200430.jpg
お魚たちは本当に素晴らしかった!!

P1200431.jpg
P1200435.jpg
稚鮎のあぶり

P1200436.jpg
P1200439.jpg
P1200440.jpg
メインはアワビ!

P1200446.jpg
タケノコご飯
P1200449.jpg
P1200451.jpg
P1200454.jpg

P1200444.jpg

P1200457.jpg
有名人な大将の気取らないながらも目の奥に感じるスゴミと気合もまた魅力ですね。

P1200416.jpg
〆シャン
クリュッグ1989
なんて贅沢な・・・・
香りにしっとりと熟成感が楽しめます。
男っぽい武骨さのある味わい。
職人気質的な筋肉質。
威厳を感じる堂々としたシャンパンでした。


貴重な会に参加させて頂き有難うございました!!!

次回もどうぞよろしくお願い致します!!!

2012
04
18

フィリップ・パカレのワイン造り

たまには息抜きネタ。

P1200384.jpg
フィリップ・パカレがブドウを足でつぶしてる画像。

上半身裸で腰より上まで浸かって足でブドウを踏んでいます。

ちょっと・・・・・・ね(笑)
とあるおっしゃれなご自宅にお呼ばれしてのインターナショナルなホームパーティ♪

持って行かせて頂いたワインはこちら。
トロボー赤
シャンボール・ミュジニー 2001年 ジャン・ポール・マニャン 
フルーティーさが落ち着いたところで、素朴でピュア。
綺麗すぎるくらい綺麗。
ストレスを感じずさらさら~としみこむように飲んでしまう。
「もう少し自分を出して」と言いたくなるワイン。


ブルゴーニュ・ルージュ 2008年 トロ・ボー
買ってみたワイン。
う~ん。
やっぱし白の生産者ですね。
こちらも複雑味に欠ける気がする。2008年ってのもあるかもですが・・・
悪くは無いんですよ。
個性が少なく弱い。
上記CMマニャンと共通するような優しすぎる系。


しかし・・・・語学は勉強しなきゃいけませんな。。。。。
2012
04
14

ある日常

日々いろんなワインを飲んでます。

昨日もいろいろと輸入元の方にワインをご紹介頂きました。

P1200383.jpg
ええのが見つかった♪



それはそうと、FBでは紹介しましたが、
ワイナート
この本良い!!
2012
04
12

お花見 at 京料理 たか木

完全にプライベートな飲み会に参加させていただいちゃいました♪

メゾン・ド・ジル 芦屋の方々も合流してのお花見ワイン会。

4114.jpg
店内からしだれ桜が眺められます。綺麗♪


4101.jpg
いやいや、いろいろ開きましたよ。

フーリエ  ジュヴレイ・シャンベルタン VV 2008年 
酸味がとがってますね。
思っていたスタイルと違ったな。


4102.jpg
オート・コート・ド・ニュイ 2009年 ヴァンサン・ルグー
香りが力強くこのアペラシオンにしてはとてもレベルが高くパワフル。


4103.jpg
天ぷら、生ハム

4104.jpg
ブルゴーニュ・ブラン 2009年 ドメーヌ・ド・ベレーヌ
中身はサン・ロマンを名乗れると言う話のニコラ・ポテルのドメーヌ物。
綺麗で素朴で美味しい。
こういうワインが和食に向くと再確認です。

4105.jpg


4106.jpg
ドメーヌ・フランソワ・ヴィラール  サンジョセフ 2004年
程良い熟成感があり面白いです!


4109.jpg
シャトーヌフ・デュ・パプ 2009年 シャトー・ドンジョン
およよ、良く出来ていますね~
今飲みに対応可能なヌフパプ。
バランス良しです! 

4110.jpg
シャンボール・ミュジニー  2008年 ドメーヌ・ユドロ・バイエ
少し還元を感じるゆるい系。
ビオ系の味わいで好みが分かれるな。
個人的には・・・・少し難しいワインだと思います。

4111.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン ラ・ジュスティス 2009年 ピエール・ダモワ
2008年初リリースで2009年物は初上陸物だったはず。
少し人工的でガシっとした骨格はジュヴレイらい。
いちごキャンデー系の現代風テイスト。


4113.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン 1997年 ルモワスネ
バランス良く、良い熟成を経ていますね。
ジュヴレイの良さもタンニンがほどけて良く伝わるし、安心感があり飲み進みます。

4112.jpg
ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru レ・ゴーディショ 2009年 マシャール・グラモン
ほぼラ・ターシュな畑のこちら。
私は好きです。
バランス良く、若くしてまとまりがあり遊べるワイン!
ターシュの話を聞いて期待し過ぎてしまうと良くないのですがバランス良く優しい味わい。
欲を言えばもう少しアフターに余韻と複雑味、あと粘性が欲しい。


4108.jpg
クロ・ヴージョ 2009年 ドメーヌ・デュージェニー
ルネ・アンジェルの畑をラ・トゥールのオーナーが買収したドメーヌとあって興味津津。
うん、ルネ・アンジェルとはもちろん全然違ったスタイルですがほのかに時間とともに華やかな香りを持つ。
ま、若過ぎてかわいそう過ぎました、と言うのが率直な感想ですが将来が楽しみな生産者。


いやいや、★付き店の方々のテイスティング後のご意見、とっても参考になります。

一緒に杯を交わして個人個人のお好みを伺うのもまた楽しい。

嗜好品ですし好みは人それぞれ違いますので面白いですね。

勉強になりました!!

ご馳走様でした!!!
先日、店頭で開けてみたメゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ ピュリニー・モンラッシェ 2009年
4091.jpg
ニコラ・ポテルさんのネゴスもんですね。

初めは綺麗ですっきり閉じ閉じでしたが、温度が上がり20分ほどで程良い樽香と共に味わいが開いてきました。

終始筋の通った酸味が全体の味わいを引き締めていて(尖っていない。)とっても綺麗な綺麗な日本美人みたいなイメージ。

主張は少なめですが、ホッとする安心感と飲み疲れないスタイルで個人的にはとても好印象なワインでした。





続いて、福島のピッツェリアへ弊社営業部長 中熊と。

ダル・ブリガンテさん。

4092.jpg
前菜盛り♪
トマトも甘いし、カボチャがうまかったな♪


4093.jpg
薪がまピザ屋さんってやっぱかっこええ。
こちらのお店、二階がワンフロアーであります。

天井高くてかっこよし。

4094.jpg
プーリアのカジュアルな白。
厚みと甘みがあってすすむすすむ。


4095.jpg
牡蠣は薪がまの入り口当たりで火を入れてられました。

4096.jpg
やっぱ王道のマルゲリータでしょう!!
テンションあがります。
生地にもしっかりとした旨み塩味がありアツアツを二人でペロりでした。




4097.jpg
ウニ、イカのペペロンチーノも絶品!


4098.jpg
〆にリモンチェッロ。

口の中が切り替わってもっかいテンションが上がりなおします(笑)

いやいや美味しかったです!ご馳走様でした!


最近食べ過ぎ・・・・太ってきた・・・・・
2012
04
09

クロ・ド・ラ・ロッシュ2002年水平

いつもの通り師匠にお誘い頂いて、DOHVAさん。

まずはシャンパンをグラスで・・・・・


 
P1200340.jpg
ルネ・コラール 1990年
香ばしい香りに力強く立ち上がる泡。
味わいは熟成が進んでいるが、最初に感じたヒネ感は10分ほどで飛ぶ。
15分くらいで味わいがまとまりだしたが、しっかりとした個性派シャンパンであることは確か。
男らしく、濃いが味わいはドライ。
古酒シャンパンが好きな方には良いかもしれません。





P1200341.jpg
いつもの自家製パン♪


P1200344.jpg
牡蠣❤


P1200346.jpg
ムルソー クロ・ド・ラ・バール 2002年 コント・ラフォン
大好物のラフォンです!
やっぱ好きやわ~~~~~~~~~
初めは香り大人し目の香りでしたがこれは開くぞ!!
VTからか味わいのトータルバランスも良くときと共にめちゃくちゃひらく~
確かにまだ若さは残るがまとまりがあって・・マロングラッセやクリームブリュレまではいかなくともクッキークリームの様な甘みとクリスピーな感じがいい!
2時間半ほど後に全開になりましたがとにかく良かったです!!
安定感ありますね。ラフォンのバール。。。


P1200348.jpg
お刺身用のバルサミコソースと初登場のホワイトバルサミコソースですって。

P1200349.jpg
沼島のアマガレイ。サイッコウです。肝最高。

P1200353.jpg
お隣に、これまた関西の巨匠のお一人が偶然いらっしゃって・・・どえらいワインをおすそ分け頂く。
“貴重な時間をお邪魔してしまい申し訳ありませんでした”

で、リッシュブール 1974年 AFグロ

私の生まれ年ワインや~~~~ん。

品の良いソフトなお花畑感。
メルティーな粘性と複雑味!
いいワインに時折感じるうるおいとふか~~~~~~い余韻。
いやぁ、素敵な経験させて頂き有難うございました!!! 



P1200355.jpg
お料理最高です。
ワインによく合います!!

P1200357.jpg
シャペル・シャンベルタン 2005年 セシル・トランブレー
まず香りがとっても健全でパワフル!
初めの印象はあ~、少しもったいなかったかな~~??なパワーある閉じた感。
しじみだし系の旨みあるアフター感じる。
ガッチガチまではいかずしなやかさはあり、素直でストレートな味の表現で良い良い!!
やっぱり好きです。
ジャイエから譲り受けた畑と言うのもいいネタだしね。



P1200359.jpg
北海道産羊の炭火焼。鶏の白ギモのソース!山椒。
臭みゼロ。
火入れ最高です!

P1200361.jpg
クロ・ド・ラ・ロッシュ 2002年 リュシー・エ・オーギュスト・リニエ
あ~ロッシュですね~
香りは大人しいが果実の旨みが詰まっていていかにもロッシュ。
重厚で男らしい。
アフターに乳酸系のミルキーさがあり旨みがじわじわ開いてきます。




P1200363.jpg
沼島の伊勢海老。巨大あさり。
すばらしぃ~~~~~~~~
参りました!!
この一皿は多分今年No.1確定だろうな。


P1200368.jpg
このサイズのお友達を頂きました。

P1200372.jpg
貴重な水平経験です。
クロ・ド・ラ・ロッシュ 2002年 ポンソ
うわわ~、全然違う~
こちらは優しく柔らかく妖艶さもあって若くから開き始めてる感じ。
酸も綺麗に出ていてロッシュとは当てられないだろうな。
ロッシュに予想をするトーンの低い感じが少なく綺麗な酸がバランスをとっている。
旨み出し系はほっとさせられます。
個人的にはこちらが好みだったかな♪


P1200374.jpg
検証でちょっぴりグラスで・・・・・(どんだけ飲むねん)

ヴォーヌ・ロマネ 2009年 セシル・トランブレー
リッチなヴォーヌ・ロマネらしさがありタンニンはいまだ荒さがあるが時間をかけて飲めば楽しめるはず。
今飲みならデキャンタか大ぶりグラスで若干放置プレーした方がいいかも。


クロ・ヴージョ 2004年 ルネ・アンジェル
華やかルネ・アンジェル系な香りがほんのり。
爆発感は無いが比較すると生産者の個性がこの生産者は独特で面白いですね。
不安定さは否めないところですが当たると官能的な爆発感があるからやめられない。


いやいや、美味しかったです。

沢山ご馳走になり勉強になりました!!

有難うございました!!!!!!!!
2012
04
08

食楽 板垣でランチ⇒芦屋桜祭り

芦屋はこの土日桜祭り。

いたるところに桜の名所があるので散歩していて気持ちいいし、街も少しづつ活気がでてきているように感じます。

昨日のお昼は、食楽 板垣さんでランチ。


お店の周りも桜の名所なのでとっても賑わっていました。


P1200289.jpg
付き出し
山芋どうふとエビ、タコ、おまめさん
粒マスタードが入っていて美味しい♪



P1200290.jpg
オスマシは桜エビのしんじょう、丘ひじき。
丘ひじきって初めて食べたのですがしゃきしゃきの食感が面白い



P1200294.jpg
松花堂弁当
やっぱ和食いいわぁ~。日本酒が飲みたくなるも我慢。




P1200295.jpg
梅チリメンの混ぜご飯、お漬物、赤だし。


P1200297.jpg
酒粕アイスクリーム
これがまた絶品っす!

おいしかったぁ~!!

ご馳走様でした!





板垣さんのお店の前の通りは桜のトンネルで有名なエリア。
賑わってますが少し肌寒くピークは来週末に持ち越しかな?
P1200300.jpg


エクササイズを兼ねて、芦屋川沿いの桜祭りを徒歩で見に行く。

桜は4分咲きくらいですが人はいっぱいでしたね~
P1200304.jpg

芦屋市吹奏楽団なんかの生演奏なんかもあって、良いですね。
P1200303.jpg

芦屋を満喫したのでした。
2012
04
07

第二回チーズ講座ご予約受付中!!

好評だった前回に引き続き第二回目の久世雅代先生によるチーズ講座好評ご予約受付中です!!!!!

**************************************************************

基本から学べるチーズ講座

チーズショップやレストランで、チーズ選びに困ったことや、 うまく保存できなかった経験はありませんか?

初めてチーズを学ぶ方に向けて、基本からわかりやすく レクチャーします。


~伝統のイタリア産チーズチーズ料理とデザート~

日本におけるイタリアチーズの輸入量は、フランス産倍以上!

その理由は、日本人になじみあるパスタ、ピッツァ、リゾット、デザートなど、料理やに利用されているからです。


これらを伝統的なイタリアチーズ使って作れば、現地の高級店に負けないおしさ!

今回は、イタリアのチーズ料理に使われるチーズ6種類のテイスティングと、ワイン2種類。



簡単なチーズ料理の実演も行います。




受講料 :4, 000円(チーズ 6種、ワイン 2種、パン 、食材 代などを含む)


日 時: 4月 25日( 水)14:00 14:00 ~16:00


定 員: 18名(先着順・事前申込み制 )


場 所: ワインハウス・セチュリー 3階セミナー ス ペー「シエクル」
芦屋市東山町 7-21 古河ビル( 古河ビル( JR 芦屋駅 or 阪急芦屋川駅から徒歩 10 分) tel 0797 -34 -0045




講師/お申込み /お問合せ :久世雅代(くぜまさよ)
シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ(フランスチーズ鑑評騎士)、チーズプロフェッショナル、
チーズプロフェッショナル協会近畿支部幹事、ワインエキスパート、WSET International Higher Certificate
ロワールワインコンクールワインエキスパート部門ファイナリスト、管理栄養士




以下の申込み内容にて FAX 06 -4861 -1000 または メール kuzekuma@yahoo.co.jp 送信 を。
折り返し受講料のお振込み先等を知らせます。
(3日以内に返信がない場合は 通信エラーなどが考えられますので、再度送ください。)

通信エラーなどが考えられますので、再度送ください。)


受講料の入金確認をもって、お申込み成立とさせいただきます。

キャンセル期限は開催 1週間前までに、 メールまたは FAXで。

(受講料振込時、キャンセル共に恐れ入りますが手数料はご負担ください)


・4月 25 日( 水)のチーズ講座に申込みます

2012 年   月   日


お名前(フリガ ナ)

ご住所


携帯電話


FAX


メール


画像は前回の様子♪
P1200128.jpg
P1200133.jpg
P1200134.jpg
2012
04
05

トラウベンモスト ロゼ

日頃弊社で大人気のワインジュースって勝手に呼んでるブドウジュースがいくつかあるのですが、今回限定品のロゼジュースが入荷しました!!

ワイン用のブドウをジュースにした物。

もちろんアルコールゼロです。




そのジュースのロゼバージョンが限定で5ケースだけ入荷!!
P1200274.jpg
ベランダで激写してみました。綺麗でしょ?

桜間近のこの季節に限定入荷ってのが我ながらいやらしい感じ(笑)で申し訳ないですが優しい味わいのブドウジュースで花見にも持ってこいですね♪

店頭販売限定でお願いしたいところ。(在庫少ないので・・・)

ご来店お待ちしておりま~~す!!


その他のジュースも好評発売中!!

トラウベンモスト 白ブドウジュース

トラウベンモスト 赤ブドウジュース

その他の面白ジュース


宜しくお願い致します!!!
2012
04
02

ピノ・グリ

__.jpg
ピノ・グリ ローゼンベルグ 2008年 バルメ・ブシェール
どっしりみっちり濃いアルザス ピノ・グリ。
私が採用してきたワインですが弊社スタッフに味の共有をしてもらうため抜栓。
輝く黄金色。
ディスクが長く雑みがない。
蜜の様な凝縮感。
分厚く個性的で、イメージするならフォアグラに貴腐ワインを合わせるようなイメージに近いマリアージュが向いてるんじゃなかろうか?
アフターにほろ苦く甘い感じが面白い!!!


白ではピノ・グリ、ピノ・ブラン、アルネイス。赤はネレッロ・マスカレーゼが最近の私個人的な注目品種。

2010年のアリゴテも面白い。イメージが変わりつつある。。。




P1200267.jpg
お昼はお好み焼き♪
てんてこ今津店様にて今季最後の二枚分しか残っていなかった牡蠣による牡蠣玉!!

お好み焼きは芸術ですね。

うめ~な~♪あ~うまい。

ヴォリューム満点!

お好み焼きとワインも合うもんね。

でも頑張って我慢したランチでした。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター