2012
05
31

VINEXPO

香港で開催されているVINEXPO(ワイン展示会ですね)参加して参りました。

お知り合いの方にお誘い頂いての社会勉強です。

P1210248.jpg
P1210249.jpg
P1210251.jpg
P1210269.jpg
なかなか全貌を画像で紹介するのは難しいですが、丸二日で一通りをざっくり見回れるサイズかな?(見方によりけりですが・・・・)


先日、弊社にご来店頂いたテキーラメーカーのポルフィディオのオーナー ポルフィディオのMARTIN GRASSLさんとその娘さん14歳(驚!!)に再会!
P1210245.jpg

他にもいくつかの生産者との再会があったりで大変有意義な旅でした♪

スポンサーサイト
2012
05
27

久保先生の単発ワイン講座

久保先生の単発ワイン講座、受講してました~。

やばい位いろいろとワインの法律だとかって変わってますからね~。

へこむくらい変わってるし・・・・・勉強になります。と言うより勉強し続けなくてはなりませぬ。。。。
P1210216.jpg


P1210217.jpg


下記、ワイン講座の詳細です。(以前もご紹介した事ありますが日程が少し変わりました。)

※出来れば久保先生まで“直接”お申し込みくださいネ。

***********************************************************************


マッサンベのワイン講座「ワインをもっと知ろう、楽しもう」                        


ワイン文化を知れば知るほど奥の深さを感じ、ワインをより楽しく味わえるようになります。

今回のセミナーは、1回ごとに独立したテーマの12講座で、

その内どの一つの講座でも、いつでも定員に余裕があれば、参加申込ができます。


どの講座も日曜日午後2時から4時30分までのワインを含む2時間30分講義です。

【特典】 講義参加の方に、センチュリー店頭で購入のワイン割引券をおわたしします。

  講 義 日     講座番号   講 座 名
1、平成24年3月11日      I-1 フランスワイン概論
2、3月25日            I-2 ボルドーワイン
3、4月 8日            I-3 ブルゴーニュワイン
4、4月22日            I-4 シャンパーニュ
5、5月13日            II-1 ワイン総論
6、5月27日            III-1 イタリアワイン概論


7、6月17日            III-2 ピエモンテ州・ヴェネト州ワイン
8、6月24日            III-3 トスカーナ州ワイン
9、7月15日            III-4 カンパーニア州・シチリア州ワイン
10、7月29日           IV-1 スペインワイン概論
11、8月12日            V-1 ドイツワイン概論
12、8月26日            VI-1 オーストラリアワイン概論


講義費用: 各講義につき4,000円(教材、ワイン代含む)
初めに全12講座受講申込み支払される場合は合計42,000円


お支払方法:参加お申込みを受け次第、銀行振込先を通知させていただきます。


定員:18名まで。1講座5名以上で実施いたします。

開催場所:ワインハウス・センチュリー 3階セミナールーム
芦屋市東山町7-21 古河ビル(JR芦屋駅から徒歩10分)
Tel:0797-34-0045   E-mail:info@century-jp.com
http://www.century-jp.com

講師:久保 正和 エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン主催
  日本ソムリエ協会公認シニア・ワインアドバイザー 
  第1回ロワールワイン ワインアドバイザーコンクール優勝
 第5回ワインアドバイザー全日本選手権ファイナリスト
  Tel/Fax:0798-66-3123  E-mail:mac@msc.biglobe.ne.jp
エコール・マッサンベ 検索



                  ご参加申込         平成24年   月   日

To:ワインハウス・センチュリー Fax:0797-34-0642 又は 講師 久保Fax:0798-66-3123
    
私は、講座『ワインをもっと知ろう、楽しもう!』 の下記講座 に参加します。

     参加講座:全講座 又は、講座番号:                       

ご氏名:

ご住所:

電話:           Fax:           E-mail:
2012
05
27

プチ会

プチ会 at DOHVA♪

P1210180.jpg
P1210181.jpg
ベレッシュ BRUT レゼルヴ 
この子、もうすぐラベル変わるんですよね。
旧ラベルにチャレンジ♪
今まで持っていたレモンスカッシュの酸が穏やかになってる。
いや~これはこれでおいしっす!
まろやかさが出て酸も角がなくいい感じ。
いいシャンパンだ!

P1210182.jpg
スッキリなのにドサージュは8g。



P1210184.jpg
岩ガキのフリット!
最高です。

P1210185.jpg
シャサーニュ・モンラッシェ 1er Cru シャンガン 2009年 ベルナール・モロー
やっと飲めました!
ベルナール・モローさん。
香ばしい樽感がいい感じ。
燻製香の様なニュアンスもあり。
まだまだ若さがあるのは否めないが熟成を経て甘みが出て来そうなポテンシャル。
時間とともにほんのりオイリーさが出てきた。
かる~くクリスピーなカスタードパイの様なニュアンスも楽しめた。
ヴェルジェの方がより良かった、と師匠談。

P1210188.jpg
淡路の赤ウニ、ホワイトアスパラのブランマンジェ
ウニ最高です!

P1210189.jpg
沼島の春のサバ
今年の春のサバは秋サバに対抗できるほど脂が乗ってていいんだとか・・・
火入れも備長炭で・・・・最高です!

P1210203.jpg
ムルソー ジュヌヴリエール 2008年  イヴ・ボワイエ・マルトノ
非常に健全で活き活きした香り。
味わいのファーストインプレッションはやや青い?
08っぽいってこの感じなのかなぁ。
ゆる~いビオ的な酸が少し勝ち気味ですね。
硬質でシリアス、「少しくらいこっち向いてよ」って感じ。
ムルソーの温かさが少なくビオ的な難しさを感じるワイン。
瓶差が結構あるらしいです。
レモンかスダチをかけて料理をワインに合わせていく感じがベターですね。


P1210193.jpg
足赤エビ、ホタテ
オーブンから出てきてぐっつぐつ。
ヴォリューミィでテンションあげあげになります!


P1210197.jpg
小伊津の白甘鯛
皮パリッパリ!

P1210200.jpg
ヴォーヌ・ロマネ 1er cru オー・マルコンソール 2007年 シルヴァン・カティアール
イエス!!!!
ウマイ!!
甘い!!!
すばらしい!!!
やっぱ好きだ!!
07でこのポテンシャルは度肝抜かれますた・・・
甘さと旨みのインパクトは相当です。


P1210201.jpg
ビゴール豚炭火焼
おいし~ね~♪

P1210205.jpg
ブレス産ブレス鶏
この柔らかさはなんぞや。
火入れが独特に感じる。
素晴らしいです!

P1210213.jpg
おまけのホワイトアスパラ肉巻き♪


P1210209.jpg
マジッすか???
ミュジニー 2007年 JFミュニエ  再び!
ほうほう。
やはり同じワインでも、このレベルのワインは飲むごとに表情が違って感じますね。
今回はミュジニーらしくない温かさ。
アフターに独特の個性を感じます。
前と比べると少~し苦みが立つ感。
香りはこれまたミュジニーらしくない、こそば~く咲くお花畑。
ややバランスも逸し気味。
トーンが重く、以前のそれで感動したクリーンで甘みが開く感じがなかなか現れない、と言う贅沢な感想。
生意気言ってスミマセン。

いやいや、勉強になりました!!!!!!!

有難うございました!!!!!


2012
05
24

試飲、そして試飲

いい感じで試飲が続きます♪

シャブリの生産者、ルイ・モローより、ルイ・モロー氏をお招きしての試飲会♪

5243.jpg

他にもシャンパン、ブルゴーニュ、各種盛り沢山!!
5245.jpg
ベレッシュ ブリュット レゼルヴ  改めて良かった!!!

5241.jpg
ルイ・モローのルイ・モロー氏と。
とってもいい感じの紳士でしたね。

トップキュヴェのシャブリ・グランクリュ クロ・デ・オスピス ダン・レ・クロ 2008年
こいつ、求心力あり流石でしたね。
0.41ha 年産2400本
テロワールってすごいなぁ。



試飲会の合間に別の試飲も・・・・
5242.jpg


で、今から別件で飲みに行きます(笑)
2012
05
23

試飲、そして試飲

昨晩は、一昨日店頭で試飲してすこし気になった
ドメーヌ・オドゥール・コカール  ブルゴーニュ・ルージュ 2009年
を持ちかえり再度試飲。
5231.jpg
抜栓仕立てよりもはるかにはるかにいいじゃないか!!!

暑い年を如実にあらわした酸不足感は否めないが、甘みが逆に飲みやすさを演出している。

味わいも完全に開きとても親しみやすい。

ブルゴーニュ ルージュでもじっくり検証してあげないとだめですね。

とっても万人が飲みやすくておいしいと言って頂けそうな、売り易い味わいと思えました。





5232.jpg
本日はSOPEXAのブルゴーニュ試飲会。

試飲も大事ですが、いろんなお方ともお目に書かれる重要な場です。

数人の方から「ブログ見てます」のお言葉・・・・

気が抜けません。。。。。。。

最近いいワインを飲む機会が多いのは、大半がお客様やお世話になっているお知り合いの方々にご馳走になっていますので、そこのところ宜しくお願い致します。

2012
05
21

今日の試飲

キンカン日食見れましたか?

私はばっちり見ましたよ。

5216.jpg
金冠日食は撮影が難しくてできませんでしたが、マンションの陰に写った樹の陰が三日月形になっているのを妻が見つけた時は興奮しました。



5211.jpg
さて、本日の試飲ワイン
ドメーヌ・オドゥール・コカール  ブルゴーニュ・ルージュ 2009年
う~ん
悪くは無いんですがね。
雑みもないし・・・。
09のあったかさが結構出てるな。
もう少し複雑味と酸が欲しいところですね。



5212.jpg
不完全燃焼につきこちらも抜栓!
ニュイ・サン・ジョルジュ  レ・ラヴィエール 2004年 ダニエル・リオン
う~~~ん。
開くのに時間がいる感じ。
やっぱダニエル・リオンはしっかりですね。
くりくりスワリングしたらようやく複雑みが出てきて、いいですね~
でも、ニュイのほんわかな、少し間の抜けた感じがありますね。
こちらももう少し酸が欲しいな~
ポテンシャルは感じますね。
好みが分かれるかも。



※ワインのお気軽な資格がソムリエ協会から新たに出来るらしいですね。
11月に試験があるらしいですよ♪

いいことだ!!!
2012
05
19

アキュイール

久々に行って参りました。

アキュイールさん。

ワイン会ではないんですけどね。

P1210098.jpg
シャルル・プジョワーズ 
ブラブラとのことでしたがブラブラ表記がありませんねぇ。
でもシャルドネのすっきり感が、蒸しっとしたての喉にちょ~ど気持ちいい♪
ほんのり甘みがあり万人受けも狙えますね。RMですけどね。


P1210100.jpg
ウニのロワイヤル、きゅうりと大場のソース

P1210102.jpg
いろいろな貝のタルタルと大阪高槻産三箇枚トマト
うまい~~~

P1210105.jpg
フランス ぺリゴール産フォワグラのポワレとルバーブ


P1210106.jpg
ブルゴーニュ・ブラン 2009年  フーリエ
珍しいですね。
フーリエのブル白。
ラベルデザインがこうも違うと別の生産者かと思いました。
奥行きに複雑みはさほどありませんが村名クラスは充分に名乗れるポテンシャル。
時間とともに甘みを増し少しだけブリュレ的な感じが楽しめる。



P1210110.jpg
P1210111.jpg
スープ後入れ!!
ホワイトアスパラガスのスープとリード・ヴォーのムニエル

P1210114.jpg
マナガツオのポワレ  桜エビのビスクソース
カレーな風味でおいしっす!

P1210116.jpg
エルダーフラワーのグラニテ


P1210118.jpg
スペイン産イベリコ豚ロース肉のロースト
全然臭み嫌味ない!!

P1210121.jpg
シェーブル・ブリーのパートフィロ包み

P1210124.jpg
もちろん赤も開けてます。かわいくね。
モレ・サン・ドニ 2004年  ジェラール・ラフェ
いや~、村名とは思えない香りに脱帽です!!
立ち上がりが一番良かったかも。
梅カツオな旨み出汁が若々しくストレートにしっかり。
モレの野暮ったさが少なく酸もあり使えるなぁ。
時間の経過とともに、立ち上がりの方が良かった感があった所は村名なりではあったが充分過ぎる一本


P1210125.jpg
エピスのブランマンジェといちご、バラの泡
新ショウガのアイスクリーム


またもやデザートでもソース後入れ!
P1210127.jpg
P1210128.jpg
ショコラのテリーヌとピスターシュのスープ



いやいや、久しぶりのアキュイールさん、器も変わっていたしお料理も新鮮で美味しかったぁ~~~~~~~

ご馳走様でした!!





オマケ:葡萄栽培記
P1210130.jpg
暴れ始めですね。放置プレイです。
P1210131.jpg
ちょっとづつ大きくなってきてますね♪
2012
05
18

カメリーノ

NZからの要人をお迎えして、今津のカメリーノさん

P1210072.jpg
前菜から♪

P1210079.jpg
鶏の肝のアマトリチャーナ
肝味しっかりで面白い!!


P1210082.jpg
名物ニンジンのニョッキ♪
食べてしまった後の激写でしたのでアップにてゴマカス(笑)
柔らかくって優しいお味♪

P1210077.jpg
メインは金目ダイ!!
ごっつい&きれい!!


P1210085.jpg
ド迫力のヴォリュームでした!!
エビもしっかりでアメリケーヌソースも優しいお味。
素材重視の味付けで品がありますね~
ワインが飲みたかった(原付バイクで行ってたのでね~、残念)


P1210088.jpg
デザートで〆


行き届いたサービスと豊富なグラスワイン、いやいや素敵なお店でした!!

ご馳走様でした!
西宮の人気イタリアン  ディアモ クッチーナさんにてランチ
P1210028.jpg
前菜からとっても感激のお味♪


P1210033.jpg
自家製パン♪

P1210035.jpg
生ハムと青菜のトマトクリーム。
アルデンテっす!!
旨~い!


P1210037.jpg
妻と一緒だったんですが、もう一品は
桜エビと小松菜のタリアテッレ
手打ちのタリアテッレは個人的に大好物でおます。
優しいお味。桜エビたっぷしで美味しいです。

P1210041.jpg
メインはスズキをチョイス♪


P1210042.jpg
P1210044.jpg
デザートも盛り沢山。
ピスタチオのアイスが印象的♪





続きまして、イタリアはフリウリ・ヴェネツィア・ジューリアよりヴィエ・ディ・ロマンスの
GIANFRANCO GALLO氏ご来店。
P1210055.jpg
おっとこマエやないか~~~~~~~~い!

P1210057.jpg
P1210065.jpg
時間がないのに質問攻めにしてしまいスミマセンでした。。。


P1210069.jpg


続いて、入荷しましたよ♪
5162.jpg
私が昨年収穫のお手伝いに行かせて頂いたニュージーランドのストーニーリッジより、各種♪

P1120544.jpg
また行きたいけど収穫はしんどいから今度は旅行で・・・
昨夜はこれまた、ありがたいありがたい夜の会に出席させて頂く。。

リストランテ ピーターパンにて。


まずはお料理から♪
P1210013.jpg
P1210015.jpg
P1210017.jpg
P1210018.jpg
ゴルゴンゾーラのニョッキ、ワタリガニの入ったラビオリ

P1210022.jpg
P1210024.jpg
イノシシのお肉、フォアグラで〆♪



ワイン沢山あきましたよぉ


P1210009.jpg
CLUB DE 50(クラブ・デ・サンカン)2008年
田崎真也さんが懇意の人50人にだけ提供している「CLUB DES 50」というボルドーワイン。
600本限定でアッサンブラージュして作ったというプロデュースものですね。
田崎さんの知り合い50人に、「CLUB DES 50」というクラブの名のもとで、各12本×10本で提供されているワイン。
メンバーは転売禁止で、プレゼントか実費でのシェアのみ認められていると言うレアもの。
少し貴腐っぽいニュアンス。
セミヨンが少し熟成したようなニュアンスを感じる。
個性的なワインでした。


シャトー・トゥール・ド・ミランボー 2006年
厚みあり、しっかり凝縮感があり安定して美味しいワインですね~~
目が詰まっていてしっかり熟成したブドウが使用されたと言うイメージで美味しいワインです!

P1210008.jpg
クロ・レオ 2009年
いい!!
とてもシルキーで、もっと固いイメージを想像していたのですが全然若くても楽しめる!
レオさんいわく、2009年、2010年は本当にいいブドウができた年だった、とのこと。(はい、レオさん同席でした♪)


P1210007.jpg
クロ・サン・マルタン 2003年 サンテミリオン
うん!これまた素晴らしい!
飲み頃に入った所!
胡椒、スパイス、ふんわりなめし皮。
2003年らしく酸味は控えめでとてもとても砕けていて親しみやすく美味しい。
後半醤油っぽさが出てきて複雑みも非常に楽しめました。


P1210006.jpg
モンローズ 1982年
どえらいワインが続きます!
カベルネのこなれた香り。
まだ芯が通ってますね。
チョコ、カカオ、煙草。
すんごいゴージャスなドライなチョコレートといった感じ。
いやいやリッチです。



P1210005.jpg
オーパス・ワン 2003年
香りにクリーム・ビスケット!?
甘みを感じる香りはカリフォルニア故の感覚。
まだまだタンニンは若々しく予想通りしっかりですが、いつもどこかにフランスを感じる“さすが感”を感じますね。


P1210004.jpg
シャトーヌフ・デュ・パプ 2000年 シャトー ラヤス
ほっほぅ~
やはり天才だな。
実は私の持ち込みだったのですが、かなりバクチかも。。。と思いつつでしたがラヤスは天才でした。
グルナッシュ100でどんなワイン造るねん!と思っていたワインでしたが、塩味旨み押し寄せ余韻が素晴らしい。
まだ固さが残りつつもグルナッシュってこんなに繊細で強くしかも複雑に造れるんだ!と感心させられました。
旨いです!

P1210003.jpg
ボンヌ・マール 2000年 ドーヴネ
口当たりが驚くほどのシルキーさでまとわりつく。
果実の深い凝縮感は思わず声を失います。
とはいえ、まだまだ本領発揮までには数年を要する感じはあり、30分後くらいにルロワ香がしっかり感じられ始めた感じ。
若々しい酸味が全体を引き締めていました。



P1210002.jpg
マジ・シャンベルタン 2000年 ドーヴネ
ボンヌ・マールより、同VTですがもひとつ若い感じ。
素晴らしい余韻とポテンシャルを感じるが、味わいが開いてこない。
ボンよりもより酸がピシ~通っていて強いですね。
アフターに龍角散の様な漢方的な複雑さも楽しめました。

ドーヴネはいずれも半端なく、複雑さとワクワクするポテンシャルを楽しめる超偉大なワインでした!


P1210001.jpg
貴重な会に同席させて頂き有難うございました!!

※今日こそは休肝日・・・・・にできるかな。
2012
05
12

ストーニーリッジ&クロ・レオの篠原麗雄氏ご来店

ワインのお仕事やってると、物としてワインを扱うのではなくて商品に「思い入れ」のある物が出て来ます。

例えば生産者にお会いした事があるワインとか、生産者の元へ会いに行った事があるワインとか、友達がそこの造り手さんとお友達のワインとかetc


昨日は弊社スタッフにブラインドで出されたワインがこちら。
5113.jpg
昨年、私が約一カ月生産者のもとに伺って収穫から醸造までをお手伝いさせて頂いたワイナリーのワインでした。

ニュージーランド ワイヘキ島産  
ストーニーリッジ チャーチ・ベイ シャルドネ 2011年
とっても美味しくて嬉しかったです!!
生産者の収穫までの苦悩の日々を肌で感じ取れた貴重な体験をさせて頂いたワイナリーですので思い入れがあるのも当然ですな。
近々お店に並びまっせ~!



5111.jpg
昨日はいろいろと試飲ワインがあり、ありがたやありがたや。

P1200987.jpg
最近ブログにてちょこちょこ登場。来日中の篠原麗雄氏が今度は弊社にご来店。
忙しい中、有難うございます!!
彼は私の親友のお友達。
ご縁って大事ですね!
こちらも今後、嬉しい関係が築けそうでワクワクです♪
フランスに住んでてワインを作ってるんですからね~

明日もご一緒する予定。ふふふ。
2012
05
11

東北の帝王をお招きして♪ガチブル会

東北から帝王をお招きして、ガッチガチのブルッブル会。

いつものDOHVAさん。好き勝手聞いて頂き有難うございます。。。

昨年末の帝王お招き会以来の帝王のお越しとあって気合が入る。。

今日もうまそうだ!
P1200930.jpg

P1200933.jpg
牡蠣!でかい!!素晴らしい!!



P1200935.jpg
淡路のあおりいかに由良のうに。
はぁぁぁ、ため息出ます。素晴らしい。。。

P1200938.jpg
アグラパール ミネラル 2005年
ガス感は細かくもガス圧が強いのでいつまでも立ちあがる細かい泡。
ミネラルの名の通り石を舐めたようなミネラル感で、この日は少し蒸しっとした天気もあってスターターとして最適!




P1200939.jpg
コルトン・シャルルマーニュ 1996年 G・ルーミエ
ムムム。少し過熟な・・・・・プレマチュア的な・・・・・微妙・・・・・
期待し過ぎた~~~~~~~~~
悔しい~~~~~~~
諸師匠のご意見によると、ある意味1996年らしい、原因不明のプレマチュアオキシデーションか?とのこと。
勉強になります。。。。

P1200940.jpg
モンラッシェ 1983年 ブシャール P&F
う~~~ん。
フルではないのかなぁ。
蜜入りの、シェリー的な要素持も感じられる。
飲めるんですが、もちろん高貴さも十分に感じる事も出来るのですが・・・・貴腐っぽいニュアンスもあって、少し放置してみましょう。。。。てな感じに。。。

残念。



P1200941.jpg
気を取り直してカジュアルに。
サントーバン 1er Cru シャルモワ 2009年 マルク・モレ
フレッシュな樽の香り。
若々しくて、「そうそう、超新鮮なお魚にはこれでいい」的な嬉しさ。
ふんわりと変化も楽しめるし好感触です!



P1200942.jpg
沼島の石鰈。
もう素晴らしいの一言です。
あまく深い味わい。

P1200945.jpg

シャルム・シャンベルタン 1997年 ユベール・リニエ
ファーストアタックからとってもまとまっていて飲み頃ですね~
しみじみ甘うまでまだ若さも感じられるがとっても素敵な好青年といったイメージ



P1200950.jpg
明石の赤足エビと明石浦のタイラギ
タイラギ貝めっちゃ好きなんです。
でも半端なく旨みが強い。噛めば噛むほど・・・・でした。素晴らしい!


P1200952.jpg
山崎のタケノコと豊後のアワビ
そりゃすばらしいわ!!


P1200954.jpg
フランスのホワイトアスパラ

P1200957.jpg
ブレス産ブレス鶏
この柔らかさなんやねん!
初めての感覚です!
山椒の利いたソースも絶品です!



P1200958.jpg
ボンヌ・マール 1997年 デュジャック
あのーはっきり言ってえぐい会です。
まだ続くんですけどね・・書いてて改めてすごい会だな、と。。。。
デュジャックですが、まだまだ強い!!
10分で甘みが出てきてデュジャックだなぁ。。。でももっともっと力あるなぁ~
若さが勝るんです。
「状態がいいがゆえに」なんでしょうが強いワインですね。



P1200960.jpg
シャルム・シャンベルタン 1990年 ジャン・ラフェ
立ち上がりは甘みを感じるも強いんかな~と思いきや、開き待ちすると徐々に徐々に開く~
健全でいいワインです。
しかし90のバランス感は流石ですね。

P1200961.jpg
グラン・エシェゾー 1990年 ルネ・アンジェル
今日イチ!?
抜栓からなまめかしいオーラと香りにやられました!!
口に含むと、まだまだイケるほどの凝縮感ですが、やはりいい!!
ニンマリなります!
鼻から抜ける美しいカホリ♪
まだまだ化けるポテンシャルも感じる素晴らしいワイン。


P1200963.jpg
シャンベルタン 1989年 シャルル・モルテ
ほほぅ!いいですね~
エレガントでソフトなタッチ。
優雅だなぁ~~~~~~~
酸があるのに男っぽい。
すこ~し漢方薬の様なニュアンスも個性があって面白い。
ずっと伸びる深い味わい。
1時間後・・・いやいや「シャルル・モルテうま~~~~」
実力派ですね。

P1200965.jpg
ミュジニー 1979年 クレール・ダユ
なんというレアなワインが続くんでしょう・・・
抜栓。
むむ?
う~~~ん。
ちとマデイラ風の残念感。
余韻も・・・・・・伸びてこない。
以前も同じワインを頂いた事があるが線が細いとても繊細なイメージはあったので、今回は瓶差もあるんでしょうがややピークを越えていたということかな?
これもまたワインの面白み。


P1200966.jpg
ヴォルネイ カイユレ 1990年 クロ・デ・60・ウーヴレ  プスドール
あっ!これいい!!
プスドールのヒットってこんな感じだよね~
ややもすれば野暮ったさが出がちなヴォルネイにあってヒットすると、何とも言えないアフターの甘みとバランス感。
しっかりとしたボディながらアフターに旨みが来て余韻も続き酸もあり・・・・・アラフォーで脂の乗ったエエ男、てなイメージ。



P1200967.jpg
リュショット・シャンベルタン 1997年 ミュニュレ・ジブール
素直に目が詰まっていて美味しいですね~
程良くこなれてきたところ。砕けてきた感じが親しみを少し感じる。
黒果実な感じがやはり印象的。




番外編:
P1200968.jpg
パンチェッタ、レモンのパスタ。
うまっ!
大人のパスタだ!


P1200975.jpg
終わるのかなぁ~


終わりませんでした(笑)


○カル様、飲まずに置いといてご一緒の時に頂こうと思っていたんですが・・・
P1200976.jpg
と言う事でありえないにも程がある、差し入れ!?を頂いていたテタンジェ コント・ド・シャンパーニュ 2000年。
 
うま~~~~~~~~!
やっぱ好きやわ。
狙ってこ。

○カル様ご馳走様でした!!

美味しゅうございました。

近い将来出世して必ずやお返しさせて頂きますね。


またご一緒してくださいね。


番外編②:ガーリックライス
P1200979.jpg
何ぼでも食べれてしまう。旨いです。



P1200982.jpg
具沢山(嬉)

P1200986.jpg
デザートまで頂いて〆


いやいや、お料理も素晴らしかったし、ワインも素晴らしかったし(山あり谷ありで(笑))言うことなし。

贅沢し過ぎて自粛する気はあるのですが、今月いろいろ予定あり。


帝王にはよくぞお越しいただき有難うございました!!!

また飲みましょうね~

皆さま貴重なワインご馳走様でした!!!
2012
05
10

ニーノ・フランコのPrimo Franco氏ご来店

イタリアのプロセッコ生産者、ニーノ・フランコよりオーナーのPrimo Franco氏ご来店につき試飲会!

他社のも含めいろいろとイタリアワイン試飲。

いいのありましたよ~

試飲会無事終了!
ウォーミングアップ完了!?
2012
05
09

ボッテガブルーでランチ

人気イタリアン ボッテガブルーさんにてランチ

妻と。

パスタランチとメインつきランチを一個づつオーダー♪

P1200756.jpg
P1200758.jpg
前菜から、魚介がふんだんで嬉しいです!!

P1200759.jpg
鰯のなめろうを使ったパスタ(珍!)なめろうを最初お刺身感覚で少しつまんで後からパスとあえて・・・二度おいしい!

いやいや、うまいです!!!!

P1200761.jpg
トマトのパスタも優しい品あるお味。

チーズが利いててめちゃうまいです!

P1200765.jpg
メインはお魚(いさきだったっけ)の春巻きに花ズッキーニ(モッツァレラ詰めフリット)乗せ!

お楽しみ食材ダブルパンチに圧倒!

参りました!!

お昼から大満足ですた!!



ネタは変わって、昨晩のとあるワインセミナーのお手伝い♪

テーマは珍しいブドウ品種

P1200769.jpg
ワインに合わせてチーズもご用意!


P1200926.jpg
①ブルゴーニュ アリゴテ 2009 レミ・ジョバール
いやいや、最近アリゴテが気になる。。。VTの加減もあってかさすような酸は感じずとはいえ豊富な酸が丸い舌触りで楽しめる!!

②ヴーヴレイ  ル・モン セック 2010  ドメーヌ・ユエ
すごい凝縮感。
ブドウの段階でかなりしっかり熟した、と言う味わい。
シュナンブラン、面白いですよいね~。大注目品種です。


③バルミニョール  アルバニーリョ 
独特の甘いような香り。ところがどっこい味わいはしっかりとした酸味。
華やかな香りがとても印象的で単体で楽しむ、もしくは香りのあるお料理。
合わせるにも少し香り付けを意識したお料理とのマリアージュを考えるべきか。
勉強になります!

④クローズ・エルミタージュ ルージュ  ドメーヌ・アラン・グライヨ 2008
ユリの様な華やかなシラーの香り。
思ったよりはボディは軽く(と言ってもしっかり)飲みやすいシラーかも。
でも個性が強いので好き嫌いは分かれますね。


⑤へクラ  モナストレル  2009
あっ、これ面白いかも。と思ったらパーカーさんが以前絶賛したワインとのこと。
なんだか悔しい。


⑥ジンファンデル ナパ・ヴァレー 2009  フロッグス・リープ
順番もピッタリのしっかりボディ。
煮詰めたジャム、果実の甘み。
万人受けするフルボディ。
ジンファンデルっていろいろでこいつはそこまで個性の主張はきつくない。
いいワインです。

⑦〆シャンはペリエ・ジュエ  ベル・エポック 2004年
最後にシャンパン、しかも高級シャンパン。
嬉しいし口中が締まる!
思いのほか甘みを感じた仕上がりですが、くいくいいっちゃって、美味しかったっす!!

ご馳走様でした~~~~~~


2012
05
07

堺筋倶楽部 AMBROSIA

堺筋倶楽部 AMBROSIAにてディナー♪

弊社営業部長、中熊とデートです♪

むっちゃかっこいいです。

旧銀行の後を利用した建物です。

P1200725.jpg
P1200724.jpg
アヤラ で乾杯♪
P1200728.jpg
P1200729.jpg
甘エビうまし!!



P1200737.jpg
スターレーン ソーヴィニヨン・ブラン
芝生の香り。でも味わいは厚みがあり尖った酸はなし。
いいSBですね。親しみやすい♪


P1200739.jpg
ショートパスタ♪

P1200741.jpg
熊ちゃんと別々のお料理が続きます。

P1200743.jpg
お魚はいさき。写真が絵になりますねぇ。

P1200745.jpg
ガッティナーラ 2006年
これいい!!
香りもとても良く立ち、程良くこなれている!!
ケモノさはさほどなく、程良いミディアムボディでネッビオーロの良さを堪能できます!!


P1200747.jpg
メインは私は鴨!!

P1200749.jpg
P1200752.jpg
チーズもめちゃくちゃ旨い!!

P1200753.jpg
デザートで〆

P1200755.jpg

いやいや、こういう古い建物にアンティークな感じ、好きなんですよね~

味があります。

ワインもかなり凝ったラインナップ。

面白そうなワインが沢山、旧金庫室にありましたよぉ。

2012
05
06

同級生

昨晩は同級生が同級生を呼ぶ素敵な一日。

学生時代のアメフト部同期で私の親友Uちゃん(画像左)の親友は、フランス コート・ド・カスティヨンでワインを作る日本人 篠原麗雄氏!

数年前にそんなつながりが分かって以来、来日された際には会わせて頂くような間柄。

P1200722.jpg
昨日も忙しいスケジュールの合間を縫ってもらって会いに。

いやいや、現地の情報ってホント勉強になりますね~!!!

偽物ワインが多い話だとか・・・ね。コワ~~~


芦屋に戻って小学校同期との飲み会。(一部それ以外)
578356_285869201503155_100002402315017_650345_566826061_n.jpg
いやいや、人のつながりって大事ですね。

こういうつながりが多いと人生のハッピー度が上がりますよね。

いろんな事といろんな方に感謝です。

2012
05
05

ブドウ栽培記もろもろ

え~天気でんなぁ~


うちのブドウちゃんはどんな感じでっしゃろ???

P1200716.jpg
ツルが伸び始めてます。


おっ!!!!!!!
P1200717.jpg
ブドウや!

P1200718.jpg
いくつも出来てきてました!!!

愛らしい♪


ついでに弊社お向かいのツツジもいい感じに満開!!
P1200719.jpg
P1200720.jpg


今日は午後からクロ・レオの篠原レオ氏と会ってきます♪
P1200715.jpg
コート・ド・カスティヨンで日本人のワイン生産者として有名です。ご存知の方も多いはず。

ちなみにクロ・レオ 2009年 僅かながら入荷してますよ~
2012
05
04

ブドウ栽培記

GWは皆さまいかがお過ごしでしょうか?

雨は散々でしたね~


でも新緑の鮮やかな木々には嬉しい雨だったのかな?

うちのブドウちゃんもどえらいスピードで伸びてってます。。。。
521.jpg
腹が立つほど成長が早い。

すごい生命力の植物です。



GWはワインの入荷がまとまって到着するため店内はわやくちゃ。。。
522.jpg
523.jpg
ご来店頂いた方、これからご来店のそこのあなた、少々散らかり気味で申し訳ありませんが、是非、連休をおいしいワインで締めくくってくださいね~!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター