2012
06
29

プチ会 at DOHVA

プチ会♪
場所はいつものDOHVAさん♪

P1210531.jpg
P1210534.jpg
のっけから気合の泡!

ジャクソン アヴィス ブラン・ド・ブラン 1990年
やっぱ90シャンパンは最高ですね。
飴の様な香り。
どっしりしてるなぁ。
少し置いて開き待ち。
複雑みがあり素晴らしいシャンパーニュでした。




P1210537.jpg
淡路の赤ウニとアオリ
いやいや素晴らしい!!

P1210539.jpg
明石浦の真タコ
タコ甘い!すごい弾力!

P1210541.jpg
シャブリ グランクリュ ヴァルミュール  1995年 ヴェルジェ
甘い香り。
シャブリっぽくないぞ・・・
口に含む・・・・うまい~~~~~!!
ムルソーに近い厚み。
抜栓直後でブラインドしたら絶対シャブリとは答えないだろうな。
徐々にアフターにレモンな酸味が感じられるように開いてくるがとってもマイルドな酸。


P1210542.jpg
ノーザンルビーとトウモロコシ
いやいや新しいお料理、めちゃうまいです!
モロコシ甘い!

P1210546.jpg
ニュイ・サン・ジョルジュ オー・シュイエ 1996年 ジャン・クロテ(エマニュエル・ルジェ)
ジャン・クロテとは、ボーヌにある有名な2ツ星レストラン・オー・ヴェルジュのオーナーシェフの名前。
製造管理から瓶詰めまでをエマニュエル・ルジェがやっていると言うワイン♪
良いですね~
NSGのカジュアルさ。
ふんわり優しく気取らない。
しかも飲み頃。
ルジェな感じも程良く感じれて、いいワインです!

P1210549.jpg
沼島の油目


P1210551.jpg
鳥取の岩牡蠣、ベレッシュフリット!
さいっこう!
くりーみぃ!!

P1210553.jpg
ベレッシュは黒ラベル!

P1210557.jpg
根室の花咲ガニ
ムース状のお料理。
素晴らしいです!!贅沢だ~

P1210560.jpg
ヴォーヌ・ロマネ レ・スショ 1996年 シルヴァン・カティアール
黒い!
初めは頑健なイメージ。
酸も固く、いわゆる1996スタイル?
時間とともにほぐれてくる。
開いてくるといいワインでしたが、個人的にカティアール大ファンなのでちと期待しすぎたかな。
でも好きです!

07マルコンソールのいい印象が強すぎて・・・・・

VTって難しい。

P1210563.jpg
ワインに合わせてメニューを変更頂く。
カモ。
赤によく合います!!




P1210565.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン クロ・サン・ジャック 2001年 アルマン・ルソー
山椒にあうぞ。
酸がぴしーっとしててまだ若さがあり骨格しっかり。
エレガントで将来性を楽しむワインですね。
ポテンシャルの高さを感じながら飲むのが楽しい。

P1210566.jpg
お肉料理で更にワインに合わせて頂く!


いやいや、美味しかった。ご馳走様でした・・・・



そのまま向かうは三宮。
ワインズ パトリーさん


P1210568.jpg
ヴォーヌ・ロマネ マルコンソール 2008年 フランソワ・ラマルシュ
相変わらずすごいワインがグラスで開いてるな・・・・
酸がウマイ。
目が詰まっていて、でもこれからなワインですね。

記憶があいまいになってきた・・・


P1210571.jpg
こんなワインも・・・
シャンボール・ミュジニー 1999年 ジョルジュ・ルーミエ

P1210573.jpg
ジャック・セロス エクスキューズ
最後にもってこいだわ!!
セックなので、と言ってもぎりぎり少し甘いかなぁ程度なので食後には最高ですね。


いやいや、プチで済まないプチ会、有難うございました!!!!
スポンサーサイト
今年もやって参りました!!!

今年で11年目となる、「ワインテイスティング IN 芦屋」

完全予約制となっております!

皆さま奮ってご参加お待ちしておりま~~~~~~~~~す!!!!!

-------------------------------------------------------------------------------


<第11回 ワインテイスティング IN芦屋>

皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃の格別なご愛顧を感謝し心より御礼申し上げます。
ワインは食生活の“宝石”を合言葉に、皆様方に幅広く味わって頂く弊社主催のワインの試飲会を今年も下記のとおり企画いたしました。
この機会に是非お越しいただけますようご案内いたします。



日  時:
Aの会 平成24年8月21日(火) 14:00~20:00 (イタリア、スペイン他)

Bの会 平成24年8月28日(火) 14:00~20:00 (フランス、ニューワールド他)
(いずれもどの時間帯に来ていただいても結構です)

場  所: ホテル竹園芦屋 3F 飛鳥の間   TEL 0797-31-2341

主  催: 株式会社 センチュリー     〒659-0091 芦屋市東山町7-21
TEL :0797-34-0045   FAX :0797-34-0642
メールアドレス: info@century-jp.com


予定出展業者  
Aの会:
ユニオンリカーズ、モトックス、メモス、サントリーワインインターナショナル、ファインズ、モンテ物産、
アサヒビール、日欧商事、フードライナー、ワインウエイヴ、飯田、アズマコーポレーション、稲葉、
アルトリヴェッロ、エノテカ、JSRトレーディング、日本リカー、メルシャン、日本グランドシャンパーニュ、
コートーコーポレーション、ワインハウス センチュリー (順不同、敬称略)

            
Bの会:
ユニオンリカーズ、サッポロビール、モトックス、サントリーワインインターナショナル、ファインズ、日本リカー、メルシャン、ブリストルジャポン、飯田、コートーコーポレーション、豊通食料、稲葉、ヴァイ&カンパニー、
ミレジム、JSRトレーディング、スマイル、木下インターナショナル、MHDディアジオ モエ ヘネシー、
アズマコーポレーション、ヴィレッジセラーズ、ワインハウス センチュリー(順不同、敬称略)


出展ワイン:A、Bの会共に約200種類。各ブース選りすぐりワイン6~10種類ずつ!比較試飲多数あり♪

対  象 : 一般のワイン好きの方。飲食店関係者。ワインに興味のある酒販店。

目  的 : ワイン文化の啓蒙、及び特別価格による予約販売。 (一部、有料試飲あり)

参加費用: 各会¥1,000 (イベントの性質上、お子様及び未成年者の入場は固くお断りいたします。) 

定  員 :  400名 (A,B共に)  【完全予約制】・お支払いは当日受付にてお願い致します。お車でのご来場はご遠慮願います。

※お申込みはFAXもしくはメールにてお願い致します。 

Mail:info@century-jp.com
FAX:0797-34-0642

********************************************************************************************

<参加お申し込み>    
[参加希望の方は必ず □ 印ににチェックを入れてください!]

□ Aの会に参加します。 (平成24年8月21日(火)、イタリア、スペイン、他)

□ Bの会に参加します。 (平成24年8月28日(火)、フランス、ニューワールド、他)

□ A、B両方の会に参加します。                

ご紹介者:            様


ご住所:〒     -                                     

お名前:                様                            

お電話:    -        - (合計       名)

e-mail:                          
(各種イベント等をご案内するセンチュリーメールニュースに自動的にご登録させて頂きます)

昨年の様子:
P1170159+.jpg
P1170167+.jpg
P1170444+.jpg

2012
06
22

試飲試飲試飲

オーストリアも面白い。。。

試飲試飲試飲です!
120622_195913.jpg
2012
06
22

ソムリエ試験直前講座

今年も近づいて参りました!

ソムリエ試験!

毎年恒例の久保正和先生による直前講座のお知らせです!!

センチュリースタッフ5名(内シニア3名)もこちらの講座を経て全て一発合格!!

最後の追い込みに最適です!!!


----------------------------------------------------------------------------------
日本ソムリエ協会呼称資格認定試験
2012年度 一次試験受験直前講座

一次試験は8月27日(月)に行われます。
最後の追込みで合格を確実なものにしましょう。          

エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン 

http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin


§ 教材と講義内容

1. 「究極の直前講座虎の巻」
講師自身が、過去6年間の出題を充分検討して絞り込んだ出題範囲の徹底理解と記憶を容易にするための教材を作りました。

【注】ソムリエ協会発行の「教本2012年度版」は、各自で必ずご用意下さい。


2. 「過去6年間の一次試験出題問題集」 
ワイン概論、フランスワイン、ドイツワインなどカテゴリー別に整理作成したものです。

3. 「模擬試験」
講師が出題を予測して作成した問題で模擬試験を行ないます。




§ 講座: 5日間(各3時間)  火曜日13:30~16:30

1 7月24日
* 講師作成の教材「究極の直前講座虎の巻」と理解を容易にする資料を活用。
* 模擬試験(講師作成問題)と解説

2 7月31日

3 8月 7日

4 8月 14日

5 8月 21日



§ 講義開催場所:
  ワインハウス センチュリー
       芦屋市東山町7-21 古河ビル3F
       (JR芦屋駅下車、北へ徒歩10分)
  Tel:0797-34-0045 Fax:0797-34-0642
        http://www.century-jp.com/



§ 講師: 久保正和 
日本ソムリエ協会公認シニアワインアドバイザー・シニアワインエキスパート
英国WSETハイヤーサーティフィケイト・ディスティンクション
    第5回ワインアドバイザー全日本選手権ファイナリスト
  第1回ワインアドバイザー ロワールワインコンクール優勝
                            
  
§ 受講料 (教材含む): 30,000円


§ 支払法お法: 参加お申込みを受け次第、銀行振込先口座番号を通知させていただきます。

§ お問い合わせ・受講申し込み先:
久保正和 Tel /Fax:(186) 0798-66-3123  
E-メール:mac@msc.biglobe.ne.jp

To 久保正和 Fax:(186) 0798-66-3123 または、E-メール:mac@msc.biglobe.ne.jp
         

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                 講 座 参 加 申 込    

                                 平成24年  月  日


私は、2012年度 受験直前講座に参加します。   

お名前:

ご住所:

Tel:                 Fax:

Email:
2012
06
20

新入荷続々!

新入荷続々です。

テタンジェ コレクション 1981年~ずらずらと♪
06201.jpg


ブルネッロの伝説的ヴィンテージ 1997年物!!! 複数本入荷!!!お早めに~
コル・ドルチャ&ファットリア・ディ・バルビ!
_06202.jpg

店頭にはネットに載らないものも多数ございますので是非ご来店くださいね~~~~~~~~~~!!!!!
2012
06
17

久保先生の単発講座♪

先程、受講致しました久保先生の単発ワイン講座!
6171.jpg
いやいや、為になるねぇ~

随分と忘れていることにも気づかされるし、私が数年前シニア受験した際とも随分と内容が変わっているので・・・・勉強はし続けないといけませんね。。。。。

本日のお題はピエモンテ、ヴェネトでした。

奥深いです。

知っとかないといけなかったんでしょうが、全然分かっていなかったネタ的な発見もありましたし♪

新たな資料はむちゃくちゃありがたいです。

6172.jpg
ワインも全て美味しかったので良かったよかった。



次回のセミナーは、これまた超楽しみなイタリア トスカーナ!!!!!

24日 14時~16時半。

まだお席ございます!

ご予約受付中!!!!!!!!!!

直接、久保先生にメールかお電話頂くのが早いです!

E-mail:mac@msc.biglobe.ne.jp

Tel/Fax:0798-66-3123

久保先生のHP:http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin/jyukenjyuku.html
今回の単発ワイン講座名は「教養講座 ワインをもっと知ろう、楽しもう」です。


超お勧めですよ~!!!
ブルゴーニュ・シャルドネ2010年 ベルナール・モローをテイスティング。

1週間ほどかけて変化をチェックしてみました♪

P1210508.jpg
師匠にお教え頂いた生産者なのですが、いいですね~。
(注意:私には師匠が数人おりまして、今回はピノ・ノワールの師匠)

ブルゴーニュ・ブランも「おっ!とってもいいブドウを使ってるな~♪」という感覚がすぐに伝わる味わい。


調べてみたら【シャサーニュの若木を使用  生産量:40樽 新樽:8%】でした。

抜栓すぐには樽の感じはほとんど感じられずとても綺麗で、柔らかさもあり舌触りは程良くマイルド。

二、三日後に味わいの変化を試すごとに少しづつ樽を感じられる味わいに変化するもヘタれてない。


昨晩(約一週間経過)とどめを刺してやったのですが、ようやく樽感が良く分かる感じになっておりました。

樽と言うより、ブドウの種が少しローストされて入ってる!?様な、すこ~し香ばしさも感じるクリスピーで心地よい感じ。


流石、シャサーニュの若木使用と言うのもうなづける内容でした。


白ワインの生産者の新規開拓、進めて行かなくては。。。
蒸し暑いですよね。

日本のこの時期は本当にいやだ。

家飯に合わせたワインのご紹介。

むっしむしに蒸すから、サラッとスカッといきたいと思って選んだのはイル・カンパノーネ・ビアンコ フリッツァンテ。

エミリア・ロマーニャのピノ・ネロとピノ・ブランでできたフリッツァンテ(微発泡ね)
6161.jpg
セラーの温度だったので少し温度をおとしたい・・・でも風呂上りの“今”飲みたい・・・という状況から、氷を放り込んでやる♪

「ええやん♪うまいやん♪」

最近、肝臓の数値とか怖くて調べられない・・・・な感じだったので少し薄めでチメタ~い感じが逆にいい。

飲食店なんかで、敢えて氷を入れるカジュアルな売り方を提案されるのもありかも・・・な~んて思いました。



そういえば、最近いろんなワインの飲み方があるらしく、適当なパックワインをソーダで割って氷もモリモリ(田崎信也さん推奨)だったり、日本酒を並々注いでこぼすパフォーマンスを流用して“こぼしワイン”な注ぎ方が現れたり。

ワインを楽しむきっかけを与えるいろんな飲み方が出てきて、ワイン屋としては“非常に良い”と思う今日この頃です!
2012
06
15

カルボニエラ・デル・トロにてランチ

苦楽園の人気イタリアン、カルボニエラ・デル・トロさんにてランチ♪
P1210479.jpg
前菜
P1210482.jpg
小柱、明太子といろいろ野菜のペペロンチーノレモン味
具沢山で最高です!!
ネギも入ってる!!!
うま~~~~~~い!

P1210487.jpg
中高原地鶏のソテー ブロッコリークリームのソースで。
お肉柔らかい。クリームソースは大好物です。


P1210491.jpg
デザートのパンナコッタで〆。
大満足じゃ♪



備忘録:
P1210474.jpg
つい先日のとあるワインセミナーのお手伝いで抜栓したワイン。
1 Muscadet Sèvre et Maine Sur Lie / Sauvion 2010年  

2 Orvieto Classico Secco / BIGI  2010年  

3 Laurent-Perrier Ultra Brut  

4 Würzburgerstein Silvaner / Juliusspital  2010年  

5ヴェーレナー ゾンネンウアー  リースリング シュペトレーゼ 2005年 ドクター ローゼン 
アルコール 8.4%  残糖69.0g/l  酸7.5g/l

6 フォリス  ピノ・ノワール ログ・ヴァレー  2008年 (オレゴン)

7 リンカーン・エステイト シラーズ  2011年 (オーストラリア)

8 ニーポート トウニー 20年


いやいや、勉強になります!!!
2012
06
14

レオン・ベイエのMarc BEYER氏ご来店

アルザスで1580年創業、レオン・ベイエの現在13代目当主(驚!!)のMarc BEYER氏ご来店!

P1210475.jpg
左からピノ・グリ、リースリング、ゲヴェルツ、ピノ・ノワール、ゲヴェルツのマール。

いやいや、いいですね~

軒並み有名なフランスの★付きレストランにて採用されているとのこと。

みなめちゃくちゃ綺麗でドライ。

洗練された味わいで、樽はほとんど使わない。(画像の商品は全て樽不使用)

ブドウのポテンシャルが生命線ですな。

P1210478.jpg
Marc BEYERさんめちゃデカイ!

でかいのに大汗かいて歩いて来てくれました。

有難うございました!!!!!!
2012
06
11

コシモプリュス

芦屋に新しく出来たフレンチ、コシモプリュスさんにてランチ♪
P1210437.jpg
シャンパン、ボーモン・デ・クレイエール で乾杯♪

P1210439.jpg
前菜から目で見て楽しませてくれますネ~

P1210440.jpg
ホタテとスポイトに入ったガスパチョ。薫香香ります。
おもろ。

P1210443.jpg
オードブル
もはや芸術ですね。


P1210449.jpg
ゴールドラッシュのスープ。
あまくておいし♪

P1210452.jpg
シャブリ 1er cru モンド・ミリュー 2007年
程良く柔らかくいい感じです。

P1210453.jpg
オマール海老、コンソメゼリー、北海道のウニ、春菊のソース。
どのお料理も使用されている素材が多くとっても複雑な味わいが楽しめます!!


P1210457.jpg
イトヨリダイ
ソース美味し!!

P1210461.jpg
イチゴ、トマト、コブみかん、山羊乳のフロマージュ、
お口直しですって♪

P1210462.jpg
ペルナン・ヴェルジュレス 2009年 ドメーヌ・P・デュブルイユ フォンテーヌ・ペール・エ・フィス
重たくない陽気な感じがメインのブタさんにピッタリ。 

P1210465.jpg
ユキヒメポーク
お肉と海のものを合わせるのも面白いです

P1210466.jpg
Ch.クーテ 1990年 
いい感じに熟成しててアフターにちょっぴり大人な苦味がいいですね~

P1210468.jpg
デザートの前のデザートだな。
パイナップルとココナッツ

P1210469.jpg
果物いろいろ盛りだくさん。
デザートまでとっても手が込んでいます。

P1210472.jpg
コーヒーと小菓子で〆。


いやいや、芦屋にまた一つ、要チェックなお店ができましたよぉ~。

お料理の説明もワインのアレンジも、シニアソムリエの小林さんがきっちり合わせてくれます。

またまたお昼から贅沢してしまいました。

御馳走様でした~~~~~~~~!!!!
2012
06
10

ブドウ栽培記

放置してたらこんな感じに・・・・

変な植物と絡み合ってるし・・・・

60101.jpg

時間見つけてやっつけます。
2012
06
04

オーベックファン神戸にてランチ

オーベックファンさんにてランチです♪
P1210379.jpg
いつ見ても立派なお店です!!

P1210382.jpg

P1210381.jpg
トレント・トロワ ブラン・ド・ブラン BRUT ナチュレ
初めて飲みましたがなかなかの硬派な奴(笑)
少し温度が上がるとうっすらながらほほ笑む感じの酸とミネラルがっつりでっせ、な子でした。
嫌いじゃない、むしろ好き。

P1210387.jpg
サーモンのブルスケッタ

P1210384.jpg
ガティノワも頂く。
ウン、こっちの方がかなり人懐っこいっすね。



P1210390.jpg
全粒粉の自家製パン
あっつっつでオイチ♪

P1210394.jpg
オマール海老、ホタテ、季節の野菜のテリーヌ
キレイ、うまい~

P1210397.jpg
シャサーニュ・モンラッシェ レ・アンセニエール 2000年 マルク・コラン
抜栓直後は少し果実味が下り気味かと思いきや少しの時間と温度上昇によってふんわり立ち直る。
ピークのワインではありますがハマグリ出汁をほんのり感じる熟成感がやさしく、魚介のお料理には合いますね!!


P1210402.jpg
淡路新玉ねぎのスープ、フォアグラソテー
あまくてめちゃくちゃ旨いんですけど!!

P1210409.jpg
メインはスズキのポワレをチョイス
うめ~な~


P1210406.jpg
大人しい目の赤と言う事で
ヴォーヌ・ロマネ メジエール 2005年 AFグロ
流石の2005年的バランス
欲を言えばも少し甘みをプラスしてほしい。
ともあれバランスがいいのですいすい飲んでしまいます。
状態もいいですしね♪

P1210412.jpg
デザート♪

P1210411.jpg
〆にデザートワイン
昼から贅沢し過ぎ、スミマセン。。。
ボニー ドゥーン ヴァンフェルノ ビーズワックス・ヴィンヤード 2008年
グルナッシュ 51%、ルーサンヌ 49%
ヴァン・ド・パイユと同じ陰干しで作られるらしい。。
カリフォルニアの甘口。
昼からすっかりええ気分っす。


ソムリエ、塚元さんの気さくなサービスも心地よくすっかりリラックスしすぎてしまいました(笑)


ウォークインセラーのワインアイテムも半端ないので、お勧め間違いなしの名店ですね。

ご馳走様でした!!!
2012
06
03

トランテアン

アランシャペルから変わったトランテアンでの会に参加させて頂く(嬉!!)

P1210311.jpg
エントランスもカーペットなど雰囲気が随分変わった気がしました。

P1210310.jpg
お祝いのお花がまだずらり。

P1210315.jpg

P1210312.jpg
食前のお楽しみ

P1210317.jpg
いきなりのジャック・セロス コントラスト!!
P1210314.jpg
P1210319.jpg
デゴルジュマンは2006年3月
稀少ですね~~~~!!
色濃くトーンもブラン・ド・ノワールらしくしっかり!
最初の立ち上がりに少しシェリーチックな熟成感感じるもすぐ消えて・・・・
素晴らしい!!
どんどん香りが立ちあがり紅茶やほんのり薄甘口醤油出汁の様な複雑な、甘く深い香り。
さすがセロスっす!

P1210320.jpg
トマトのスープ

P1210322.jpg

P1210323.jpg


P1210325.jpg
最後の5本となったアランシャペル時代、デュヴァル・ルロワにて造らせたオリジナルボトル、
デュヴァル・ルロワ キュヴェ・アラン・シャペルをオーダー
クリーミーで少し甘みがあり飲みやすいです!

P1210329.jpg
メニューにない一品。
ホタテ貝柱のタルトレット
素晴らしい!

P1210331.jpg
コルトン・シャルルマーニュ 2004年 ボノー・デュ・マルトレイ 
ミネラルとドライな樽感の融合。
まだまだ若々しいが余韻に感じるポテンシャルは流石ですね。
舌の上でトロミあるミネラルがず~っと残ります。
塩味の利いたクッキーの様なクリスピーな若さ?

P1210334.jpg
アーティチョークとフォアグラ
フォアグラ素晴らしいです。ヴォリュームもかなりの物。

P1210338.jpg
アーティチョークのスープ。
絶品です。

P1210342.jpg
フォアグラに合わせて
ヒューゲル リースリング ヴァンダンジュ・タルディブ 1988年
88とは思えないミネラルと酸。
特に上質な酸がキレイなキレイな甘みマッチしてバランスをとっている。 
そりゃフォアグラに合うわ!!

P1210344.jpg
オマール海老と小野菜のカソレット アブサンの香り


P1210347.jpg
オーブリオン ブラン 1985年
セミヨン独特のビニールの様な香りから始まり、徐々に徐々に甘い香りに変化が楽しい。
状態が素晴らしくこちらも85とは思えない。
カスタードクリームの香りが30分後くらいから出てくる。
ビターでアンズも感じます。



P1210351.jpg
近海産スズキのパヴェ、モリーユ茸とアスパラガス、貝類のエミュルション
お料理はどれも素材を大事にしたシンプル イズ ベストを目指すようなイメージ。


P1210355.jpg
この日のテーマはエシェゾー、と言う事でようやくたどり着いたエシェゾー
エシェゾー 2004年 エマニュエル・ルジェ
若くすこ~し人工的なニュアンスが否めないがパワフルさも感じられて一安心。
健全でいちごジュースなニュアンス。
でも、まだ若いですね。
甘みがほぐれない感じ。


P1210356.jpg
エシェゾー 1987年 ジャック・カシュー
熟成のピークを楽しむイメージ。
いい感じです!
お出汁系のアフターが面白く体に優しい、いい古酒。
甘みも心地よくナチュラル感楽しめる。
後半にオレンジピールの様な甘苦みが出てくるのも楽しかった。


P1210366.jpg
ブレス産若鶏のドゥミ・ドゥイユと季節の野菜

P1210368.jpg
その皮目♪

P1210374.jpg
出た!
エシェゾー 1967年 DRC
キター!!
あ~すごいわ!
状態素晴らしい!
余韻も素晴らしい。
焼いた肉の様な旨み。
ほろ苦さが心地よく無駄がない。
いわゆるDRC香ですね。
こちらもオレンジピールの様なニュアンスを感じる。
果実味はまだ感じられ酸と甘みのバランスが良い。
香りがとにかく強く、やはり状態良く、これくらい寝かしたDRCに対抗できる物は少ないんでしょうね。。
別世界でした。
1時間ほどで少しへたり気味にはなりましたがさすがのDRCでした。


P1210376.jpg
デザートはスフレ。

チーズに小菓子、コーヒーは画像失念。

いやいや、貴重な経験させて頂き誠にありがとうございました!!!!!!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター