かのコシュ・デュリの従甥にあたるドメーヌ、アラン・コシュ・ビズアール。

中でもムルソー屈指のプルミエ・クリュ「グット・ドール」(goutte d'or 金の滴)の1967年&1969年物、わずかながら入荷です。

1967グット・ドール
1969グット・ドール
いずれも店頭価格14700円。


60年代ともなるとオーラ、風格を感じますね。

たまらん液色にうっとり。

どんなんかな~????????????????

お早めに~~~~~~~♪
スポンサーサイト
2012
09
27

試飲会なう

弊社3F、セミナースペース シエクル にて、三国ワインさんご協力のもと業務用ワイン試飲会。なう。
1209271.jpg
担当君、男前だ!(笑)
店頭にて、抜栓。

1209261.jpg
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ルージュ 2009年 フランソワ・ラマルシュ


フランソワ・ラマルシュ・・・・習いましたね~。資格試験勉強時に。。。

ロマネ=コンティとラ・ターシュに挟まれたグラン・クリュ “グラン・リュ”を単独所有している生産者。

その生産者が手がけるブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ルージュ。

しかも2009年物。


香りは・・・少し個性的。悪くない。が、硬さを感じる。


味わい・・・・・酸が強いですね~~~~

2009年に予想しなかった、結構なレベルの酸。


抜栓後3時間ほどして、かなりほぐれた感が感じられましたがそれでも酸が気になる。

アフターに鼻に抜ける高貴さはあるんだが・・・・・


数年置いておくワインだな。

クラシックで色気が少ないワインのはずだ。


酸性人の私としては嫌いじゃないですけどね。むしろイイかもしれません。

でも、まだ抜栓直後に飲むのは酸味が尖り気味なので開くまでに時間を要するかも、なワインでした。


2012
09
22

ラタフィア

「ラタフィア」
発酵していないブドウのジュースにマール(ぶどうの絞りカスの蒸留酒)を添加して造られる食前・食後酒で、語源はラテン語のオレス・ラタ・フィアトからだそうで、「乾杯の音頭」の意味だそうです。

ブルゴーニュやシャンパーニュで主に作られている・・・・はず。

馴染みが薄いですね。

フランスでは自家消費用に作ったりしている、家飲み用の梅酒的な感じなのでしょうか?そんなようなことを聞いたことがある気がする。


甘いです。

食前に、それこそ日本の梅酒のようにクイッといくか、食後のデザートに合わせて・・・・なんてのもいいですね。



若干ですが入荷した、アンリ・ジローのラタフィアを舐めてみる。
1209211.jpg

うまいね~~~~~~~♥

アルコールは17度あります。

オレンジピールやほろ苦ビターな感じが何とも言えません。

余韻が口中でしっとり残る。


アンリ・ジローでは約20年前から、Solera(ソレラ)と呼ばれる異なるヴィンテージのブドウジュースを加えていく方式でラタフィアを造っているそうです。

オーク樽で熟成されたアイ村産のピノ・ノワールが贅沢に使われており、その香り高い芳醇な味わいは食後酒としてはもちろん、フォラグラやチーズ、デザートともよく合う。とのこと。


確かにアルコール度が高くコク深いのでソーテルヌ同様フォアグラに合わせるのも良さそうだ。

食後にビターチョコとやりたい、とも感じました。


いろんなお酒があるもんですね~~




2012
09
21

博打ワイン

「博打ワイン」=生産者がわからなかったり、年代がかなり古い、且つお手頃価格で遊べる的なワイン。外れる可能性も高いが熟成の経て良い方に大化けしていることに期待してイチかバチかチャレンジしてみるワイン。(←R師匠あってますか???(笑))をそう呼んでます。


博打と呼ぶには全然可愛いもんですが、昨日店頭にてチャレンジ抜栓♪

P1220322.jpg
 ボーヌ 1er Cru アヴォー 1982年  シモン・エ・フィス

生産者、全然わかりません。

店頭で7000円くらい。

売り切れちゃいましたけどね。



キャップシール無しにつき、いっぺん皆で試してみよう、な感じで・・・・・


P1220321.jpg
エエ感じにラベルが汚れていてビジュアルは味があって逆にイイ、と思います。


P1220318.jpg
コルクはほんとギリギリですね。縁が染みてそうで染みてなさそうで染みてそうで・・・・


P1220320.jpg
コルクは途中で折れましたが、コルク片はぎりぎり落ちませんでした。


液色はやはりレンガがかった古酒独特の色合い。


香りも古酒の、すこ~し醤油な感じの、でもヤバさはあまり感じない。


酸味がとても立っていて筋が一本通っている。

ピークは少し過ぎたところ、な感じ。

古酒好きの私としては、値段から考慮しても、まためくるめく味わいの変化も楽しめてめちゃくちゃ面白い一本だと思う。

しかしながら、趣味趣向の違いからか弊社スタッフの意見は賛否両論。


しばらくしてしじみ出汁系のニュアンスも感じれた。



賛否両論はある意味盛り上がりませんか???



いろんな意見が聞けて、しかも1982年ものとなると思い出話やロマンを感じれたりして面白い。


こんな博打ワインを強化していこうと思います♪






2012
09
20

ルッカでランチ &弊社3Fテナント募集中!?

昨日は友人とランチ at ルッカ

満席でぎりぎり入店。流行ってますね~!

P1220309.jpg
前菜盛り合わせ♪

P1220311.jpg
友人はミネストローネを頼んどった。


P1220312.jpg
イカと小松菜のトマトソース。
トマト感濃厚で美味しかったです!!


カフィで〆♪




話は変わって・・・・・センチュリーの3階テナント募集中です!

P1220314.jpg
少し前まで事務所としてお貸ししていたスペース。

P1220316.jpg
隠れ家的な、ワインバー的な何か・・・・やりたい方いらしゃったら何でもご相談させていただきますのでご一報ください。

もちろんネイルサロンや、事務所、ヨガスタジオなどもオッケー。
P1220315.jpg
天井も高く気持ちいい!!

P1220317.jpg
見晴らしがよく、なかなかロケーションの良い物件と思います。

間取り図がまだ出来ていないのですが近々届く予定。

実はワインバーを私が個人的に希望して模索していた物件。


下には超人気イタリアン アレグロさんとワインハウス センチュリーがございます。

いろんなコラボも可能なはず。

ご興味ございましたら詳細ご説明させていただきますのでご一報くださいね。

※ちなみに、3Fテナントは禁煙物件でお願い致します。
2012
09
17

アレグロ芦屋店でランチ

センチュリー二階のアレグロ 芦屋店にてランチ。

昨晩はウォークインワインセラー内にお客様がわんさか入っていただきボトルワインをみなさんが自らセレクトするのを楽しんでいただけたそうで、ワインもセンチュリーとのコラボで超充実してるってことが少しづつ認知されてきたんでしょうね。

嬉しいです!


ランチは弊社社長と榎本と三名で。
P1220294.jpg
サラダと前菜♪

P1220295.jpg
P1220297.jpg
ピッツァは定番のマルゲリータで決まり!!!



P1220298.jpg
鶏と白ネギのグリリアータのペペロンチーノ

P1220299.jpg
スモークサーモンとほうれん草のクリームソース

P1220301.jpg
カフィ・・・・この他にデザートとグラスワインも少々・・・・・

ワイン飲みたくなるんです!!!!!!!!!


P1220236.jpg

是非、ウォークインワインセラーの古河チョイスのワインたちも見に来てくださいね!





昨晩は、高校のサッカー部の同期の結婚式二次会 at マンチョス

P1220291.jpg
同期26名(マネジャー二名含む)中21名集合という、ありえない再会。

盛り上がりましたね~。


やっぱ地元の、若かりし日のご縁って貴重ですね。

大事にしなきゃいけませんな。
2012
09
15

芦屋バルのバルマップ到着!!!!!!!!!!!

芦屋バルのバルマップが届きました!

57店舗参加ともなるとすごいですね~。

いろんなお店が出店していたり、芦屋の名所の説明も入っていたり、当日限定のバル専用バスが走るルート確認だったり・・・・・・ついついガッツリ見入ってしまうはず!!!!!!!


1209152.jpg


1209151.jpg
バルチケットも好評販売中・・・・っていうより多分売り切れて足らなくなりそうな気配プンプン。

お早めに・・・・・・・

2012
09
13

ここ数日・・・

ここ数日、バタバタしてます。

ブログもままならない。すみません。

火曜は定休日ですが大阪へ試飲会に行ってワイン選び♪

昼過ぎに三宮にチーズを取りに行って夜はワインセミナーのお手伝い。

P1220267.jpg
パトリス・リオンのブルゴーニュ アリゴテ 2008年はかなりの酸っぱさ。
キールにしてちょうどいい。

イスラエルのヤルデン カベルネ・ソーヴィニヨン 2007年は樽感が強いワインで少しびっくり。

ロバート・モンダヴィ カベルネ・ソーヴィニヨン リザーブ 2007年も強いですね~

珍しいワインを禁酒法のテーマに沿って、大先生によるセミナー。

P1220264.jpg
この日は、ワインに合わせたパンも飛び入り参加でいただく。

この他、ワインに合わせたチーズもアリ。

いやいや、レベル高いです。


P1220265.jpg



昨日は、午前中に秘密のミーティング♪を済ませたあと、弊社榎本と伊丹へ・・・

阪急伊丹駅すぐにある人気イタリアン ペコリーノさんにてランチ


P1220268.jpg
P1220269.jpg
イカ墨パスタ!
ワインが欲しくなる凝縮感あるお味。

P1220271.jpg
トマトカルボ
絶妙のアルデンテ具合。絶品です。


オーナーの新谷さんとお話していたのですが、10月20日に伊丹でまたバルフェスがあるらしいです。


「芦屋バル」は第一回目で10/6。57店舗参加。
芦屋バル→ http://ashiyabar.jimdo.com/&br;http://www.facebook.com/ashiyabar

「伊丹まちなかバル」は次回で7回目で10/20。97店舗参加。


芦屋ではまだまだ未知数のイベントですが、伊丹は全国のバルフェス運営者が手本にするほどの盛り上がりを近年見せています。


今回伺ったペコリーノさんは前回のバルフェスでは一日で700名の来店があった!!!!とか・・・・

チケットも一店舗で100枚ほど売られたらしい。


「伊丹まちなかバル」は準備されるチケットも4000冊とか・・・・

芦屋は1000冊~1500冊の予定なので(すぐなくなると思います。お早めに!!!)規模の違いが伺えますね。


チケットは1冊につき5枚綴りなので4000枚×5=20000食分が伊丹で動く。

97店舗参加なので平均すると一店舗あたり約200食!!!!!


芦屋はどうなるか!頑張らねば。


2012
09
10

ボッテガブルーでランチ

ボッテガブルーさんにて弊社榎本とランチ♪

こちらの大島シェフのお料理、ファンです。
P1220238.jpg
前菜の貝、すごい動いてる。
すごいです。
ぶつ切りにしてやりました(笑)

P1220240.jpg
魚介のパスタ。具沢山で優しいお味で絶品です。

P1220242.jpg
メインは太刀魚。素晴らしい!!

P1220244.jpg
榎本のメインは豚のロートロ


P1220245.jpg
デザートも充実。

自家製バシルのジェラート。



うん、いいね~。大満足。


こちらのボッテガブルーさんも芦屋バル出展予定。バルチケットこちらでも購入できます!



センチュリーも出展予定。

店頭でチケット好評販売開始です!!!

先日のブログの続き?です。


ご存知の方やお気づきの方も多いはず。

この度、弊社二階にトラットリア・エ・ピッツェリア 大衆イタリア食堂 アレグロ 芦屋店が新規オープンいたしました!

P1220237.jpg

天満店やツカシン店含め七店舗めのレストランバンクさんの新規店舗!

ありがたいことです!


林社長のブログはこちら



テーマは「サンダルで行けるイタリアン」

もちろん子供もガンガンオッケー!

P1220230.jpg
薪窯!
1209091.jpg
火が入るとこんな感じ♪


P1220231.jpg

1209092.jpg


レセプション、そして7日のオープンから連日盛況!!


お料理の画像はまだ撮れていないんですよね。。。。

120909.jpg

テラス席もこの季節は最高でっせ!!!



P1220232.jpg


ピッツェリアは世界6位の腕前はさすがのものでメチャウマです!!!

持ち帰りもやってくれるらしい!!


P1220233.jpg
弊社の二階ということは・・・・・当然ワインはセンチュリープロデュース!!!!!!

P1220234.jpg
ウォークインセラー造ってもらっちゃいました!!!!!!!

P1220235.jpg
P1220236.jpg

センチュリーでワイン買って、二階アレグロでピッツァ食って帰る・・・・・・芦屋の新名所!

いい流れだ!!!!!


2012
09
06

第一回 芦屋バル 10月6日開催します!!

いやいや、バタバタしててブログ更新もままならず・・・・・

忙しいのはいいことだ!



というわけで、表題にある通り10月6日に「芦屋バル」というイベントを行うことになりました。(ご存知の方も多いはず!)

私はお手伝いの一人なのですが、(センチュリーも出店します!!!)着々と準備が整いつつあり、第一回目からすごいイベントになってくれそうです。



芦屋バルのホームページはこちら



日本各地で行われてるバルイベント。

バルイベントとは、前売りでネット、もしくは参加店舗にてチケットを買っておきイベント当日には参加店舗(今回57店舗!!)にチケットを持っていけば当日限定のバルメニュー(基本ワンドリンク+ワンフード)が用意されているので食って飲んで、「ハイ!次の店!」というようにハシゴ酒する日を設ける・・・・的なイベント。

前売り3500円、当日券4000円。

五枚綴りですので5軒行けます!


チケットは数に限りがありますので是非上記のホームページから事前前売り券予約しておけば当日本部でキャッシュと交換でチケットをゲットできますのでお早めに♪


フェイスブックで細かな新情報等の更新もあるはず
芦屋バルフェイスブックページはこちら


今回、広告やチケット用の「芦屋」の文字はなんと
芦屋在住の世界的デザイナーコシノヒロコさんに書いていただきました!!!!!


314251_263816150404353_670469638_n.jpg


当日は芦屋市内にバル専用のバスも走らせる予定。

この日は芦屋のだんじりも街を巡航します。

秋の芦屋散策を兼ねてチョイ飲みチョイ食いハシゴ酒、是非ご参加くださいね!!



※センチュリーの二階が・・・・・フフフ
P1220211.jpg
2012
09
03

久世先生のチーズ講座!ご予約受付中!!

久世雅代先生による「基本から学べるチーズ講座」、センチュリーの3Fにて好評開催中です!


次回のチーズ講座のお申し込み、絶賛受付中!!

詳細はこちら↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


チーズショップやレストランで、チーズ選びに困ったことや、うまく保存できなかった経験はありませんか?

初めてチーズを学ぶ方に向けて、基本からわかりやすくレクチャーします。

チーズに合わせて選んだワイン2種類、食材、パンなどとのマリアージュも楽しめます。

おひとり様でのご参加も、大歓迎!どうぞ お気軽にお問合せください。

メールkuzekuma@yahoo.co.jpまたはTEL&FAX06-4861-1000 講師:久世雅代 クゼマサヨ

定 員:17名(先着順・事前申込み制)

場 所:ワインハウス・センチュリー3階セミナースペース 「シエクル」 

芦屋市東山町7-21古河ビル(JR芦屋駅or阪急芦屋川駅から徒歩10分強) tel 0797-34-0045


講師/お申込み/お問合せ:久世雅代(くぜまさよ)
シュヴァリエ・デュ・タストフロマージュ(フランスチーズ鑑評騎士)、チーズプロフェッショナル、チーズプロフェッショナル協会近畿支部幹事、ワインエキスパート、WSET International Higher Certificate、ロワールワインコンクールワインエキスパート部門ファイナリスト、管理栄養士


①お申込みの講座名と日程


②お名前(フリガナも)


③ご住所


④携帯電話の番号


⑤メールアドレス(携帯・パソコンどちらでも可)




①~⑤を明記して、FAX 06-4861-1000またはメールkuzekuma@yahoo.co.jp送信を。

折り返し受講料のお振込み先等をお知らせします。
(3日以内に返信がない場合は通信エラーなどが考えられますので、再度送信ください。)


受講料の入金確認をもって、お申込み成立とさせていただきます。

キャンセル期限は開催1週間前までに、メールまたはFAXで。
(受講料振込時、キャンセル時共に、恐れ入りますが振込手数料はご負担ください)




現在受付中のテーマ



【コンテComtéチーズの魅力】

~フランスを代表する人気チーズ「コンテ」をじっくり学び、楽しみます~

受講料:4,000円(チーズ6種、ワイン2種、パン、食材代含む)

日 時:10月18日(木)14:00~16:00

初めてチーズを学ぶ方にもわかりやすく、チーズに関する実用的な知識を幅広くお伝えし、チーズと相性の良いワインや、チーズを使った料理なども学べる講座です。

10月はフランスを代表するチーズ「コンテComté」がテーマ。

昨年度の「コンテ・ベストプロモーター」に選ばれた講師が、コンテの魅力を存分にお伝えいたします。

コンテが作られる自然環境、製法、熟成や、チーズのテイスティング方法を学び、コンテを使った簡単なチーズ料理と、コンテの故郷ジュラのチーズとジュラのワインのマリアージュも楽しみます。


今回はコンテチーズ生産者協会の協賛グッズのプレゼントもご用意しています!


チーズ全般の基本的な解説も行いますので、初参加の方でも安心してご参加頂けます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

チーズにご興味のある方、または飲食店に従事されている方にも専門的なチーズの知識の習得は絶対に武器になります!

是非この機会に、お気軽にお申し込みくださいね~~~~!!!!!!!

2012
09
01

祇園 さゝ木  再び!

関西、中部エリアの有名ブロガー様などなど17名の集い?サミット!?  しかも二回目の祇園 さゝ木さんにてありえない持ち込みワイン&お食事会!

P1220136.jpg
P1220138.jpg
夏野菜、ホタテ、剣先イカなどなど

P1220141.jpg
銀杏♪

P1220150.jpg
牡蠣、死ぬほどミルキーです!!!

P1220152.jpg
吸い物。

P1220154.jpg
ワインは怒涛のシャンパンマグナム攻撃!
後でまとめてコメント・・・・

P1220161.jpg
新潟ノドグロ炙り(寝かせて4日目だそうです)

P1220164.jpg
岡山のタコ。塩とスダチ。

P1220165.jpg


P1220167.jpg
淡路の鯖。

P1220173.jpg
カウンターはライブ感満点です。


P1220181.jpg
ウニ

P1220183.jpg


P1220186.jpg
マグロ

P1220187.jpg
マッタケ

P1220190.jpg
P1220191.jpg
アワビは超絶に美味しかった。
千葉県産650gだったそうです。


P1220194+.jpg
鱧、まったけ

P1220196.jpg
じゃこ飯

P1220198.jpg
ネギトロ巻き!!!!!!!!

P1220201.jpg
かき氷、桃のコンポートやバナナやらアイスクリームやらいろいろ入ってました!

P1220204.jpg
P1220144.jpg
P1220145.jpg
P1220146.jpg
・ジャクソン 2002年 1.5L
しっかりとした骨格、ピノの黒っぽい感じ。すこ~し磯っぽい個性的な香りも楽しめました。

・アンリ・ジロー オマージュ・ア・フランソワ・エマール 1.5L
PN70、CD30
甘味がほどよく感じられそれが絶妙に心地良い!
程よいロースト感も好印象。

・フィリポナ レゼルヴ・スペシャル・ミレジメ・ブリュット 1983年 1.5L
83とは思えない若々しく素晴らしい状態!
泡が細かく元気!
リンゴな感じの酸味しっかり。
こちらもなぜか海の潮のニュアンスを感じる

・ルノーダン 1990年  1.5L
90らしいバランスの良さ。
甘美で香ばしい。あんずジャム感が後から出てくる。

・アンリ・ジロー キュヴェ・フュ・ド・シェーヌ 2000年  1.5L
しっかりしてますね~
独特の世界観。
唯一無二の味わいの個性派。
もちろん美味しいです!!!



赤の抜栓は全て仰せつかる。
ありがたい経験です。
・エシェゾー 2007年 エマニュエル・ルジェ 3L!!!!!
もちろん若いが状態良く素晴らしいですね!
舌にねっとり果実味と樽感が残ります。
若くして官能的な片鱗を見せ付けられる。


・ヴォルネイ  シャンパン 1983年 モンティーユ 1.5L
熟成香が心地よくボーヌのカジュアルさが親しみ易くも酸が非常に締りがあって品が良い。
いい古酒でした!

・ロマネ・サン・ヴィヴァン レ キャトル ジュルノー 1996年 ルイ・ラトゥール  1.5L
あ~深い余韻。
素晴らしいです。
しみじみ旨みが口中に残ります。

 
感動のお料理、ありがとうございました!

大将の格言:「楽しむのが一番」とおっしゃられていましたが、楽しませるためのトークからサービス、気遣いからライブ感の演出に至るまで、本当に貴重な経験をさせていただきました。

幹事をしてくださったtoshiさん、ありがとうございました!!!







・・・・・・・・・気づいたら、芦屋の某所。。。


P1220205.jpg
P1220207.jpg
P1220208.jpg

飲みすぎました。。。。。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター