2013
06
29

ブルゴーニュ視察(アルマン・ルソー編)

ブルゴーニュは非常に濃かったので一日の出来事を何分割にもして書き記そうと思います。

リヨンから朝7時半頃の電車に乗りボーヌへ向かう。
P1250054+.jpg
9時過ぎ到着。

2007年にもガイドをしていただいた裕子さんにお迎えに来ていただく♪



ボーヌの駅から車でスタート。

道中コルトンの丘を横目に見たりしながら・・・・・

P1250061+.jpg



P1250066+.jpg
到着。

アルマン・ルソー


P1250070+.jpg
P1250092+.jpg
P1250093+.jpg
P1250096+.jpg
P1250099+.jpg
案内してもらうのはルソーさんの右腕醸造家のお方。(お名前失念、スミマセン。)

見えてる部屋の樽が一年分のすべて、といったレベルの量とのこと。

樽からの試飲開始です。

P1250079+.jpg


P1250104+.jpg
今回、試飲させて頂いたのはすべて2012年物。
MLFは一次発酵後樽に入れられてからすぐに始まる場合もあれば、数か月後になることもある。

今回、試飲させてもらったのはほとんどがMLF中であり、やや発泡を感じるものや落ち着かない味わいは否めなかったが格が上がるにつれて深みやタンニン感、奥行き、そして何よりも香りが違うことがテンションを上げてくれました。




P1250107+.jpg
P1250108+.jpg
試飲は
2012年 ジュヴレイ・シャンベルタン  2.21ha
2012年 ジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru ラヴォー・サン・ジャック
2012年 ジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru クロ・サン・ジャック 2.22ha
2012年 シャルム・シャンベルタン 1.37ha
2012年 クロ・ド・ラ・ロッシュ 1.48ha
2012年 シャンベルタン 2.55ha
2012年 シャンベルタン クロ・ド・ベズ 1.42ha

年によって違うが2012年は90%は除梗、10%は房のまま。
15~20%ステンレス発酵。

※間違っていたらごめんなさい。


シャンベルタンとシャンベルタン クロ・ド・ベズの比較がやはり面白く、シャンベルタンの方が優しく花のようなニュアンスでやわらかい。
一方、クロ・ド・ベズはタニックさを感じ少し男性的。

好みはクロ・ド・ベズでしたが飲むタイミングによってどちらも甲乙付け難いと思われる。。。。



クローンの質問などをしてみたのですが、樹の植え替えは地質学者を招いて土壌の性質を徹底的に調べ、一つの畑の中でも土壌の性質が様々なのでピンポイントに合うクローンを何種類も使って畑を作るとのことでした。
ちょっと今迄に聞いてきた世界とは次元が違う感じ。


P1250101+.jpg

瓶の底にはロゴが入ったオリジナルボトル。

これで偽物防止の対策をしているそうです、が中国人は簡単にマネしそう・・・・・



P1250110+.jpg
試飲をしていたセラーは地下でしたのでいったん地上に上がり、醸造設備を見学させて頂く。




P1250112+.jpg
P1250113+.jpg

P1250131+.jpg

2010年物の出荷前アイテムが無造作に置いてある。
P1250135+.jpg
P1250136+.jpg
P1250137+.jpg
P1250142+.jpg
P1250143+.jpg

しっかりとお礼を言って、さぁ次行きましょう、と言っていたその時、入り口付近の小部屋に居る現当主シャルル・ルソー氏発見!

「一緒に写真撮って~な♪」

旅の恥は掻き捨て、言ったもん勝ちですね。

快く応じてくれました!



P1250147+.jpg
P1250148+.jpg
P1250150+.jpg
ディズニーの映画に出てきそうなかわいらしいおじいちゃまでした(笑)

ありがとうございましたっ!!!!!

P1250156+.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン!

P1250160+.jpg
歩いていける距離にあるのは「クロ・サン・ジャック」の畑

P1250163+.jpg
クロ・サン・ジャックの畑に面しているお屋敷はブリュノー・クレールの家だと言っていたような・・・・

P1250170+.jpg
そびえたつのが見えるのはジュラ紀の石灰岩層。むき出し。

この石灰質がバランスよく地表付近にある畑がブドウの味わいに変化をもたらし、格付けがなされるそうな。
それだけじゃないですけどね。

あとは前にも聞いていた話ですが、山と山の狭間の三角州状になったところはジュラ紀に氷河が流れ出たあと?らしく何しろ土壌がえらい複雑になってるためにいい区画ができた、との話でした。

※すべて聞いた話を記憶をたどって書いているので間違いがあったらご指摘ください。

というわけで、のっけから「もう充分」と思うほど満足な視察だったのですがまだまだ続く・・・
スポンサーサイト
2013
06
28

古酒もろもろ入荷。

まだ、ブルゴーニュ訪問の記事かけてないんですが・・・・・


ラベルもない、一応中身が何かは分かってる、ほこりまみれ、そんな古酒も含めておフランスの独自ルートから早速第一弾が入荷しました。

201306283+.jpg


もちろん直輸入♪

って、ラベルないワインなんか売れるんやろか?


1957 LL RSVとか・・・・・・もろもろ。

こんなきったな~い、訳わからんリスキーな感じが好きなんです。
「目指せ骨とう品屋!」な感じ。



値付け等、これからですのでしばしお待ちを。


2013
06
27

ボルドー→リヨンへ

この日は三日間のヴィネクスポワイン探しを終え、一路ブルゴーニュへの移動日。

午前中足早に、見ておきたかったボルドーのワインショップを巡る。
P1240950+.jpg
P1240953+.jpg
P1240961+.jpg
P1240957+.jpg
P1240964+.jpg
P1240965+.jpg
P1240968+.jpg
Ch.オーブリオン 1959年!
1982年もケースであったり。。。。


P1240972+.jpg
P1240986+.jpg
P1240987+.jpg
綺麗すぎるブティック的なワイン屋よりも、ほこりっぽい地下だったりカビまみれの中から探すワインの方に魅力を感じる方です。


P1250003+.jpg
とってもきれいな街だった!

P1250015+.jpg
P1250016+.jpg


P1250017+.jpg
P1250018+.jpg



P1250035+.jpg
ボルドー市内をマッハでクルリし、一路リヨンへ格安飛行機で飛びます。

P1250036+.jpg
リヨン駅から歩いて探したレストラン アレックス。


P1250038+.jpg

P1250039+.jpg
NZピノを思わせるジューシーなワインでした。


P1250040+.jpg
P1250041+.jpg
P1250044+.jpg
飛び込んだ割にはおいしかったです♪

次の日からは頭をブルゴーニュに切り替えなければね~♪

ってことでお楽しみに♪

2013
06
27

Ch.ブースコー

ヴィネクスポの後はCh.ブースコーにてリュルトンファミリーの接待パーティに参加。

世界のバイヤーなど約180名が招待されているとのことでした。

リュルトンファミリー
→元はマルゴーのオーナーだったはず。。。今は、子孫に振り分けられたさまざまな沢山のシャトーを保有するファミリーでネゴシアン事業も行っています。

P1240799+.jpg
お城の前は一面ブドウ畑

P1240800+.jpg
P1240808+.jpg
まずは立食にてさまざまなシャトーのワインが振る舞われ前菜が運ばれてきます。

P1240810+.jpg
P1240811+.jpg
P1240825+.jpg
デュフォール・ヴィヴァンが個人的には一番好みでした♪

P1240826+.jpg
P1240829+.jpg
P1240834+.jpg
P1240835+.jpg
P1240845+.jpg
P1240846+.jpg



部屋を大移動してパーティールームへ。もちろん着席。
P1240863+.jpg
P1240868+.jpg
供出されるワイン。
Ch.ブースコー ブラン 2008年 マグナム
Ch.デュプレシス 2007年
Ch.ド カマルサック 2009年
Ch.デュフォール ヴィヴァン 1995年
Ch.デスミライユ 2000年
Ch.オーバージュ・リベラル 2000年
Ch.ブースコー ルージュ 1982年!!
Ch.クリネ 2002年 マグナム 





P1240873+.jpg
P1240877+.jpg
P1240878+.jpg
P1240880+.jpg
P1240881+.jpg
P1240885+.jpg
P1240887+.jpg
P1240888+.jpg
P1240892+.jpg
P1240897+.jpg
P1240900+.jpg
P1240901+.jpg
P1240904+.jpg
P1240911+.jpg
P1240916+.jpg
リュルトンファミリーの各シャトーのオーナーがご挨拶。

貴族ですね。



立食でのデザートを楽しみながら庭でどでかい花火が上がる・・・・・・・
P1240920+.jpg
P1240938+.jpg
P1240944+.jpg
なんちゅう世界や。。。。。。


たいしてリュルトンファミリーのワインを買えてもいないのに我々センチュリーの二人は夢のような経験をさせてもらってしまったのでした。

続く・・・
2013
06
26

ヴィネクスポ 3日目

いろいろありましてしばし中断しておりましたが、視察ブログ再開っ!!

ちなみに、私 既に無事帰国しております。

追っかけて報告していきますね。

中身が濃すぎて書ききれない!

前回まで食べてるところばかりのブログでしたが、今回はちょっとヴィネクスポの画像を多めに紹介。

日中は足が棒になるほど飲んで歩いてハードに過ごしてました。



朝九時半ごろからスピリッツの試飲なんかもしてみたり♪P1240739+.jpg

ガスコーニュの生産者♪
P1240771+.jpg

会場は端から端まで2キロを超えると思います。

規模は画像では到底表現できないほど広いです。
P1240775+.jpg
P1240776+.jpg
P1240777+.jpg

P1240780+.jpg
しこたま飲んで歩いて握手して、飲んで歩いて握手して、飲んで歩いて握手して・・・・・・・昼食もままならないほどにワインを探しまくります。




P1240795+.jpg
Ch.クリネ (ソーテルヌ)のオーナーと遭遇!!激写です!

P1240796+.jpg
私も♪


毎日こんな感じの3日間、いろいろとネタは見つかりましたよぉ。

グランヴァンではなくカジュアルなレンジばかりです。

この夜、この日はCh.ブースコーでの接待。これがまた凄かった・・・

続く。。。
2013
06
20

スミス・オー・ラフィット

朝からがっつりみっちりばっちりアイテム探し!

P1240631.jpg

P1240654.jpg
カートに乗って効率よく移動しながら。

P1240630.jpg
いろんなブースが合って楽しめますが歩きすぎて体力勝負の日々。


P1240672.jpg
Ch.スミス・オー・ラフィットは★付きレストランも持つシャトー。

クルティエの方に招かれ会食です。

カジュアルな、★つきでない方のレストランです。

趣きあって興奮しまくり!!



P1240674.jpg
P1240677.jpg
P1240679.jpg
ごらんの石ころ。

P1240682.jpg
P1240684.jpg
P1240706.jpg
P1240714.jpg
オマールのスープ♪


P1240717.jpg
カルボニューブラン2011

P1240718.jpg
スミス・オー・ラフィット2007



P1240722.jpg
P1240727.jpg
P1240728.jpg

美味しいですがさすがに肉に胃が負けてきた。

寿司食いたい(笑)
2013
06
19

ヴィネクスポ

世界最大のワイン展示会でフランスボルドーでは二年に一回開催されています。

香港でも同じく隔年にて開催。

来年は北京、日本でも開催予定とか・・・・


で、ボルドーに来ています。

輸入元の社長の買い付けに同行させて頂いてセンチュリーとしてもビジネスを模索するチャレンジ。。。



P1240492.jpg
パリに別れを告げて・・・

P1240496.jpg
TGVにて三時間ほど。。


P1240503.jpg

P1240504.jpg
今年は空いているようです。



P1240515.jpg
会場は湖沿いにあり、なが~~~~~いコの字型。

端から端まで2キロほどあると思います。




P1240533.jpg
fc2.com/c/e/n/centurywine/P1240529.jpg" target="_blank">P1240529.jpg

こんな感じの商談が続きます。

数え切れない試飲の連続ですが、ビジネスになるかを考えてると夢中になります。



P1240617.jpg
82年のメトー・ド・トラディショナルのヴーヴレ発見!

P1240505.jpg




P1240556.jpg
この日の夜はグラーヴのシャトーグランジャンに接待を受けることに。

ブドウの木はメルロー。

まだ、樹は小ぶりでこれから、といったところ。




P1240555.jpg

P1240571.jpg
醸造所内を見せてもらいます。


P1240576.jpg
P1240578.jpg
ステンレスタンクにオークの板を入れて味付けをする・・・・・大量生産に用いられる技法かな?

※取り出されたオークの板。再利用はしないそうです。


P1240582.jpg
P1240587.jpg
P1240585.jpg


夜は10時過ぎまで明るく、大邸宅の庭のプールサイドでのディナー。

食を楽しむ文化までもが最高に素敵です。

続く。。。。




2013
06
19

キャレ デ フォイヨン (Carre des Feuillants)

多忙が続き、更新ぜんぜん追いつきません。

画像メインで頑張ります!

パリでの食事は、今回唯一予約をしておいた二つ星★★!、キャレ デ フォイヨン (Carre des Feuillants)

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=j288VcrzbWk


P1240458.jpg


P1240459.jpg
エントランスには古いハードリカーがずらりお出迎え!



P1240461.jpg

P1240463.jpg

P1240464.jpg
昼にサロンで夜ドゥラモットの矛盾(笑)

ドゥラモット ブラン・ド・ブラン 2002年




P1240471.jpg

P1240473.jpg
お昼にしっかり飲んだ後の夕食だったので、白は飛ばして赤へ。

銘柄はむちゃくちゃ沢山リストにあったのであえてソムリエに任せてみることに。

Ch.ブラーヌ・カントナック 2004年
爆発感はないもののスムースな口当たりで好感が持てる。





P1240475.jpg
牡蠣

P1240478.jpg
オマール


P1240479.jpg
ポークをチョイス


P1240480.jpg
フロマージュ。

P1240481.jpg

P1240482.jpg
デザートその一は後がけソース系

P1240483.jpg

P1240484.jpg
イチゴのデザートをチョイス。

P1240487.jpg


パリの二つ星を制覇した感動はあったが、やはり日本の食文化はすごいと感じさせられたのでした。。。。
(ワインは除く)

地下のワインセラーもすごいし、ハード面にかける経費はすごいものがあるが、やはり肉の文化なので魚介が恋しくなる。

チーズのレベルはさすがですね。

いやいや、いちいち勉強になることばかりです。

次の日は、ボルドーへ移動してヴィネクスポへ向かいます。

続く・・・
 
2013
06
17

美食の神が舞い降りた日

パリでの二日目の食事が贅沢すぎて・・・・・ブログアップするのをためらっておりました。

先に言わせて頂きますが、輸入元の社長さんにくっついて行ってる為、大部分接待だということをご理解くださいませ。 

美食の神が舞い降りた日を備忘録としてアップしておこうっと。

P1240375.jpg
パリのパーク・ハイアットにて!!!
※この時期1泊9万円~とか(驚)


P1240382.jpg
中庭での昼食でしたが気候がよく気持ちいい!

前菜はブュッフェスタイルでしたがこれがすべてウマイ!!

さすがのレベルを感じました。


P1240381.jpg
いきなりのサロン1999年!!

分厚いですね!

味わいがいつまでも口中に残ります。

P1240385.jpg
ヴォルネイ 1er Cru クロ・デ・60・ウーヴレ 2004年
いや、文句無く良かった。
「2004年は見下さないでほしい。」とはワイン商の社長様談。 

P1240388.jpg
アスパラガスのリゾットをチョイス。


P1240386.jpg
テルトル・ロートブッフ2006年
サンテミリオン・グランクリュ

これ、非常に良かった!!

余韻の粘りもあり、後半に香りも開いてきてすばらしいワインです。

既に結構評価されていていいお値段するようですが、知名度はこれからですよね。

エチケットデザインなど少し工夫すればもっとすごいワインになると思うんですが。。。



P1240389.jpg

フロマージュもすばらしい!

P1240390.jpg

旅先では何が起こるかわからないですね。

二日目にして「もう帰国してもええわ」と思えるほど充実したランチ。

でもこの夜、ミシュラン二つ星だったんです(驚)

ランチの後は、またワイン庫に戻り古酒選び。

書ききれないため つづく・・・・
2013
06
16

フランス出張初日&二日目

久々のフランス出張。

弊社店長 榎本と。

今回の目的は、ワイン商の倉庫まで行って古酒、掘り出し物を探しに行くこと。
またそのルートを確実なものにすること。

輸入元の社長様とヴィネクスポ(世界最大ワイン展示会)に同行させてもらいワインの輸入の一端を担うこと。

初日は、夕方着に付き、地下鉄で街まで出て軽い夕食。
P1240276.jpg
お決まりの凱旋門近くにて。



・・・翌日は、いきなり今回のメインイベント。

ワイン商の倉庫訪問です。


P1240322.jpg
P1240317.jpg
P1240315.jpg
P1240355.jpg
P1240352.jpg
P1240335.jpg
P1240323.jpg
P1240355.jpg
入荷情報は帰国後♪

お楽しみに。


いやいや、広い地下倉庫には1920年代からのワインがゴロゴロずらり。

さすがに、ビジネスモードで売れるワイン探しとなるとなかなか苦労しましたが、丸一日かけて何とか満足のいくチョイスが出来ました。

楽しかった!!!!!!

ホコリまみれ、ラベルぐちゃぐちゃでも、「美味しそ~~~~~~~~なバックヴィンテージ」をテーマにいろいろと選んできましたよ!

入荷するのが待ちきれない心境です。







ホテルの近所のスーパーマーケットのワイン売り場↓
P1240437.jpg
大きなワイン売り場とは別に、野菜売り場の横に大きなスペースでロゼワイン売り場を設けていました。

ロゼ、随分と流行っているようですヨ!!!


明日はボルドーに向かい、ヴィネクスポに行ってまいります。

続く・・・
2013
06
12

とあるワインセミナー

6/14~6/23までフランスに行ってまいります!

ご迷惑をおかけいたしますが、センチュリーは通常営業(火曜定休)ですのでどうぞよろしくお願いいたします!!

新しい可能性を求めて、前進あるのみ!!!!!

頑張ります!

乞うご期待!!!!

**************************

備忘録です。


2013061210.jpg
飲料の下には合わせたチーズ名も。


1.ウェルチ グレープジュース 
WHITE STILTON ブルーベリー 1.25kg 100g

いわゆるFOXY フレーバー。

キツネ臭ではなくワイルドな、野性的な、という意味合いで表現される香りのようです。
久しぶりの安定したジュース香(笑)



2.カリフォルニア、ロシアンリヴァーヴァレーのスパークリング(酸のキレが良いもの)
ということで
ジェイ・ヴィンヤーズ&ワイナリー キュヴェ20 brut  
シャルドネ49%、ピノ・ノワール49%、ピノ・ムニエ2%
合わせたチーズは、テネレッラ ピッコラ (120g*2個) 1PC 

なるほど、樽香が利いていてドライ。シャンパンを意識していることはよく伝わります。




3.ロスカルネロスのシャルドネ(繊細なタイプ)
ということで、
シルヴァラード・ヴィンヤーズ シャルドネ ヴァインバーグ・ヴィンヤード  カーネロス 2011年
合わせたチーズは、
ブリヤ サウ゛ァラン アフィネ デュラン社250g 1個 

結構酸味がありドライ。
典型的カリシャルをイメージしていましたが、違いますね。






   

4.オーボンクリマ、ピノ・ノワール
ピノ・ノワール ノックスアレキサンダー 2009年
合わせたチーズ、ニュイ ドール250g 1個

薄い色調でビオっぽいニュアンス。
まだ味わいは固く、やや果梗のギスっと感も感じる。が、そこにも旨みを感じる。
まだまだ若くて判断しにくいが、オリジナリティという面でさすがのABC。 







5、ベセル ハイツ サウスイーストブロック リザーヴ ピノ・ノワール 2005年 オレゴン・ウィラメットヴァレー

合わせたチーズは、ニュイ ドール アフィネ オ ピノ ノワール250g 1個 以下同
100%ポマールクローン

確かに、黒っぽい重めのトーン。
ABCより色も濃い目。
全然タイプの異なるピノ・ノワール。

でも、ABC選ぶかな。。。






6、グラマシーセラーズ カベルネ・ソーヴィ二ヨン 2009年  
オッソー イラティ 6ケ月熟成 150g 

色濃いですね~。
落ち着いたエレガントさの表現できてるカベルネ。
フランスを意識しまくりですね。
とてもいいワインだと思います。






7.オヴァチュア(オーパスワン)
チーズはシュロップシャー ブルー 200g 

オヴァチュアは実は初体験かも・・・・
圧倒的にいい!
2010年購入物で、ノーヴィンテージなんですね。それも知らなかった。。。勉強不足。。
安定供給できたら売れるのになぁ・・・・




8、ザ・アイス・ハウス・ワイナリー  ノーザンアイス ヴィダル アイスワイン 2006年 375ml  カナダ オンタリオ

アイスワインですね。
濃厚で口中をリフレッシュしてくれます。



いやいや今回も大変勉強になりました!!

ありがとうございました!!!

2013
06
09

小夏が届いた

大学のフットボールの先輩が経営されてる拘り野菜ショップ。

こちらがお世話になってるのに、小夏をいただいてしまいました。

感謝!

スプラウト(←クリック)

201306091.jpg
201306092.jpg
無題
自然な味だなぁ。
癒される。

個人的にグレープ・フルーツが大好きで、この小夏もオレンジというよりグレープ・フルーツより。

メッセージにあったようにサラダに入れるのがオサレかも。

O谷先輩、ありがとうございます!!!
2013
06
05

パトリーさん

とある会の後でふらりと・・・

三宮のワインの聖地といえばワインズ パトリーさん。

どえらいワインがいつも通りグラスで開いてる・・・・

※師匠、画像拝借スミマセン!!

o0500039412561136175.jpg
サロン 1997年はマグナム
ガティノワと比較するのはちとかわいそう。

サロン、す、す、素晴らしい。。。。。。。

まだまだ固さはあるが、香りの奥行きが半端ない。
香ばしさがありしっかり冷えていても主張があります。

はぁ、素晴らし。


o0500038812561136176.jpg
ペリエ・ジュエ は思いのほかすっきり仕上がりなのね。好きです♪

アルフレッド・グラシアンは黒ブドウの良さが楽しい、バランスいいシャンパン


o0380052512561136174.jpg

ダヴィッド・デュバンのニュイ・サン・ジョルジュ  1er プリュリエ'10

ボトルで見ると、「まだ若いだろうから開けるのを見送ろう」なってしまいがちですが、なんのなんのほぐれ感があって非常に好感触。

健全でクリーンでNSGとは当てられんだろうな、な仕上がり。

やはり近年のダヴィッド・デュバンは注目です。


o0380053212561136585.jpg
へ!?

なんちゅうお店ですか?(驚!)

ボンヌ・マール 2010年 ヴォギュエ 

こちらは、ポテンシャルを感じるも、ダヴィッド・デュバンのほぐれ感を前にしておとなし~く閉じてる感じ。


いやいや、師匠のおかげでいい思いさせてもらいました♪

楽しい夜でしたね。

ありがとうございました~~~~~~~~!!

2013
06
01

ラトリエ

神戸元町の人気イタリアン ラトリエさんに行ってまいりました。

お料理名、控え漏れ。
画像でお楽しみください。スミマセン。

オーナーが五島列島出身とのことでお魚は五島列島から!!

前菜から魚尽くし!白ワインが進みます!!!

201306012+.jpg
201306011+.jpg
201306013+.jpg
201306014+.jpg
201306015+.jpg
勿論ワインも飲んでます!

サラパルータ BRUT リぜルバ
シチリアのスプマンテ グレカニコ種55%とシャルドネ45%

フェッロ・チント  ティンパ・デル・プリンチペ 
カラブリアの グレコ・ビアンコ主体 モントニコ少量  このワインめちゃくちゃいいわ!


フェウド・アランチョ  インツォリア 
安定してますね。
シチリアのインツォリア(ネロ・ダヴォラも)はいよいよメジャー品種として定着してきた感があります。


ピノも飲みたくなって
ワイパラヒルズ ピノ・ノワール
NZのピノ
お魚料理でもピノだと全然抵抗なく楽しめます。


バルバレスコ  プロドゥットーゥーリ
うん。若のみできていいネッビオーロ!
メインもお魚料理で優しいマリアージュ。


席数も多いこのお店、ちょっとしたパーティにももってこいですね♪

ごちそうさまでした!!!





ちょっと寄り道。
201306016.jpg
ワインバー リシュリュウさん

オーナーソムリエ 中島さんもお元気そう♪

アルフレッド グラシアン
複雑み有、赤ブドウの厚みあり。
いいシャンパンです!!!


楽しい夜でした。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター