2013
08
29

第3回ワイン検定 受験の告知です!!

社団法人 日本ソムリエ協会が始めた新しい資格、ワイン検定の第3回の試験がワインハウス センチュリーの三階にて受験できます♪

もうはや3回目。時がたつのは早いですね~~~~~~


下記フォームを見て頂き、お申込み頂けると幸いです!

ちなみに講師は前回同様 我らが師匠の久保正和氏です。



             ワイン検定←クリック


お申し込みはフォームに必要事項を書き込んだものをFAXかメールしてください。

★久保先生のFAX:0798-66-3123   メール:macambe@kje.biglobe.ne.jp




★受験会場は弊社:
芦屋ワインハウス・センチュリー 3階 セミナールーム「シエクル」 
Tel: 0797-34-0045 Fax:0797-34-0642
e-メール:info@century-jp.com


合格すると認定カードと認定バッジが授与されます!!!!


ブロンズクラスと言って、比較的簡単な、ワイン入門編のテストです!

ご興味ある方は、気楽にトライ♪

1211182+.jpg
※画像は以前のテスト前風景



下記、試験前のセミナーについても含めた久保先生による検定ご案内
***************************************************************
ソムリエ協会ワイン検定第2回ブロンズクラスの講義と試験が実施されることになりま
した。
添付の受講・受験要項をご参照ください。協会の公式サイトhttp://www.winekentei.com/ でもご覧いただけます。

2013年11月17日(日)全国一斉にワイン検定第3回ブロンズクラスの講座と試験が行われます。

久保正和が協会の認定講師の一人として下記の通り講義及び試験を行います。

開催日:2013年11月17日(日) 14:20~16:40 (ソムリエ協会要項参照)
   
開催場所:ワインハウス センチュリー3階
セミナールーム「シエクル」芦屋市東山町7-21 古河ビル(JR芦屋駅下車、北へ徒歩10分)
Tel:0797-34-0045 Fax:0797-34-0642

E-mail: info@century-jp.com
http://www.century-jp.com/

認定講師:久保 正和

日本ソムリエ協会公認シニア・ワインエキスパート
              シニア・ワインアドバイザー
第1回ワインエキスパート全日本選手権
セミファイナリスト

第5回ワインアドバイザー全日本選手権
ファイナリスト

第1回ロワールワイン・ワインアドバイザー/コンセイエ コンクール優勝、日本ドイツワイン協会公認ドイツワイン上級ケナー

Tel/Fax:0798-66-3123  E-mail: mac@msc.biglobe.ne.jp

エコール・マッサンベ 検索
URL: http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin/      


参加申込方法:
1. 添付の「受講・受験申込書」に所定事項をご記入のうえ講師宛てファックスしてください。または、メール送信してください。

2. 申込書を受領しましたら、受講・受験料・テキスト代8,000円の講師宛て振込先をご連絡いたします。

3.講師が上記お振込みを確認してからソムリエ協会に申込者の受講・受験確認の通知をいたします。その後、協会から申込者用のテキストが講師宛て纏めて発送されてきます。



*ソムリエ協会の講師からの申込受付期間は9月24日(火)~10月23日(水)となっております。

*教室の席数に制限がありますので、お早目にご申込いただきたくお願い申し上げます。

*講義・試験ではワインのテイスティングはありません。

11月10日(日)にワインテイスティングを含めた対策講座を別途希望者を募集し開催いたします。  
 
 

問合せ先:講師、またはワインハウス・センチュリー古河大典にお願いいたします!

****************************************************

ワインで人生を豊かにする第一歩!!

ぜひご検討ください!!!
スポンサーサイト
2013
08
28

無事終了 ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会

昨日のワインテイスティング IN 芦屋 Aの会(イタリア、スペイン他)はお陰様で盛況のうちに終えることができました!!

ご来場いただいたお客様、出展頂いた業者様、本当にありがとうございました!!


引き続き、9月3日のBの会(フランス、ニューワールド、他)もどうぞよろしくお願いいたします!!



開始直後は嵐の前の静けさ♪




1時間後には100名様突破。
ご来場、誠にありがとうございました!!!


201308283.jpg
有料試飲で出品したドゥット・ウン 2010年 めちゃうま!!


201308282.jpg
同じく、有料試飲で出品でしたがブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ポッジョ・アッレ・ムーラ 2001年 バンフィも秀逸でした!!!!  


9/3(火)のエントリーも受付中!!!!!!!!!!!!!



※ご予約まだの方はお早目に。
詳細はこちら
http://www.century-jp.com/event/diary.cgi
2013
08
25

新入荷もろもろ、恵みの雨

新入荷ワインズ、もろもろ入ってます。

一部ご紹介♪

201308254+ (1)
昨年の香港ヴィネクスポで見つけて輸入を決めてきたアルゼンチンワインズ。
201308254+ (2)
新入荷、日本初上陸に際し店頭にて15%オフにて登場です!
トゥクマン 
マルベックとカベルネ、シャルドネとソーヴィニヨンブラン。

目を引くエチケットも面白いし、お手頃でいながらどっしりとした味わい♪

メンドーサから海を越えてようやく到着です。



グランヴァンではちょっと前に入荷したこんなのとか・・・・
201308252+.jpg
ジャック・セロス シュブスタンス 43050円 3本 高くなったなぁ~

でも、最近の引退説とか小耳にすると買っとかなきゃ!ってなってしまう。。。。。


こんなのとか・・・・・
201308256+ (2)
フランスで見つけて入れたシャルル・ノエラ ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ブード 72。
ショルダーが低い&ラベルがダメージなのは承知で仕入れたのですが・・・・・


_201308251+ (1)
コルクがこの状態なのも承知だったのですが・・・・

お漏らししてそうな危険感。

でも、開けてみたらびっくりするほど美味しいかも知れない期待感。

こんなアイテムは現物を見に来ていただいてご納得いただける方じゃないと販売できませんネ。

一期一会、一か八かのバクチ感、ロマンを感じる・・・・いけませんね、この感覚を面白いと感じてしまうのは・・・

ビジネスとしてはあまりにもリスキーすぎる・・・・・


こんなワインどうしましょう???

※そんなアイテムちょこちょこ、いや結構ございます♪

でも、また入荷していくと思います(苦笑)

_201308251+ (2)
う~ん、気を取り直して、昨日食べた弊社2Fアレグロさんのピッツァ!

美味かったぁ!



こんなのとか・・・・
201308256+ (1)
これまたフランスで見つけてきたこんなのも二本ほどあったりして・・・・
モエ・エ・シャンドン社が1970~1980年代に作っていたリキュール。200ml。

プチ・リコレール(読み方あってます?)

先日、とある会で開けてみたのですがかなりのおいしさ。

詳細はよくわからないままなんですが、ラタフィアのような感じ。甘いですが素敵な甘味に程よい苦み。



ラベルをよく見るとペティヤンと書いてあることに後から気づきました。
■ペティヤン (Pétillant)フランス語で「ぱちぱちはねる」の意味で、弱発泡性のワインのこと。いくつかのAOCがある。

とのことで、元は弱発泡性だったんですね。

コルクもシャンパン用を使用してありましたが年代物につき当然のことながらガス感は皆無でした。


しかし味わいはさすがの物で、なぜ現在作られていないのか超残念。

あと二本ございます。(ラベルは若干ダメージ有)




雨
すごい雨でしたね・・・・・・

最近のお天気、メリハリ利きすぎてるし・・・・・・



冷蔵庫
冷蔵庫なんぞも新調したり・・・・・


いよいよ、明後日はワインテイスティング IN 芦屋 Aの会(イタリア、スペイン他編)です!!

楽しみだっ!!!!!


※ご予約まだの方はお早目に。
詳細はこちら
http://www.century-jp.com/event/diary.cgi
2013
08
17

お盆⇒クロ・レオ2011入荷です

皆様、今年のお盆はいかがお過ごしでしょうか?

猛暑が続き寝苦しい毎日が続きますね~

植木の水やりも毎日欠かさずやってあげないとすぐに萎れてきちゃう。

レモン
弊社3階事務所のベランダにてレモン栽培してるんですが、2か月ほど前かな?水やりを怠って一度葉が全部落ちました。
が、今はここまで回復。

ベランダにある、小さな木なのにチョウチョがこの木めがけて卵生みに来ます。

気が付いたら10匹くらいの幼虫が葉を食べあさってる。

かわいそうですが木を守るため駆除。

もう100匹くらいは駆除したか。

それにしても不思議なのは、なんでここに美味しい葉っぱがある木があるって分かるんでしょうね。

木が出すおいしそうな臭いとかがあるんでしょうね。

自然はすごい。

ブドウもデラウエアですが、こっそりと家でもお店でも栽培してるんですが店の木は昨年選定しすぎてか育ちが悪い。



で、ワインの話に戻るんですが、植物(ブドウ)もしっかりと愛情をかけてやらないといい実を付けてくれないことを痛感する今日この頃です。






クロレオ
篠原麗雄さんの手掛けるクロ・レオが入荷。

フランスに渡ってワインで結果を出している彼の功績は本当にすごいと思います。

しばらく休ませてから、私も飲んでみたいと思います。

限定入荷につき、お早目に♪
2013
08
11

淀川花火

昨晩は淀川花火大会。

師匠のお一人が、花火観覧できる絶好のポジションにお住まいとのことでホームパーティに参加させて頂く。

奥様お手製のお料理の数々、とってもおいしかったけど画像失念。

スミマセン。。。

P1250895.jpg
ペリエ・ジュエ  ベル・エポック 1969年(ファーストヴィンテージ)
ガスはほとんど残っていませんね。
濃い液色。
カラメルや品のあるシェリー香。
数分後に開いてきてさらにカラメル感が増してきた!
ここまでのシャンパーニュを試す機会はめったにないが、はまりそう・・・・
個人的にはかなり美味しく楽しめた。


P1250896.jpg
ポル・ロジェ 1990年
69シャンパンのあとにはかなりフレッシュに感じます。
でもよくよく味わうとコク深い素晴らしいシャンパン。
順番って難しいですね。
90にしては状態がとてもよくて、かなり若々しく感じたかも。

P1250898.jpg
アンリ・ジロー 飲み比べ
いやいや、マニアック!
まずは、
・アンリ・ジロー フュ・ド・シェーヌ アルゴンヌ 2000年
これはこれは個性的。特に香りが!
樽の味わいは独特で、かなり華やか。
アンリ・ジロー特有の酸化感が特徴的。



・アンリ・ジロー フュ・ド・シェーヌ 2002年
こちらも樽感はしっかり感じるが、アルゴンヌのそれとは別物。
こちらも特有の酸化感があり、後半はアプリコットな甘味やまろ味が出てくる。

少し個性派で好みが分かれる生産者という気がするが私は好きです。
2002年の方が好みだったかな。

勉強になります!


いよいよ花火!
P1250903.jpg
ここまで近いとは思いませんでした。
感動・・・・・

小一時間の花火鑑賞を経て・・・
P1250928.jpg
エシェゾー 2001年 フランソワ・パラン
初めは重たく骨格しっかり。
湿った土っぽい感じ。
10分くらいでほぐれてきた。
甘味が出てきて酸が低く飲みやすいグランクリュ。


P1250929.jpg
およ?珍しくイタリアだ!
カマルカンダ 2000年 GAJA
ファーストヴィンテージじゃないですか!!!
これまたレアです。
酸味がこちらも低めでローヌを思わせる香りも。
チョコ、ノリの佃煮な感じもありました。
イタリアンボルドースタイルの独特感。
昆布のような旨みの余韻が後半出てきて甘辛い和食の煮つけにも合いそうなイメージ。


P1250931.jpg
エルミタージュ 2009年 ジャン・ルイ・シャーブ
パーカー100点ワインですって!
いいんですか?開けちゃって?
あざ~っす!
物は試し。どこまで若飲みに耐えられるか?

まずは、光を通さないほどの濃厚な液質。
スミレ、コショウ、スパイス感。
まとまりある味わいでパワーはすごいものがあります。
タンニンも想像以上にきめが細かく時間とともに甘味が出てきました。
チョコレートとの相性がとてもよく、むずむずする爆発感を少しだけ感じる事が出来ました。
やはり、すごいワインです。
でも、30年後に再会したい(笑)



P1250936.jpg
モエ・エ・シャンドン社が1970~1980年代に出したリキュール。のはず。
詳細がよくわかりません。
調べてもほとんど出てきません。。。

私が渡仏に際に見つけてきたものです。
ラタフィアのような甘い飲み物。
かなり、かなり、かなり美味しい。
マロンのような、黒糖のような甘味と程よい苦み。
マールで酒精強化していたんだったか・・・・・
デザートにはぴったりの飲物なのになぜなくなっちゃったんだろう。
ちなみに栓はシャンパンと同じコルク使用でした。



P1250938+.jpg
自宅にお招きいただいたとなると、セラーお披露目タイムになっちゃうわな(笑)


P1250940.jpg
いやいや、花火に合わせてシャンパン多めな素敵な夜でした。

散らかしっぱなしでごめんなさい。

ありがとうございました!!!!!!!

2013
08
08

天神吞人

天満にできた新しいお店へ・・・・

天神吞人(てんじんどんと)さん
〒530-0041
大阪市北区天神橋5-5-18
TEL&FAX:06-6354-2282

弊社中熊部長とデートです。

まずはビールで乾杯だな。


どんと

P1250876.jpg
無農薬水耕栽培の小松菜、自家製ソースにつけていただきます♪


P1250877.jpg
白グラスはこんな感じに種類が超充実!



P1250878.jpg
シャブリ 


P1250879.jpg
オーストラリアのリースリング♪


P1250880.jpg
水ナスのカルパッチョ
生サラミサラダ



P1250882.jpg
自家製オイルサーディン



P1250883.jpg
トーフのふわふわ焼き


P1250884.jpg
淡路産玉ねぎのキッシュ


P1250885.jpg
あさりのスープ、癒されるわ~

P1250886.jpg
キム・クロフォードのピノ・ノワール(NZ)

トレオン・デ・パルデス ピノ・ノワール(チリ)



P1250887.jpg
薩摩鳥のから揚げ ビール煮トマトソース仕立て



P1250888.jpg
ピエール・ジェルベ
新しく入荷したシャンパン
イイ!


P1250889.jpg
佐賀牛 スジシチュー

P1250891.jpg
焼きチーズ♪

P1250892.jpg
デザートはピノ・ノワール ジュース

いやいや、飲み手のハートをぎゅっと鷲掴みにするお料理の数々。

どれもやさしいお味でおなか一杯!

グラスワインも充実で大満足なこちらのお店、もっと近くにあったら通っちゃうだろうなぁ。

ぜひ、おすすめですよ!
2013
08
07

プチ会 at ボッテガ・ブルー

ブログ怒涛の更新です(笑)


いい感じで忙しくさせていただいてる毎日。

イベントの企画、そして別イベントの企画。

お得意先への営業、そして新規お取引先へのご挨拶。

スタッフの募集作業(募集中です!!)。

新しいお客様をご紹介いただいたり、フランスからワインが届いたり♪

いいワインを探しまくって入荷したりお買い上げいただいたり。



人と人とのつながりに感謝感謝の毎日。

今まで以上に謙虚に誠実に、真面目に頑張って参ります!







JR芦屋の駅前に移転された人気イタリアン、ボッテガ・ブルーさん。

満席、すごいですね~。

要予約です。



ワインはわがまま言って持ち込みさせて頂く。
いつもスミマセン・・

P1250855.jpg
セロス・パジョン ブラン・ド・ブラン
求めているミネラル感があるぞ!
アフターの酸味はGOOD
ラムネ、石灰、すっきりでいい感じ♪



P1250854.jpg

ポテサラ


P1250857.jpg

ゴーヤ


P1250859.jpg
スミマセン。
話が盛り上がりすぎてお料理名失念。

めちゃくちゃおいしいです!


P1250860.jpg
ピュリニー・モンラッシェ ピュセル 1999年 ルフレーヴ
※お漏らしボトル

はい。

プチ会につき許していただきました。

お漏らし=いわゆるふき漏れしてしまっていたボトルですね。

でも、液面も高いし液色抜群だったので・・・・・
やはり、全然大丈夫!
香りははじめ閉じ気味スタートでしたが、なんのなんの、素晴らしい複雑み!!!!!!!

ねっとり粘性ある旨みがありミネラル感もみなぎる!
え~ワインです。


P1250863.jpg
ズワイガニのオイルパスタ、だったかな。

カニ身がぜいたく過ぎるほど具だくさん!!


P1250864.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru シェルボード 2007年 フーリエ

ほんと、フーリエは入手困難ですからね。

華やかな赤色。
綺麗でチャーミング。
健全でクリーン。
VT加減もあるでしょうが思ったよりクリーンな印象でした。
09のジュヴレイ・シャンベルタン 村名の濃厚なイメージがあったのですがこちらはエレガント系。
いいワインです!


P1250867.jpg
金目鯛、ジュンサイのハマグリスープ仕立て、コリンキー
優しい味わいでほっこりいい塩梅ですね~


P1250868.jpg
ウサギ 牛のコラーゲンソース 人参のピューレ 根セロリ
いやぁソース感動です!!!!!!!


P1250873.jpg
アスパラガス、フォアグラ
食もすすむすすむ。


P1250871.jpg
師匠、マジっすか?
あざ~っス!
クロ・ヴージョ 1988年 Ch ド・ラ・トゥール
ほこりっぽい独特の個性的な香りスタート
羊の肉のような独特香
やや進んでいるよりな熟成感
もうちょい果実味がほしいかな?
生意気言ってすみません。


P1250874.jpg
トルテリーニ イン ブロード
パスタの中にお肉の詰まった、自家製ソーセージのような北イタリアのお料理ですね。

ヴォリューム満点で食べ応え有り!
いやいや、さすがの本場のお味に感動です!

いやいや、美味しいお料理が、弊社からさらに近いところで楽しめるようになったのはうれしい限り。

ヨ~飲んだ。
2013
08
07

アレグロ梅田店

少し前のネタですが・・・・・ブログが追いつかない。

相変わらずに飲んだくれてますねんけどね。


弊社二階にあるアレグロさんが梅田にも出展されましたヨ!


行ってまいりました!!


P1250835.jpg
前菜盛り合わせ♪

すんごいヴォリュームです!

ビールで乾杯した後ですが、ワインは・・・



P1250841.jpg
フォンタナ・フレッダ  ロエロ・アルネイス

すっきりしていて、ムシムシに熱い日本の夏にはいいですね!


P1250837.jpg
カルパッチョ♪

イチジクが乗ってる。

イチジクって扱いが難しいですよね。傷むのが早くて。

大好きなのでうれしっす。


P1250840.jpg
ピッツァはもちろん、マルゲリータDOC

やっぱおいしいです!


P1250842.jpg
キャンティ・クラシコ  ブローリオ

イメージよりややライトなタッチになったかな。

VTの加減もあるでしょうが、タンニン分が軽やかになりミディアムボディになっている気がする。

P1250844.jpg
Tボーンのビステッカ!!!!!!!

トスカーナの人気レストランテ イル・ラティーニの再現とな!!!!!


すっげーヴォリューム!!!!!!!


赤身なのでこんなに大きいのにペロリと行けちゃうんですよね~~~~~~~。

これはこれは参りました。。。。。。さすが渾身のビステッカだけあるわ。

この日は2枚の限定販売でした!


P1250846.jpg

ドルチェもガッツリ、美味しいです。


お初天神近くにあるのですが、このあたり見回してみたら意外とイタリアンがないみたい。


さすがのマーケティング力にも脱帽です。

イタリアのリストランテにあるあのガヤガヤ感と人が楽しむオーラが満載。

素敵なお店でしたよ♪
2013
08
04

マッサンベのワイン受験塾  基礎講座受付開始!

★ワイン入門編講座です!

何からやっていけばいいかわからないけどワインが大好き!と思われているアナタ!

ソムリエなんて大げさだけどワインは基礎からちょっと学んでみたい・・・・・

将来ソムリエ資格を目指す前のステップアップ講座としても大変有効です!!

 

超お勧め!

ワインを学ぶと旅行に行った時などに食の楽しさが倍増したり・・・・・

人生変わりますよ!!(マジで!!)

是非ご検討下さい!!

P1190203+.jpg


*****************************************

『マッサンベのワイン受験塾  基礎講座』


内容:
1. ワインを教養として勉強したい方、ワインを楽しみたい方の基礎講座

2. 日本ソムリエ協会呼称資格取得を目指す方の予備講座
(引き続き平成26年1月から受験講座を開設)

3. 講師作成の教材使用。
   
4. ワインをテイスティング



日時: 水曜日 13:30~16:30 3時間 全6回

1、10月9日(水) ワイン概論
2、10月23日(水)フランスワイン(1)
3、11月6日(水) フランスワイン (2)
4、11月 20日(水) ドイツワイン~
5、12月4日(水) イタリアワイン、スペインワイン
6、12月 18日(水) アメリカワイン、 オーストラリアワイン


場所: ワインハウス センチュリー 3F セミナースペース シエクル
     芦屋市東山町7-21 古河ビル
     (JR芦屋駅下車、北へ10分)

Tel:0797-34-0045 Fax:0797-34-0642
     E-mail: info@century-jp.com
     
http://www.century-jp.com/


講師: 久保 正和 エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン
   
日本ソムリエ協会公認シニアワインアドバイザー
   
日本ドイツワイン協会公認ドイツワイン上級ケナー
   
第1回 ロワールワイン ワインアドバイザー/コンセイエ コンクール優勝 
    
第5回ワインアドバイザー全日本選手権ファイナリスト
   
Tel/Fax:0798-66-3123  
 
e-mail: mac@msc.biglobe.ne.jp
   
http://www7a.biglobe.ne.jp/~ecole-macambe-du-vin/




講座参加料: 38,000円 (教材・ワイン代、税込み)


支払方法:
参加お申込み受け次第、銀行振込先、口座番号を通知させていただきます。



予告: 平成26年1月よりソムリエ協会呼称資格1次試験受験対策講座(15回)を開始します。





ご参加申込         

平成25年  月   日

To ワインハウス センチュリー Fax:0797-34-0642

又は、久保正和 Fax:(186) 0798-66-3123

  
-----------------------------------------------

平成25年10月9日から始まるマッサンベのワイン受験塾、基礎講座に参加します。

ご氏名:

ご住所:

電話:             Fax: 

E-mail: 
2013
08
02

ホームパーティ

昨晩は、恩師の久保先生ご夫妻をお招きしてのホームパーティ。

会話が弾み画像はボトルのみ。失敗した~


楽しいのが一番なんですけどね。

DSC05182 (800x600)
1、P・ゲイル  キュヴェ・コクリコ
 アヴィーズ、ヴェルチュス等、「コート・デ・ブラン」、エペルネ、ヴァントゥイユ等「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」、ヴィルノークス・ラ・グランド等「コート・ド・セザンヌ」の合計10村の畑からのピノ・ノワール75%、シャルドネ25%、しかも2004年産と2005年産が35%、2006年産が65%のブレンド。とのこと。

熟成感がアフターに楽しく、でも口当たりは切れがいい。
なかなか個性的なRM。派手なラベルも好印象。

2、ブルゴーニュ・ブラン2011 ポール・ガロデ
モンテリー協会の会長さん作、だそうです。
コント・ラフォンの影響を受けているとも・・・・

しっかり辛口にうっすらロースティな樽感。
悪くない。
もう少し果実の甘味がほしい感があるがVTの加減かもしれません。
新入荷のワインで確認したかったんですよね♪


3、モルゴン 2000年 マルセル・ラピエール
なかなかレアでしょ?
師匠をお招きしてなので、いろいろ考えるわけです(笑)
香りが時とともに立ち上がる。
ガメイは感じない。
香りが素晴らしいですね。
味わいはこちらも、もう少し歩み寄ってほしいドライな感覚。
でも勉強になります。


4、ヴォルネイ 1983年 ミッシェル・ラファルジュ
弊社直輸入品。
液色はややレンガが入った薄めの色調で固形のオリが沈殿。

香りから、うん、イイ!
甘めな、苦めな何とも言えないヴォルネイの古酒を堪能できます。
状態よく、遊べますね~。

やはり古酒の魅力は奥が深いな。






久保先生ご夫妻のお話は、これまた奥の深いもので憧れの人生を歩んでこられたエピソードを沢山聞かせて頂きました。

ありがたいご縁に本当に感謝です。

人との繋がりは本当に人生を豊かにしますね。

楽しいワインのある夕べでした♪

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター