2013
09
29

プチ会 at とり千

とり千さんにて師匠とプチ会♪

また来ちゃいました♪

こちらのお店、フランスでお料理の経験もおありの店長でソムリエの神谷さんと、同じくフランスでの料理経験がおありの藤井さん、お二人によるもはや焼き鳥屋さんではないようなお店なんです・・・・・



P1250966.jpg
カリフラワームースとカニ身のジュレ
のっけから、大好きな一品!


P1250964.jpg
クレマンで乾杯!
蜜のような甘味を感じる辛口。
万人受けがよさそうなバランスいいクレマン。

P1250969.jpg
ムネの炙り、木桶醤油
かみごたえがあり、イイ!!

P1250968.jpg
フフフ。
輸入を決めたニュージーランドのピノ・ノワール。

ブラインドでお出しさせて頂きました。











師匠、ドンピシャで「ニュージーのピノ」とつぶやくのやめてください。


ブラインドは当てられると、出題する側はぜんぜん面白くない(笑)

アルパイン・ミスト  ピノ・ノワール 2012年  ニュージーランド マールボロ

お香やコショウのようなスパイス感を少し感じる。

香りも楽しめるイイピノ、見つけましたよ!!!!!


年内には入荷できるかなぁ・・・



P1250974.jpg
さんま。これ絶品ですっ!!!!!!!


P1250971.jpg
ムルソー クロ・デ・ペリエール 1990 アルベール・グリヴォー

ナッティで複雑な甘みが舌に乗る。

品あるアルコール感。

ダレない酸。

師匠曰く、前回のボトルの方が印象良かったとか。

いやいや、十分美味しいです。

でも、このレベルの古酒は瓶差もありますしね。
面白いですね。

後半甘味が伸びてきて、飲み頃ピークですね。

P1250976.jpg
お野菜も、特にモロコシがイイ!

P1250977.jpg
和牛フィレ肉グリエ

P1250980.jpg
フォアグラと卵のココット
ワインに合わない訳がない!!!!


P1250986.jpg
シャンボール・ミュジニー クロ・デ・オルム 2005年 シルヴァン・カティアール

うん、いい香り。なんせ、大好きな生産者ですし、2005年ですから♪








余韻、浅っ・・・・(苦笑)




近年の価格の高騰は少し過剰評価なのではないかなぁ。

もう少し、お手頃に手に入れたいワインだなぁ。

村名並の出来の印象。

P1250984.jpg
いいつくねだ!


P1250981.jpg
ヴォーヌ・ロマネ マルコンソール 2007年 デュジャック

いいですね~

ほんのりなデュジャック香。

いいリッチ感。

徐々に徐々に、やはり香り素晴らしいぞ!

ミルキーでマイルドで、若いなりに今は今でいい!!

コブ〆の様な旨みを感じるのは私だけ?



P1250989.jpg
せぎもだったかな

P1250990.jpg
部位の違う三品。美味い!

P1250993.jpg
親子丼!初です!美味い!

P1250994.jpg
鶏ラーメンは〆には本当にうれしい一杯。


久々によく飲みました!


わがまま言い放題すみませんでした。

ごちそうさまでした!!!!!!!!!!!!!1
スポンサーサイト
2013
09
26

無事終了!林 達史氏のイタリアセミナー

無事終了♪

イタリアワインエージェント 林 達史氏によるワインセミナーは盛況のうちに終えることができました!

P1250962.jpg
いつお会いしても、ホンマ男前やなぁ・・・

P1250961.jpg
いつも思うのは、地質や土壌の事を太古の歴史を紐解いて説明してくださる事。

地球やワイン産地がちっぽけに感じます。

そんな中から生まれる奇跡の一滴的な思い入れが湧いてきます。

知識って大事ですよね。

わからずの飲むのと、じっくりこのワインが生まれた所以を聞いてから飲むのとでは楽しさが大違い。

大変勉強になりました!


201309261.jpg
ちょっと、いいワインを開けて頂き過ぎてるんですけど・・・・・

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・ピアッジオーネ 2008年・ポデーレ・サリクッティ 
高級感あふれる樽使いが絶妙です!



バルバレスコ アルベサーノ サント・ステファノ 2009年 ブルーノ・ジャコーザ
やったー!大好きなブルーノ・ジャコーザ、しかもバルバレスコ。
鼻に抜ける超心地よいアルコール感はいったいなんぞや?
どこまでも自然な感じがいいんだよな。


ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!!

林さん、ありがとうございました!


2013
09
22

とり千でクロ・レオ2011年

人気鶏料理屋さんのとり千さんにて親睦会。

わがまま言って持ち込ませて頂く♪

201309223.jpg
ブルゴーニュ・ブラン 1998年 メゾン・ルロワ

201309224.jpg
このワイン、結構な確率でこのようにコルクがしっかりシュンでる。
しなやかないいコルクのようだがルロワ恒例の液入れ過ぎによる結果っぽい。

開けたらダメだったことも一度もないです。が、お買い上げいただいたお客様は驚かれるだろうな。

難しい問題。

今回のボトルも、立ち上がりや熟成による軽い酸化なニュアンスをほんのり感じるも消えていき、甘味が出てきて楽しめる、ピュアーなとってもいいワインでした!




お料理は、鶏料理屋さんでありながら、フレンチ出身のシェフによる創作系で美味~~~♪
201309225.jpg
突き出しから絶品!
カリフラワームースとカニのジュレ!

201309221.jpg
201309226.jpg
ムネの炙り、わさび、たまり醤油

201309227.jpg
自家製パン 肝のブリュレ

201309228.jpg
サンマ最高!!!!!!

201309229.jpg
ぼんじり

201309222.jpg
クロ・レオ 2011年
あっ、やっぱりいいワインですね~~~~~~~♪

樽が上品に利いていて、やはり日本人の手掛ける繊細さを感じます♪


2013092211.jpg

クロ・レオはぺろっと飲んでしまったので、店長でソムリエの神谷さんにお店からブラインドで供出してもらう(楽!!)
2013092210.jpg
液色濃いなぁ~
ニューワールド?
いや、味わいは割にエレガント。
コート・デュ・ローヌ?
いや、ボルドー。うん、ボルドー。

だとしたら、・・・・・カベルネ60、メルロー40とか?????


よくできたワインだなぁ・・・・・・









わっかんねー









2013092212.jpg
正解はシャトーピネレ  カオール 2008年でした~

通称ブラックワインとも呼ばれるマルベックですね。

やられました。

いいワインです!


2013092213.jpg
メインはパイ包み!!

鶏ミンチにレバーも入ってます!

テンション上がる。



2013092215.jpg
もう一本、ブラインドで供出いただく。

またもや、外した・・・・・・

シラーにしては酸味を感じたので、ジューシー系ネロ・ダヴォラとか答えてみたり・・・・・

ぜんぜん違うし・・・



2013092214.jpg
〆の鶏ラーメンは格別です!!


2013092216.jpg
自家製アイスもまた美味し。

いくつか、お料理の画像取り忘れがあるな・・・・スミマセン。





好き勝手やって頂き恐縮でした。

いやいや、楽しい夕べでございました!
2013
09
21

ワインパーティお手伝い【備忘録】

大阪から神戸の街並みまでが一望できてしまう山の手の大豪邸にてワインパーティのお手伝い。

201309212.jpg
+レ・フィエフ・ド・ラグランジュ 2002年

201309211.jpg
最近、好みが変わったのか、リースリングの甘味がいやに体にしみたり。。。あまり自分でも興味がわかなかったヴィオニエが気になったり・・・

201309213.jpg
そりゃ、気になったのはこいつですけどね。

正直、難しかった!

ヴィンテージの加減もあるだろうし若さもあるだろうし。

最初は酸と苦みが前面に出てバランスが良くない。

ただ、余韻に感じる「何か」を持っていてただの村名ではないことがうかがい知れる。

3時間ほどでようやく少しほぐれてきた感じはあった。


堅実で真面目で無愛想で、でも綺麗、でなにか感じてしまう奥深い魅力を持っている・・・
これがなんとなく私の持つヴォギュエのイメージ。

やっぱり・・・ミュジニー飲みたひ・・・・・・・
家飲み。

最近全然アップできてません。


201309192+.jpg
ヨハネスホフ・ライニッシュ ピノ・ノワール2010年(オーストリア)
内陸のはずなのに海の香りをとても感じるんですよね。

優しくスルスル飲めちゃうピノで家のみには合格でした。


201309191+.jpg
最近はまってるのがこれ。

フランスで自分用の土産に買ったトリュフオイル。

ホワイトシチューやカボチャのスープなどにチョロッとかけるだけで、食欲増進、興奮します!

食欲の秋、ダイエットと食欲の攻防が続く・・・・
2013
09
18

オーパス・ワン1989年

つい先日、会長のお誕生日ということもあり開けてみたワインがこれ。
20130918.jpg
オーパス・ワン 1989年 (ふき漏れボトル・・・・・・・)

「お誕生日くらいいいワイン開けてあげなよ」という声が聞こえてきそうですが、

「じゃあ、売り物にならなくなったこんないいワインはいつ飲むの?」

「今でしょ。」

となって、抜栓。



ちょこちょこではありますが、ふき漏れボトルは出ちゃうんですよね。

ワインという飲み物の性質上、いくら管理を完璧にしていたとしてもつきまとう仕方ない問題。。。。。



201309184.jpg
うん、やっぱ吹いてる。



201309183.jpg
コルクが凹んでる。。。。。

おかきみたいにカッピカピ。

二段式で慎重に開けてみる。


201309181.jpg
かなり苦戦しましたが何とか成功!


肝心な中身の状態は・・・・・100%ではないでしょうが意外にイケていました(ホッ)

ニューワールドとは思えない香りと味わいのエレガントさはさすがの一言です。

ここまで寝かせないまでも、オーパス・ワンはやはり熟成して真価を発揮するワインですね。

ちなみに、ボトル内にへばりついたオリはすごかったです。



巷では、オーパス・ワンはあまりにも有名ですが高価なこともあり意外と口にする機会が少ないので、なかなかに勉強になった一本でした。
2013
09
13

フェッラーリ パーティ

芦屋の山手町にあるイタリア総領事館にて輸入元のご厚意によりフェッラーリのスプマンテのパーティにご招待いただく。


ちなみに、うだるような暑さ・・・・。せっかくのパーチーやのにもうちっと涼しくなってくれー。。。。

201309132+ (2)




201309132+ (1)
フェッラーリ社社長のご挨拶。

イタリア総領事、輸入元社長次々とご挨拶のあとフェッラーリでかんぱ~い!




お料理はラッフィナートさんのケータリング。

彩り豊かで見事でした!!!!!
(このあとパスタ4種類、ジェラート6種類からチョイスと続きました!)
201309131+.jpg

沢山の方とお会いできて、いろんなご縁が生まれる・・・・有意義なパーティーでした。


しかし、今年の夏はいつまで熱いネン・・・・・・・


フェッラーリも暴発してるわ、ワイングラスの足がテラスの日差しに熱せられてあっつあつやわ。



でも、昼からのスプマンテは格別でんな♪

さすが、イタリア文化も輸入したいという意気込みが感じられたひと時でした。
素晴らしい数々のイタリアワインを日本の輸入元に紹介してきたイタリアのワインエージェント 林 達史様にご来店いただき、イタリアワインのトレンドやイタリアワイン情勢についてお話していただくイベント。

土壌の説明や生産者の裏話などいつお会いしてもためになる話ばかり!!!

是非、ご参加ください!!
※業務店関係者様限定の企画となります。申し訳ございません。


///////////////////////////////

拝啓  平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。

この度、センチュリー 3Fセミナースペースにて、
イタリアのエージェント 林 達史氏をお招きしてイタリアワインセミナーを開催致します。

少人数限定のミニセミナーとなっており、当日質疑応答のお時間も取っております。

先着 20名様までとさせていただきます。
(徐々にお席が埋まってきてます。お早目に!!)



ロンバルディア州のフランチャコルタの造り手・フェルゲッティーナやピエモンテ州のバルバレスコの
名手・ブルーノ・ジャコーザ、トスカーナ州ではトゥア・リーアなどを日本へ紹介してくださっています。


またとない機会ですので、奮ってエントリーくださいますようお願い申し上げます。

                                敬具



■開催日時 : 9月26日(木) 15:00 ~ 16:30

■場所: ㈱センチュリー 3階セミナースペース シエクル 
(※当日テイスティングしていただけます。)

≪テーマ≫
林氏が日本に紹介してくださっているワイナリーの話を交え、イタリアワインの神髄に迫る!

乞うご期待ください!   


P1090027.jpg
2010年5月の画像。ダンディーな方ですヨ。

※準備の都合上、FAXにてお申込みいただけると幸いです。よろしくお願い致します。 


<お申込み記入欄>
貴店名:

ご参加人数:

住所:

TEL:

FAX:

よろしくお願いいたします!!!!!!!!!
2013
09
11

試飲会

1174657_730820196933473_271059114_n.jpg

試飲会に行ってまいりました。今日は輸入元2社。


我々のようなワインショップや飲食店様は大小さまざまなワイン輸入元の会社から年に何度か(会社によってさまざま)こういった大試飲会のお誘いを受けます。


輸入元の営業マンの方が
「うちらが輸入したワイン、いっぺんにみな開けて味見できるさかいに来てくれまへんか?」
(大阪の業者の場合(笑))

といった具合。

その中から気に入った物だけをちょこちょこ採用して・・・・弊社はいわゆるワインのセレクトショップになっているんですね。(酒屋によっていろんなパターンがあります。)



従って、ワインショップのスタッフや飲食店のソムリエの方などはタダで大量のワインを飲み比べできる機会が年に何度も有る訳で、熱心な方はいつ行ってもお会いしたりする方がおられるし、経験値を上げる意味でも貴重なチャンスなのであります。


本日は、合計で200種類くらい味見したかな。

当然、すべて吐き出さないとよぱらってしまいますので、吐きまくるんですが、最後の方は何がなんやら分からなくなる・・・・・


でも、いくつか使えそうなワイン見つけましたよ♪



このスタイルを一般のお客様にも味わっていただきたいと思って12年前に始めたのが弊社のワインテイスティング IN 芦屋なんですよね。


ってことで、センチュリーセレクトのワイン、ぜひお試しください。

ご来店お待ちしております!!
2013
09
11

最近

秋めいてきて過ごしやすくなりましたが、皆さまのワインライフはいかがお過ごしでしょうか(笑)

本日も、輸入元試飲会目白押し。

肝臓を揺さぶり起こしていいワインを見つけて参りたいと思います!




最近ブログさぼり気味ですが、いろいろとワイン飲んでまっせ。

先日、久々に参加させて頂いた久保先生のワインを楽しむ会。
こちらはレストランでお食事とともに楽しむ方の会ですね。

60回目とのこと!!!

1233971_729696140379212_2010717350_n.jpg
今回はイタリアDOCGワインを飲む会。


1186125_729695537045939_411954186_n[1]
超立派なレジュメと簡単講座ののちお料理スタート。

DOCGが73個にもなってる・・・・・・・・(汗)


ソムリエ試験は年々難しくなっていることがよくわかるバロメーターだな。。。

※ワイン画像失念・・・・・
***************************


続いて昨晩・・

とあるワインセミナーのお手伝い。

こちらは、毎回かなりの奥深さで勉強になりまくり・・・

今回のテーマは「世界遺産とワイン」
201309111.jpg
ワインにチーズも合わせます。


201309112.jpg
ポメリー サマータイム ブラン・ド・ブラン 
Portico da Rias Baixas(Bodegas Rectoral do Umia)
--上記二種類をデリス ド ブルゴーニュ

ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ Notte di Luna 2011 (Fontaleoni)
--ペアッサーノ スタジオナート 200g

Ch.カルボニュー ブラン 2008年
--トピネット

カンノナウ・ディ・サルデーニャ 赤 2010年 パーラ
--ウブリアーコ ディ アマローネ 200g

バルア赤 2008年 プニカ(カリニャーノ85%、カベルネ・ソーヴィニョン10%、メルロ5%)
--エルヴ アフィネ ア ラ ビエール

Ch.ラルマンド 2001年 
トカイアス 3プットニ 2007年 フィンガロヴィン
--上記二種類をスティルトン マチュアード 15週間熟成 200g


////////////
う~ん、奥が深い。

ポメリーのサマータイム、初めて飲みましたが非常に正統派で癖がなく万人受けするブラン・ド・ブランという感じで好印象でした。


Ch.カルボニューブラン 08 も久しぶりなワインでしたがもっともっと熟成させたい感じ。

ラルマンド 01はなかなかのエレガント濃いウマでよろしんじゃないでしょうか?


トカイアス 3プットニも程よい甘さで。
昔の人はこいつと生牡蠣合わせたらしいですよ。

やってみたい。
2013
09
07

芦屋バル チケット販売開始!!!!!

芦屋バルのマップ来ました‼

芦屋バル

次回は10月12日土曜日。芦屋だんじりまつりの日です。

センチュリーも出店しますよ♪

チケットいまなら、10枚あります。

前売り3500円。


買いそびれたら参加できませんのでおっ早めに〜‼‼

1014232_728175507197942_192730834_n.jpg
2013
09
04

ワインテイスティング IN 芦屋 Bの会無事終了!

足元の悪い中ご来場頂いた沢山のお客様、また出展頂いた輸入元の皆様、ホテル竹園の皆様ありがとうございました!

無事、AB両会共に終了いたしました!!


次の会も、今回の反省を生かしてより良い会を企画してまいりたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします!

201309047.jpg
グラスもこうやって見ると迫力ありますね。


201309046.jpg
開場前のご挨拶。人前で話すのはいつまでたってもうまくなりません。。。

201309048.jpg
テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ 2000年 有料500円
やっぱよかった!!!!
にんまり。最高ですな。

ル・プティ・ムートン 2005年 有料1000円
こちらも、思いのほかほぐれててよかったです!

他、気になるワインやその場で採用したワインも多数ございまして、非常に我々としても有意義な時間でした!

お得意様とも沢山ご来場いただいてご挨拶できましたし。

私がはなたれ小僧のころからの知人の方なんかにもご来場いただいて毎度のことながら
「また大きくなったね」と言われたり(笑)


本当に、毎回毎回お客様と仕入れ業者様に支えられていることを痛感させられます。感謝感謝。



打ち上げは夙川のCOSI COSI(コジコジさま)にて
201309043.jpg
201309042.jpg
ちょびっと残ったワインズたちを腰を据えて再度じっくりテイスティング。


改めて、いいワインが目白押しでした。


201309041.jpg
活けワタリガニのオーロラソーススパゲティ!!!!!!!!!!!!
激ウマ!

201309045.jpg
ブログ書いてたら虹が出てた。
それにしても、先ほどまでの嵐はなんやったんや。。


ワイン会が終わると、ノヴェッロがきてヌーヴォーが来て、ブロンズクラスの試験があって、年末の久保先生の基礎講座の集客してたら年末が来て・・・・・・

一年早いわ。

一日一日大事に大事に生きていかねばならんと感じた今日この頃でした。


2013
09
02

配送スタッフ急募!!!!!!

業務拡大につき、配送スタッフ急募です!!!!!!!

http://www.froma.com/RQ31640078_ED2/

フロムAナビにも掲載中!!!!!!!


その気があればワインに詳し~~~~くなれる環境も整っています。

********************************


芦屋の老舗ワインショップでの配送スタッフ大募集!!!!!

未経験大歓迎!!経験を積んで正社員登用もあり!!!!


芦屋に佇む本店はワインボトルのロゴマークが目印です。

ワインのプロがしっかりとサポートします。

取扱いワインの種類は2500種類以上!



職種:
(1)配送アルバイトスタッフ  時給900円~
(2)配送および営業職社員   給与月給20万円以上(試用期間3ヶ月)


勤務地:芦屋市
JR芦屋駅徒歩10分、阪急芦屋川駅徒歩10分   時間帯: 朝、昼、夕方・夜

社員登用あり
未経験OKデス。







■勤務地 ワインハウスセンチュリー
〒659-0091
兵庫県芦屋市東山町7-21
TEL:0797-34-0045  FAX:0797-34-0642

勤務曜日・時間 :8:00~20:00の間でシフト制
(実働8時間)

資格 :
(1)要普通自動車免許(AT限定不可)
(2)ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート資格所有者優遇( ワインが好きな方歓迎!!)


採用予定人数: 非公開


休日: 火曜日定休日、有給休暇、夏期休暇、年始休暇(当社規定による)

待遇: [社]社会保険完備



仕事情報
●仕事内容
(1)芦屋、神戸、大阪市内への配達業務、その他ワインにまつわる仕事全部経験を積んで将来的には営業スタッフになってくれる方歓迎します。


(2)業務店様への提案営業。


●ワインに対するこだわり
5名のワインアドバイザー(内シニアワインアドバイザー3名)を従え、長年かけて選び抜いた2,500種を超える世界のワインを取り揃えています。


●営業エリア
芦屋、岡本、夙川、苦楽園を中心に神戸から大阪まで幅広くサービス展開中!


●社員登用あり
配送スタッフでワインの色々な知識を身につけて将来的には社員としての活躍して頂ける可能性もあります!


事業内容
業務用卸売・家庭用小売・宅配サービス・プレゼントラッピング・ご進物


■担当:フルカワまで 0797-34-0045

よろしくお願いいたします!!!!!!!!!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター