2013
11
25

お招きいただいて・・・

久保先生のご自宅にお招き頂きました。

ご自宅は世界中をお仕事の関係で回ってこられた思い入れのある物でいっぱい。

外国に来た気分です。

DSC05782.jpg
奥様お手製のお料理を盛りだくさんに頂きながら、ワインをたしなむ♪

201311235.jpg
・カナール・デ・シェーヌ
・クラウディ・ベイ ソーヴィニヨン・ブラン
・レイヴンス カベルネ・フラン  フィンガー・レイク(NY州)2011年
・ヘイヴンス メリテージ  ラザフォード 2009年
・サン・レオナルド 2001年(ボルドーブレンド)






201311236.jpg
カミュ XO


201311231 - コピー
カシャーサ

日ごろほとんど飲まないお酒まで出していただき、かなり酔っぱらってしまいました。


海外で生活された沢山の経験のお話はうらやましい限りの財産ですね。


そもそも、久保先生とは弊社のお得意先飲食店のワインの顧問?としていらっしゃったところでお会いしたのが2003年?頃だったでしょうか?

ワインの資格取得に向けた個人塾をされていると聞いて、弊社スタッフの藤原、中熊を引き連れて受講して、なんとか三人とも合格させてもらったのが2004年。

そこからは、弊社スタッフの榎本も、資格を取りそびれていた会長も、そして私と藤原、中熊のシニア受験の際にも大変お世話になった大師匠!

人生のご縁って不思議なもんですね。

久保先生の存在なくして今のセンチュリーは存在しませんでした。

感謝感謝です。


ありがとうございました!!!!!!!!
スポンサーサイト
2013
11
22

親睦会

いろいろあってなかなかできなかったセンチュリースタッフの親睦会。

10年ぶりくらいか・・・・昔はよくやっていたんですけどね~

会長のお手製前菜各種を紙皿で。

ワインはほぼ、ふき漏れボトルかお土産ボトル、サンプル試飲品にて♪

よー飲んだ。

関係者もろもろ15名ほど集合。

960190_461085454002425_1199812762_n.jpg
会長お手製前菜はとあるレセプションパーティでヒントを得たカップにとりわけ作戦にて。

2013112210.jpg



201311222.jpg
マム コルドンルージュ
味が改良されたらしく、皆で試飲。
フルーティでかなり万人受けを狙った万能系な味わい。
すこしフルーティさが勝つ、甘い感じを受けるスタイル。悪くないです。

201311221.jpg
ビアンビニュ・バタール・モンラッシェ 1996年 ポール・ペルノー

痛恨のふき漏れボトル!売り物にならないため涙?の抜栓!?
!!!!!!!!!!!イイ!!!!!
100%の状態かどうかと言われると・・・・それでも80%以上の力は発揮してくれたんじゃなかろうか。
力強い香りがむんむん湧き上がるさすがのグランクリュ!!


201311223.jpg
1000円以下のチリ シャルドネ  アブタオと飲み比べ。
これはこれで良いんです!

201311224.jpg
昨年のボージョレー・ヌーヴォー 2012年
はは~ん。こうなるのね。
ぜんぜん飲めます。
飲めますが好みではない。
悪くはありませんでしたよ。
LJヌーヴォーはマセラシオン・カルボニックはしていないはずなので、いわゆる「大急ぎで作ったボージョレー」なはず。

今気づきましたが、ノンフィルターものですね。

201311225.jpg
だくだくに吹きこぼれた跡があるボーヌ プルミエ・クリュ 1994年 ルイ・ジャド
売りモンにならん!(怒)状態になってから5年くらいワインセラー内で放置されていたであろうか・・
キャップシールを開けてみたら・・・・・・コルクがない!!!!

コルクはボトル内に落ちていました。

漏れたワインがジャムのように固まって液漏れをある程度で防いでいたんでしょうね。

これが飲んでみると・・・・・・・美味い!!!!!!!!!


オリがめちゃくちゃ激しいんですが味わいはバッチリと言ってもいいくらい、熟成古酒の飲み頃を楽しめました。
不思議なこともあるもんだ。



201311226.jpg
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ オー・フォルク 2010年 ジャン・マルク・ミヨ
香りの魔術師作。
94年物のあとは少しかわいそう。

94年物が完全にダメボトルと思いこんでいたので・・・

若いが確かに香りはしっかり表現できているいいワインですね。

こちらも、ふき漏れでしたが味わいは全然大丈夫でした。


201311227.jpg
ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ラヴィエール 2006年 ダニエル・リオン【ふき漏れ】
ニュイらしい黒ずんだしっかり骨太系。
樽がしっかりでニューワールド好きに人に受けそうな、想像通りのスタイルでした。
20年ほど熟成させたものを狙っていけばいいんだろうな。

201311228.jpg
6月渡仏した際にミッシェル・グロに訪問して頂いたお土産ワイン
ヴォーヌ・ロマネ クロ・デ・レア 2007年 ミッシェル・グロ
うん。独特のスタイル感がありますね。
力強いんですが酸化した、温泉の様なニュアンスを少しだけ感じる。
あと10年ほどは熟成させてあげた方が、個人的には好みに近づくのかな。


201311229.jpg
ストーニーリッジの頂き物お土産ワイン。
ホークスベイではなくワイヘキ島のホークスビーのマルベック。
たしか、未販売ラベル。
うん、健全なプリンとつるんとしとした若々しい元気さを感じるマルベック。
美味しゅうございました。


そば焼酎、日本酒、ビール、カラオケ・・・・・・お店についての熱いお話・・・・・


大事ですね。こういう機会。

みなさまお疲れ様でした。

センチュリーズの熱いハートで阪神間のワイン文化をもっともっと盛り上げていきましょう!!!


飲み過ぎには注意するように!(人の事は一番言えませんが・・・・)
2013
11
21

ボージョレー・ヌーヴォー 本日解禁!!

ボージョレー・ヌーヴォー、本日解禁!!!!!!!

20131121.jpg
2013年物、軽く試飲してみましたがフレッシュでチャーミングな酸があってバランスがいいですね。

年によって全然印象が違うのがヌーヴォーの面白いところ。

ま、生産者によるところも大きいんでしょうけどね。


是非、今年のブドウの出来をチェックしてみてくださいね~。


ちなみにセンチュリーのラインナップはワンラック上のヴォージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーがメインとなっております!

お早目に、ご来店お待ちしております!!!!
ボージョレー・ヌーヴォーは明日解禁!

もう予約はされていますか?



日本中がワインの試飲ムードに包まれるこのタイミングに、センチュリー店頭にてボージョレー・ヌーヴォーを含む約15アイテム程をフリーテイスティングできる機会を設けたいと思い
11/23(土)店頭にてプチ試飲会を行いますっ!!

■ 日時: 2013年11月23日(土) 13時00分~17時00分(フリーテイスティング)
■場所: ㈱センチュリー 1階 カウンターにて(兵庫県芦屋市東山町7-21-1F)
■協賛: ㈱コートーコーポレーション


無料です!

ヌーヴォー以外の秋にオススメなお手頃ワインを10種類以上開けて皆様のご来店をお待ちしております!
201307053.jpg
※画像はイメージです。
2013
11
18

聖地 パトリー17周年!

ワインマニアの間で聖地と呼ばれる、ワインズ パトリーさん。
17周年のその日に師匠と訪問させて頂く。

※師匠スミマセン。画像拝借しまくりです。


ちなみに、ほとんどのグラスを三人でシェアします♪

o0380049712749193110.jpg
のっけから圧倒されますねぇ。いつもながら・・・・
ルイ・ロデレール クリスタル 2005年 マグナムボトル
ふくよかさがあり今飲んでも親しみやすさを感じるいいシャンパンですね~
はぁ~~~美味いわ~~~



o0380045612749193108.jpg
サロン 1999年 マグナムボトル
マグナム二連発って・・・
これはこれは勉強になる飲み比べ。
単体で飲む時よりも、「サロンってこんなに樽感があるんだ」と強く感じさせられました。
長熟たる所以ですな。
固さがやや突っ張ってるが裏に秘めるパワーがやはり・・・・・・イイ。


o0400026912749193109.jpg
世界一の生ハムとな。

これ、旨みがどこまでも続く・・・・


この感覚人生で二回目。




o0320041412749193107.jpg
NZ クスダさんのオリーブ油。
初めて見ました。
いろいろ作られてるんですね。



o0500046912749193111.jpg
左;ムルソー2010年 コシュ・デュリ
樽しっかりで、まだまだこれからなバランス感だが、ブドウがしっかりパワー持ってるからこの樽の利かせ方なんだろなぁ。
うまいです。めちゃくちゃ美味いですが早いです。

右:バロン・ド・L 1988年
わお。最初ブラインドで出されてシャルドネかと思た。
こちらも樽が利いていますが、熟成による酸味の角が取れいい塩梅。
さすがプイィ・フュメ最高峰、にしてここまで寝かすとかなり魅力的なワインです。
今後狙います!




o0600042312749193250.jpg
ボーカステルのシャトーヌフ・デュ・パプ'10
なるほど、比べてみるとよくわかる!
13種全てのブドウを使用らしい。
若い、個人的には少し苦手なハッカ?の様な、赤で濃厚なのに少しグレープフルーツを思わせるような香り。
ギスッと感は否めない、もう少し置きたいヌフ。

ボーカステル オマージュ・ア・ジャック・ペランの2010。
こちらはムールヴェードル60%、グルナッシュ20%、シラー20%、クノワーズ10%
パーカーさんが100点付けてる・・・・
これは、やわらかくバランスがイイ。
へ~。すげえな。。。
ムールヴェドルを見直すな・・・



げっ! DRC ラ・ターシュの'09!!
やばい。絶句するほどうまい・・・・・・
若いがバランスが良くきれいなまとまり方。
エレガントで切れない余韻。
これはこれは素晴らしい。
よ~く味わってみると全房発酵から来る枝茎の青さがアフターにふんわり残る感覚があるがいやな感じはない。
年を経るとこの辺が溶け込み複雑さになっていくんだろうな。



ドミナス 2007年 マグナム
チョコやエレガントボルドーなナパバレーですが、ブルゴーニュをややかき消すパワフルさ。


o0400046712749193249.jpg
ドメーヌ・ユエ ヴーヴレ・キュヴェ・コンスタンス 2003年
綺麗な控えめな甘さ。
なるほどねぇ~


Ch.イケム 2001年
わお~~~~~~~~~
あかん、コレ超ド級ソーテルヌや。
今までのイケム経験の中でも頭一つ抜けてる感。
爆発感と複雑感、甘口で感動はなかなかないよ~
甘味にうれしくなるのはいつものことですがこいつは違った。。。


いやいや、恐るべし聖地の周年。。。。。。

勉強になりすぎました。

おめでとうございました!!!!!!!!
2013
11
16

ワインバーDにてプチ会

人気ワインバーのワインバーDさんに行ってまいりました♪
http://d.meiwa-kobe.jp/


P1260371.jpg
P1260369.jpg
ユレ・フレール メモワール 
ピノ・ノワール45%、ピノ・ムニエ45%、シャルドネ10%。
ソレラシステムで仕上げたリザーヴワインのみで仕上げたスペシャルキュヴェ。
1982~2009年までの全ての年のワインを含む。
ドザージュ3g/L
輸入元70本限定商品とか・・・・
ソレラの熟成感が少し感じられ、いいシャンパンですね。
個人的には石灰、ラムネの様なミネラル感が少し欲しいところ。

しかし、凝ったシャンパンだ。


P1260377.jpg
カニの身パスタ♪

P1260374.jpg
シャトー・ド・サンセール
サンセール  キュヴェ・デュ・コネタブル 2009年
ほよ?
一瞬シャルドネかと思た。
樽がしっかり利いているが、バランスとれてて面白い。
若いソーヴィニヨンブランでこれだけしっかり樽を利かせるとはなかなか特徴的なもの。
嫌みないパンチが好印象。


P1260380.jpg
パイ生地にくるまれたフォアグラ♪

P1260379.jpg
モレ・サン・ドニ 1er クロ・デ・ゾルム 2001年
正統派で綺麗にまとまっていて、モレの土臭さは目立たずきれいなイメージ。
するっと飲んでしもた。


お料理もおいしく、ソムリエ市橋さんの気取らないお人柄と接客が人気の秘訣ですね。


勉強になりました!!!!!!!!!!
2013
11
13

ボッテガブルーでプチ研究会

この日は師匠ご家族とプチ会。

JR芦屋駅前に移転された人気イタリアン ボッテガ・ブルーさん。

P1260325.jpg
アンティークの器がオシャレ!!

P1260324.jpg
ムルソー シャルム 2000年 オスピス・ド・ボーヌ
ゴマの香り、はちみつ感
飲み頃ですね~~~
結構な樽感
程よいビター加減
こりゃいい!
いつか夢なんですよね。オスピス・ド・ボーヌで樽落札してみたい!!!!!!




P1260330.jpg
P1260332.jpg
フーリエ ジュヴレイ・シャンベルタン VV 2011年 
ほう!
綺麗で今飲みにえらく対応するじゃぁないか!!!
考えて作られてるなぁ~~~~~
現代っ子ワインだなぁ。おいしいっす!
でも、これ、熟成するのかな?
村名の最高レベルの出来です。



P1260334.jpg
P1260336.jpg
このパテ、ヴォリュームしっかりで美味しかった♪

P1260337.jpg
Ch.ヌフ・デュ・パプ  S.C.E.A CHANTADU 1983年
協同組合かな?
なかなかヌフのこの手のヴィンテージ物出てこないですよね~。
ややショルダー低めの不安がよぎるボトル。
抜栓から手こずる・・・・・・・折れる・・・・・・・ぎりぎりコルクを落とし込まずに開ける・・・
無事に開けれた!と思ったのもつかの間・・・・・・・・・・・「アウト!!」


・・・・・・・・・まぁ、あるわな。。。。たまには・・・・・・

しかし、全然あかんな(怒、くっそ!)

果実の甘味があることは認識できたが口に含むだけで気分が悪くなる。。。。。

悔しいです!

これがワインの醍醐味です(泣笑) 



P1260341.jpg
鹿肉!この肉厚!!!!!

私、鹿肉大好物です。

でも肝心の、合わせるためのヌフが・・・・・無念


P1260342.jpg
パスタ♪

P1260339.jpg
ちょっと仕切りなおして、イエルマン ワー・ドリームス 2011年物だったか・・・

優等生的においしゅうございます。




P1260346.jpg
クワトロ フォルマッジのラビオリ!


P1260344.jpg
デザート
P1260347.jpg
カフィで〆

久々にヌフの外し方が派手だったので、ワインってバクチな飲み物だなぁと痛感。

これがあるから面白いし、やめられないんですけどね。

お料理は出れもとってもおいしくて、さすがの本場仕込を堪能させて頂きました。

好き勝手してすみませんでした。

ありがとうございました~~~~!!!!!
2013
11
11

ホイリゲ解禁!!

オーストリアの新酒ホイリゲは今日解禁!

1458518_772761622739330_580785934_n.jpg
オーストリアの新酒ホイリゲ本日11月11日聖マーティンの日解禁‼

僅かながら在庫あります!

ブドウ品種はゲミシュターサッツ。



もうすぐボージョレ・ヌーヴォーもやってきますが、つい先日解禁だったイタリアの新酒ノヴェッロなどなど、世界にはいろんな新酒がございまして・・・

でも、オーストリアの新酒は珍しいですよね。

あとわずか!!!!!!!!

お早目に!!!!!!!!!
2013
11
10

ヌーヴォーご予約受付中!!!

今年のヌーヴォー解禁は11/21(木)

センチュリーもこだわりヌーヴォー入荷します!

ご予約受付中!!!!!

全て「ワンランク上の ボージョレ ヴィラージュ ヌーヴォーです!! 」



★ポール・ボーデ 
華やか、かつ飲み応えのある、エレガントなヌーヴォー。  2,415円(  本)


★シャトー・デ・マラドレ
美食家たちをうならせるような、力強く芳醇で濃い味わい。  2,730円(  本)


★ポール・サパン(プリントボトル)
複雑なアロマ、バランスの良い洗練された「真のボージョレ」  3,150円(  本)


★ルイ・ジャド
若々しさを楽しめるだけでなく、リッチで深い味わいの本物志向の新酒です。 3,465円(  本)

※数に限りがありますのでお早目にご予約くださいネ!!!


コメントは例年の傾向から来る説明。

やっぱ飲んでみないと分かりませんよね♪

数が酸くなってきたアイテムもございます。

くれぐれもお早目に、お願いします!!!

2013
11
04

2014年度 ワイン受験塾 予約受付開始!

年明けから始まる、資格取得に向けたワイン講座のお知らせです♪


社団法人 日本ソムリエ協会による2014年度のソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートの
資格取得に向けた一次試験受験対策講座のご案内です!!!


昨年度も多数のソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートを世に送り出した久保正和氏に
よるワイン受験塾、一次試験受験講座の受講ご予約受付中です!!






【マッサンベのワイン受験塾、一次試験受験講座】






本講座の特徴:
(1) 日本ソムリエ協会発行の「ソムリエ・ワインアドバイザー・ワインエキスパート教本最新2014年度版」
の内容に基づいた講義です。

(2) 上記2014 年度教本内容と過去の出題を講師自身が分析して2014 年度受験勉強用に特別にまとめ
た『虎の巻』と、多数の地図などの資料を使って、分かりやすく、覚えやすい講義を進めます。

(3) 過去5 年間の出題問題を酒類飲料概論、フランスワイン、ドイツワインなどカテゴリー別にまとめて
作成した問題集で、解答の解説を行うことにより、理解度を深めてもらいます。

(4) 初めて本格的に勉強する人も含め全員の合格を目指します。

(5) 本講座は一次試験対策に重点をおいていますが、二次試験のブラインドテストにおけるワイン評価選択肢の要領を勉強のため数回のワインテイスティングを行います。



講座日程と内容: 平成26年1月15日~26年7月23日 原則隔週火曜日 13:30~16:30
毎回3時間。15 講座。



カリキュラム≪予定≫
平成26年度ワイン受験塾 呼称資格一次試験講座
水曜日  ※水曜講座に曜日変更しております。
13:30~16:30
講義内容
平成26年
第1 回 1 月15 日 (水)オリエンテーション、酒類飲料概論(1)

第2 回 1 月 22 日 (水) フランスワイン(1)

第3 回 2 月 5 日 (水) フランスワイン(2)

第4 回 2 月 19 日 (水) フランスワイン(3)

第5 回 3 月 5 日 (水) 酒類飲料概論(2)、ドイツワイン

第6 回 3 月 19 日 (水)酒類飲料概論(2)、ドイツワイン~

第7 回 4 月 2 日 (水) イタリアワイン、スペインワイン

第8 回 4 月16 日 (水)ポルトガルワイン、オーストラリアワイン

第9 回 4 月 30 日 (水)スイスワイン、ブルガリアワイン、ギリシャワイン他

第10 回 5 月 14 日 (水)アメリカワイン、カナダワイン、アルゼンチンワイン

第11 回 5 月28 日 (水)チリワイン、オーストラリアワイン、ニュージーランドワイン

第12 回 6 月 11 日 (水) 日本のワイン、ワインの鑑賞と表現法

第13 回 6 月25 日 (水)ワインの管理と販売、ワインと料理

第14 回 7 月 9 日(水)ワインのサービス実技(理論)、公衆衛生と食品保健

第15 回 7 月23 日 (水) まとめ、最終模擬試験


* 講義は原則隔週水曜日ですが1月は変則です。
* 受講生の理解度に従って適宜より良い方向に上記カリキュラムを変更することがあります。
* 一次試験出題国が変更になった場合は、それに合わせてカリキュラムを変更します。
* 本講座は一次試験対策として模擬試験解説、過去出題問題解説などに重点をおくため、
ワインテイスティングは、6 回くらいの実施になります。二次試験対策として基本的なワイン評価の選択肢の要領を勉強し、各自の日常のテイスティング自習の参考にします。






講義開催場所:
ワインハウス センチュリー 3 階セミナールーム“シエクル”
芦屋市東山町7-21 古河ビル1F
(JR 芦屋駅下車、北へ徒歩10 分)
Tel:0797-34-0045 Fax:0797-34-0642
E-mail:info@century-jp.com
http://www.century-j...


講師: 久保 正和氏
エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン主宰
日本ソムリエ協会公認シニア・ワインアドバイザー
日本ドイツワイン協会公認ドイツワイン上級ケナー
第1 回ロワールワイン ワインアドバイザー
/コンセイエ コンクール優勝
第5 回ワインアドバイザー全日本選手権ファイナリスト
Tel/Fax:0798-66-3123
E-mail: macambe@kje.biglobe.ne.jp
http:エコール・マッサンベ⇒検索
講座費用: 85000円(消費税込み)。
教材:『虎の巻』 、試験問題集、その他資料を含む。

* 日本ソムリエ協会発行の2014年度教本は別途各自購入して下さい。


支払方法: 参加お申込みを受け次第、銀行振込先、口座番号を通知させていただきます。



*****************************************************************************************

ご参加申込


平成   年   月   日
To ワインハウス・センチュリー Fax:0797-34-0642 または、講師久保Fax:0798-66-3123
 
平成26 年1 月15 日から始まるマッサンベのワイン受験塾、一次試験受験講座に参加します。

ご氏名:

ご住所:

電話:

Fax:

E-mail:



//////////////////////////////////


ご興味ある方は是非!


人生変わります!!!!!!!
2013
11
02

最近

いろいろバタバタしてまして、ブログ更新滞り気味。

ワインはガッツリ飲んでます。。。。。





ご報告
201310311+.jpg
酒井正裕(さかいまさひろ)
弊社新スタッフです♪
※画像は早くもブラインドで供出されたワインを試飲するところ。
「なんか言うてみぃ!」と無理やり感想を述べさせられるスパルタな環境(笑)

前職ニュージーランドでの勤務経験があり、ワインに目覚めての入社!
ですが、資格取得等本格的なワインのお勉強はこれからです。

弊社は日本一勉強できる環境と自負しておりますのでこれからワイン猛特訓の日々が始まりますねぇ。

彼自身やる気満々で来年のエキスパートから挑戦を決意してくれています。

※ワインエキスパートは(社)ソムリエ協会の一般の方向けの資格。
ワインアドバイザーは同協会のワイン小売業向け資格。
ソムリエは飲食業関係従事の方向けの資格。
ソムリエのみ、サービスの試験があります。
難度は同等の資格となります。



どうぞよろしくお願いいたします!




続きまして・・・
201310271.jpg
先日はフランス語教室をなされている松原容子先生主催によるブルターニュセミナー。

満席!!!!!!!でした。

ブルターニュ出身のフランス人男前(笑)講師をお招きしてシードルを飲みながらのセミナーを少しだけお手伝い。








続きまして、
201311021.jpg

6月にフランスに行った際に買い付けてきたワインが届いたり、フランスの息吹感じるなぁ。最近。。。。

ラベルにダメージがあるものが多くビニールにかぶせたままの陳列。

でも、状態がいいのがよくわかる。

ワイン仲介業者の地下セラーから選んできたのでいいものだけをもちろん選定してますしね。


再度アピールです。
渡仏時のワイン選定中の図。
P1240335+.jpg
P1240334+.jpg
P1240333+.jpg
マグナム ミュジニー 1980年などなど
P1240317+.jpg



コルクが古酒でもぴちっと若々しく固いものが多い!


こういう代物って、ご来店頂いて見に来ていただかないとワインが放つオーラがなかなか伝わらないんですよね。

ラベルはカビやめくれやシミなどがありネットでは売りにくい。

同じものを複数本仕入れると一本一本コンディションが異なる。

でも見に来ていただきたい。

これからも「本物」探して突っ走ります!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター