2014
03
30

増税

4月8日は
第13回ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会

詳しくはこちら
http://century.ocnk.net/diary

予約制ですのでお申し込みはお早目に!!
info@century-jp.com
まで、お名前とご住所お電話番号と人数をお知らせくださいませ!
イタリア、スペイン編約240種類出品しまっせ!!!!!

*******************************

はい、増税・・・・・・大変です。

値札変えたり、飲食店様のメニュー再提案などなど。



弊社のような小売業者は店頭の値札を税込表示から外税表示に切り替えています。

ややこしな~

レストラン様もメニューはフードメニューも含め外税表記に切り替えられるようですね。

来年には10%に再増税もあるし・・・・数年後には「税込表記に切り替えろ」てなことも言われたりするんでしょうね。

なかなか手間な話です。


気合で乗り越えなければ!!

頑張りましょうね~~~

**************************
昨日は、同級生もろもろの会。
1462979_541467975966822_642661561_n.jpg
at バールラッフィナートさん
見事な満席!

素敵な出会いもありバイタリティ溢れる同級生に刺激され充実した夜でした♪

スポンサーサイト
2014
03
28

ラルロ

京都粟田山荘にてラルロの新しい醸造責任者ジャック・ドゥヴォージュ氏来日記念お食事会に参加させていただきました♪

1977414_862716660410492_1547449905_n.jpg
1977121_862716683743823_714026398_n.jpg


P1270930.jpg

そうそうたる面々に大恐縮でした(汗)

1922302_862716707077154_70143462_n.jpg
もちろん、恐れ多い会に参加させて頂くということで一番乗り。

おかげで、少し彼ともお話ができました。


P1270931.jpg
P1270938.jpg

971324_862716740410484_1694192330_n.jpg
1、J・ラサール キュヴェ・プレフェランス ブリュット NV
バランスよく、細かい泡立ち。

2、ニュイ・サン・ジョルジュ 1er cru クロ・ド・ラルロ ブラン 2011年
イイ!!
樽が香ばしくしっかり目に利いており美味い!!!

3、ニュイ・サン・ジョルジュ 1er cru クロ・ド・ラルロ ブラン 2009年
始めはバラツキを感じたのがどんどん後伸びして・・・・やはり偉大なVT!
すばらしいです!

4、ニュイ・サン・ジョルジュ 1er cru クロ・ド・ラルロ ルージュ 2011年
抽出が濃く感じアフターの伸びも若いのに素晴らしい!
パンチが利いていて分かりやすくおすすめできるワインです。

5、ニュイ・サン・ジョルジュ 1er cru クロ・デ・フォレ・サンジョルジュ 2005年
最初少し人工的なニュアンスもすぐに解消。
出汁のうまみがあり程よいボディ感。さすがですねぇ。

6、ニュイ・サン・ジョルジュ 1er cru クロ・デ・フォレ・サンジョルジュ 1996年 3L!!
あっ、香りからしてそれまでとは別格!!
熟成がいかに大事かがよくわかる。
トリュフ香を感じる。96ならでは?の酸はややありますね。


醸造責任者は3世代にわたってのワインだったはず。


7、フィーヌ
割とドライなフィーヌもレアだなぁ。


P1270943.jpg
P1270946.jpg
P1270947.jpg
P1270949.jpg
P1270950.jpg
P1270952.jpg
P1270953.jpg
P1270954.jpg
P1270956.jpg
P1270958.jpg

ソムリエ協会の重鎮な方々も同席、和食とブルゴーニュとの相性についても大変勉強になりました!!!!!!!!!


ありがとうございました!!!!!!
2014
03
22

40歳

40歳になりました・・・・・・

沢山の方からフェイスブックなどでお祝いのお言葉頂いたりして、ありがとうございました!!!


嬉しいです。

お誕生日の夜は、お家でちょっと気になるワインをしっぽりと。

201403221.jpg
ブルゴーニュ・ブラン 2010年 ドミニク・ラフォン

ムルソーのトップドメーヌ ドメーヌ・コント・ラフォンの所有者であるドミニク・ラフォンが、2008 年より自らの名前でリリースした作品!

エチケットがモダンで目を引きますね♪

味わいは思いのほか綺麗。美人だなぁといった印象。

スソ物ですがもう少し置いてあげてもいいのかな、と。

程よい樽香がなんともリッチ~な感じでやはりさすがですね♪


厄にもめげず40代も気を引き締めて、ガンバロ。
2014
03
19

ホームパーティ

ご近所さんで寄り合って、しばしばお誘いいただくホームパーティ。

いいですよね。

アットホームな雰囲気と時間を気にせず語り合う。

ホストの方にはいつも頭が下がります。

準備もさることながら、終わってからのおかたずけがありますしね。(感謝感謝)


この日は、計5家族!集合。

P1270792.jpg
P1270797.jpg
ニコラ・マイヤール
いやぁ、安定してるなぁ!
個人的にはNo.1おすすめNMシャンパンだな。

P1270798.jpg
ローストしたてのスペイン産最高級アーモンドなぞもつまみつつ・・・・


P1270799.jpg
ブルゴーニュ・シャルドネ 2011年 ポール・ガローデ

流石、納得のムルソー格落ちブドウ使用。
「格落ち」という言葉の響きは良くないが、言ってみればほぼムルソーですからねぇ。
納得の一本でした。

P1270801.jpg
モンペラ ブラン 2011年
コレ、赤もイイですが白もよくできてるなぁ。

パンチがあり癖がない。雑味もなくて、こういったいろんな食材が出るパーティなシチュエーションには、存在感があり向いてるワインですね。


P1270800.jpg
ボーヌ クロデシュ・デ・マルコネ 2005年 ポール・ペルノー
「白で有名な生産者が手掛ける赤。」
結構気になるテーマです。

立ち上がりは酸が主張していましたが徐々に甘味が出てきてまろやかに。
そつなく楽しめる、合格点物でした。



P1270806.jpg
ラ・グランジュ・ヌーヴ・ド・フィジャック 1999年
Ch.フィジャックのセカンド。
コレ、イイ!!!
飲みゴロまっただ中!
こういうワインに出会うと後戻りしにくくなっていくんですよね~
香りでまず引き込まれて味わいでさらに納得。
余韻があり、記憶に残る。
セカンドも侮れません。


P1270809.jpg
クロ・デュ・マルキ 2002年
ラスカーズのセカンド。
やはり、こいつは少しワカメでした。
でもカベルネのいい部分が楽しめて健全なボルドーワインの良さが楽しめました♪

いろいろ書きましたが、実はほとんどワインの会話ではない話に夢中で・・・・・

気取らないホームパーチーも最高にいいものですね。

会に参加いただいたみなさま、本当に、ありがとうございました!!!!!!
2014
03
15

貴陽⇒無事終了、生田神社会館試飲会!

センチュリーから歩いて行けるエリアに3/10にオープンした中国料理 貴陽(きよう)さん

中国料理「貴陽」

芦屋市東芦屋町2番1号 エクセレント芦屋1階   0797(26)8718


料理長は「蘇州園」や「老香港」などの有名店で料理長を務めたお方だそうですよ。


P1270748.jpg
P1270747.jpg
P1270746.jpg

妻と二人でランチです。
P1270749.jpg
P1270752.jpg
ふかひれとカニのスープ♪

P1270753.jpg
干し貝柱入りお粥
優しいお味

P1270756.jpg
P1270757.jpg
三種の点心

P1270758.jpg
牡蠣のテンプラと春巻き。



P1270760.jpg
国産の中国野菜を特別ルートから仕入れられているとの事で、しゃっきり新鮮な中国野菜!
イカもエビもいい感じ♪

P1270762.jpg
チャーハンも深みある優しい味わいで美味しかったぁ!


201403151.jpg
香港焼きそば!!

P1270763.jpg
タピオカとマンゴープリンで〆

いやいや、楽しみなお店がまた芦屋にできましたよ♪

是非是非おすすめ~~~!!!!!



おひつご飯を終えぱっと電車に飛び乗り、弊社主催の生田神社会館での試飲会に。
P1270765.jpg

大雨にもかかわらず、足元の悪い中沢山のお客様にご来場いただき感謝感激!

ありがとうございました!!!!!

P1270767.jpg


4月8日(火)の第13回 ワインテイスティング IN 芦屋はご予約受付中!
(要予約)

詳細はこちら⇒http://century.ocnk.net/diary
こちらもぜひご来場お待ちしております!!

2014
03
14

モード・ディ・ポンテベッキオ

**********************************************

4/8(火)は第13回ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会
参加費1000円、約240種類のワインをテイスティングできる会!
詳しくはこちら⇒ http://century.ocnk.net/diary
要予約ですよ!!

**********************************************

とあるワイン会合に参加させて頂く♪

モード・ディ・ポンテヴェッキオ
201403131.jpg
201403133.jpg


201403132.jpg
個室にズラリの図は壮観です!


飲み物は無理を聞いていただき持ち込ませて頂く。

apéritif
Aramasa "6" R Type(日本酒で乾杯からです。)



201403134.jpg
筍のマリネ
合わせたのは"S" de Suduiraut / Bordeaux 2011 750ml

香りはこんがり香ばしくリッチですが味わいはドライでまだまだこれからが楽しみな印象。
強いワインですね~。
珍しいなぁ~


201403135.jpg
ブロデット
合わせたのは2009 Colli Orientali del Friuli DOC Picolit / Dorigo500ml

甘口ワインで合わせるとは・・・・これはこれは恐れ入ります。
参ったなこりゃ。
合うではないですか!!
ピコリット、マイナーですし少々、物によっては非常に効果になってしまいがちですが、ソーテルヌとはまた違う面白さがある甘口で、「素晴らしい!!」の一言!!秀逸です!


201403136.jpg
ホタルイカ
合わせたのはFukuju Deluxe Junmai

再度、日本酒で♪
イカのワタなどにはやはり日本酒だな。

201403137.jpg
アスパラガスのニョッキ
合わせたのはVin Jaune 2005 (Jacques Puffeney) 620ml

フフフ、マニア~~~~~~~~~~~~~ック!!
ここまでマニアックが続く会は初めてかもしれません。

クラブラン(620mlボトル)も見る事ないな~。
味わいは、フィノシェリーに近い扱いをしてあげたらいい、といった印象。
面白いです。



201403138.jpg
赤牛のロトリーニ
合わせたのは1997 Château Canon la Gaffeliere / Saint-Emilion Grand Cru

思ったより若さと酸味が少し残るが、やはりいいですね~

今回に限っては、ようやく普通の「ワイン」が出てきた感(笑)

シルキーでお料理ともよ~~~く合います!


201403139.jpg
2014031310.jpg
2014031311.jpg


デザート
合わせたのはFrangelico

フランジェリコも、単体でじっくり味わってあげると面白いリキュールです。

ヘーゼルの味わいがストレートに楽しめる。

勉強になりすぎた!!!


いやいや、まだまだ学ぶべきことは多すぎて気が遠くなります。。。。。。。

マリアージュ、考えれば考えるほど奥が深くて面白い。

ありがとうございました!!!!!!


ご馳走様でした!!!!!!
2014
03
12

ラ・ヴェルヴィ

T師匠♪にご紹介いただき新町のフレンチ ラ・ヴェルヴィさんでワイン会をさせていただくことに。
P1270676.jpg
P1270679.jpg
ひよこ豆のスープ
丁寧さが伝わるお味
P1270680.jpg
白子のポワレ グリーンペッパーソース
いや~ヴォリュームもあって好きです!
そういえば、「ビストロってまだまだ需要があるよね」「気軽にワインを飲めるビストロもっと欲しいよね」な会話になったり。。。。


P1270683+.jpg
リシャール・シュルランでシャンパイ♪
黒ブドウ由来のしっかりシャンパン


P1270684+.jpg
ワオ!
オーセイ・デュレス レ・クルー(ドーヴネ)2002年
詰まってますね~~~~~~~~~~~!
とろみがあり独特のゴージャスな舌触りだ。
オイリーな、ごま油~な、そして時間と共に開いてくるパワー。
圧巻です。
ドーヴネ・・・・そうかぁ、こういう感じね~、やっぱ¥するよなぁ~~~


P1270685.jpg
P1270686.jpg
ピュリニー・モンラッシェ 1er Cru フォラティエール 1986年 ジョセフ・ドルーアン
ちと、濃い黄金色。というよりやや茶色がかっていて一抹の不安。
ふん、ふんふん、ん~~、ま、悪くないけど、美味しいけど何か違う。
美味しさの峠すぎてるのか、なんだか最初から開ききった感じ。
面白いんですけど、「開いてく楽しみ」みたいなものが少なくて・・・・甘味はあって美味しいのですが、なんか不完全燃焼。

P1270688.jpg
エスカルゴときのこのフリカッセ ブルゴーニュ風
いやいや、お料理おいしいです!
ヴォリュームもあり、正統派!な感じがイイ!

P1270690.jpg
蝦夷鹿の赤ワインで煮込んだクレピネット焼き
↓ほぐすとこう
P1270692.jpg
鹿肉は個人的に大好物であります。
甘味を加える為に牛肉を少量加えるとか。
作り方の行程聞いてたら、まぁなんと手の込んでいる事!(感謝)

P1270693.jpg
シャンボール・ミュジニー 1er cru レ・ブード 1990年 ユベール・リニエ
まず、香り素晴らしい!!!!!
重心は低めで90年物らしいバランスと力強さ。
抜栓すぐから出汁旨みがありしみじみとうまい。


P1270694.jpg
エシェゾー(ミュニュレ・ジブール)2001年
まず思ったのが状態の良さ。
落ち着いておりシルキーでみずみずしい。
ハンドキャリーでもこの感じ、相当丁寧に扱われたことが想像できる。
こちらも、しばらくすると出汁のうまみが出てきて、少し梅カツオ系。
いやいや、素晴らしいです!



P1270696.jpg
カルディナールシュニッテン
ふわふわ感は画像では伝わらない、想像の30倍くらいやわらかいお菓子でした!
素晴らしい!!!!!!!





P1270697.jpg

ラ・ヴェルヴィさん、本当にいいお店。
お人柄もよく、お料理も大変おいしかったです。
無理ばかり聞いていただき有難うございました!



はい、次に移動しまして・・・・・

新地の超人気ワインバー ランジュヴァンさん、周年のタイミングでしたので♪

お店には、知った方々がずらりずらり。


「こんばんは~~♪」


で、いきなり出されたグラスワインはブラインド。


ふむふむ、正統派な感じ。
DRCか?という声も出たがそうは思わんぞ。

グランクリュではあるな、周年だし(笑)


生産者は分からんが「エシェゾー2010年?」と言ってみた。














P1270698.jpg
ぎょ!すごいワインだった。

2005年とは、想像以上に若々しいし・・

グラン・エシェゾーだし。ま、エシェゾーを外さなかっただけ満足。

時間と共に「やっぱDRCだな」と思う芳香にうっとり


P1270700.jpg
シャルム・シャンベルタン 2011年 アルロー
こちらは、ブラインドでNZのピノ?
と答えてしまった、格付けから行くと少し?が残る出来と言ってTDJさんが飲ませてくれました。

難しいです。

P1270702.jpg
ドミナス2007年。こちらは先日、紀茂登でも頂いたな。

力強いです。



いやいや、身の濃い一日。

勉強になりました!!!!!!!

皆様、ありがとうございました!!!
2014
03
10

オーベックファン神戸でプレミアムワイン会

オーベックファン神戸さまのびっくりするセラーから、これまたびっくりな内容のワインとお食事を楽しめる会に参加。(定期的にやっておられますよ♪)

P1270614.jpg

いつ来てもかっこいい!

P1270615.jpg
P1270616.jpg


P1270617.jpg
ずらり並べられたワインズに心躍ります。
P1270618.jpg
P1270619.jpg
P1270620.jpg
P1270621.jpg
P1270622.jpg

サービスは先日イタリアワインコンクールで日本一になられた塚元シニアソムリエ。




P1270624.jpg
春の訪れ
たらば蟹 活帆立貝 聖護院大根 菜の花 ホタルイカ ハーブ

P1270625.jpg
フォアグラのフラン

P1270627.jpg
シャンパンから始まり、赤4種をじっくりと。。。。。


P1270629.jpg
シャラン産鴨肉のロティ
金山寺味噌 黒大根 ソースヴァンルージュ
味噌は赤ワインにはよく合いました。特にクロ・ド・ヴージョ95との相性はグッド!


P1270631.jpg
P1270633.jpg
P1270634.jpg
お料理も素晴らしく、リッチな空間と安定感あるサービス、大満足。


ワインの感想を少々。


P1270635.jpg
クラヴィエNV
CD 2/3、PN 1/3。
白黒具合がピアノの鍵盤の割合に似ているという事からクラヴィエ(鍵盤)と名付けられたユニークなシャンパン。
赤ブドウ多めと感じたが、あとから確認して、外した。。。
でも、すっきりというより少しコク深いタイプ。
いいシャンパンです。


P1270636.jpg
フランソワ・ダレンの2011年 ブルゴーニュ・ルージュ
この生産者、近年注目との事ですがカナリイイ!!!!
次に来るエシェゾー2006年との比較では、若いのに早くから開いた香りが楽しめてこれはこれは恐れ入りました!



P1270637.jpg
エシェゾー 2006年 ファブリス・ヴィゴ
アンリ・ジャイエ氏のアドバイスで一気に頭角を現した経歴を持つヴォーヌ・ロマネの新星。

う~ん、少し硬かったなぁ。
しっかり時間がたってからようやく優しいバランスの取れた香りがたち始めた。


P1270638.jpg
クロ・ド・ヴージョ 1995年 フェヴレイ
ドメーヌに近いネゴシアンとしてとても人気がありますね。

クロ・ド・ヴージョらしく鉄っぽく野暮ったい重たさがあり、力強い。

まだまだ、熟成させたい。

金山寺味噌、鴨との相性は抜群でした!


P1270639.jpg
さてさて、トリはDRC リシュブール 1996年
序盤はなかなか閉じこもりがちながらもDRC特有の香りは健在。
ヴィンテージから来る酸の少し勝ち気味な印象は勉強になります。

まだまだ、本領発揮は私の個人的好みから行くと「これから」な感覚で、もっとねじり込んで来る甘美な旨みは出てくるんだろうか。

美味しい中での評論ですよ。素晴らしく美味しいです!

贅沢な話やなぁ。


いやいや、勉強になります。

とにもかくにも、このオーベックファン様のプレミアムワイン会はアンビリーバボーに素敵な内容につき、超お勧め。
http://www.aubecfin-kobe.com/

是非是非、要チェックですよ~♪
2014
03
08

業務連絡。3.13試飲商談会のお知らせ!

業務様限定の試飲会情報です。(一般の客様は申し訳ございません。以前にもブログアップさせて頂きましたが・・・)

3月13日(木)に生田神社会館 2階 布引の間にて
「4社合同試飲商談会 in 神戸」をセンチュリー主催で行います!!
神社横の生田神社会館の二階です。


imge944f35ezik3zj.jpg
画像はイメージ。
お隣の会館の二階です。

飲食店の方々はお気軽に、お越しください!

気合満点でお待ちしております!!!!!!!!!


開催日時:3月13日(木)13時~17時

出展インポーター:㈱アルトリヴェッロ、㈱コートーコーポレーション、㈱ボンド商会、メイワ㈱

テーマ:新着イタリアワイン、拘りのフランス自然派、コスパ抜群ワイン、春向けワイン等約50種!
(春季限定ワインもございます!)

ご参加ご希望の飲食店様は下記の内容を記入の上、FAXかメールにてお申し込みください!

●貴店名
●ご参加人数
●お電話番号


FAX:0797-34-0642
メール:info@century-jp.com
2014
03
07

紀茂登

紀茂登さん、再訪です。

画像メインでお楽しみください。

素敵な器にもご注目!


先付・・・・ていうか、すごい具だくさん。アワビ素晴らしい。

P1270574.jpg

シャンパンは画像失念!
フォワシィ・ジョリー・シャンパーニュ・“キュヴェ・クープ・ド・クール”・ミレジム  ヴィンテージも失念。
時間と共に、赤ブドウ由来か、厚みが出てきて面白かった。
アップルパイ?リンゴを煮詰めたようなやや落ち着いた味わい。


P1270578.jpg
P1270580.jpg
P1270582.jpg
P1270585.jpg
P1270587.jpg
P1270589.jpg
P1270590.jpg
バロナーク 2011年
こちらも厚みがありいかにも南のエリアを思わせる味わい。
樽というよりも、ブドウの分厚さが強い。

もう少し綺麗系の方が個人的には好みかな♪

P1270591.jpg
NZのソーヴィニヨン・ブランをちょこっといただいたり、日本酒も少々。

グラスはオールドバカラだそうで、カワイイ。

P1270593.jpg
トリュフの香りが店内充満!最高の一皿です。

P1270594.jpg
P1270596.jpg
P1270598.jpg
P1270599.jpg
P1270602.jpg
P1270603.jpg
生のイカナゴをお茶漬けにして・・・・


P1270604.jpg
P1270606.jpg
P1270607.jpg
P1270608.jpg
P1270611.jpg
お抹茶で〆。


いやいや、素晴らしいの一言。

おしぼりを洗う水までこだわられる徹底ぶり。

ワインも個性的なラインナップに勉強させられるばかり。

器も料理の一部であるということをしみじみ感じさせられました。

今回も、参りました!感動いたしました!

ご馳走様でした!
2014
03
03

カルボニエラ・デル・トロ⇒ザ・タイム

昨晩は、弊社会長とお食事に。

P1270549.jpg
カンパチ♪

P1270550.jpg
ウォー、白が飲みたい~~!!
久しぶりのヴェルディッキオ。
これ、長年弊社定番ワインですがほんっとよーでけてる。


P1270551.jpg
P1270553.jpg
北海道の新鮮な白子のガーリックソテー!!!!!!!!!!!!!!!!サイッコウ!!!!!!!


P1270556.jpg
淡路産のヒラコイワシ。
こんなんえ~わ~。
おいっしいわ~。
酒進むわ~~~~~


P1270558.jpg
プロセッコ スプマンテ レ・マンザーネ

揚げ物に、スプマンテな口に戻ったりして、のチョイス。


P1270560.jpg
淡路の天然真鯛のアクアパッツァ
いやぁ、いいですね~
骨の髄までねぶります(笑)


P1270561.jpg
大麦を魚の出汁ソースで。。
初めて食感!おもろ。


P1270567.jpg
ワタリガニのトマトクリームソース!
間違いなく絶品です。



ほろ酔いで、阪急苦楽園口すぐにある老舗バー ザ・タイムさんへ。

1506747_848296325185859_118856450_n.jpg
フルーツのウイスキーマリネ
ほほう、なるほど。
おされだ。

1507980_848293478519477_2026431676_n.jpg
スプモーニ

1620452_848292545186237_1257697641_n.jpg
1924403_848292571852901_370581090_n.jpg

ボウモア


1911689_848307795184712_699771033_n.jpg
最後はペルノーをおまかせ仕立てで・・・

ペルノー社が薦める飲み方だそうで、アンゴスチュラビター少々にお砂糖と、あとはミネラルウォーターをお好みで。

この、オーセンティックな落ち着いた雰囲気、オーナーの宇座さんご夫婦による包み込まれるような安心感。別格だな。


いやいや、有意義な親父とのデートでした。
2014
03
02

ガガやらイチジクやら入荷?!

1月、2月と厳しい寒さが続きましたがようやく、3月に入り春に向かって気候も気持ち的にもほどけ出しているような気がします。

寒さが続くと、一般の方々は飲食店に食べに出るのが億劫になる⇒お酒が出る量が減る⇒ワイン屋の売り上げが減る

ということで、なかなか苦しい年初を過ごしていたわけですが、これから桜の季節に向けては楽しみですね。

さくらも咲くし、気分が開放的になりお酒も勧めやすくなる。


その日のための準備に明け暮れていた感じの最近でした。


1969291_847485945266897_201063430_n.jpg
1966703_847485968600228_363230629_n.jpg
新入荷のガガロゼ!

レディー・ガガ所有の作り手が手掛けるカリフォルニアのロゼ、『ガガロゼ』


gaga1.png
gaga3.jpg
ガオ!

gaga5.jpg


ぷぷぷ(笑)

徹子もびっくりやな。

セルフプロデュース、勉強になります(笑)

初回入荷分は瞬殺で完売。

再入荷予定はありますが、かなりの反響につきお早目に♪


シラー45、ピノ23、他。
ステンレス、中辛。
日本に50ケースくらいしか入ってないとか。。。。。

今年の花見はガガロゼで決まりだな。
このビンテージ限りの限定品との事。

飲んでみたら以外と辛口。

1920434_844106715604820_1627512709_n.jpg
来る日も来る日も美味しいワインを求めテイステイング

201403021.jpg


めっちゃオイスィ~ドライイチジクも入荷しました。
201403022.jpg
こちらも大反響!


スペイン マラガ産のドライチジク!
yjimageR8YRZCQZ.jpg


ワインのお供に完璧です!

よくあるトルコ産などの干しイチジクなどは漂白されていて、しかも固い事が多くありませんか?

こちらは、無漂白で天日干し。

完熟イチジクを使用し、お湯で洗うのみの薬品処理は一切していない代物。

製菓用の最高級品を特別ルートより入荷し、扱いやすい100gパックに詰めてもらいました!

100g380円(税別)

お手頃価格だし、何しろ品質は食べていただくとわかって頂ける最高級品!

ナチュラルな味わいと適度な柔らかさ。

パクパク食べてしまいます!

今売り切れ寸前ですが、水曜日再入荷予定。

ちなみに1kg入り2800円税別もございます!


まだまだ、春先に向けて新入荷商品続々予定中!


乞うご期待ください!!!!!!!!!!!!!!!!



プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター