2014
06
28

老虎菜(ラオフーツァイ)でワイン会

老虎菜(ラオフーツァイ)での持ち寄りワイン会に参加させて頂くことに(嬉!!)
http://lao-fuu-tsaii.com/

予約も大変なお店なのに、会を企画してくださったT氏には心より感謝!申し上げます!

8名による持ち寄り。

画像メインでお楽しみくださいませ。



P1280502.jpg
鮎のジャスミン燻製。
骨まで頂けます。
一発目からパンチある一品。
相当面白いし、もちろん美味いんですけど・・・

P1280504.jpg
ふかひれ

P1280506.jpg
おナス、蒸し鶏だったか・・

P1280507.jpg
よだれ鳥

だめだ・・・以後、お料理名は失念・・・

P1280508.jpg
P1280510.jpg
P1280511.jpg
P1280514.jpg
P1280516.jpg
P1280518.jpg
P1280519.jpg
P1280520.jpg
P1280521.jpg
P1280523.jpg
P1280524.jpg
お料理はどれもこれも個性が感じられて、唐辛子の利いた料理などは辛さの抜けが良くすっきり癖になる。

油の綺麗なイメージも嬉しくって、ついつい夢中で食べてしまっている。

いやいや、さすが人気なはずですね。


P1280493.jpg
ワインはある程度メモっておいたんで・・・

ベレッシュの新しいシリーズ。
ヴァレ 2002年
酸味を感じる熟成香。
やや酸化熟成な個性香も感じる。
程よい熟成感が心地よくスパークリンググラスでは酸がやや尖って感じたのが、白グラスに入れてみると舌触りや酸味がマイルドに。

初心者には好き嫌いが出るかもしれませんが個人的にはコレ、かなりイイ!


P1280500.jpg
ゴッセ ミレジメ 2004年
あぁぁ、グランメゾンの安定したおいしさは安心するなぁ。
バランス良く、すっきりとした酸がクイクイいっちゃいますね。

P1280495.jpg
ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ 2007年 ビゾー
ビオ系の薄色
香りもパカレなど思いださせる自然派。
これはこれできれいに美味い。
ヴォーヌ・ロマネの個性を求めていたら、これは少し綺麗すぎるスタイルかも。

P1280494.jpg
モレ・サン・ドニ 1er Cru ブッシェール 2003年 G・ルーミエ
あ~、イイ
中華に合うわ。
甘濃いモレのボディが良かった。
シルキーなタンニンはルーミエのなせる業だな。


P1280499.jpg
ヴーヴ・クリコ ロゼ 1998年
ネットり、コックリ、程よい苦み。
いい熟成と舌にまとわり付く旨み。
素晴らしい!

P1280496.jpg
メッソリオ 2002年
ややウルっとウエッティな舌触りはVTから来る特徴か。
でも他VTで感じたほどではないものの、しっかりとした骨格を持ったワインですね~

P1280498.jpg
オルネライア 2001年
この日のメッソリオより、もう一つタニックでしっかり。
オルネライア独特の樽味も楽しいです!

P1280497.jpg
ヴァルポリチェラ スーペリオーレ 1999年 ダルフォルノ・ロマーノ
ええ顔してまんなぁ~
香りは、すこ~し本調子じゃ無かったかな?
ワインて難しいです。。。

P1280501.jpg
ドミナス 1997年
クリーンでカベルネのお手本的な飲み頃とバランスの良いウマさ。
健康的で上品にあか抜けてる。
流石です!!!!


お料理に合わせて、皆さんが思い思いに持ち寄るワイン会も超楽しかったです。

料理に合わせて考えるか、ワインでテーマを持たせて楽しむか、楽しみ方は無限大だな。

貴重な会に参加させて頂きありがとうございました!!!!!!

次回もよろしくお願いいたします~~~!!!
スポンサーサイト
2014
06
26

遠藤関

今を時めく角界のホープ、遠藤関とお会いできるご縁を頂きました at ボッテガ ダイさん

201406268.jpg
201406267.jpg
生の甘エビが乗ったパスタ絶品っス。

201406266.jpg
201406265.jpg
火入れ最高!やわらかくこちらもスペシャルな皿でした!

201406264.jpg
201406269.jpg
お昼をご一緒させて頂いたんですよね。
貴重な機会を本当にありがとうございます!

左は、次の場所より十両に昇進された大栄翔関
右はご存知遠藤関。

やはり、現役力士は迫力やオーラがあります。

神々しい。

201406262.jpg

201406263.jpg

昼食の後、お二人は川西の商業施設、アステ川西のぴーぷー広場にて、トークショー。

いやいや、面白かった。

人気もありますね~、すごい人だかり。

201406261.jpg


ワインでのご縁から、こんな貴重な機会を頂けたことに感謝。

ありがとうございました!!!!!!
恒例の試飲会をいつもは8月、9月の2回に分けて行ってきたのですが、今年はAの会(イタリア、スペイン)を4月に行い、
Bの会を8月26日(火)に行うことになりました。

ようやく、出店インポーターも決まりましたので、ご参加お申し込みのご案内をさせて頂きますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  <第13回 ワインテイスティング IN芦屋 Bの会>


皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
日頃の格別なご愛顧を感謝し心より御礼申し上げます。
ワインは食生活の“宝石”を合言葉に、皆様方に幅広く味わって頂く弊社主催のワインの試飲会を今年も下記の通り企画
いたしました。
この機会に是非お越しいただけますようご案内いたします。


                                  記


日  時:Bの会 平成26年8月26日(火) 13:00~19:00 (フランス、ニューワールド他)
       (いずれもどの時間帯に来ていただいても結構です)

場  所: ホテル竹園芦屋 3F 飛鳥の間   TEL 0797-31-2341

主  催: 株式会社 センチュリー     〒659-0091 芦屋市東山町7-21
TEL :0797-34-0045   FAX :0797-34-0642

メールアドレス: info@century-jp.com


■出展業者  :
JSRトレーディング、コートーコーポレーション、テラヴェール、フィラディス、サントリーワイン インターナショナル、
ファインズ、アズマコーポレーション、飯田、稲葉、ヴァイ&カンパニー、木下インターナショナル、ヴィレッジセラーズ、
豊通食料、日本リカー、メルシャン、ブリストルジャポン、ボンド商会、モトックス、スマイル、エノテカ、三国ワイン、
チョコヴィック・ジャパン、ワインハウス センチュリー(順不同、敬称略)  

出展ワイン:約200~240種類予定。比較試飲多数あり♪

対  象 : 飲食店関係者、ワインに興味のある酒販店、一般のワイン好きの方。

目  的 : ワイン文化の啓蒙、及び特別価格による予約販売。 (一部、有料試飲あり)

参加費用: 各会¥1,000 

定  員 :  400名 【完全予約制】

・参加費のお支払いは当日受付にてお願い致します。お車でのご来場はご遠慮願います。
(※お申込みはFAXもしくはメールにてお願い致します。FAX:0797-34-0642)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   
                        <参加お申し込み>

□ Bの会に参加します。(8月26日(火)フランス、ニューワールド他)

ご住所:〒    -                                     

お名前:                様 

お電話:    -        -        (合計       名)

e-mail:                          
(各種イベント等をご案内するセンチュリーメールニュースに自動的にご登録させて頂きます)




今回も気合バリバリ入っておりますっっ!!!!!!!!!!!!!

ご予約、お待ち申しております!!!!!!!!!!!!!

動画は前回の様子:

2014
06
16

町屋(MACHIYA)

芦屋にまた新しいお店が一軒。

本日オープンですよ。

町屋(MACHIYA)
https://www.facebook.com/ashiya.machiya

先日、レセプションに行って参りました♪


201406161.jpg
201406162.jpg
そら豆のヴィシソワーズ

201406163.jpg
前菜盛り

201406164.jpg
鱧のカルパッチョ仕立て

201406165.jpg
アスパラ、パンチェッタ、そうめん、カボチャ巻き

201406166.jpg
若鳥のサムギョプサル風

201406167.jpg


201406168.jpg
淡路ポークの西京焼き

201406169.jpg
鶏胸肉のおひたし

2014061610.jpg
淡路和牛サーロインのロッシーニ

2014061611.jpg
〆茶そば


アラカルトもあるけどコースで押していくとの事。

楽しみですね~

ワインもある和食やさん。芦屋にまた新しい風が吹くな。


2014
06
12

とあるワインセミナーお手伝い【備忘録】

備忘録です。

とあるワインセミナーのお手伝い。

今回は、私にとっても縁と所縁のあるニュージーランドがテーマでした。
※2011年2月末~5月上旬にかけてニュージランド滞在した記録もブログに残ってます♪



201406122.jpg
201406121.jpg
■シレーニ スパークリング メルロー
ホワイト スティルトン  クランベリー 200g
栓が最新鋭式で勉強になりました。
味わいは・・・メルロースパークリングは珍しいですが、個人的にはタンニンも立つし難しいかな、といった印象。



■コヤマ リースリング  2013年 
ホワイト スティルトン レモンピール 200g
やや甘めな、リースリング。
美味しいです!気取らず楽しめてほっとする感じ。

■キム・クロフォード ソーヴィニヨン・ブラン 2008年
パヴェ オ エルヴ200g 1個
良くできてますね。
典型的NZ マールボロスタイル。
ハーブ、青芝、柑橘。
完熟な感じが程よくアフターに感じられてすっきり美味しい。

■ゴールドウォーター ツェル  ワイヘケアイランド シャルドネ  2006年
ブリ オ グラン・マルニエ(小) 1/2個
高級感あふれる樽香が楽しい。
果実のパワーがやや不足気味かな。
でも、ワイヘケ島最古のワイナリー(1978年創業だったか)で、おもしろいです。

次の日には随分とへたってましたのでその日のうちに楽しむワインですね。


■モートン・エステート ピノ・ノワール  2005年
ニュイ ドール アフィネ オ ピノ ノワール 1/2個
やや茶色がかった程よい熟成色。
味わいも熟成が感じられ、香りもしっかり複雑みがあり楽しめます。




■アタ・ランギ ピノ・ノワール  2011年 
エポワス 1/2個
マーティンボローのピノ・ノワール。
エレガントで美味しいですね。



■プロヴィダンス リザーヴ 2010年
ブルー ド ラカイユ 200g
!!!!!!!!!!!!!
これはこれは、貴重な体験!
ちょっと驚きの芳香と味わい。
無農薬、有機栽培で亜硫酸塩も無添加とのこと。
桑田真澄が手伝って作られたヴィンテージとかで、2010年物は全て桑田真澄ラベルとか・・・

イヤー、どういったらいいのかなぁ。
ビオ特有ではあるのだけれども、いやな感じはない。
なによりピュアーな味わいが感動を呼びます。
口の中で、どこか気づかないレベルで「人工的だな」と思う部分が皆無、といった印象で、これを飲むと他のワインには少なからず「人工的」と思うニュアンスを感じる事が多かったように思いました。

貴重な体験・・・・・

ありがとうございました!!!!!!!!!!1
2014
06
11

永来権→オステリア オ・ジラソーレ

超久々に、弊社シニア三人にて永来権さんにて親睦会。

数年ぶりだろうか。。。

三人での写真も撮っとくんだった。。

いつものようにお料理の画像メインでどうぞ。

201406111.jpg
みょうがの入ったお突き出し。
美味いなぁ。

201406112.jpg
お刺身盛り合わせも美しい事!!!!!


201406113.jpg
フーバーさんとこのヴァイザー・ブルグンダー(ピノ・ブランですね。)
しっかり冷えてても個性がしっかり!
温度上昇と共にコクと複雑みの輪郭がはっきりしてくる。
すごいワインだわ。

同席した弊社営業本部長 藤原と部長 中熊の二人はこの生産者行って収穫のお手伝いも経験してるんだった。

全ての房の真ん中から下を切り落としてブドウを凝縮させるとか・・・・・変態的拘りのワインです。

ピノ・ブランでこんなに凝縮感があるワインはなかなかお目にかからないわけだ。


201406114.jpg
白肝のパテ
うま~~~~!!

201406115.jpg
201406116.jpg
シャブリは、やはりシャルドネの安心感と岩塩とミネラル感のマリアージュが素晴らしくて、これまたススムわ~


201406117.jpg
201406118.jpg
201406119.jpg
2014061110.jpg
2014061111.jpg
2014061112.jpg
ビールがおいしそうに見えて・・・・・

美味しいお店はビールを見ればわかります!


2014061113.jpg

2014061114.jpg
〆ラーメン!

鶏とワインの組み合わせを考えるのは楽しい作業。

以外とないですからねぇ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご近所に、オステリア オ・ジラソーレさんが移転されてこられたので行ってみよう!となって・・・




2014061115.jpg
外のみが気持ちいい近頃。

北向かいは宮塚公園につき少々の賑わいもOKみたい。

盛り上がってますね~~~~~

2014061116.jpg
スプマンテ♪

2014061117.jpg

2014061118.jpg
厨房は広いですね~

2014061119.jpg

生ハム盛り♪

2014061120.jpg
自家製パンはアニスの香りでテンションアップ!

2014061121.jpg
揚げピザに心奪われる!

2014061122.jpg
お店の奥はL字に広くてリストランテエリアこんな感じ。

テイクアウトではパンやイタリアン惣菜の他にドルチェまであって・・・・これは手土産に早目に利用してカッコつけれるナ♪



ちなみに、ダイエット中ですけど・・・・・・


ご馳走様でした~~~!!

2014
06
04

もも焼き かわむら⇒やまぎわ

芦屋の人気焼き鳥やさんの永来権(エラゴン)さんの新店舗が、永来権さんのすぐお向かいにオープン。

立ちのみ、もしくはハイチェアースタイルの気取らないもも焼きやさんになるようで、先日、オープン初日に行って参りました。


10年来のお付き合い、MM兄さんと。

201406041.jpg
201406042.jpg
もものたたき

201406043.jpg
201406044.jpg
サラダもめちゃウマい!

201406046.jpg
砂ズリとマッシュルームのアヒージョは初挑戦の新メニューとの事。
めちゃいいです!!

201406047.jpg
看板メニューのもも焼きはご覧のように、大仁田 厚状態(笑)

201406048.jpg
いやいや、素晴らしい!

宣伝せずのオープンとおっしゃられていたのに、超満員状態につきご迷惑をおかけするといけないので、もう少し食べたかったけど退散するとしますか。





@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@





歩いてすぐにある お惣菜のある やまぎわさんへ。



私がガキの頃からお世話になっているお得意先様。
201406049.jpg
2014060410.jpg
お出汁が品よく、どれも本当においしいわぁ~

2014060411.jpg
カウンターに大皿でその日のお惣菜が並ぶスタイル。

2014060412.jpg
2014060413.jpg
どれも秀逸!

2014060414.jpg
焼き鯖は本当に素晴らしかった。

2014060415.jpg
鱧の酢の物。


ワインは無し、ビールと焼酎。

芦屋、うまいもん情報でした♪


この後もう一軒・・・・・・久々に、次の日にかなりこたえるへべれけの夜でした。
2014
06
02

ワインの神 降臨

師匠と新地の弘屋さんへ。

P1280411.jpg
ディエボル・ヴァロワ ブラン・ド・ブラン グランクリュ
Mise en cave en 1983は「1983年にカーヴに入れた」という意味かな?
商品自体はNVのようですね。
まずは、結構なシェリー香。
随分進んでいる感がある物の味わいは生きていて甘味が徐々に出てくる。
時間と共にシェリー香も抜けてきてガス圧もほどほどに残っており状態はいいものだったと伺えます。
液色も飴色が入ってきていて、古いシャンパンも面白いですねぇ。



すみません。お料理名は失念。画像でお楽しみください。。。
P1280412.jpg
P1280413.jpg
P1280415.jpg
P1280416.jpg
ピュリニー・モンラッシェ 1er Cru ピュセル 1999年 ルフレーヴ
!!!!!!!!!!!!!!!
ヒット!!!!!!!!!
香りバリバリ!
素晴らしい、オーラを感じる香り。
甘味、樽感、そしてメラメラと感じるミネラル感。
鉄分を含む旨み。
後半、伸びる伸びる。
変化が楽しめ、途中「あれ?へたってきた?」と思いきやぐいっと盛り返すパワー。
これはこれは参りました。
P1280425.jpg
ルフレーヴは裏ラベルに畑地図も描かれていて面白い。



P1280419.jpg
島ラッキョウのアイスでしたっけ?


P1280420.jpg
お料理に合わせて、モンルイ・シュル・ロワール2011年ですっきりとグラスで。

P1280421.jpg
出た!
シャンボール・ミュジニー 1er Cru レ・クラ 2003年 ジョルジュ・ルーミエ
甘くて濃い芳香は、少しドニ・モルテを彷彿させる。
ヴィンテージの加減もあってか力強く濃いイメージの芳香。
味わいは、素晴らしく甘味が深く、余韻としてグ~~~~ンとのこります。
ソフトでシルキーでデリケート。
官能的でさすがのルーミエ。
言葉では表現できないワクワク感がありました。
時間と共に、紅茶やかつおだし、(梅少々)、干しぶどう、納豆の様な香りも複雑さを後押しして心地よい。



P1280424.jpg
P1280426.jpg

P1280431.jpg
クロ・ヴージョ 1989年 アラン・ユドロ・ノエラ
おっ!
かつお出汁!
いい熟成!飲み頃だわ~~~~~~~
綺麗にこなれたトーン。
正統派古酒で非常に好感度が持てます。
クロ・ヴージョに想像していた少し野暮ったい重みが少なく、まったりクリーミーで酸とビターな加減が深い!

日頃の行いが良いからねぇ。



P1280429.jpg


弘屋さんではしばしばあることですが、お知り合いの方もいらしっしゃってて・・・・・
P1280433.jpg
ちょっぴり頂いちゃいました。
アザ~ッス!!
エルミタージュ 1986年 ジャン・ルイ・シャーヴ
甘い!
キレイ!
濃さの角が熟成によって取れて、程よくエレガント。
香りはやや獣な、これはこれでローヌの醍醐味!
シャーヴの古酒はエクスペンシヴだしな~。タマがないしなぁ~。


P1280439.jpg
〆シャン!?
クリュッグ 1998年
酸の旨み!
泡細かく繊細この上ない。
とにかく上質な酸をじっくりと楽しむ。素晴らしいシャンパンだわ。


P1280441.jpg
ウニのリゾット最高です!


P1280442.jpg
えっ、いいんですか?
あざ~っす!
Ch ランジェリュス 1959年
状態に難あり?ということで味見に頂いたこのボトル。
果実味のピークは過ぎ気味でしたが甘味も残り、めちゃくちゃ楽しめたんですけど・・・・・
乾いた醤油、とか古臭い畳の様なニュアンス。昭和な感じ。
単調だが、状態は保ってると思うんだが・・・



P1280445.jpg
えっ、いいんですか?
あざ~~っす!!!!

ワインの神降臨しすぎです。

Ch.ムートン・ロートシルト 1970年
状態イイ!
香りは非常に健全。
味わいはやや青みがあり若々しい。
これぞ、ボルドーといったカベルネの特徴に目が覚める。





それでも、反省会をする師匠と私。

向かうはランジュヴァンさん。
P1280449.jpg
白と泡は適当に頂いた気がする・・・・・

フレデリック・エミールはペトロールが心地よく、熟成させたい感。

P1280448.jpg
ブラインドで頂いたこちら。

ジュヴレイ・シャンベルタン?プルミエクリュ?2010年とか????? と答えたが、びっくり仰天のシャンボール。

シャンボール・ミュジニー 2006年 ヴォギュエでした。
甘い!
とにかく、シャンボールっぽくない甘味。
酸を少し欲してしまう。
これは、当てられんよなぁ。
ほぐれた味わいで飲み頃っちゃあ飲み頃。

難しいですね。


P1280450.jpg
デザートはトマトのパスタ(笑)
ドンだけ食うネン。



久々にワインの神が舞い降りてきた日でした。

運良くも贅沢しすぎだわ。(ワインは大半ご馳走になってます。)

いろいろと沢山ご馳走様でした。

沢山飲める体質で良かった良かった。

2014
06
01

飲み比べ

あっついですね~~~~~~

ムッシムシあっついわ~。


「こんなムッシ暑い季節は昼からシャンパン飲んで紛らわせたれ!ってよくないですか?」

てな、ご提案作戦を立てるべく、先日行ったシャンパン飲み比べ検証会(社内メンバーでですよ。)

一度に飲み比べるのはなかなかできる事ではありませんが輸入元様のご協力も頂き、シャンパンを飲み比べてみる♪
201406013.jpg
201406012.jpg



■ピエール・ジェルベはピノ・ノワール50%、シャルドネ25%、ピノ・ブラン25%

ピノ・ブランは珍しいですね。優しく親しみやすい味わい。

■ニコラ・マイヤール マリーアンズ

ピノ ノワール60% ピノムニエ30% シャルドネ10%

比べると全然違いますね~。こちらの方が岩盤の様なミネラルを感じます。

■ニコラ・マイヤール 

ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%。

ほんと、このシャンパンはよーでけてるわ。バランスが良い良い。

■ニコラ・マイヤール ブリュット・ミレジム・プルミエ・クリュ [2006]

比べると、これまたよ~分かるわ~。

奥行き厚みがぐっと出てきますねぇ。ミレジムはこの差なんだよなぁ。

文字では書き表せないなぁ。。。。

■ニコラ・マイヤール グラン・クリュ・ブジー・ブリュット・ロゼ

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%

色は薄目で、、ほんのりフルーティ。こりゃいいわ。ロゼロゼしてないロゼ。

いや、この生産者は私イチオシの一つと再確認。
201406014.jpg

他にもボルドーをいくつか飲み比べ。

201406016.jpg

センチュリーすぐ近くの人気イタリアン ガミーラさんで再度検証。

皆それぞれに個性があって、用途に応じて使い分けできるいいシャンパンだったな。

シャンパーニュ地方内の産地によっても随分違うもんですね。

土壌って本当に味わいに変化をもたらすということが分かって勉強になります。

検証に手一杯でお料理画像はこれだけ、すみません。。。。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今日は、弊社三階 セミナースペース シエクル にて久保先生によるシルバークラス 試験対策セミナー。

201406017.jpg

ワイン検定⇒http://www.winekentei.com/

ブロンズよりも随分と範囲が広がってますね。

ワインは少しでも学んどくと人生の楽しさが変わりますからね♪

応援してま~す!!!!!
2014
06
01

飲み比べ

あっついですね~~~~~~

ムッシムシあっついわ~。


「こんなムッシ暑い季節は昼からシャンパン飲んで紛らわせたれ!ってよくないですか?」

てな、ご提案作戦を立てるべく、先日行ったシャンパン飲み比べ検証会(社内メンバーでですよ。)

一度に飲み比べるのはなかなかできる事ではありませんが輸入元様のご協力も頂き、シャンパンを飲み比べてみる♪

201406013.jpg

201406012.jpg
■ピエール・ジェルベはピノ・ノワール50%、シャルドネ25%、ピノ・ブラン25%

ピノ・ブランは珍しいですね。優しく親しみやすい味わい。

■ニコラ・マイヤール マリーアンズ

ピノ ノワール60% ピノムニエ30% シャルドネ10%

比べると全然違いますね~。こちらの方が岩盤の様なミネラルを感じます。

■ニコラ・マイヤール 

ピノ・ノワール80%、シャルドネ20%。

ほんと、このシャンパンはよーでけてるわ。バランスが良い良い。

■ニコラ・マイヤール ブリュット・ミレジム・プルミエ・クリュ [2006]

比べると、これまたよ~分かるわ~。

奥行き厚みがぐっと出てきますねぇ。ミレジムはこの差なんだよなぁ。

文字では書き表せないなぁ。。。。

■ニコラ・マイヤール グラン・クリュ・ブジー・ブリュット・ロゼ

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%

色は薄目で、、ほんのりフルーティ。こりゃいいわ。ロゼロゼしてないロゼ。

いや、この生産者は私イチオシの一つと再確認。
201406014.jpg
他にもボルドーをいくつか飲み比べ。

201406016.jpg
センチュリーすぐ近くの人気イタリアン ガミーラさんで再度検証。

皆それぞれに個性があって、用途に応じて使い分けできるいいシャンパンだったな。

シャンパーニュ地方内の産地によっても随分違うもんですね。

土壌って本当に味わいに変化をもたらすということが分かって勉強になります。

検証に手一杯でお料理画像はこれだけ、すみません。。。。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今日は、弊社三階 セミナースペース シエクル にて久保先生によるシルバークラス 試験対策セミナー。
201406017.jpg
ワイン検定⇒http://www.winekentei.com/

ブロンズよりも随分と範囲が広がってますね。

ワインは少しでも学んどくと人生の楽しさが変わりますからね♪

応援してま~す!!!!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター