2014
10
29

最近飲んだ備忘録

いろいろ飲み過ぎて、アップしきれない・・・・・

単発ネタを縮めてアップしておこうっと。



摂津本山にあるBar セルバッジョさんの八周年。
こちらはオーナーが久保塾卒のシニアソムリエ!
IMG_5676.jpg
ドン・ぺリ二ヨン 2004年
久しぶりに飲みました♪
優等生ですね~

IMG_5677.jpg
サロン 1999年
自分で開けたわけじゃないですよ。
他のお客様からのおこぼれっス。ラッキ~
第一飲み頃入ってますね。
程よくほぐれ感が出てきていて美味しい。
ドンペリと比べ、舌に残る粘性ある旨みがイイ!
でも、現行は上代が2万円上がって4万円から6万円になりましたよね。

もう、飲むことはほぼ無くなっていくだろな・・・・



IMG_5679.jpg
店内は天井高い空間でおしゃれ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~
話は変わって・・・

先日、お世話になっているお客様にお店にお持ちいただき、ブラインドで出していただいたのがこれ。

IMG_5683.jpg
IMG_5684.jpg

IMG_5682.jpg

ラフィット・ロートシルトが作ったコニャック。
しっかり調べれていませんがなんでも、原酒の大部分はコニャックの6地域の中では“最も希少価値が高く 最も優雅な香りを持つ”と言われる「ボルドリ地区」の1900年~1920年までのものを使用している代物とか・・・・

絹の様な舌触りと優雅な芳香。

甘い香りの予想とはやや反して結構なドライ。

ネットで6万円くらいで出てきました。

貴重な経験、ありがとうございます!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とある会の二次会。

JRさくら夙川駅すぐの人気焼き鳥店 鶏天さんにて
P1290170.jpg

P1290168.jpg
P1290173.jpg
P1290174.jpg
P1290167.jpg
シャサーニュ・モンラッシェ 1er モルジョ1987年 ラモネ
とある、お世話になりっぱなしなあのお方のリュックに偶然(笑)入っていたもの♪適温で(笑)

やや細身の締まった感じで大人し目の印象でしたが、こんな貴重なワインを経験させて頂けることに感謝感謝でございます(涙)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10347689_1000396433309180_6063079066271511561_n.jpg
先程、店頭で試飲したアルザス ピノ・ノワール
結構、抽出濃いめでタンニンも感じる。
しっかり目で面白いですね。
たまにはこんなのもありあり♪

スポンサーサイト
2014
10
24

Vel ROsier/ベル ロオジエ で男塾

苦楽園に新しくできたベル ロオジエさんにてわがまま言って男塾。

120141024.jpg
201410244.jpg
早めについたので店内も激写。

素敵な内装ですね~

220141024.jpg
P1290133.jpg
P1290134.jpg
まずは、ビールで口を潤しときましょうか。てな感じで、ヒューガルデン ホワイトを。
フルーティでオレンジピールの甘さが中華に合うだろうな。

P1290136.jpg
アミューズ

P1290137.jpg
開くとこんな感じ。
春巻きの皮を使って、中には具がいっぱい。
オテテでぱくっと頂きます。


P1290138.jpg
ホタテ、甘海老、サーモン
どれもひと手間工夫があって、フレンチのコース風に出てくるのですが「中華」というのが面白い。

P1290145.jpg
ジャクソン 733 デゴルジュマン タルディフ
シャルドネ52%、ピノ・ノワール24%、ピノ・ムニエ14%
9年以上の熟成を経てリリースされる品。
蜜の感じがあってガス圧はやや低め、立ち上がりはやや甘味を感じる濃厚さが少し閉じた感じで秘めたるポテンシャルを楽しむ状態だったのが、時間と共にガス圧まで上がってきて(初めての経験に感じました)程よいビターさに美味しいミネラルの感覚。

P1290146.jpg
エクストラBRUTでドサージュは3g以下との事ですがブドウの持つ甘味のパワーは素晴らしいものがありました。

P1290141.jpg
人参とカリフラワー

P1290142.jpg
葉っぱを取るとこう。

P1290143.jpg
クルマエビのお頭

P1290139.jpg
ブルゴーニュ・ブラン 2012年 イヴ・ボワイエ・マルトノ
たいそう人気の生産者で、ブル白も手に入らない造り手。
最初から「おっ」と思わせる個性的な樽香がしっかり目でムルソー風。
とろみが出てきて単体で飲むと素晴らしいコスパと満足感が得られるワイン。
こちらもマロっとした口当たりが楽しめてとろみある旨み。
うまいもんはそー簡単には買われへんようになっとるんやな・・・

P1290148.jpg
宮城産シェル牡蠣の避風塘 米粉フリット
初めてのお料理。
面白いなぁ。
さくっとその中にいい火入れ加減の牡蠣が入ってる。
歯ごたえも楽しめて・・・至福の時。

P1290166+.jpg
コルトン・シャルルマーニュ 1996年 トロ・ボー
タイトで閉じこもり気味からのスタート。
ま、コルシャルですから、と予想の範疇の感じから後半にかけてグイグイ開くこの感じ。
めらめらミネラルが開き、クッキーの様な甘くてクリスピーなタッチ。
グラスの中でスワリングして、育てて育てて正解。
慌てて飲んだら絶対ダメなワイン。

P1290149.jpg
トントロ叉焼パイ
これまた面白いお料理だ事。

P1290158.jpg
シャンボール・ミュジニー 1er cru センティエ 2000年 
いやぁ、テンション上がりますね~この香り。
優しい梅かつお香。
複雑で妖艶。
ほぼ香水やん、といいたくなる芳香は素晴らしいものがります。
スッと入る旨み、余韻のひっぱり方は1er cruクラスの物でしたが、旨みが後半開いてきて、素晴らしかった。



P1290152.jpg
フカヒレの姿と毛ガニ 濃久里夢のロワイヤル
フカヒレガッツリ、贅沢だわ~

P1290153.jpg
淡路の甘鯛 XOジャン
素晴らしいっ!

P1290157.jpg

シャトー・ヌフ・デュ・パプ キュヴェ・マリー・ブーリエ 1988年 アンリ・ボノー
うん!イイ!!
ソフトで真綿の様な舌触り。
まだ、元気で果実味もしっかりあり。
思ったよりエレガントで飲み頃初期!?な声も。
やはり、ヌフの甘味はとっても魅力的で中華のおソースには完璧だわ。

P1290156.jpg
宮崎県産黒毛和牛のラムシン  竹炭黒椒醤 マスタードクリーム
お肉デカッ!!
私の体に合わせて頂いたんだろうな・・・恐縮です!

P1290159.jpg
メニューになかった中華お粥も♪

P1290160.jpg
杏仁と和三盆


P1290162.jpg
マンゴープリン

P1290163.jpg
プーアル茶

P1290164.jpg
お菓子で〆

P1290166.jpg


オーナーシェフの岩﨑さん、お若いのに素晴らしいお料理に大満足。

わがまま言いたい放題、スミマセンでした!

男塾、次回もよろしくお願いいたします!!!!!


2014
10
22

丹波篠山

今回、完全プライベートネタ。

火曜定休日を使って丹波篠山へ行ってみました。

って、ちょいちょい行くんですけどね。

芦屋、西宮エリアって六甲山越えたら三田~丹波あたりまで食の宝庫って感じのエリアが広がっていて結構奥が深いし楽しいんですよね。

自然いっぱいでちょ~気持ちいいし・・・



この日は、ネット検索で見つけたピザ屋さんにナビをセットしていってみる。
201410226.jpg
クワモンペさん。http://tabelog.com/hyogo/A2807/A280702/28027411/


201410225.jpg
201410223.jpg
古民家改装系、大自然の中系。

11時開店かな?11時半に到着した時にはすでにウエイティング状態。

すごいお店ですね~。

この季節は外のテラスも開放していて全部で30席くらいかな。

篠山市街から10分ほど車で走らないといけない山の中なんですけどね。

車も30台くらい置ける駐車場があって、バイクのツーリングや自転車で来てる人もいましたね。

フライフィッシングの池も自社で作られたのか、併設してあって遊び心いっぱいの空間。

拘りバイクがのぞける男の趣味の部屋、みたいな小屋もお店の入り口横にあってワクワクしちゃう。

憧れるな~。


201410222.jpg
小川沿いにありまして、川が眺められるテラス席に案内される♪

カボチャのスープ。甘くておいしいわ~

201410224.jpg
ベーコンと温泉卵の乗ったシーザーサラダ。

これ、めちゃくちゃおいしかったナ。

野菜がしっかり味がするし、ベーコンは自家製なのかな、塩味がしっかりでヴォリュームも。


201410227.jpg
マルゲリータ

201410228+.jpg

アンチョビとトマトのピッツァ

妻といったんですけどね。

ピッツァのチーズもとろとろで、拘りがあったはず。

美味かったです。


お腹いっぱい、はちきれそうになりました。大満足!

早めに到着しないと並ぶ時間が多くなる、お勧め店でした。


201410229.jpg

2014102210.jpg
この辺りは栗も有名。
シーズンですしね。

ってことで、栗饅頭を買いに行く。


2014102213.jpg
腹いっぱいだけど、はちきれそうだけど、店内で一本だけ食ってみる。

いや~美味いわな。

2014102211.jpg
道の駅やら、道端のそこかしこで黒豆が枝付きで売っています。

私はもっぱら、枝から外した豆のみのパックを買うことにしています。

枝付きは買う時はテンション上がって嬉しくなりますが、家帰って豆をむしったら「こんだけしか豆がついてなかったん?」となるのが嫌なんで。

ちなみに、丹波の黒枝豆は解禁日があるの知ってました?
今年は10/5だったみたい。

2週間ほどの間に一気に収穫して終わってしまうので本当に今が最盛期だったんだな。。

丹波ささやまの特産品→ http://www.tokusankansasayama.com/contents/stand


リフレッシュして帰ってきたのでした。







残念なおまけネタ。
アサヒ飲料チャレンジャーズ、パナソニック インパルスに惨敗しとったな・・・・・・
王子公園での試合だったので、原付かっ飛ばして見に行きましたが・・・・・・あ~残念。
201410221.jpg
2014
10
16

とあるワインセミナーお手伝い【備忘録】

IMG_5562.jpg
まずは、ダージリンティーの茶葉の量の違う紅茶を飲み比べ。

全然違うんですよね。これが。。。

ダージリン     
チーズ:ウェンズリーデイル クランベリー


①シゼン 甲州 キュヴェ・ドゥニ・デュブルデュー白 2011年
日本で初めてVSP(垣根栽培)のブドウで造られた甲州ワイン。山梨県産。
チーズ:ブルサン・アイユ
随分と軽くさらさら。

②Ch.レイノン ブラン 白 2010年  
ボルドー白ワインの「法王」と称されるドニ・デュブルデュー教授が造るワイン。
ソーヴィ二ヨン・ブラン 100%     
チーズ:トピネット 1個
これがいい!!思いのほか上出来!
ソーヴィ二ヨンの青臭さがほとんど感じられない少し熟れたようなニュアンス。


③シャルドネ ルシアン・リバー・ヴァレー 2012年 ロッキオリ    アメリカ  カリフォルニア
 ロシアンリヴァーの特徴をよく表す味わいで、熟したリンゴとヴァニラの香り、生き生きとした酸があります。     
チーズ:シャウルス 0.5個
面白いですね~
エレガントでブルゴーニュを彷彿させる。



④ノイリー・プラット  オリジナル・フレンチドライ 白(ドライヴェルモット)  フランス  
チーズ:ホワイトスティルトン レモンピール
これは!
あまり飲む機会がない代物ですが有名ですよね。
これって、もっともっとメジャーにしてあげてもいいんじゃないの?な美味しさ。
程よく甘味もあり、白ワインのようにも楽しめるし食後や昼下がりに氷を浮かべてみたりも。
一家に一本だな。


⑤サルジェ・ド・グリュオ・ラローズ 赤 2007年  サン・ジュリアン
メドック格付第二級グリュオー・ラローズの2ndラベル。栽培されている比率はカベルネ・ソーヴィニヨン57%、メルロ30%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド3%、マルベック(コット)2%。
ブレンドされる割合は毎年異なるが、主要ぶどうのカベルネ・ソーヴィニヨンは40%から60%の間でブレンドされる。       チーズ:カマンベール AOC 0.5個
これまた、優等生なバランスですな~。
文句なしに合格もらえるまとまり具合。


⑥20年 オールド・トゥニー・ポート(ニーポート)  ポルトガル ドウロ地方 ポルト地区
ブドウ:トウリガ・ナショナル、トウリガ・フランカ、ティント・カン、ティンタ・フランシスカ、ティンタ・アマレラ他。
香り・味わいに驚くほどの凝縮感が生まれている。
アプリコットのドライフルーツを思わせる香りで、とても長い余韻を楽しめます。
チーズ:エポワス 1個
いやいや、もちろんおいしっす♪
流石の甘味。


勉強になります!!!!!ありがとうございました!!!
2014
10
09

木村セラーズ 木村さん来日

ニュージーランドはマールボロより、キムラセラーズの木村氏来日。

お店にご来店頂きました。


P1290099.jpg

昨日はキムラセラーズのセミナー。
10250050_986939457988211_5774649488540011482_n.jpg
ちょうど飯田さんの試飲会もやっていて効率よく回れました。

きむ
セミナー開始前の様子ですがこの後超満席。年々人気が高まっている事が伺えますね。

セミナーの終わりには皆さんサインや写真を取られる方がほとんどで・・・・

やっぱり、直接お会いさせて頂くことで木村さんの素敵でおちゃめなお人柄がついファンになってしまう。


ワインについてのあつ~いハートもしっかりと伝わってきますしね。




お疲れ様打ち上げ会的な会に参加させて頂く。at ビストロギャロさん
P1290107.jpg


P1290108.jpg
P1290109.jpg
P1290110.jpg
こちらのお店、ビルの八階ということで都会の景色が見下ろせて、内装もアンティーク調で私かなりの好みでして。

お肉料理が得意なお店なんですが、いろいろなお肉のお料理を心行くまで楽しませていただいて、いつも思うんですが全然もたれない。

私の好物、厳選した赤身のお肉の質がすばらしく、ガッツリ食べ応えも満点で美味しかったです!



P1290111.jpg
フーバーさんのヴァイザーブルグンダー 2012年は特別キュヴェ。

かなり美味いです。


P1290114.jpg
もちろん木村セラーズも!

逆光で申し訳ありませんが、画像右は非売品のピノロゼ!!

初作品だそうでして、めちゃうまいな。絶妙なフルーツ感。

少し温度は高めがいいかも知れませんね。

P1290116.jpg
画像がうまくとれていなくって申し訳ないんですが、鴨肉ガッツリ、美味かったなぁ~~~~

P1290119.jpg
Ch.ポンタック・ランシュ2002年
状態よく、ここまで熟成物とは思わなかった。
うまいですね~、お肉にバッチし!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
所変わって、音音さんで飲み直し。

P1290120.jpg
こちらでは、いつもグラスワインが充実してるんで、いつもオーナーシェフソムリエの京町さんにブラインドで出してもらって遊んでもらいます。(いつもいつもわがままばかりスミマセン!!!!)

で、画像の甲州は5人いたのですが全員かすりもせず(笑)

P1290121.jpg
P1290122.jpg
P1290123.jpg
ボルドーは何とか当てれたけど、メルロー主体だったのね。


P1290124.jpg
きむら
ワイン生産者の方の熱い情熱に触れ、皆さんと過ごすワインを中心とした関係。

人生の宝物です。素敵な楽しい時間でした。

ありがとうございました!!!!!!!
2014
10
03

音音(ねね)さん7周年!

三ノ宮から北野坂上がっていって小道を入ってすぐ、音音さん7周年ということでワイン輸入元の方と共に行って参りました。

画像多めの備忘録。

話が盛り上がりすぎて料理名とか控えれておらずスミマセン!

P1290067.jpg
シャンパイ♪

P1290068.jpg
P1290069.jpg
P1290071.jpg
プイィ・フュメ 2010年 ラドゥセット
この日は特別メニューにペアリングのような形でかなりのグラスワインを開けてらっしゃって、ラッキー♪

P1290073.jpg
P1290074.jpg
グリューナー・フェルトリナーは和食によく合いますね~

P1290075.jpg
P1290076.jpg
ムルソー 2009年 パトリック・ジャヴィリエ

P1290077.jpg
P1290078.jpg
あえて刺身に赤!
ボーヌ 1er Cru 2006年 シャトー・ド・ムルソー
脂ののったマグロなどに合いますね~。

P1290079.jpg
P1290080.jpg
シャトー ペデスクロー 2008年 

P1290081.jpg
P1290083.jpg
ペサック・レオニャンの1998年物。
やっぱ熟成物が好きと痛感。


P1290086.jpg
P1290087.jpg
シャトー・ヌフ・デュ・パプ 2004年 ユッセリオ
甘くて濃厚で美味い~!

P1290088.jpg
アルパイン・ミスト 
ニュージーランドのピノ・ノワールとピノ・グリ。
ピノ・ノワールはしっかりとした骨格でかなりパンチの効いたいいワインだ!!

P1290091.jpg
タウラジ リゼルヴァ 1999年 ラディーチ
ピノ・ノワール化してるやん。美味い!!

P1290093.jpg
ラトゥール・マルティヤックはVT失念。

良く飲みました。

しかし、和食とグラスワインが楽しめるこちらのお店、ほんと今でも斬新なコンセプト。

素敵です!

お勧めです!

おめでとうございます!!!!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちょっと歩いて、一服しにイタリアンバール ヴィエニさん訪問。

P1290094.jpg
P1290095.jpg
P1290096.jpg
P1290097.jpg
いつ来てもおしゃれだわ~

いい気分にさせてくれる、こちらも神戸の名店ですね。


しかしよく飲んだ。

ご馳走様でした~~~~~~!!!!!!
グラスで有名な木村硝子店さまと京都の老舗お茶屋さんの一保堂茶舗のコラボによる「お茶会」、いわゆるお勉強会に参加させて頂きました。



IMG_5453.jpg
IMG_5454.jpg
参加されている方が名だたる有名飲食店のすごい方々ばかりでド緊張。
しっかり勉強して帰らねば・・・

IMG_5456.jpg
IMG_5460.jpg
一保堂の足利さんの分かりやすいお茶の説明を受けながら、木村硝子店 木村氏のグラスの説明もはさみつつ、いろんなタイプのお茶をグラスでテイスティング。

IMG_5461.jpg
IMG_5462.jpg
確かに・・・・・香りの感じ方が全くもって異なりますな。ふむふむ。


IMG_5463.jpg
お茶菓子との相性なぞも試しつつ。

IMG_5466.jpg
IMG_5468.jpg
〆にはシャンパンにお抹茶を入れて!?供出頂く。


そもそも、お茶は日本人の身近なところにありすぎて、良く知っているつもりが全く無知だったことに気づかされました。

お抹茶、煎茶、番茶、ほうじ茶・・・・・・・・

紅茶、ウーロン茶の作り方についても。

会の最大のポイントであるグラスでの味わいの感じ方や香りの変化はというと、むちゃくちゃあることが分かりまして・・・

やはりワインの世界は繊細で面白いし、もちろんお茶にもある複雑さや繊細さをワイン用のグラスで楽しむことによって何十倍にも、何百倍にも楽しみ方が増える事を学べました。

とくに強く感じたのには、ワイングラスは香りを楽しむことに対してよく考えられていて、その特製をお茶で楽しんでみることでお茶の魅力がとっても引き出される・・・・逆になぜそこに日本人は気づかずにいたんだろう・・・・なんて思いも湧いたりして。

いやいや、大変興味深い勉強をさせて頂いた会でした。

2014
10
01

モーヴ

魚崎のモーヴさんにて中学のプチ同窓会。

モーヴさんは同級生のご家族のお店なんですよね♪
http://restaurantmauve.blog40.fc2.com/

35年になるそうです!老舗ですね~。

IMG_5427.jpg
IMG_5428.jpg
IMG_5446.jpg
サービスのお手伝い。

IMG_5436.jpg
JALのファーストクラスでも採用されてたシャンパーニュでシャンパイ。

IMG_5429.jpg
IMG_5430.jpg
マグロのカラスミ

IMG_5438+.jpg
マルケのヴェルディッキオはマグナムで♪がぶ飲み。

IMG_5431.jpg
IMG_5432.jpg
IMG_5433.jpg
IMG_5434.jpg
IMG_5435.jpg


IMG_5439.jpg
べルジェ・バロン ルージュはCh.ムートン・ロートシルトの生産者が手掛けるカジュアルレンジ。
メルロー主体でスルスル飲んじゃいます。

IMG_5440.jpg
クラレンドル 2008年
「シャトー・ オー・ブリオン」と、その隣に位置し、ときにオー・ブリオンを上回る評価を受ける兄弟 シャトー、「シャトー・ラ・ミッション・オー・ブリオン」の畑のブドウだけを使用した特別な ブレンド!との事で。


限定品ですな。

やっぱレベルが違う。イイ。

IMG_5441.jpg
ニュージーランド、マールボロのハイフィールドのソーヴィ二ヨン・ブラン。
ハイフィールドはオーナーが日本人で、オーナーさんはこちらのお店にもよく来られるとの事。

パッチパチにはじけそうな果実味が印象的な、元気いっぱいののソーヴィ二ヨン・ブランで好印象。

IMG_5444.jpg
最後に、無許可でアップです。

みんな優秀で、お仕事バリバリ活躍してて、刺激になる一日でした。

同級生のご縁って、この年になると大事さを痛感します。。。

皆さん、ありがとうね~。

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター