2015
11
30

GAJAセミナー→伊藤ダイニング京都→Suzunari Vigne

京都で行われた、輸入元エノテカさん主催のイタリアのトップ生産者GAJAのセミナーに参加。

まずは、一時間以上の試飲なしのセミナーにてがっつり哲学やこだわりを聞かせていただく。
面白いなぁ。いやぁ勉強になる。。

IMG_3842.jpg
gaja20151128.jpg
長女であるガヤ・ガヤ女史と末っ子の・・・・お名前失念。14歳差のご兄弟。

別室にてほぼほぼ、メインどころのアイテムを存分にテイスティングさせていただき、GAJAの真髄がよ~~~く分かったセミナーでございました。大満足🎵


京都に来たからには京都で食事を。

このロケーション、素敵すぎる・・・・・
IMG_3851.jpg
IMG_3853.jpg
向かったのはITOH DAININNG KYOTO
http://itoh-dining.co.jp/
箱根にもお店があって・・・・いやぁすごいグループです。

画像メインで🎵
IMG_3855.jpg

IMG_3857.jpg




IMG_3856.jpg
IMG_3859.jpg
IMG_3860.jpg
日本酒も。
あの有名なノブさんと酒蔵のコラボ品!!


IMG_3861.jpg

IMG_3864.jpg


IMG_3863.jpg
ガリ、西京みそ、ヴィオニエが合う!!

IMG_3865.jpg

IMG_3858.jpg
こちらもオリジナルなワイン。


IMG_3867.jpg


IMG_3872.jpg
IMG_3873.jpg
IMG_3874.jpg
夢見ごこちの素敵な夜でした。

外国人のお客様もたくさんで、スタッフの方々も英語で接客。すごい世界があるもんだ。





IMG_3875.jpg
スズナリヴィーニュさんへ。
いろんなご縁で伺ってます。ご縁って素敵。

IMG_3877.jpg
IMG_3879.jpg
IMG_3881.jpg
IMG_3882.jpg
何時間飲み続けてるんだ。

しかし、自分は京都のことを知らん過ぎるな。

人生損して生きてきた気がする。

頑張って今後足を運びたいと思う素敵な夜でした。
スポンサーサイト
2015
11
23

十津川

10年来お世話になっているお客様と三宮の十津川さんへ。

画像中心でごめんなさい。

IMG_3756.jpg
IMG_3757.jpg
イカはいつもの活け造りを取り分けて!


IMG_3758.jpg
IMG_3760.jpg
・ムルソー ペリエール 1999年 ルイ・ラトゥール
最初は苦みが勝るちょっと進み気味?なニュアンスかと思いきやグッとまとまり綺麗な程よい熟成古酒に。
いい飲み頃。
カラメル感が楽しめるも、味わいはエレガントドライ。
品があります。


・パルメイヤー ジェイソン シャルドネ  2005年
ほほう。
面白い比較になりましたね~
ある意味同じベクトル向いたスタイル。
ミネラルがあり、ムルソーよりもう少しとろっとヴォリュームがあるがニューワールド物としては行き過ぎていない。
よしよし🎵



IMG_3759.jpg
馬刺しだわ~い!

IMG_3762.jpg
小エビのかき揚げ

IMG_3763.jpg
IMG_3764.jpg
IMG_3765.jpg
香住のカニだったかな?タグ付きです。
IMG_3766.jpg
IMG_3767.jpg
IMG_3769.jpg
シャンボール・ミュジニー 2001年 ルイ・ジャド
らしい酸があり、意外と若々しい。
もう少し甘美さが出ているかと思ったんだが、さわやか君でしたね。


IMG_3770.jpg
イカをイカの内臓で炒めてもらって

IMG_3771.jpg
フグ雑炊で〆。完璧すぎる!

IMG_3772.jpg
デザートも激ウマでした!!!!


しかし、いろんなご縁って大事ですね。

人のつながりは人生豊かにしてくれます。

ワインも人生を豊かにしてくれます。

ワインで広がる人とのつながりも、本当に素敵です。

謙虚に誠実に生きていかなきゃいけませんな。日々勉強になります。

感謝感謝

ありがとうございました!!
2015
11
21

ワインセミナーお手伝い【備忘録】

ワインセミナーのお手伝い(ちょっと前の話なんですけどね。)

備忘録です。

IMG_3697.jpg
①Sanchez Romate Marismeno Fino Sherry
スペイン/アンダルシア地方、サンルーカル・デ・パラメダ地区  品種:パロミノ種
チーズ:コンテ・ド・モンターニュ 12か月熟成


②Moulin de Duhart 2011
ボルドー ポイヤック  カベルネ・ソーヴィニヨン55~60%、メルロー40~45%
シャトー・ラフィット・ロスチャイルドが所有する、もうひとつのシャトー!
格付け四級デュアール・ミロンのセカンドラベル。
チーズ:カマンベール・オ・カルヴァドス 



③Cos d'Estournel Blanc 2012
ボルドー ソーヴィニヨン・ブラン 67%、セミヨン 33%
メドック格付け 第二級のコスデス・トゥルネルが手掛ける白。
まだまだ若く、立ち上がり人工的に感じるが、しっかりとしたポテンシャルも楽しませてくれる。
チーズ:ブリ・ド・モー




④Ch.Phelan Segur 2008
ボルドー サン・テステフ クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル
カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロ35%、カベルネ・フラン5%
モンローズとカロン・セギュールに接する、素晴らしい立地。
イイ!これイイ!
将来採用シャトーだな!!
しっかり凝縮感があり、わかりやすくしっかりとしたフルボディ。
チーズ:ブルー・ドーヴェルニュ 150g



⑤Ch.Haut-Marbuzet2011
ボルドー サン・テステフ・クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル
カベルネソーヴィニオン50%,カベルネフラン10%,メルロー40%
これ!これもいい!!
フェランセギュールを濃いと思ったが、もう一つ上をいくボディ!
この二つ、めっけもん。と思ったら結構いいお値段してるんですよね・・・・

チーズ:モン・ドール 1個



⑥Ch.Beychevelle2009
ボルドー サン・ジュリアン4級 
カベルネ・ソーヴィニヨン54%、メルロ38%、カベルネ・フラン5%、プティ・ヴェルド3%
なるほど~~~~!比べてみるとよくわかる。格付けシャトーのいいところ。
エレガントさがあって熟成の先を見越している感。
酸もあり、ボディはさほど重くなく綺麗。
勉強になります。
チーズ:ブルー・ド・ラカイユ 150g



⑦Echo de Lynch Bages 2010
ボルドー ポイヤック5級のランシュバージュのセカンド
 カベルネ・ソーヴィニヨン 72%、メルロ 17%、カベルネ・フラン 11%
この流れで飲むと、やはりセカンドなりの実力というところは否めない。
チーズ:トピネット 1個


⑧Baron de Rothschild Brut N.V.
シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有するロスチャイルド家の手掛けるシャンパン。
シャルドネ60%、ピノ・ノワール40%
割としっかり目のシャンパーニュだな。〆シャン美味しいです!
チーズ:パルミッジャーノ・レッジャーノ 100g




比較試飲って贅沢だし、なかなかできることではありませんが、同じブドウ品種で作られていてもセパージュヤやヴィンテージ、産地によって全然印象が違うので重要。貴重な経験。

勉強になりました!!ありがとうございました!!
2015
11
20

業務連絡!三国ワイン試飲会のお知らせ。

業務連絡。(一般のお客様はごめんなさい。。)

飲食店様向け、「飲んで納得!」三国ワイン試飲商談会!at シエクル(センチュリー3階)


20151126三国試飲会

輸入元、三国ワインさんに秋に向けて自信のあるワインを持ってきていただく試飲会を弊社3階、セミナースペース シエクルにて開催いたします。

スペインのクネ社のワインは私も超楽しみ!!

ぜひ、飲食店関係者様お誘いあわせの上、ご来場くださいませ!!!!!!!!!!!
2015
11
19

ヌーヴォー解禁!!

本日11/19(木)はボージョレー・ヌーヴォー解禁日!!

弊社も美味しいヌーヴォーを各種取り揃えております!

毎年ワンランク上のヴィラージュ・ヌーヴォーのみを7種類ほど(売り切れごめんです)取り揃えてお待ちしております。

三種類ほど店頭試飲もしていただけます!

例年になく今年は濃い仕上がり。
色も味もしっかりしていて、たまに感じる「ジュースみたい・・」なことはなく、ネガティブなイメージのガメイ種の感じも出にくいヴィンテージなのではないかと思います。

ぜひ、今年のブドウの出来を味わってくださいね!!!

12250163_1011440772235091_5555565941987059722_n.jpg
IMG_3754.jpg

社団法人 日本ソムリエ協会による2015年度のソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートの資格取得に向けた一次試験受験対策講座のお知らせ!!!


昨年度も多数のソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパートを世に送り出した久保正和氏によるワイン受験塾、一次試験受験講座の受講ご予約受付開始です!!


今回は、現在進行中の基礎講座が定員を上回る募集があり、継続して受験講座に流れるお客様も多いと予想されます。
お早目のご予約をお勧めいたします!!


ワインを飲むのが楽しくなるし🎵

本当に人生の楽しみ方が変わりますよ!!!!!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【マッサンベのワイン受験塾、一次試験受験講座】


■本講座の特徴:
①日本ソムリエ協会2015年度版教本に従い講師が特別にまとめた『虎の巻』と多数の地図などの資料を使って、わかりやすく覚えやすい講義を進めます。

②日本ソムリエ協会2016年度版教本が発行され次第、2015年度版からの改定しながら講義を続けます。

③過去4年間の出題問題を酒類飲料概論、フランスワイン、ドイツワインなどカテゴリー別にまとめて作成した問題集で、解答の解説を行うことにより、理解度を深めてもらいます。

④都度模擬試験とその解説をいたします。

⑤初めて本格的に勉強する人も含め全員の合格を目指します。

⑥本講座は一次試験対策に重点をおいていますが、二次試験のテイスティングテストにおけるワイン評価選択肢の要領を勉強のため数回のワインテイスティングを行います。


■講座日程と内容: 2016年(平成28年)1月13日~7月13日 原則隔週水曜日 13:30~16:30
毎回3時間、15講座。 

■講義開催場所:
ワインハウス センチュリー 
3階セミナールーム“シエクル”
     芦屋市東山町7-21 古河ビル
     (JR芦屋駅又は阪急芦屋川駅下車、徒歩10分)
Tel:0797-34-0045 Fax:0797-34-0642
     E-mail:info@century-jp.com
     http://www.century-jp.com/

■講師: 久保 正和 エコール・マッサンベ・デュ・ヴァン主宰
    日本ソムリエ協会公認シニア・ワインアドバイザー
    日本ドイツワイン協会公認ドイツワイン上級ケナー
    第1回ロワールワイン ワインアドバイザー
         /コンセイエ コンクール優勝 
    第5回ワインアドバイザー全日本選手権ファイナリスト
Tel/Fax:0798-66-3123
E-mail: mac@msc.biglobe.ne.jp 
エコール・マッサンベ 検索
        

■講座費用: 85,000円(消費税込み)。 教材:『虎の巻』 、試験問題集、その他資料を含む。
* 日本ソムリエ協会発行の2016年度版教本は別途各自購入して下さい。

■支払方法: 参加お申込みを受け次第、銀行振込先、口座番号を通知させていただきます。


■カリキュラム≪予定≫
平成28年度ワイン受験塾 呼称資格一次試験講座
水曜日  13:30~16:30



■講義内容
平成28年
第1 回 1 月13 日 (水)オリエンテーション、酒類飲料概論(1)

第2 回 1 月 27 日 (水) フランスワイン(1)

第3 回 2 月 10 日 (水) フランスワイン(2)

第4 回 2 月 24 日 (水) フランスワイン(3)

第5 回 3 月 9 日 (水) 酒類飲料概論(2)、ドイツワイン~

第6 回 3 月 23 日 (水)酒類飲料概論(2)、ドイツワイン、イタリアワイン、スペインワイン

第7 回 4 月 6 日 (水) イタリアワイン、スペインワイン

第8 回 4 月20 日 (水)ポルトガルワイン、オーストリアワイン

第9 回 5 月 11 日 (水)スイスワイン、ブルガリアワイン、ギリシャワイン他

第10 回 5 月 25 日 (水)アメリカワイン、カナダワイン、アルゼンチンワイン

第11 回 6 月1 日 (水)チリワイン、オーストラリアワイン、ニュージーランドワイン

第12 回 6 月 15 日 (水) 日本のワイン、ワインの鑑賞と表現法

第13 回 6 月29 日 (水)ワインの管理と販売、ワインと料理

第14 回 7 月 6 日(水)ワインのサービス実技(理論)、公衆衛生と食品保健

第15 回 7 月13 日 (水) まとめ、最終模擬試験


* 講義は原則隔週水曜日ですが変則の月もあります。
* 受講生の理解度に従って適宜より良い方向に上記カリキュラムを変更することがあります。
* 一次試験出題国が変更になった場合は、それに合わせてカリキュラムを変更します。
* 本講座は一次試験対策として模擬試験解説、過去出題問題解説などに重点をおくため、
ワインテイスティングは、6 回くらいの実施になります。二次試験対策として基本的なワイン評価の選択肢の要領に従い、早期から各自の日常のテイスティング自習をしていただく参考にします。
2015
11
11

ベル・ロオジエ

この日は、塚口で人気な和食店のオーナー様とベル・ロオジエさんへ。

とにかく気合の入りまくったお料理の数々がすごかった。。。

いや、本当にすごいです。このお店・・・・

IMG_3651.jpg
メニューも一新されましたね~

これだけ細かく書いていただけると非常にありがたいです。
沢山素敵な食材を使っていられるのが見返せる。

ちなみに、メニューの裏にはオーナーシェフ 岩崎氏の熱~い思いが綴られています。


IMG_3652.jpg
ベルナール・レミー
程よい酸が心地よく美味しい🎵

IMG_3653.jpg
こちら、サーヴされてびっくりだったんですが、金時人参のスープ。
ほっと一息。(温かいです)


IMG_3654.jpg
メニューにはなかったサービスの一品。
青森のサバ、ショウガのチュイル、ピスタチオ・・・
(下のナッツの殻は飾りです。)


IMG_3655.jpg
ポール・ジャングランジェ  ピノ・グリ 2011年
程よい果実のふくよか感、次のお料理とのマリアージュは絶品でした!


IMG_3656.jpg
岡山のカリフラワーを使った一品。金美人参、赤ウニ、天然甘海老、卵黄のコンフィ、レーズン、ベーコンの香りの泡


IMG_3659.jpg
北海道のサンマ。低温コンフィ、イチジク、秋茄子。サンマのミンチのクロケット。


IMG_3660.jpg
シャトー ボーモン レ・ピエリエール 2013年
このワインいい!
しっかりとした果実感。
バランスの取れた柑橘系の酸味。


IMG_3662.jpg
ノルウェイ産のサーモンと生ガキ。サーモンはプーアル茶でスモーク。セロリ、レタス、ミモレット、モッツァレラ、黒コショウの泡でサラダ仕立てに。
IMG_3664.jpg
後掛けです🎵



IMG_3665.jpg
こちらも後掛け系。
高原但馬鶏。山芋とささみで作ったつみれスープ。ごぼうの香りを移した上湯とズワイガニの身。


IMG_3668.jpg
ドイツ ベッカーさんところのプチ・ロゼ 2014年
ピノ・ノワール60%、ポルトギザー20%、カベルネ・ソーヴィニョン10%、メルロー10%、
絶妙な味わいのロゼやなぁ・・・
ほんのり甘味も食中にちょうど良い感じだし、次のお料理との相性はそれはそれは素晴らしい・・



IMG_3670.jpg
エビのミンチで包まれた北海道産のホタテをチリソースで炒め煮。
ジャガイモのピュレとカダイフ、ワーワー菜を添えて。
ホタテの肉厚すごっ!!!


IMG_3675.jpg
山口県産の1週間熟成の鰆!!!
これ、激うまです。
熟成魚、素晴らしい!!



IMG_3669.jpg
ヴォルネイ 1er Cru レ・タイユ・ピエ 1979年 シャルル・ブセ
ほうほう。
いい感じの、若干の紹興酒チックなニュアンス始まりからほどけてくる感じ。
出汁系の香り。味わいはやや果実のコアが抜ける直前のピーク感でしたが、香りがしっかりと楽しめて満足満足。


IMG_3676.jpg
お口直しはバジルのかき氷と杏露酒風味のプチトマト


IMG_3677.jpg
宮崎県産の和牛のイチボのライトエイジングビーフ。
赤ワインのと豆板醤でブレゼした和牛のバラのソースと淡路の玉ねぎ。
渾身の皿ですな。
圧巻です。

IMG_3679.jpg
あくまで中国料理であることを、パンじゃないこいつが思い出させてくれる。

IMG_3681.jpg
山形県産の洋ナシを杏露酒でコンポートし杏仁豆腐と凍らせた洋ナシを乗せて。


IMG_3683.jpg
IMG_3685.jpg
モンブラン、タピオカ、ショコラチュイール、宮廷プーアル茶のゼリー。
いやぁすごい。

IMG_3689.jpg
まだ出てくる、小さなお菓子たち。

IMG_3690.jpg
好きな中国茶で〆。


参りました・・・・・

恐れ入りました。

すべての皿がメインを飾れると思いました。

お店の内装もどんどんバージョンアップされ、お皿もグレードアップしていたなぁ。。。

気合に刺激をビンビン受ける貴重な経験でした。

ごちそうさまでした~~~~~!!!!!!!!!
2015
11
04

業務連絡!熟成ワイン試飲会のお知らせ!!

一般のお客様はごめんなさい。

業者様向けの試飲商談会のお知らせ。

ワインハウス センチュリー主催の試飲会、

テーマ:「熟成!!!」 
( プチ・バックヴィンテージ♪)          
試飲商談会 in KOBE


日々、ワインを扱っていいる中で、「ワインの面白さとは何ぞや?」常にセンチュリーズは考え続けています。

たくさんあるワインの魅力の中から特に我々ももっと知りたいし、お客様とも共有したい事柄を、今後もっともっとも~~~っと突き詰めてテーマにして試飲会を行っていきたいと考えております。


で、今回のテーマは「熟成」

熟成といっても幅が広く5年以内もあれば何十年の熟成物ワインもみ~んな「熟成」

こんなに熟成が楽しめるお酒ってワイン以外ほとんどないと思うんですけどね。


弊社のお客様は業務店様(飲食店様)がほとんどなわけで、そちらでお使いいただきやすくて、輸入元にも少しは在庫があるもの。
そして、「熟成」と掲げるには少しは「おっ!?」と目を引く為に、「最低10年以上熟成したもの(2005年以前)」という縛りを決めて、ご協力いただけそうな輸入元様を探しました。

ワイン好きなお客様でも、10年以上熟成したワインを飲む機会って・・・・・・意外と少ないと思うんですよね。


また、ワインには熟成によってしか出せない味わいや香り、舌触り、色味、美味しいか美味しくないかわからない若干のバクチ性。びっくりするほど想像以上に化けているかもしれないワクワク感。
少し古めかしいラベルデザインだったり。。
そして、そのころ自分はどうだった!?などの言葉では説明しがたい魅力や会話、ロマンチックな部分が出てきます。


ワインにはそれぞれ飲み頃があります。
果物や野菜と同じで「飲み頃ピーク」があるんです!!
これを探っていきたかったり。




そんなこんなを皆様と共有したいし、もっともっとも~~~~~っと消費者の方々にも知っていただきたい。


そんな思いから、企画しました!!!!!



この試飲会をきっかけに10年以上熟成のほどほど熟成物のワインを弊社では

「プチバックヴィンテージ」と呼ぶことにして、この言葉自体もブームにしていきたいと考えています。


ま、その前にプチバックヴィンテージワインにハマって頂かないといけませんけどね。ガンバリマス・・・

長くなりましたが、下記試飲会詳細:



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

テーマ:「熟成!!!」 
( プチ・バックヴィンテージ♪)          
試飲商談会 in KOBE



「熟成」をテーマとした最低10年以上熟成で値ごろ感のあるもの、輸入元に在庫のあるワインを出展致します。

10年以上熟成(2005年以前)のワイン約40種出展予定!

お知り合いの飲食店様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい!!

◆会場:生田神社会館 2F 布引   神戸市中央区下山手通1-2-1

◆開催日時 : 11月12日(木) 13:00 ~ 17:00

≪出展インポーター≫
モトックス、飯田、ファインズ、徳岡、三国ワイン他

≪テーマ≫
「熟成」10年以上熟成(2005年物以前です!!)に限る、輸入元に在庫のあるワイン。


★ご参加お申し込みは、下記の内容を記入の上、FAXかメールにて送信してください。★

・お名前
・ご住所
・お電話番号
・ご参加人数

ファックスかメールにてご予約くださいね🎵
FAX: 0797-34-0642      メール:info@century-jp.com

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター