2016
04
25

ランブルスコ

IMG_1262.jpg
バラが咲き始めました🎵



こいつも伸び放題。
IMG_1275+.jpg




















IMG_1274+.jpg
放置プレイです(笑)


asso-ro2.jpg
この日はイタリア、エミリア・ロマーニャよりランブルスコの最大手メディチ家のお方にご来店いただきプチセミナー🎵

IMG_1282.jpg
かなり面白いワインだと改めて確認!

瓶かわいいし、上代1500円。アリやわ~。

IMG_1283.jpg
お好み焼きとの相性は抜群なんですよね。

赤発泡ってやはり珍しいです。
他に思いつくのってブラケット・ダックイかオーストラリアのシラーズ・スパークリングくらいかなぁ。

中でもランブルスコは安いし辛口と甘口で使い分けられるし、はっきりと赤の色も濃く抽出された赤発泡なので
「おっ?」「およよ?」となる。

サービスするにはスパークリング用のグラスではなく白ワイングラス(大振り過ぎないフツーのグラス)がお勧め。
温度も10~12度くらい(辛口の場合)がベストとの事でした。

いやいや、とってもおいしいです。




asso-ro.jpg
最後は記念撮影。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日の朝練は、イッチーからの申し出により、「5/8の母の日向けのワインを皆で選びませんか?」との提案に一同大納得。
IMG_1263.jpg

IMG_1268+.jpg

大体2~3000円くらいの、母の日のプレゼントにお勧め~なワインをそれぞれチョイス!!

店頭にて特価にて集合させておりますので是非ご来店くださいね~~~~~🎵
スポンサーサイト
2016
04
21

アラン・ブリュモン&近況

桜も終わり過ごしやすくなってきました。
雨が多いのがうっとおしい。。

先ほど、無事に弊社三階、セミナースペース シエクルにてアラン・ブリュモン試飲会を無事に終えることができました。
雨の中、沢山のお客様にご来場いただき誠にありがとうございました!!!!

IMG_1254.jpg
ブースカッセ 06 タナ100%がむちゃくちゃ美味かった。

数々の評価を得ているこちらの生産者、インパクトがあり価格も手ごろでお客様の反応も上々。

モンチュスを中心に世界に名を馳せるなかなかの実力を見せていただきました!!

輸入元より輸出部長のヴァンサン・テボー氏もご来店いただき、生の声をこれでもか!というくらいのマシンガントーク(通訳さん付き)でお話しいただき大満足な有意義な会になりました。
ご協力いただいた三国ワインさんもありがとうございました!!


arannburyumon.jpg
必殺技の寿司マグネットに予想以上の大喜びのリアクション(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
近況報告:
毎日やっているんですけどブログアップが追い付かなっくって・・・

毎日朝礼やっているのですが、このトレーニングし始めてから朝礼が20分ほど伸びている・・・

意外と盛り上がるんですよね🎵
IMG_1222.jpg
この日は、魚介のパエジャに合う約二千円のワイン。

IMG_1223.jpg
5/8の母の日に絡めて、の提案なんかも飛び出て提案に奥行きとヒネリがプラスされてきた。


IMG_1247.jpg
この日はコロッケに合う1000円くらいのワイン、というテーマ。

人によってオススメは様々ですね~。

私個人的にはまさかの、、、、スティルの赤は私だけ状態。
ポルトガルの赤をチョイスしてかなり満足していたけど、ランブルスコね~~~~、なるほどなぁ~~~みたいなやり取りが毎日続きます。

なかなか渋いチョイスが顔をのぞかせるし「そういう手があったか!!」と毎日のように感心させ合い。




IMG_1245.jpg
一人づつ、イメージの共有。

うんちく付きのプチエピソードなんかが加わると「おお~~っ」となって本当にそのワインを買いたくなります。

我ながら、いいトレーニングだ。


IMG_1174+.jpg
括ってやりました。
ポニーテールになりません(笑)



IMG_1175+.jpg
そろそろ散髪です。



2016
04
15

時の経つのは早いです。

三月末、芽が出て春を感じていたのもつかの間・・・

IMG_0920.jpg


IMG_0954.jpg
IMG_1039.jpg

IMG_1089+.jpg
どうしよう(笑)
時間が経つの早いです。

なぁ~んかバタバタ~っとしていたら、朝練のアップもろくに出来ていない。(毎日やってます!!!!!)
IMG_1040.jpg
予算約2000円
串カツに合うワイン。
へぇ~~、スパークリングの発想よりはソースで頂く際に程よく豊潤な赤かな~と思ったが、皆の意見はいろいろですね。面白い。
串カツは塩やポン酢で食べることもあるし食材は多岐にわたるので選択肢は広いですよね🎵

IMG_1099.jpg
予算6000円くらいのステーキに合うワイン。
がっつり赤が出揃った。
でも皆微妙に、想像してるお肉の脂具合が選んだワインに寄せていく発想。

飲みたいワインを選んでから、そのワインに合いそうな脂身レベルのお肉を探しに行くってのも乙ですな。

IMG_1100.jpg
クマさん熱弁🎵

毎日やっていますがアップしきれない。ぜひご来店くださいね。時間が経つのは早いです。

センチュリーは毎日レベルアップ目指して、面白くなっていると自負しております。





新しいと思っていたウォークインセラー内の冷蔵設備が気づけば約10年。

壊れる前に取り換えです。涼しい間にね。
IMG_1105.jpg
IMG_1104.jpg
時間が経つの早いなぁ・・・・

マイコン式、省エネ型。

午前中はガチャガチャやっていてご迷惑をおかけしていますがよろしくお願いいたします!!!
朝練のお題がブログのタイトルになってきた。

とある、朝練はすき焼きに合わせる、5000円前後。

IMG_0943.jpg
IMG_0944.jpg
IMG_0946.jpg
泡派と赤派に分かれるとは・・・・

ピノ多めのおすすめシャンパーニュが三種。

甘辛醤油な味わいに寄せる赤が三種。

ちなみに、私は06年産のポマールをチョイス。

シャンパンとすき焼きかぁ。発想になかったし勉強になるな。。。早速、試してみなければ。。





そして、とある朝練。
IMG_0961.jpg
ポテトサラダに合う1000円前後

いろいろ出たねぇ。
マヨネーズな酸味に合わせて皆酸を意識しているように伺える。

ちなみに私はロワールのソーヴィニヨン・ブラン。
ポテサラにもいろいろで、リンゴ入れる派だったりシーチキン入れる派だったりでイメージが変わってきますよね。

私はキュウリ入れる派な爽やかイメージでのオススメとなります🎵
少し岩塩なミネラルのイメージもロワールにしたポイント。


2016040701.jpg
プレゼンも一人づつトライ!!





IMG_0942.jpg
この子、どうなっていくのだろう(笑)


2016
04
06

グラタンに合うワイン🎵川魚に合うワイン🎵

この日も朝練。
IMG_0923.jpg
サイコロ1で1000円前後。
グラタンに合うワイン!

IMG_0924.jpg
迷路に迷い込んだ人たちみたいに、皆無言でウロウロし始めます(笑)


IMG_0929.jpg
面白いですね。
皆、全く違った切り口での提案が上がってくる!!

そういえばグラタンって言っても色々ですもんね。
鶏肉のグラタンもあればこの季節タケノコのグラタンだってある。
うちの妻は大根のグラタンが得意技だったりするし。。
ブルーチーズが入っていたりするとまたイメージも違ってくるし。
確かに勧めるワイン違ってくるもんなぁ。

この日はヴィーニョ・ヴェルデが白、ロゼと挙がってきました。さっぱり系のグラタンには確かに面白い。

鶏肉のグラタンがオーソドックスかな、というイメージで(でも微発泡なんですよね)この日、画像札をかけるワインはランブルスコで決まり。

こうやって、改めてブログに文字をおこしながら見ていると、ワインも季節に応じてオススメするアイテムがガラッと変わってくる、面白い飲み物だなぁと。。。

洋服のファッションセンスに似た感覚があると思います。
ラベルのセンスも重要ですしね。

もしくは、お医者様の処方箋にも似てるのかな。

よ~く効くお薬出す感覚!?

お料理の味わいも具体的に深堀して伺うとイメージがクリアになってきてより、合わせるイメージがわきやすい。


hujimawa.jpg
プレゼン練習

nakamuma.jpg
プレゼン練習。

絶対個人の意見に否定はしません。
なぜそう思ったのかを人前で恥ずかしがらずに話せるように。


ワインは嗜好品ですから間違いはないんですよね。知識の間違いはありますけど、感じる味の間違いは絶対にない。
そう思ったら勧めてみる。この繰り返し。

たまに、お客様から不評だったら謝って、次、絶対に自信のあるワインと食のマリアージュでリベンジする!

これがワイン販売たるもの!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、とある試飲会で見つけたワイン。
ACクレピ
フランス サヴォワのシャスラ100%
IMG_0616++のコピー


エビアンの採水地のご近所。
レマン湖の南の風光明媚な場所に位置するエリア産。

淡水魚との相性は抜群とのことでエチケットにはお魚がいっぱい描かれています。

瑞々しく、まさにこの時期!サラッサラだけど魚の味わいを邪魔しない感じ。

「これだ!!」と思って採用しました。




IMG_0932.jpg
コシモ・プリュス様へご意見伺いに。。

IMG_0931.jpg
すぐに、ヤマメの逸品をいただきマリアージュの実験に!!


IMG_0934.jpg
お腹が赤い超高級シラスの海洋深層水釜揚とも。

こんなワイン、お寿司屋さんにもピッタリだな。

お魚の特徴を邪魔せず繊細で気取らない。

いいですねぇ~🎵


IMG_0935.jpg
シニアソムリエ小林さんと作戦会議を激写(笑)

IMG_0937.jpg
苦楽園の人気中国料理、ベル・ロオジエの岩崎シェフにも味みていただいたり。

お忙しい中恐縮です。


上記、あまり書いたことないですが、こんな営業の日々送ってます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
三月下旬、無事42歳になりました。

IMG_0920.jpg
誕生日プレゼント。

生えてきた。春を感じます🎵
2016
04
04

ラ・チェルバ

トレ・ルマーケさんが移転され、お名前も新たにリニューアルされた新ダイビルのラ・チェルバさんへ。
久々の男塾参戦です。

男塾→業界で有名なブルオタ好き(笑)な弊社の超重要なお客様(ほぼ顧問)。

※ワインはわがまま言って持ち込ませて頂く。スミマセン
P1300891.jpg


※乾杯は画像失念。
コルトン・シャルルマーニュ 2001年 トロ・ボー  マグナム!!
昨年、トロ・ボーに訪問したときに奇跡的に抜栓されててごちそうになった、しかも最高に感動したワインのマグナム。

・・・

・・・・


ほほう。
色が進んでいて・・・・・本来ではなさそうだが、余韻はじ~~っくり長い!
ダメじゃないんだけど少し本来じゃない。輸送途中で少し熱が入ったかなぁ。
やや進み気味だが、表情は口をつけるたびに変化する。

後半はミネラルがぐわ~っと出てきた。

先日、ラフィット1978年の6Lも若いだろうと予測したのに、結果熟成が結構進んでいて想像を超えれなかった、なんてことは大容量のボトルにも普通にあるんですね。

心の中では、大容量=リスク低め?とかって思っていたけど、逆にリスク高いのかな。。考えさせられます。






P1300893.jpg
プーリア州ブッラータ うすいエンドウ豆



P1300897.jpg
北海道活蛸 サルサヴェルデ 春野菜
いやぁ、お料理最高に美味しいです!!

P1300900.jpg
パイパーエドシック 1966年
ま、コルクも折れますわな。

樽、カラメル、とっても香ばしい香り。
酸がキレてて美味い!!
結構なロースティな香り。
通常のシャンパンのガス感を10とすると0.5くらいのガスを感じる。しかも液の中でとどまっている(グラスに入れてもガスは感じ続けられる)
いやぁ、古酒シャンパン、ロマンだわ~
高いのが難点だが、ミネラルと酸が古くなるほど溶け込んだ感じになっていてなんとも素晴らしい。

P1300902.jpg
オマール海老、ラルド、パプリカ


P1300904.jpg
ウズラのポルペッテ 山菜

P1300907.jpg
チンチナート 2001年 テヌータ・ディ・トリノーロ
生産量年間1300本
チェザネーゼ・ダフィーレ品種97%、 プチ・ヴェルド品種3%
あの~、すっっっごいんですけど・・・・・・・・・・・・
めちゃくちゃ詰まってる。
ハーブ、干しブドウの甘味。
最高にいいタイミング。
トリノーロに通じる甘味はやはり作り手の味覚のセンス!?
余韻も◎
トリノーロスタイルのなんとも甘美な樽使い。
アマローネ並みの凝縮感だが透明感がまた素晴らしい!!


P1300921.jpg
スミマセン。
ワインは集合写真しか取れていなかった・・・

チンチナート 1999年
こいつも素晴らしい!!!!
2001年に比べるとやや優し目。
こちらが好みな方もいるだろう、ブドウの出来によるスタイルの差。
凝縮感は2001年が随分と強く感じた。
ほっこり優しく綺麗。
いやぁ、幻のワイン。しっかり結果を出してくれるわ~






ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru クロ・デ・レア 1974年 ジャン・グロ
バースデイヴィンテージ開けてもろた。アリガトウゴザイマ~~~~ッス!!!!!

あっ
香り・・・・・・・すんばらっしっ!!!!
ヴォーヌ・ロマネ~~な熟成香。
塩見旨味。
旨味の余韻が長く長く・・
果実味もいい状態でほぐれて残っていてそれはそれはいい状態。
後半で梅かつお出汁が少し出てきた。

いやいや、参った参った。


P1300908.jpg
マッケローニ イカナゴ ボッタルガ

P1300911.jpg
スペイン産豚 芽キャベツ
お料理も最高に美味しいです!

ワイン好きにはたまらない、割と主張のしっかりとした味付け。

P1300913.jpg
牛乳のソルベ イチゴ 白いんげん豆

P1300917.jpg
P1300918.jpg
小菓子、ほうじ茶で〆


男塾、恐るべし。

どんなワインでも出てくる。
人のご縁って財産ですね。貴重な経験ばかり積ませてもらってます(涙)

ありがとうございました!!!!!!!!!
2016
04
03

豚の角煮に合うワイン。

朝練で出た札をタイトルにしてみました。

今朝のお題は豚の角煮に合うワイン。

予算は約3000円。

皆さんならどうします?????🎵

saren.jpg

IMG_0914.jpg


いろんな意見が飛び交います。

甘辛醤油系に合うワインってことですよね。

いろんなワインが出てきます。各々の経験に基づいて。

IMG_0915.jpg
ダナエ アリアニコ ベネヴェンターノ
カンパーニャ
開けてみましたが、結構いけるマリアージュ!!!

IMG_0916.jpg
コロシア オロロソ シェリー
シェリーかぁ!!
なるほど。

IMG_0917.jpg
いろいろ出ましたが・・・

IMG_0918.jpg
MASI社のカンポフィオリンで落ち着く。
70%コルヴィーナ、25%ロンディネッラ、5%モリナーラ
約6週間半乾燥させた陰干しブドウを使用する凝縮感あるワイン。

IMG_0919.jpg
実際合わせてみないとね。近所のコンビニで買ってきて速攻マリアージュ実践。

抜栓したのはダナエ アリアニコ ベネヴェンターノ と先日の弊社主催の試飲会時に開いていたオロロソ。
いやぁ、面白いですね。ワインやシェリーでお料理の印象ってこうも変えられるのか!と・・・

オロロソで合わせると完全に中華料理の方向に向かう。もちろん結構な面白マリアージュで私的には大有り!
シェリーは我々もまだまだ経験不足の分野ですが最近、マリアージュを考える上でよく登場してくる。

ロゼもしかりですが、赤白を考えずに勧めていけるジャンルかと。

シェリーはアルコール度がワインより少し高め15%~ですのでアルコールのヴォリューム感でお肉料理にも負けなかったり。

ロゼはロゼで、赤白の中間を狙える幅広さが便利。

アリアニコも、こちらはこちらで豚の角煮が洋風に楽しめるナイスマリアージュ。

そんなに濃くない味付けの角煮だったので、逆に食材がワインをあまり選ばない気もしましたが。

今日の晩御飯は何かな~~~~~🎵
2016
04
02

無事終了!ワインテイスティング IN 芦屋

第15回 ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会はおかげさまで大盛況のうちに終えることができました!!

ご来場いただいたお客様、ご協力いただいた輸入元各社の皆さま、誠にありがとうございました!!

次回は8月9日(火)でBの会を予定しております!

Bの会のテーマは「フランス、ニューワールド他の上代3000円以上のワインと食前酒&食後酒」

改めて告知させて頂きますのでお楽しみに🎵

で、先日の様子・・
IMG_0846.jpg
IMG_0847.jpg

輸入元各社様の気合の入った接客。
何よりも出展アイテムのレベルアップによりお客様のご満足いただけたメッセージをたくさんいただくことができました。

普段なかなか口にすることができない価格帯のワインやマイナー銘柄ながら実力派のワイン、なかなか飲み比べできるタイミングは少ないですもんね。

食前酒、食後酒についても好評で、まだまだワインの啓蒙然り、ブドウからできた様々なお酒の魅力はもっともっと我々も勉強していかないといけないし、美味しいものはもっともっとお伝えしていきたい。

世界中にわんさか眠っているものだと感じさせられました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
話は変わって、朝練報告。

この日はサイコロ5で5000円前後。
お題は、カルボナーラに合うワイン。
IMG_0897.jpg
皆一斉に頭をひねります。

IMG_0899.jpg
IMG_0901.jpg
IMG_0908.jpg
面白いもんで、皆が選ぶワインはほとんどかぶらない。



IMG_0909.jpg
イタリア料理だし、この日は上記のトレッビアーノ主体のダニエレで一件落着。

ケンダル・ジャクソンの上級のシャルドネやサクラ・シラーズ、ジャイエ・ジルのブルシャル2010年にフェッラーリ ロゼなどなど。

端からカルボナーラに合わせていってみたい🎵

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
月初は新入荷続々。


IMG_0898.jpg
最近、規制の加減でグラッパやマールが国内に入ってきにくい状況になっているようですね。。。

そこで見つけたシャブリの生産者の20年熟成マール(マグナムボトル!!現地では非売品とか・・・)
マール・ドゥ・ピック・プルミエ  アルベール・ピク 13000円税別

相当かっこ良い!!!!!


IMG_0904.jpg
こんな商品も・・
カルーア抹茶やて。

他にもいろいろございます。
宝探し的感覚でのご来店お待ちしております🎵

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター