2016
05
27

業務連絡 すっきりワイン試飲会🎶


【業務連絡(一般の客様はごめんなさいネ)】

初夏に向けた「スッキリ爽やかワイン」試飲商談会!!
を開催します!


場所:
ワインハウス センチュリー3F セミナースペース シエクル

日時:6月8日(水曜日)13時~17時

出展インポーターはファインズさん

初夏に活躍必至のキモチイイ、すっきり爽やかワインを選びに選んでご提案させて頂きます!

sukkiriwinekai.jpg


ぜひぜひ、ご来場くださ~~~~~~~い!!!
スポンサーサイト
2016
05
23

もうすぐ35周年

最近、著しくブログさぼり気味・・・・

バタバタしていてね~。いっぱい面白い事してるんですけど全くと言っていいほど書ききれていない。
非常に充実した毎日なんですけどね。頑張らねば。。



で、本題。
ワインハウス センチュリーは来月6月14日で創業35周年を迎えます。
いろいろあったなぁ~。



35周年を記念しましていろいろと考えておりまして、店頭改革案は続々実行中なんですよね♪

お片付けも一生懸命しているし。

棚のレイアウトも、実は結構変えておりましてね。

POPも鋭意作成中。

値引き商品もぞっくぞくのザックザク。

ワインの説明が書いたカードも95%以上くらいの確率で、すぐにご自由にお持ち帰りいただけるように準備完了、充実させています。



35周年創業記念月の2016年6月は、お買い得がいっぱい!!

まず、
★ご来店いただき5000円以上お買い上げいただいたお客様には弊社オリジナルのワインバックをプレゼント!!
(今のところ、いっぱいあるけどなくなり次第終了。※6月いっぱいのキャンペーン!!)

これ、内側ビニール加工してあるし、かなりかなりこだわりのロープバック🎶

芦屋のMAPをモチーフにしたデザインで芦屋のセレブマダムにも大好評いただいております♪
(お美しいそこのあなた!駅前あたりをぶら下げて歩いてほちい)
IMG_4690 - コピー
芦屋土産としても最適!(通常1000円税別)

また、弊社店頭販売におきまして、メンバーズカード(ご入会108円税込み)がありますが、こちらに6月中にご新規入会いただいたお客様にもプレゼント!!!


また、
★カード会員様への特典のグレードアップも6月より実施!
カード会員の皆様はカード提示でワイン全品5%オフ!!【店頭にて既に割引されている商品は除く】
もちろん今まで通りポイントもたまります!
ポイントがたまれば自動的に金券(500円)が発行されます。



また、今までは現金お支払いの方限定でのポイントサービスでしたが、
★6月1日より、クレジットカードのお客様もポイントがたまります。
よりワインライフを楽しく、お買い得感をもって楽しんでいただく為に、ガンバリマス!!


★割引対象商品が3本以上でさらにうんとお買い得!なキャンペーンは7月以降も継続予定です!!(割引率は6月一杯が断然お得!!!)


キャンペーンもろもろのお話はここまで。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


35年前のセンチュリーは↓こんな感じ。



オープン間もない(1981年)センチュリー店内。

結構おしゃれにしてるなぁ。我ながら。

オープン当時私、小学一年生。

お店は今とは別の場所。すぐ近くですけどね。


当時、NTTが作る地域誌みたいなのが出てきて載ってましたので。

IMG_1556.jpg
IMG_1557.jpg
IMG_1558.jpg
イキってムートン73年ピカソラベルとか、オーブリオンにイケム、ドンペリ載せてますが、おそらくこのころ五大シャトーは1万円以下だったりするんですよね。。
よく、古くからのワインファンの客様に嘆かれる・・・・・


この数年後、ウォークインセラー作って、配送ヤード作って、大地震が来て社員全員いなくなって(そのころ私は大学生)地震の一年後、今の場所に移転して・・・・・

父が脱サラして始めたお店ですが、振り返るとなかなか壮絶。でもいい思い出です。




さらにセンチュリーの名を轟かせるべく、ワインの楽しさを皆様にお伝えできるように楽しみながら頑張っていく所存です。

これからも、関西一、いや日本一のワインショップ目指して走り続けますので、ワイン買いに来くださいね!
2016
05
16

ブラッシュアップ

先日、久保正和先生によるもう一歩突っ込んだワイン講座 ボルドーワインとブルゴーニュワイン編を弊社シニア三名が社内研修の一環でブラッシュアップする意味も込めて参加。

満席14名。(センチュリーズ3名含む)

皆さん熱心です。ほとんど(おそらく我々以外すべて)一般の方々ですしね。

市場のワイン文化もいよいよ日本には根付いているように感じます。


IMG_1472.jpg



IMG_1474.jpg
一度はしっかりとお勉強していないと、なかなかついていけない深堀な内容。

まさに「もう一歩突っ込んだ」お話が聞けました。



IMG_1480.jpg
テイスティングは
①サンタ・ムール 2014年 ポール・ボーデ
②ブルゴーニュ ルージュ 2013年 モンジャール・ミュニュレ
③レディ・ランゴア2011年 サン・ジュリアン

改めて飲み比べてみると三者三様。
皆さまのお好みもしっかりと別れる。

しかし、フランスワインの歴史、奥深いです。

最近あるコラムで、
「日本のワイン文化はフランスワインばかり一辺倒で、実際は他国のワインが発展してきているのになかなか目を向けようとしない、退屈なままのワイン文化が根付いている・・・・」
といった内容のものを読んだりしましたが、ワインを扱う仕事をする上では難しいお話し。


私個人的には、今のところ、フランスワインにはやはり一日の長は強く感じるし、それにも勝る他国のワインで飲んで納得すれば我々もガンガン売っていく。

ま、美味しいフランスワインは近年バカ高くなっているのでそこは面白くないですけどね。。。


歴史に裏付けられた見えない技術や言葉にできないような深さや香り、味わい。。

勉強になりました!!
2016
05
15

タブーな実験

毎日のようにワインを飲んでいても、これだけ長年ワインを生業にしてきても、自分が味をある程度想像して飲みたいと思って選んだワイン(飲んだことない)がイメージと思いのほかずれているなんてことはチョイチョイあります。


「飲んでみなきゃわからない・・・」それがワインの面白いところでもあるんですけどね。


先日、自宅で開けたワイン。

ブルゴーニュ シャルドネ 2013年 フレデリック・マニャン
4560450048527_1+.jpg
ワインデータ:
ACブルながらモレ・サン・ドニとサントネーの一部の区画のブドウとコート・ド・ニュイ、コート・ド・ボーヌの2つのアペラシオンからのシャルドネのアッサンブラージュ。
オーク樽で低温アルコール発酵を実施。
すばらしい余韻とフルーティなアロマ・・・・とのこと。




輸入元さんには申し訳ないが、ものすっっっっごい酸っぱく感じたんですよね・・・・・(ゴメンナサイね。正直な感想)
私の体調との相性があるのかもしれませんが・・・




じっくり飲んでみていて、
「あ~酸っぱいなぁ~」

「あ~酸っぱいよなぁ~」












このワインにもっと、ニューワールドな感じ?まで行かなくても、まろやかな~舌触りやハチミツのようなふくよか~な甘みが
あったらな~・・・・・

あったらな~・・・・

あったらな~







あ!ハチミツなら家にあったよなぁ~~

IMG_1094.jpg
生産者さんにはとっても失礼な行為、なんですが(ブログに書こうか迷いました)トローりと入れてみました。


大さじ一杯入れてみて・・・・・・・・・・、ハチミツの甘味は感じますがワインの味わいと完全に分離しています。

酸味は入れる前と同じくらいに、いやこんなに甘みが増してるはずなのに酸も増してる!?と思わせるくらい味わいが分離している・・・・・・


ハチミツをもう少し入れてみる。。。。


ハチミツの味が強くなり甘味がしっかりあるのだが酸を覆い隠すことにはならず・・・・・・でした。


「ハチミツの様な甘みを感じる」なんていうようなワインの風味はよくできてるもんだなぁ・・・


良くも悪くも、ボトルに詰められたワインはそのレベルでの完成系なんでしょうね。

ある日の実験報告でした。
2016
05
08

ホームパーティ

とある豪邸にてホームパーティにお呼ばれ。

ありがたいご縁です。

10年以上、子供の絡み始まりで仲良くさせて頂いている4家族と🎵

IMG_1375.jpg

IMG_1376.jpg
IMG_1377.jpg
IMG_1378.jpg
3Mっていうらしいです。
三大人気イモ焼酎。


IMG_1379.jpg
もちろんワインも。
Ch.イガイ タカハのピノ二種、プロヴィダンス2013年。

IMG_1381.jpg
1973年Ch.デュフォール・ヴィヴァン

すべてごちそうになっちゃったんですけどね。

長いこと熟成ワインを扱ってきて、昨日の会でも思ったんですが、1973年のデュフォール・ヴィヴァンを前にして、
1973年物!!!!!
飲めるの~~~~~????
酢になってない?
こわ~~~

みたいな話になって・・・・でも冷静に考えると、そりゃそうですよね。43年前のブドウで作ったお酒ですからね。。。

難しいけどこの楽しさを伝えていきたいんですよね・・・ここまで古くなくていいけど。


確かに扱い難しいけど。
開けてみなきゃわからないドキドキ感。
めっちゃ美味しいかもしれないし全然だめかもしれない。
美味しかった時の、一期一会な香りと味わい・・・

ちなみに、昨日のそれは間違いなく美味かった。
リコルクされていて状態もバリバリの健全。

でも、もしブだったり、扱いがわからずにぞんざいに扱って開けてみたり、保存状態が悪かったり、供出温度やグラスにもよるし、ちょっとのことなんですけどね。確かに少しの知識や経験は必要になってくる。

飲みなれていない方には「これが本来の味かどうかわからない」「もし悪い状態だったとしてもこういうものだと思って飲んでしまう」
といった意見が・・・・



古酒は安くないし、安くていいものなんてなかなかないし、でも一度知ってしまうとハマってしまう魅力的な世界。

バックヴィンテージを積極的に出してくれるワインバーがほしい。けど難しすぎる。。。

悩ましいワイン啓蒙に向けてのポイントへの気づきでございました。

IMG_1372.jpg
弊社店頭のバラが大満開🎵

手頃バックヴィンテージも若干ご用意ございます!ご来店お待ちしております🎵
2016
05
01

朝練グレードアップ。

IMG_1338.jpg
バラがいい感じです🎵

IMG_1339.jpg

IMG_1327+.jpg
朝練は毎日のようにやっていて、この日はグラタンに合うワイン。2000円台。

IMG_1331.jpg
皆が選んだ後に一人ずつ、なぜそのワインを選んだのかをプレゼン披露。

なるほどねぇ。面白いです。鍛えられます。

味のイメージを言葉で伝えるのって非常に難しい。
食材にあるどのポイントと、選んだワインのどのポイントが合うと思うのか・・・・・・

IMG_1332+.jpg
同じ食材でも泡を持ってくる人、白の人。この日はなかったけど赤白泡全部出てくることもあります。



いつもの朝練も少しマンネリ化してきたので、ここから先はグレードアップバージョン。

自分が選んだワインは省いて、皆がお勧めしたワインの中から一つをイッセイノーデでチョイス🎵

美味しそうだな~、そのマリアージュ楽しそう。なるほど合いそうね。と思わせる力が強い商品が投票されます。

IMG_1333+.jpg
今日のチャンピョン 中熊氏 ご機嫌です(笑)


kumasan+.jpg
センチュリーズに選ばれたグラタン画像カードがめでたくボトルに掛けられました。


ゲーム感覚でのスキルアップ、いい感じです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

IMG_1337.jpg
話は変わって、朝練の続き。

ボルドー2006年とエトナロッソ(ネレッロマスカレーゼ)はブラインド。

瞬時に味覚嗅覚、営業感覚を研ぎ澄まして国、ヴィンテージ、ブドウ品種、価格、ワインについての簡単コメントを紙に書かなくてはなりません。
朝のバタつくときにも素早く回答。トレーニング、大事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
全然話は変わって・・・・・・

IMG_1308.jpg
先日、ご近所さんのイカリスーパーの前の川でそこそこでっかいアライグマ発見したんですけど・・・・・

害獣らしいですね。ペットを放つ人がいるらしく、加速度的に増えてるとか。

芦屋産ジビエ!?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IMG_1313.jpg
そろそろ放置プレイも許してやろうか・・・・・












IMG_1319.jpg
スッキリしました。嬉しくって笑ってます。
カール・ルイス風(笑)

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター