ありがたいメーカーズディナーにご招待いただく at ニューオータニ サクラ。

一番乗りで到着したので、酔っぱらう前に写真を。
201703301.jpg
ソシエテ 坂口氏とルモワスネの醸造責任者 クローディ・ジョバール氏。

彼女の母はジョセフ・ドルーアンで35年にわたり務めた醸造家とのことで幼少期より醸造を見て育った、まさに英才教育一家の娘さん。
2005年からルモワスネで醸造しているとの事。



IMG_5867.jpg
IMG_5869.jpg
IMG_5888.jpg
ウェルカム&シャンパイは
・ピエール・ジモネ キュヴェ・フルーロン NV ブラン・ド・ブラン
ドサージュ4.5g、瓶熟4年以上。
男前なドライっぷりで玄人向き。美味しいです🎵

・ブルゴーニュ・ブラン ディアマン・ジュビレ 1997年 ルモワスネ
イイですね~。バランスが取れていて、大当たりのバックヴィンテージBBだな。

・ムルソー シャルム 2007年 ルモワスネ
元気でまだまだ若々しい。こちらのみクローディ・ジョバール氏作。

IMG_5874.jpg
IMG_5876.jpg
IMG_5887.jpg
クロ・ヴージョ 1985年 ルモワスネ
こちらも若いですね。古酒としてはすこぶる状態がいい。
伸びがあり健康的。

ヴォルネイ クロ・デ・シェーヌ 1er 1978年 ルモワスネ
・・・・なかなか厳しい状態だ。。瓶差があるかもですね。一番期待していたのですが、残念。。

モレ・サン・ドニ クロ・デ・ゾルム 1er 1967 ルモワスネ 
果実味はもちろん減退しているが、動かしていないと思われる健全さを感じます。
蔵出し古酒ってこういう感じ~ってなる、なんというか熟成香がそこまで出ないというか、若さすら感じる熟成というか・・・・
なんでしょうね。表現できないけど、若年寄な感じの味わいでびっくり。

IMG_5878.jpg
IMG_5880.jpg
IMG_5884.jpg

いくつか興味深いお話や質問ができました。
コラージュ(清澄)は極力しないとの事。
逆に、じゃあコラージュするしないでどう変わるのか・・・聞いてみました。
コラージュすると、味わいのテンションがあがる、酸が際立ってくる、的なお返事。
コラージュを極力しないのは、清澄=すなわちにごりを取ることは旨味などのいい部分まで取ってしまうので、との事。
その昔は、清澄作業は当たり前の時代があったが今はするしないは醸造家のテクニックみたいでした。

コラージュは卵白、またはカゼイン(牛乳から取れるたんぱく質)を使ってするとの事。

また、ルモワスネはその昔ワイン生産者ではなく、前当主のローラン・ルモワスネ氏が卓越したテイスティング能力でワインを他の生産者から買い付けて自社でエレヴァージュ(樽熟成)させた後、瓶詰めして販売するビジネスをしていた、ということで、「エレヴァージュで味は変わるのですか?」と聞くとやはり、確実に変わるそうで・・・
この点については、もっと突っ込んで、「何が主な原因でエレヴァージュする人や場所によって味が変わるのか?」を別の機会にも聞いてみたいな、と思いました。

ルモワスネのワインには健全で古酒らしからぬ良い状態というのが一つの安心できるブランドであると思います。一方で、個人的に感じるのには、独特なルモワスネ節!?ルモワスネスタイルが存在するとも思っています。これはアペラシオンを超えて。
何かどこかのタイミングで、独自のテクニックがあるのかな、そこまでは質問しきれずにいたのですが、大変勉強になった夜でした。

ありがとうございました!!!!!!!
スポンサーサイト
3/21(火)ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会はおかげさまを持ちまして、今回も大盛況のうちに終えることができました!!

足元の悪い中、ご来場いただいたお客様、ご協力いただいた輸入元各社様、ホテル竹園さま、ありがとうございました!!!

IMG_5811.jpg
会場の熱気は画像ではなかなか伝えにくい気がする。

ワインファンな方々の熱意ある空気感は、毎回我々身が引き締まる思いでございます。


午後からは雨も上がり、無事に問題なく終了出来てほっと一安心。

お疲れ一杯は、腐れ縁のコートーコーポレーションの松下君と、サシ飲み。

IMG_5813.jpg
IMG_5814.jpg
IMG_5815.jpg
冷製パスタ絶品!!!!ウマスギル・・・・・・・

個々だけの話、ここ10年くらいの中で一番のパスタではないか!!と思うほどの感動・・・・・


IMG_5816.jpg
イカスミを練り込んだ温パスタ。
こちらもスバラシイ!!

改めて、吉岡シェフ天才!
IMG_5821.jpg
親しみやすいお人柄と繊細なお料理、魅力的です(笑)

IMG_5818.jpg
いつのまにか縁深い関係のシュウヘーですが気づいたら初めてのサシ飲み。

おめでたい話も聞けたし、めでたしめでたし。オメデトウね~~!!
2017
03
22

カルボニエラ・デル・トロ

この日は、もうすぐ10周年を迎えられる人気イタリアン カルボニエラ・デル・トロさんへ。

カルボニエラ・デル・トロ

いつもながらのドンデンのド満席!!すごいなぁ~~。

IMG_5789.jpg
前菜盛り合わせの甘エビが美味すぎる!!!

IMG_5793.jpg
IMG_5794.jpg
グラススプマンテ、白はソアーヴェをグラスでいただいた後に、
ガブリッチョ 2010年
トスカーナ サンジョヴェーゼ・ピッコロ種
ややタイトで程よい樽感。
お肉には完璧だぞ!

IMG_5796.jpg
ローストビーフがっつり♪

IMG_5798.jpg
クリームパスタもペロリ。

IMG_5799.jpg
ホタルイカ

IMG_5802.jpg
がっつりハラミ肉はミディアムレアっていうのかな。ニクニクしくって精が付くわ~。

IMG_5803.jpg
ヘーゼルナッツのアイスのはず。

201703191.jpg
パワフルで豪快ないつも本場イタリアの風を感じられるお店。オーナーシェフ仲川さんと最後にパチリ。

次回はちゃんとした顔で写って下さい(笑)

ご馳走様でした~~~~♪
2017
03
20

ソムリエお手伝い【備忘録】

この日はとある迎賓館でのディナーのお手伝い【備忘録】

IMG_5764.jpg
1.
アペリティフ
◎ ドメーヌ・カズ
ミュスカ・ド・リヴザルト 2011  


2.
南仏風サラダ
◎ Blanquette de Limoux Brut  

3.
オニオングラタンスープ
◎ Amontillado
エミリオ・ルスタウ レア・アモンティリャード エスクアドリア リゼルヴァ750ml 
なかなかドライで余韻も深い。

4.
コートレットダニョー(一貫)
ラストー キュヴェ プレステージ 2001年 ドメーヌ ラ スマド  
想像通り、血、土、鉄分なニュアンス。
まだ硬さは残るがなかなかのポテンシャルを感じます。

5.
ブイヤベース
◎ Hermitage Blanc "Chante-Alouette"/ M. Chapoutier 2014年 
凝縮感が詰まっていて粘性も楽しめます。
こちらも、熟成を経るとより面白くなるんでしょうね。


6.
イチゴのミルフィーユ
◎ 福寿 大吟醸生酒 原酒【2℃・ソーヴィニヨンブラングラス】


勉強になりました!!
お疲れさまでした!!
2017
03
19

yasai french NR (ヤサイフレンチ ノール)

この日はとある会合に参加させて頂く at yasai french NR(ヤサイフレンチ ノール)さん。

IMG_5722.jpg

アペリティフはドラン シャンベリードライ。
こういうタイミングでベルモットを使うんだよなぁ。勉強になります!!!
ホロ苦甘で、甘すぎず、ちょっぴりアルコール高めなので(18度くらいだったか・・)場の空気がほぐれやすい♪

小さなポタージュサンジェルマン(うすいえんどうのスープ)※画像失念。スミマセン。。


・乾杯はアムール・ド・ドゥーツ ロゼ 2007年 
この時期、ロゼは春めいていて素敵です。


IMG_5723_.jpg
名物のパレットオードブル!!

・こちらには日本酒 福寿の別誂え 超甘口で。
これが、超甘口と記載されているので少しひるみがちだが、いい甘さで進む進む。
食中に行けるちょうどいい甘さで、気を付けないと飲み過ぎる。


IMG_5725.jpg
フォアグラのシューファルシ トリュフソース

・こちらにはアルザス グランクリュ ピノ・グリ ヘングスト 2010年 アルベール・マン
いいですね~~~~~!
こちらもやや甘口なのですがトリュフソースが少し甘辛めだったのもあって素晴らしいマリアージュ。
甘口はフォアグラのこってりさにもいい具合にマッチ。
ちと感動もの。

IMG_5726.jpg
オマールエビのポワレ 梅の香りのブールブランソース

・コルトン・シャルルマーニュ 2001年 ボノー・デュ・マルトレイ
贅沢過ぎる、甲殻類とコルシャルのマリアージュ。
コルシャルには石灰質からくる海のミネラルが多分に感じられて、こちらもオマールのミネラル感にピッタリ。
まだ若さは感じるが時間と共に開いてくる。

甘口が続いたので、辛口が来ると感覚的にややヴォリューム感が、先に開けたピノ・グリなどの方がヴォリューミーな余韻が残っ
ていて、開ける順番やワインの格などには気を払いながら今後はやって行かないといけないな、と勉強になりました。


IMG_5727.jpg
お肉の前にさっぱりとお口直しのハーブ氷菓子。


IMG_5728.jpg
黒毛和牛フィレ肉のロティ 赤ワインソース
めちゃ柔らか旨い!

・Ch.モンヴィエル 2005年 ポムロール
グッと詰まったバランスのいい香りと味わい。
抜栓すぐからこなれていていいワインだ!!


IMG_5729.jpg
生姜のクリームブリュレ

・〆はボスコープ(リンゴのリキュール)を生で。
IMG_5731.jpg
マリアージュ、奥深いです。
変化球な提案は本当に楽しい。

勉強になりました!!
ご馳走様でした!!!



2017
03
16

オーベック・ファン神戸

ちょっと前になるのですが、この日は久々の男塾にお誘い頂きました。

場所は、JR灘駅からすぐのオーベック・ファン神戸さん。
http://www.aubecfin-kobe.com/

IMG_5645.jpg


IMG_5646.jpg
シャン杯はジャック・セロス レ・キャレル ブラン・ド・ブラン 
デゴルジュマンは2010年1月。
リリース直後のタマですな。
ガス感はかなり優しい感じになっている。ピュアで優しく飲み頃感大!!!!
まろやかなミネラルの口当たり。
とっても質のいいブラン・ド・ブラン。香りも甘く奥にほんのり黄金糖。ビオ感はほとんどなく、すごい旨い!!!


IMG_5648.jpg
アキテーヌ産キャビア。
シャンパンにピッタリ♪

IMG_5650.jpg
マスが遡上するイメージで♪

IMG_5654.jpg
コルトン・シャルルマーニュ 1989年 フェヴレイ
香りは最初おとなしめ。
甘美で鼻から抜ける品よくフローラルな香り。
ブルーチーズでも負けないくらいのコルシャルの特徴的ミネラルを凝縮したような・・・・・とってもイイ!!
ベストバランスの肉付きで徐々にクリームブリュレも出てくる。
海のニュアンスを感じるんだよな。

IMG_5657.jpg
桜鯛、装飾付きの綺麗なお皿💖


IMG_5652.jpg
DRC モンラッシェ 1986年
恐るべし、男塾・・・・とうとう行きついてしまった。。。。。
夢にまで見たモンラッシェ・・・
どうこう書く気にならない、口にできるだけで感慨深い経験なんですけど・・・
市場価値を考えずにコメントすると、今飲んでよかった、と思える熟成のピークの最後の方。
抜栓直後から香りは開きコルシャルとはまた違った繊細でいて大胆さもある華やかな余韻。
ブランデーのような複雑味も感じる。
酸も締まっていて落ち着いた美味しさ。果実味がピークの峠越えを感じる、少し落ち着いた柔らかい印象でした。


IMG_5660.jpg
IMG_5661.jpg
フランス産黒トリュフとカイノミのコンソメドゥーブル カルタファ包み
素晴らしい!!!

IMG_5662.jpg
モレ・サン・ドニ 1er cru クロ・ソルヴェ 2001年 ジャッキー・トルショ
立ち上がり、ゆで卵、硫黄?
色薄でビオじゃないよね、ビオっぽい。
海のニュアンス感じるユル旨。
還元香は徐々に消えていき、ニュージーランドで当りのモヤッと感を出したピノに感じたタイプに近い気がするんですが。
独特のトルショ節でこれはこれで面白い。
ま、手に入らないけど・・

IMG_5664.jpg
活けオマール海老のロースト 岩塩バター風味
クラシックコース気合入ってます!!


IMG_5667.jpg
リシュヴール 1992年 アラン・ユドロ・ノエラ
あ~旨い。とっても健全な旨さ。
口中にまとわりつく粘性。香りはVTなりの、少し閉じこもり気味な印象ですがさすがのグランクリュ!


IMG_5669.jpg
黒毛和牛フィレ肉のロティ。 アルデンヌクラシックロードレース。
お料理の題名、いろいろ凝られていますがブログでは説明不足ごめんなさい。


IMG_5670.jpg
宇治産緑茶のグラニテとキウイ ヘイワードのソルベ

IMG_5671.jpg
A.B.F イチゴのミルフィーユ

IMG_5672.jpg
IMG_5673.jpg
ミニャルディー巣(笑)

IMG_5674.jpg
いやいや、ちょっと贅沢過ぎる貴重な経験、有難うございました。

暫く大人しくしないとな・・・・
2017
03
05

ベル・ロオジエ

★お知らせ!
3/21(火)「第16回 ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会」ご予約受付中!
テーマ:「デパート、スーパーには置いていないイタリア、スペイン他のワイン&食前・食後酒」
詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/505545343166688/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日は、最近お料理にますます磨きがかかったと噂のベル・ロオジエさんへ。

IMG_5530.jpg
IMG_5533.jpg
アルフレッド・グラシアンでシャンパイ🎶
レモンの様な酸、ガス感は弱めで少し熟成感を感じる。
スケール感があり今までじっくり向き合ったことがなかったことなかったナ。
コレ、めっちゃくちゃいいシャンパンじゃん。。。。

IMG_5535.jpg
こちらはお得意のほっこりスープ。
白菜、鳥節

IMG_5536.jpg
白子、金時人参、ピスタチオ、黒胡椒

IMG_5537.jpg
Ch.ヌフ・デュ・パプ ブラン 2004年 ボーカステル
コレっ!!!!!!好き!!
甘トロ~い感じ。少し酸化のニュアンスがあり熟成はやや早目な印象。
甘露煮的な、酸は控えめで奥深い。ルーサンヌ主体、、、ローヌの白はもっと注目されるべき!!


IMG_5539.jpg

IMG_5541.jpg
フォアグラ、柚子のモナカ

IMG_5542.jpg
IMG_5545.jpg
IMG_5546.jpg
IMG_5547.jpg
フキノトウ、ウニ、キャビア、鯵。
見た目にも鮮やか豪勢だわ!

IMG_5553.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン 1992年 クリストフ・ブリチェック
レモンティな酸を感じる。
1992年らしい綺麗な熟成。
正統派かつお出汁系、優等生的ブル古酒。

IMG_5549.jpg
サーモン、カリフラワー、ズワイガニ、金華ハム
すごいヴォリューム!!!
そして手が込んでいる。もちろん美味い美味い!!

IMG_5565.jpg
エルミタージュ シズランヌ 1990年 M・シャプティエ
やや硬めスタートやけど、素晴らしいワインだ!!
陰な香り、下草、ボルドー的なニュアンスも。
華やかさというより地味な中にクレバーで複雑味がある。
酸がキレイで出汁的旨味のニュアンスも。
しなやかで、やはり90はイイ!

IMG_5552.jpg
帆立、鮑、イクラ、セロリ、フォアグラ、ベーコン

IMG_5555.jpg
寒鰤、フカヒレ、大根、甜醤油、生姜、神戸ポークプレミアム


IMG_5556.jpg
フカヒレ、広東白菜、白菜、龍眼肉、花冬茹、枸杞子、高原但馬鶏



IMG_5558.jpg
マナガツオ、XO醤、筍、うるい

IMG_5568.jpg
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2001年 マリオン
中華には、こんなワインやニューワールド、オーストラリアシラーズなどもいい感じ。
こちらはなかなかのタイトなつくり。
アマローネらしく詰まっていて、やはり個性的な干しブドウ的甘味。お肉にはばっちりでした!!


IMG_5560.jpg
A5熊本牛、和牛頬肉、黒椒醤、百合根、牛蒡、クレソン


IMG_5561.jpg
中華蒸しパン。いつもながらソース拭き拭き、美味しゅうございます!

IMG_5563.jpg
ミスジ、牛蒡、粥、搾菜。

ミスジ肉を熱々のお粥に浸して、しゃぶしゃぶ感覚で食べる逸品。美味すぎる。。。。


IMG_5570.jpg
金柑、八朔、ピンクグレープフルーツ、マスカルポーネ

IMG_5572.jpg
苺、ショコラ、ジャスミン、杏仁豆腐、レアチーズ

IMG_5574.jpg
IMG_5575.jpg
IMG_5577.jpg
プティフール・・・・・どれだけ効率的に作るとここまでのお料理が出せるのだろうか・・・・
シェフのストイックさにはいつも脱帽物です。。


IMG_5581.jpg
ワインはいつも勝手ばかり言って申し訳ありませんでした。

お料理、本当にいつも素晴らしい。。

ありがとうございました!!!
2017
03
01

コシモプリュスにて(某イベントデー)

★お知らせ!
3/21(火)「第16回 ワインテイスティング IN 芦屋 Aの会」ご予約受付中!
テーマ:「デパート、スーパーには置いていないイタリア、スペイン他のワイン&食前・食後酒」
詳細はこちら
https://www.facebook.com/events/505545343166688/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この日はコシモプリュスにて、元アキュイールの名物ソムリエOさんが1日限りのサービスをされるという特別デーというこで。
師匠ご夫婦と。私の夫婦とで。

IMG_5451.jpg
まずはシャンパイ。
ゴッセ NVだけど4年以上蔵に寝ていたやつだとかで。えらい美味しいんです!!!
香ばしいコクあり。
NVシャンパンも少し放置しておくと随分おいしく育つんだけど、飲んじゃうよなぁ~。飲まれちゃうよなぁ。。。


IMG_5452.jpg
この日のメニューは遊び要素満点で、「まかない風お料理を本気でアレンジしてみたら・・・」なテーマということ。

IMG_5454_.jpg
目玉焼き!?カリフラワーのピュレ、卵黄、ラー油。
ラー油とは面白い!
IMG_5460_.jpg
フーバーのピノ・ブラン H 2015年
O氏による懐かしのブラインド攻めの始まり。。。
かろうじて、ブドウ品種を当てられた。いいワインだ!!

IMG_5455.jpg
IMG_5459.jpg
ワカサギも小霜シェフの手にかかると、もはや芸術ですな。。。
フリット、オイルコンフィ、蕗の薹のソース。

IMG_5468_.jpg
アルザスのオレンジワインだったはず。
ゲヴェルツトラミネール。液色はオレンジ色。ビオ感強く、今風だね~。
ピノ・グリのオレンジワインか?と答えたが、師匠ちゃっかりゲヴェルツ当ててるし・・・

IMG_5463_.jpg
”かわはぎ” オイスターリーフ、海のミネラルのソース、肝のソース。
もはや「まかない感」は皆無(笑)
オイスターリーフって面白い🎵


IMG_5471_.jpg
ブルゴーニュ・ブラン 2007年コシュ・デュリ
いや~、コシュ・デュリって感じやね~。こぶし効いてるわ~。
液色も独特な少しレモンがかった印象。
優にクラス越えの香りと味わい。別格の凝縮感。厳格な酸がタイトで、そこがまたいい!
時間経過によるふくらみは・・・・会の終盤ではやや衰え感を感じたものの脱帽物のポテンシャル。

IMG_5466_.jpg
肉じゃがトリュフ!?


IMG_5472_.jpg
河内鴨は生レバー付!!

IMG_5474_.jpg
フレッシュキレイ系な味わいの鴨のナマレバ。

IMG_5475_.jpg
アンジュ・ルージュ 2011年 クロー・ド・ネル
これ、いい!
師匠、ブラインドバッチリ当ててはるし・・・・
私は「テンプラニーリョ!?」くそ!勘ぐりすぎた!!

IMG_5479_.jpg
超贅沢西京焼??

IMG_5482_.jpg
サン・ロマン 1999年 モレ・ブラン
どえらい濃いのでローヌ系白か???と思いきや、まさかのシャルドネ。
あかん、師匠バッチリ当ててはるし。。。。。

IMG_5458.jpg
Ch.シュヴァル・ブラン 1985年
これ頂くの、二回目。ありがとうございます!!!!!!!!!!!!!!!
カツオ出汁系、スンバらしい!!!
後頭部に久々にズコンとくるピークのうまさ。
口中で全く引っ掛かりがなくエレガントスムース。
余韻も長く、シュヴァル・ブランの真髄を体験させて頂きました。アリガタヤアリガタヤ。

IMG_5484_.jpg
IMG_5486_.jpg
ピジョンと芽キャベツのお料理はスープ後入れ系。
芽キャベツの網目メチャカワイイ。
お料理毎度のことながらほんとに素晴らしいです!!

IMG_5488_.jpg
メヌトゥー・サロン ルージュ 2013年 ドメーヌ・ペレ 
かろうじて、ピノと答えられていた気がする。。
若くブルゴーニュぽいが、シュヴァル・ブランの後には少々気の毒な格差を感じる。

IMG_5490_.jpg
〆はラーメン on トリュフ🎵

IMG_5492_.jpg
イチゴ大福!!!!

IMG_5493_.jpg
プティフールもスタイルチェンジしてる。

IMG_5495_.jpg
ハーブティで〆。

お料理も遊び感満載で楽しかった~

ワインもすべて大満足。

好き勝手遊ばせて頂きありがとうございました!!!!!!!!!!!!!

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター