2012
04
26

フランス以外のワイン研究会

かねてより、いつも同席させて頂くワインラヴァーな方々と企画案として挙がっていたフランス以外のワイン会、とうとう実現致しました。

フランス以外、と言う事は集まるメンバーの方々のほぼ皆様が普段フランスワイン(ブルゴーニュメインで抜けられない)ばかりになってしまうため、敢えてフランス以外の手持ちワインを持ち寄りましょう、となったのはお察しの通り♪

場所はいつもわがまま放題聞いて頂いているDOHVA(ドーヴァ)さん。

P1200611.jpg



P1200612.jpg
P1200613.jpg
クラシック・キュヴェ1997年 ナイティンバー
イギリスです!!
シャンパーニュ方式で作られるスパークリング。
セパージュは、シャルドネ60%、ピノ・ノワール20%、ピノ・ムニエ20%。

熟成感が出ていて香りが楽しめますね。
テロワールの加減か、気候の加減か複雑味という面でもう一伸びほしい期待感もありましたが、1997年で熟成にも耐えれていて、しかも生産国がイギリスとはネタとして面白いですね~





P1200615.jpg
鳥取の岩牡蠣。最高です。スパークリングと・・・言葉がない。

P1200616.jpg
淡路の雲丹、羅臼の雲丹。
私は淡路派♪でした。
素晴らしい!
フランス以外の会ですが・・・・・シャンパンとも合わせたいな~・・・・と、ここで早くもフランスワイン投入(笑)


P1200620.jpg
エグリ・ウーリエ 2003年 ブリュット・ミレジム
これ、いい!!
素敵な甘みはピノ70%から?
ガスは細かくも細く立ち続ける。ボディがあり複雑で、「おいしい!!」の声が上がる!
複雑さはやはり流石のシャンパーニュ!!!


P1200622.jpg
キスラー ダットンランチ 1994年
樽の香りがしっかりしっとり。
立ち上がりはやや硬めの印象でしたがポテンシャルを感じる!!
めくるめく変化で20分ほどでこんがり香ばしいキャラメルポップコーンの香り。
トロミや蜜のニュアンスも出てきて最後まで面白かった。
抜栓後ゆっくり飲むのがコツですね。


P1200625.jpg
沼島の石鰈、エンガワに肝のお造り。
素晴らしいです!

P1200628.jpg
豊後の赤貝と利尻のホタテ
いやいや素晴らしすぎる!
すごいヴォリューム!



P1200633.jpg
沼島の伊勢海老、若松川のあさり
いやいや、スペシャリテですね。
身ブリンブリン

P1200638.jpg
キスラー ソノマ・コースト 1999年 
もっとパワフルな果実味があるかと想像していたがエレガント。
ブルゴーニュとはまた違ったピノですね。
酸が少なめでカリフォルニアの燦々と照る太陽を想像させる黒い果実。



P1200636.jpg
マーカッシン・ヴィンヤード ピノ・ノワール 2006年 マーカッシン
トーンが軽快。
酸があり、余韻もあって好印象!!
にこにこ陽気!?
独特のスパイス感があり胡椒にハーブ、春のハイキングで感じる山の香り!?をほのかに感じる。
個性的でエレガントさもあり面白い!!
複雑さが表現できてるのが素晴らしい!


P1200639.jpg
ベルグストローム 2004年 
オレゴンピノ
世界一のソムリエに相談されたという話。。。(驚)
おっ!!
ニュイのワインやん!!
ブラインドだったらブルと疑わないだろうピシっとした酸と厚みあるポテンシャル!
アルコール感もしっかりリッチでエシェゾー当たりのグランクリュを思わせる!





フランス以外と言いながら「いかにフランスに近いか」を検証している(笑)





P1200640.jpg
地鶏の炭火焼にその骨のソース
素敵やん♪



P1200647.jpg
子羊の炭火焼、山椒の香り♪
山椒がまたぴりりと利いてて旨いんです。

P1200649.jpg
GAJA バルバレスコ 1970年
はい、エロティック!
エレガントに無駄な部分がそがれていて、熟成でしか味わえない複雑味。
芯はしっかりとしていて枯れ切るにはまだ早い。
ネッビオーロの真骨頂です!!



P1200658.jpg
良く食べる人の為に!?パスタ追加(喜)
こちらも名物、レモンパスタ♪

P1200661.jpg
クロ・ヴージョ 2000年 ジャン・ラフェ  from 四次元ポケット 有難うございます!!
今美味しいグランクリュ!
黒果実ですがとっても砕けてる。
柔らかく薄うまでクロ・ヴジョをいい意味で親しみやすく表現できてる生産者。
甘さも魅力でスルスルと飲んでしまう。



P1200663.jpg
デザートも気合入ってますね~
イチゴは仙台のイケメンワインファンの方からお送り頂いた物だとか・・・有難うございます!!!!!!!


P1200666.jpg
いやいや、良く飲みましたね~



しかし皆様、フランスワインラヴァーと思いきや、よくぞこうもフランス以外のマニアックなワインが次から次へと出てくるものです。

※私はワイン屋でありながらこの日の為に探して仕入れたものを持参してますた(恥)

ご馳走様でした~
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター