2012
10
24

ジル・トゥルナードル 賞味会 at メゾン・ド・ジル 芦屋

芦屋の★人気フレンチレストラン メゾン・ド・ジル芦屋にフランス本店のジル・トゥルナードル氏来日に際し賞味会に行ってまいりました♪

P1220601.jpg
何度伺っても思う。贅沢な空間だァ

P1220604.jpg
フレデリック・マルトレ BRUT トラディション
酵母、はちみつ、ガス厚しっかり。
いいシャンパンだ!

P1220605.jpg
可愛い前菜。4人前ね。

P1220608.jpg
サン・ジョセフ 2010年  フランソワ・ヴィラール
ルーサンヌ、マルサンヌ
ややビニール的な難し目の香り。
でも、お食事に合わすと引き立ちますね。
とろみ有り、色濃いめ、南国系。
なるほどね。勉強になります。


P1220610.jpg
帆立貝のポワレ、レモン風味、ビーツのウムス(レバノン風)とドレッシング、黒大根のピクルス添え
ホタテ噛みごたえがあって美味しいわ~~~

P1220611.jpg
マルク・クライデンヴァイス クリット ピノ・ブラン 2009年
ミネラルぎっしり、アフターにほんのり甘味。
エキス感が強く余韻の甘味が心地よい。いいワインですね~~




P1220613.jpg
後入れ系♪
P1220614.jpg
完成。
オマール海老のロティ、ういきょうのラビオリ、クレーム ド・オマールとともに
オマール立派だわ♪


P1220615.jpg
アルザス ゲヴェルツトラミネール ヴァンダンジュ・タルディブ  フルシュテンタム 2007年 ポール・ブランク
素晴らしい芳香!
お料理に負けないように、ここでゲヴェルツなんだなぁ。勉強になります。
オレンジマーマレード。
甘味もうっとり。


P1220618.jpg
フォアグラコンフィとアーティチョークのシャルロット、ブルゴーニュ産秋トリュフ添え
ゲヴェルツとの相性も素晴らしい!!
トリュフはブルゴーニュ産をジルシェフが自ら調達されたらしい。
素晴らしい香り・・・・・・

P1220620.jpg
オークセイ・デュレス 2008年 ベンジャミン・ルルー
ドメーヌ・デュ・コント・アルマンの醸造責任者に抜擢された逸材が2007年から手がけるワイン。
しっかり樽香。
レモン、酸しっかり。
密度がある。

P1220622.jpg
天然ヒラメのソテー、岩塩包みにした根セロリ、トリュフ風味の野菜ブイヨン
ごっついヒラメ。
分厚いですね~
ブイヨンもうまいっ!!!

P1220624.jpg
黒毛和牛のポワレ、エシャロットのフォンダン マジョラム風味、菊芋のピュレ、野菜で作った牛骨を添えて
お肉柔らかいですね。
ソースがなんとも、甘辛くこく、赤ワインに合う。

P1220625.jpg
Ch.ポタンサック 2002年
若いがしなやかで香り高く、いいワインです!!!


P1220626.jpg
柑橘類を使ったアヴァンデセール


P1220628.jpg
サパンというモミの木のリキュール!?
初体験です。
遊びでシニアソムリエ鈴池さんに出してもらいました♪
木の樹皮、シャルトリューズっぽい、かなりの強い香り。
風邪薬風なニュアンスも。
いろんな味わいの飲み物があるものです。
勉強になるなぁ。

P1220629.jpg
洋ナシのタタン、生姜のアイスクリーム
生姜風味がなんとも心地よい。

P1220631.jpg
お茶菓子で〆


いやいや優雅なお昼でした。

盆と正月がいっぺんに来てしもた。

一番大事なジルシェフと高山シェフとの写真失念していることに気づく。。。。

いやいや素晴らしいひと時をありがとうございました!!!


スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター