久々のDOHVAさん。

男塾の方々、抜け駆けスミマセン。

この日は、弊社営業本部長 藤原と。


2013022715.jpg
ベレッシュで乾杯!

今までで一番美味いと感じたボトルかも。

マロいし程良い酸とアフターに残るミネラル感、やっぱいいですね!


2013022714.jpg
ちゃんと書いてある。

2009年BASEですって。へ~。



2013022713.jpg
厚岸のウニはミョウバン液に通していない関西に10枚しか来ていないウニの中の一枚だそうで・・・・

それはそれは余韻の長いお味。。。。。素晴らしい。



※淡路のよこわ 画像失念。

201302278.jpg
釧路の白子


2013022712.jpg
白は、グラスでブラインドでお任せで出して頂く。


おっ!

良い(結構高価?)ワインじゃないですか??????

口にしてみると全然印象が違うぞ!!!!!


樽はしっかりだがとってもバランスがとれている。


温度が低めでもしっかりと味わいが楽しめて面白い!!!!

う~~~~ん、難しい。


でもシャルドネなのかなぁ??

ヴィレ・クレッセめっちゃ樽きいてる的な何か?もしくはマコン的な感じ??????








答え:
2013022711.jpg
ミケーレ サッタ  ジョヴィン レ 2009年

イタリアワインやないか~~~~い(びっくり)

ヴィオニエ~~~~~

樽発酵のノンフィルターだそうです。


ヴィオニエの概念、完全に覆されちゃいました。

難しい品種だと思いますが、超成功ワインですね。

いやいや、楽しい。



201302276.jpg
北海道 仙鳳趾のかき。

うまいねぇ。


201302277.jpg
さて、メインの赤は・・・

シャトー・ド・フォンサレット コート・デュ・ローヌ 2006年 シャトー・ラヤス

うわ!

すごい!

やっぱ天才!!

若いけど、十分楽しめる!!

グルナッシュなのに力強いね~
血液や鉄分を感じ、ブルピノにも感じる複雑さも楽しめる。

ジュヴレイの男性的な感じに似て感じたり。


今後、狙って行きます!


男塾の方々、佐藤さんローヌもお好きだそうで、私も興味津津。

次回はローヌで?ローヌもありで?
お願いします♪なんちゃって。


201302275.jpg
和牛、ホワイトアスパラ


201302274.jpg
シャラン産鴨の炭火焼

炭の香りがワインと絶妙のマリアージュ!


201302273.jpg
レモンパスタは外せません(笑)


番外、オマケ編
201302272.jpg
こちらもブラインドで・・・・


典型的なシャルドネですね。

若いな。

美味しいしクラシック。

綺麗で素直においしい。


ブルゴーニュ・シャルドネとは答えたが生産者は難しい。。。

酸がはっきりしているので2008年???



難しいね~~






201302271.jpg
ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ ブラン 2010年 

改めて、基本に忠実ないい生産者だと思います。

でも、ラベルデザインがね・・・・赤も含めてね・・・・・もったいないかな。



お料理もワインも、本当に楽しませて頂ける名店ですね。


ご馳走様でした!!!

スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター