2013
07
11

アンリ・ジャイエ邸→エマニュエル・ルジェ視察

思い出すだけでも、一日の出来事とは思えない内容の濃さ。

まずは、アンリ・ジャイエのご自宅を外から拝見。

P1250341+.jpg
テンション上がりますね~~~~~~


そこそこ大きな、でも地味で質素なイメージのご自宅でした。

ここから、伝説的なワインが生まれたんだなぁ。


P1250342+.jpg
P1250343+.jpg
P1250344+.jpg




P1250346+.jpg
フラジェ・エシェゾー村内にあるエマニュエル・ルジェ邸に到着。

アンリ・ジャイエさんのお家からもすぐ。

訪問者、観光客が多すぎる為、表札は出していないとのことでした。


P1250348+.jpg
地下セラーへ直行。


P1250349+.jpg
P1250354+.jpg
めっちゃ怖そうなおっちゃんやん!難しそうな人やな~~~~~~という印象(笑)

よく、この機嫌の感じで視察を引き受けてくださったな。。。。。


ビビります。

P1250361+.jpg



少々長めの動画です。

P1250362+.jpg
よくよく接していくと、機嫌は別に悪いんじゃなくて、職人気質のいわゆる職人さん。

フランス語は全然わかりませんが(通訳もちろんしてもらってます。)お話もそんな得意な感じではない。

それにしても、近寄りがたい才能のオーラを感じます!!!!!!

この調子で2時間ほどお付き合いいただき、熟成の最終段階、瓶詰直前の2011年物を9種類試飲させて頂きました。
1、ブルゴーニュ・ルージュ 2011
2、ショレイ・レ・ボーヌ 2011 (初VT)
3、サヴィニー・レ・ボーヌ 2011 
4、コート・ド・ニュイ ヴィラージュ 2011
5、ニュイ・サン・ジョルジュ2011
6、ヴォーヌ・ロマネ2011
7、ヴォーヌ・ロマネ レ・ボーモン 2011
8、エシェゾー 2011 !!!
9、クロ・パラントゥ2011 !!!


最高の一日!

すべて、驚くほどピュア。
無駄が一ミリもない感じ。
畑ごとに個性が全く異なる。

この、瓶詰前の状態でも特にニュイ・サン・ジョルジュは甘味を感じびっくり!
エシェゾーも柔らかく最高!
クロ・パラントゥはややタニックでしっかりした骨格。

体の芯まで震える体験!!!


P1250383+.jpg
終盤にかけては、ようやくこの笑顔。ホッ

P1250386+.jpg
P1250390+.jpg
P1250395+.jpg
これ以上は一生無いやろな。


感謝感激。

いろいろな面で今回、ご協力いただいた方々には、本当にありがとうございました。

裕子さん、本当にありがとうございました!

次回もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター