聖地、ワインズ パトリーさん訪問です。


ほどほどに・・・・と言いつつ空いたワインの備忘録。

P1250804.jpg
DRC ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ キュヴェ・デュヴォー・ブロシェ 2008年 

ドメーヌの創業者、ジャック・マリー・デュヴォー・ブロシェの名を冠した特別キュヴェ。

ロマネ・コンティ以外のDRC特級ワイン:ラターシュ、リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、グラン・エシェゾー、エシェゾーなどの若木から収穫される葡萄果実のブレンドで主にラターシュの比率が多いとか・・・・。


ムムム、青臭さ、ステムはやはり感じずにはいられないが時間とともに穏やかに。

芝さんいわく、2008年は例外的に若のみができる、とか。

アフターのねっとり旨みが舌に絡みつく感覚はやっぱり流石としか言いようがりませんね。



P1250806.jpg
ブリューノ・パイヤール 1999年 1.5L

いい熟成香。



P1250808.jpg
ブラインドでちょこっと頂いた。
エシェゾー 2010年 フィリップ・シャルロパン・パリゾ
こんなラベルに変身したんですね。
全然知らなかったのに、気づいた方が数名・・・
皆様、詳しすぎ・・・・

味わいは、NSGあたりかと思う少し甘やかまったりなニュアンス。

悪くないですが、やはり若いですからこれからですね。


ラベルは今までよりは良くなって、ワイン屋目線からは扱いやすくなった気がします。



P1250809.jpg
ジャクソン 2000年 1.5L
いやぁ、ジャクソンやっぱうまいわ。

ブラン・ド・ブランでこのコク深い感じ。

ブドウもいいんでしょうし、さすがの安定感にいつも唸ってしまいますね。



M先生登場につき・・・・(ちなみに、みんな先生と呼ばれる方ばかり(笑))
P1250811.jpg
まぢっすか???????
シャンベルタン 2002年 ベルナール・デュガ・ピィ

っていうか、こんなワインがあること自体がびっくり。

しかも良年物。

1樽以下の生産本数だそうです。


味わいは・・・・・正直言って早かったな~~~~~~。

早すぎた。

う~~~ん、甘味がこれからどう出てくるのか、個人的にはかなり難解。

目詰まり感やエキス感はすごいんですけど、そっけない感じ。

25~30年後かな。

しかし、勉強になったな。

生意気言ってすみません!

貴重な経験、ありがとうございます!!


やはり、うんと熟成物が個人的に好きだと考えさせられる夜でした。
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター