2013
08
02

ホームパーティ

昨晩は、恩師の久保先生ご夫妻をお招きしてのホームパーティ。

会話が弾み画像はボトルのみ。失敗した~


楽しいのが一番なんですけどね。

DSC05182 (800x600)
1、P・ゲイル  キュヴェ・コクリコ
 アヴィーズ、ヴェルチュス等、「コート・デ・ブラン」、エペルネ、ヴァントゥイユ等「ヴァレ・ド・ラ・マルヌ」、ヴィルノークス・ラ・グランド等「コート・ド・セザンヌ」の合計10村の畑からのピノ・ノワール75%、シャルドネ25%、しかも2004年産と2005年産が35%、2006年産が65%のブレンド。とのこと。

熟成感がアフターに楽しく、でも口当たりは切れがいい。
なかなか個性的なRM。派手なラベルも好印象。

2、ブルゴーニュ・ブラン2011 ポール・ガロデ
モンテリー協会の会長さん作、だそうです。
コント・ラフォンの影響を受けているとも・・・・

しっかり辛口にうっすらロースティな樽感。
悪くない。
もう少し果実の甘味がほしい感があるがVTの加減かもしれません。
新入荷のワインで確認したかったんですよね♪


3、モルゴン 2000年 マルセル・ラピエール
なかなかレアでしょ?
師匠をお招きしてなので、いろいろ考えるわけです(笑)
香りが時とともに立ち上がる。
ガメイは感じない。
香りが素晴らしいですね。
味わいはこちらも、もう少し歩み寄ってほしいドライな感覚。
でも勉強になります。


4、ヴォルネイ 1983年 ミッシェル・ラファルジュ
弊社直輸入品。
液色はややレンガが入った薄めの色調で固形のオリが沈殿。

香りから、うん、イイ!
甘めな、苦めな何とも言えないヴォルネイの古酒を堪能できます。
状態よく、遊べますね~。

やはり古酒の魅力は奥が深いな。






久保先生ご夫妻のお話は、これまた奥の深いもので憧れの人生を歩んでこられたエピソードを沢山聞かせて頂きました。

ありがたいご縁に本当に感謝です。

人との繋がりは本当に人生を豊かにしますね。

楽しいワインのある夕べでした♪

スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター