2013
11
18

聖地 パトリー17周年!

ワインマニアの間で聖地と呼ばれる、ワインズ パトリーさん。
17周年のその日に師匠と訪問させて頂く。

※師匠スミマセン。画像拝借しまくりです。


ちなみに、ほとんどのグラスを三人でシェアします♪

o0380049712749193110.jpg
のっけから圧倒されますねぇ。いつもながら・・・・
ルイ・ロデレール クリスタル 2005年 マグナムボトル
ふくよかさがあり今飲んでも親しみやすさを感じるいいシャンパンですね~
はぁ~~~美味いわ~~~



o0380045612749193108.jpg
サロン 1999年 マグナムボトル
マグナム二連発って・・・
これはこれは勉強になる飲み比べ。
単体で飲む時よりも、「サロンってこんなに樽感があるんだ」と強く感じさせられました。
長熟たる所以ですな。
固さがやや突っ張ってるが裏に秘めるパワーがやはり・・・・・・イイ。


o0400026912749193109.jpg
世界一の生ハムとな。

これ、旨みがどこまでも続く・・・・


この感覚人生で二回目。




o0320041412749193107.jpg
NZ クスダさんのオリーブ油。
初めて見ました。
いろいろ作られてるんですね。



o0500046912749193111.jpg
左;ムルソー2010年 コシュ・デュリ
樽しっかりで、まだまだこれからなバランス感だが、ブドウがしっかりパワー持ってるからこの樽の利かせ方なんだろなぁ。
うまいです。めちゃくちゃ美味いですが早いです。

右:バロン・ド・L 1988年
わお。最初ブラインドで出されてシャルドネかと思た。
こちらも樽が利いていますが、熟成による酸味の角が取れいい塩梅。
さすがプイィ・フュメ最高峰、にしてここまで寝かすとかなり魅力的なワインです。
今後狙います!




o0600042312749193250.jpg
ボーカステルのシャトーヌフ・デュ・パプ'10
なるほど、比べてみるとよくわかる!
13種全てのブドウを使用らしい。
若い、個人的には少し苦手なハッカ?の様な、赤で濃厚なのに少しグレープフルーツを思わせるような香り。
ギスッと感は否めない、もう少し置きたいヌフ。

ボーカステル オマージュ・ア・ジャック・ペランの2010。
こちらはムールヴェードル60%、グルナッシュ20%、シラー20%、クノワーズ10%
パーカーさんが100点付けてる・・・・
これは、やわらかくバランスがイイ。
へ~。すげえな。。。
ムールヴェドルを見直すな・・・



げっ! DRC ラ・ターシュの'09!!
やばい。絶句するほどうまい・・・・・・
若いがバランスが良くきれいなまとまり方。
エレガントで切れない余韻。
これはこれは素晴らしい。
よ~く味わってみると全房発酵から来る枝茎の青さがアフターにふんわり残る感覚があるがいやな感じはない。
年を経るとこの辺が溶け込み複雑さになっていくんだろうな。



ドミナス 2007年 マグナム
チョコやエレガントボルドーなナパバレーですが、ブルゴーニュをややかき消すパワフルさ。


o0400046712749193249.jpg
ドメーヌ・ユエ ヴーヴレ・キュヴェ・コンスタンス 2003年
綺麗な控えめな甘さ。
なるほどねぇ~


Ch.イケム 2001年
わお~~~~~~~~~
あかん、コレ超ド級ソーテルヌや。
今までのイケム経験の中でも頭一つ抜けてる感。
爆発感と複雑感、甘口で感動はなかなかないよ~
甘味にうれしくなるのはいつものことですがこいつは違った。。。


いやいや、恐るべし聖地の周年。。。。。。

勉強になりすぎました。

おめでとうございました!!!!!!!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター