2013
12
08

ポワン

男塾 at ポワン

忘年会ですね。多分(笑)

P1260469.jpg


P1260470.jpg

元アキュイールさんが福島に移りお名前も変更。

オープンキッチンになり、内装は北欧風のテイスト?

とてもシンプルです。

P1260501.jpg
メニューもいつもこうして文字で渡していただけるのがブログを書く上で非常に助かったりします。


P1260471.jpg
淡路産海苔のスコーンと生ウニのムース
ジャガイモのシューと生からすみ
生ハムパン
フォアグラのレーズンサンド
クレームトピナンブール

二階建てのお皿♪


P1260472.jpg
上の階

P1260473.jpg
下の階


P1260486.jpg
ジャン・ベッセル ウイユ・ド・ペルドリ
ウイユ・ド・ペルドリ→「やまうずらの目」という意味で、ピンクがかった淡い色がやまうずらの色にそっくりということで付けられた名前のシャンパン。
ピノノワール100%で造られロゼでも白でもない微妙な色調が特徴的。
厚みあり、やはり黒ブドウを感じます。
いいんじゃないかい?


P1260475.jpg
牡蠣のロワイヤル

P1260487.jpg
コルトン・シャルルマーニュ 1986年 ボノー・デュ・マルトレイ
!!!!!!!!!!
YES!!
素晴らしい香りに一同ニンマリ!
ミネラルが締まっていてまだ行く力強さ。
これはこれは素晴らしい!!!
いつまでも享楽的な、何とも表現しがたい素晴らしさ!!!




P1260476.jpg
燻されたバター

P1260477.jpg
開けるとこう♪


P1260478.jpg
ズワイガニとセロリのレムラード


P1260488.jpg
バタール・モンラッシェ 1991年 ピエール・モレ
イイ!!
これまたイイ!
樽が少々力強く「いい樽使ってるなぁ~~~~~~」な感じからどんどんバランスが整い後半ぐんぐん伸びてきた。
立ち上がりにやや気になった苦みがほどけて酸が表に出てきてトータルバランスが整いこれはこれは「今日は白組の勝利!」って感じ(笑)


P1260480.jpg
P1260481.jpg
フランス産キジのコンソメ
後入れだ!

P1260489.jpg
ヴォーヌ・ロマネ クロ・デ・レア 1982年 ジャン・グロ
???
???
少しブ??
やや不安定。
味はイイ?
う~ん、やはり伸びてこない。
しみじみ出汁系の良さは楽しめるも・・・・後半、グラスに手が行きにくくなる(残念)

P1260482.jpg
京都産 アマダイのポワレ ソースコキヤージュ

P1260483.jpg
フルーツハーブティー

P1260491.jpg
R師匠の四次元リュックより登場
ヴォーヌ・ロマネ 1er Cru ブリュレ 1998年 ルネ・アンジェル
Oh、No!
これはこれは残念なボトル。
状態不良ですね。
これは残念。。。


P1260485.jpg
蝦夷鹿ロースのロティ
ソースはシェフ自らの後掛け
素晴らしいお料理です!!


P1260490.jpg
シャトーヌフ・デュ・パプ キュヴェ・ローレンス 1985年 ペゴー
若い!伸びる!
強い!しっかり熟成を経てるはずなのに強くて料理に勝ち気味。
状態よすぎるんじゃないですか?
クリーンで元気。
もう少し、熟成感と甘味に期待していたことに気づきました。


P1260494.jpg
モンドールとジャガイモ


P1260496.jpg
洋ナシのシャルロット

P1260498.jpg
栗のスープ



P1260500.jpg
ミニャルディーズ


P1260499.jpg
ハーブティで〆



いやいや、お料理、手が込んでいて大変堪能させて頂きました。

ワインは、当たり外れが過去最高の振れ幅?で面白かったですね。

これだからワインはやめられん。

貴重なワインごちそうさまでした~~~~!!!

スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター