2014
04
24

永来権 (エラゴン)でクロ・デ・ムーシュ1980年

永来権 (エラゴン)さんにて師匠とプチ会。


わがまま言って持ち込ませて頂いてます。

見事な満席、要予約ですよ~。




P1280163.jpg

P1280164.jpg

P1280165.jpg
お料理、素材の良さがよく感じられ、ここまででも素晴らしい!!!!

まだ焼きモン出てきてないのに。


P1280167.jpg
ヴァルニエ・ ファニエール  グラン・クリュ アヴィーズ キュヴェ・サン・ドニ NV

うほ!
めっちゃいい香り。香ばしく蜜やカラメルなどを感じる。
師匠の地下セラーで4年ほど熟成とか・・・・・あざぁ~~~~~っす!!

「ピノから来る厚みだろうなぁ」と飲んでるときは思っていたのですが今改めて調べてみたらブラン・ド・ブランのようでして・・・・ええ加減なもんです。

それだけアヴィーズのシャルドネは力強いっちゅうことですね。


P1280168.jpg
P1280169.jpg
肝の燻。激ウマ!!!!!シャンパンに合う合う!!!

P1280170.jpg
ボーヌ 1er Cru クロ・デ・ムーシュ1980年 ジョセフ・ドルーアン

P1280174.jpg
抜栓、どえらい苦労いたしまして・・・
コルクは100%シュンでおりました。

コルクスクリューを刺した瞬間、5ミリほどコルクが落ち込み、冷や冷や(汗。。。)


しかししか~~~し、これが、ピークど真ん中!最高レベルの古酒を堪能できたのでした。


血液?や鉄分、ミネラルを感じさせる芳香、繊細で酸はだれておらず、初めから香りも味わいも開いていて素晴らしい!

樽感があとからあとから出てきて艶めかしく、後半は昆布だしのような旨みも・・・・・久々の大ヒット!

P1280171.jpg
焼き加減は芸術的です!!!肉質も最高!ふわふわ!


P1280173.jpg
トリュフの香る、塩?

P1280175.jpg
P1280176.jpg
P1280179.jpg
エシェゾー 2008年 ミュニュレ・ジブール
健康的ではつらつとしておりクリーン。

つるっとしていてピカっとした感じ(笑)

香りはやはり若さから、立ちにくく時間と共に徐々に出てきた。

ミュニュレ・ジブールって濃いイメージを持っていたが今回は、ヴィンテージの加減もあるだろうけどそうはあまり感じなかった。

このクラスのワインの検証、プチ会にてまたお願いしたいところ。


P1280180.jpg
P1280182.jpg
P1280183.jpg
P1280185.jpg
P1280188.jpg
P1280190.jpg
〆ラーメンと思いきや・・・




P1280191.jpg
〆親子。

師匠とシェアしましたけどね♪


いやいや、鶏料理も奥が深いですね。

いい素材はやはりそれなりの感動がある。

和食の奥深さなんかもしみじみ感じた会でした。


ありがとうございました~~~~~~~~~♪
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター