2014
07
14

bb9(ベベック)

師匠とNudaから店名も新たにリニューアルされたbb9(べべっく)さんへ。

P1280590.jpg
シャルトーニュ・タイエ ブラン・ド・ブラン  キュヴェ・レ・ズルトビーズ 2008年
泡が細かくドライですが爽やか林檎な繊細シュワシュワ感が心地よくいいですね~

P1280592.jpg
ギィ・ミッシェル 1996年を少々。
ガスはほぼなくなっていたが白ワインとしてはポテンシャルが高く、コックリ飲める。


P1280594.jpg
河内鴨のチストーラ 薪焼き
鴨は表面だけサッと火をくぐらした、ほぼ生な一品。
これ、相当美味い。

P1280597.jpg
尾鷲 岩牡蠣 薪焼き
といってもほぼ生。
シャンパンにもいいがこちらともどうぞ♪といって日本酒を注いで頂いた。

オーナー様はソムリエでもいらっしゃる西川氏。

のっけからいろいろとグラスも含めてマリアージュを十二分に楽しませて頂く。

P1280599.jpg
醸し人九平次 純米大吟醸

いやいや、なかなかの代物のようですぞ。



P1280601.jpg
箕面とうもろこし
水ととうもろこしのみの皿とか・・・。
もろこしの甘味がダイレクトで癖になります。


P1280605.jpg
地味に添えられたパンが激ウマ。持って帰りたい・・・


P1280606.jpg
ジョスメイヤー2010年 ル・コターブ
お手本的ペトロール香。
スッキリ、鉄分を感じるような酸味。



P1280609.jpg
トリンバック  キュヴェ・フレデリック・エミール 1997年
飲んでおきたかったんだよなぁ~このワイン。
やはり、なかなかご立派な奥行き。
しみじみ味わってしまう熟成感。


P1280610.jpg
淡路 さば 薪焼き 
オゼイユ タジェット 葉玉ねぎ
このサバ、ぜっぴ~~~~ん!
肉厚、火入れ、濃厚な味わい、素晴らしい!!!!


o0280058313000586505.jpg
※画像師匠より拝借、すみません。
・1997 ピュリニー・モンラッシェ 1er レ・ピュセル(ルフレーヴ)
やっぱり鉄板ですね、ルフレーヴは。。。
いつも感じるいい樽感。リッチに感じます。
思ったより酸があるが心地よい。
オイリーな旨み、さすがのルフレーヴですが鯖にはちと強すぎる。




P1280614.jpg
フレッシュポルチーニ 薪焼き


P1280615.jpg
コルトン 1988年 ブシャール 
・ ・ ・ ・
ん・ ・ ・。。。。。。
ブ・ ・ ・

くぅ~~~~、美味しいっぽい!?のだが ブショネマスキング。。。。。

いいワインだったやろうな~、なポテンシャルは楽しめるんだが、残念ですね~



P1280618.jpg
シャンボール・ミュジニー 2010年 レザムルーズ  ルイ・ジャド (ドメーヌ)
たまたまグラスで開いていたものを頂く。
パワーありますね~
凝縮感がすごい。
やはり、ポテンシャルは楽しめますがまだまだ開けるにはかわいそうかなぁ。
やや人工的な、凝り固まった閉じた印象。

P1280623.jpg
淡路 天然すずき 薪焼き
きゅうり オクラの花
スズキの火入れが今までに経験した事のない感じ。
薪焼きの魅力ってこういうことなのね。

P1280624.jpg
シレックス ※VT失念
なるほど、シレックス。
この石灰なうまみ!

P1280626.jpg
季節野菜
高知徳谷トマト、モロッコいんげん、ズッキーニ三種類、大根、不断草、人参、空芯菜、たんぽぽ、ビーツ、山セロリ、レタス

どっさり盛りはうれしいっす!

P1280628.jpg
40日 熟成肉 薪焼き
これまたガッツリ、取り分けで。


P1280631.jpg
シャトーヌフ・デュ・パプ 2007年 ユッセリオ
柔らかく、とても落ち着いた印象。
濃すぎない凝縮感。酸のバランスも秀逸。
グラスを違えていろいろとテイスティングをさせて頂いたのですが「なんということでしょう」状態(笑)

ブルゴーニュグラスがとても味わいをソフトにしてくれる。
勉強になるなぁ~~~~~~~~~~~~

P1280632.jpg
巨峰のアイス
巨峰そのものや

P1280634.jpg
古いノイリープラットを少し頂いて遊ばしていただいたり・・・・

P1280635.jpg
薪の香りがついた自家製アイスクリーム。
これまた絶品。

P1280638.jpg
ハーブティ
美味しく入れるコツはケチらずたっぷりのハーブを入れる事。ですって。

P1280639.jpg
ジャン・フィリップ・マルシャンのラタフィア・ド・ブルゴーニュ
こちらはアリゴテでできてます。


こんな勉強になるお店はなかなかありえないです。

お料理もさることながら、オーナー様が超一流のソムリエさんでらっしゃるこの組み合わせ、マリアージュの数々。

温度にグラスのチョイス。

奥が深すぎる・・・・・


いろいろとわがままを聞いていただき有難うございました!!!!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター