グラスで有名な木村硝子店さまと京都の老舗お茶屋さんの一保堂茶舗のコラボによる「お茶会」、いわゆるお勉強会に参加させて頂きました。



IMG_5453.jpg
IMG_5454.jpg
参加されている方が名だたる有名飲食店のすごい方々ばかりでド緊張。
しっかり勉強して帰らねば・・・

IMG_5456.jpg
IMG_5460.jpg
一保堂の足利さんの分かりやすいお茶の説明を受けながら、木村硝子店 木村氏のグラスの説明もはさみつつ、いろんなタイプのお茶をグラスでテイスティング。

IMG_5461.jpg
IMG_5462.jpg
確かに・・・・・香りの感じ方が全くもって異なりますな。ふむふむ。


IMG_5463.jpg
お茶菓子との相性なぞも試しつつ。

IMG_5466.jpg
IMG_5468.jpg
〆にはシャンパンにお抹茶を入れて!?供出頂く。


そもそも、お茶は日本人の身近なところにありすぎて、良く知っているつもりが全く無知だったことに気づかされました。

お抹茶、煎茶、番茶、ほうじ茶・・・・・・・・

紅茶、ウーロン茶の作り方についても。

会の最大のポイントであるグラスでの味わいの感じ方や香りの変化はというと、むちゃくちゃあることが分かりまして・・・

やはりワインの世界は繊細で面白いし、もちろんお茶にもある複雑さや繊細さをワイン用のグラスで楽しむことによって何十倍にも、何百倍にも楽しみ方が増える事を学べました。

とくに強く感じたのには、ワイングラスは香りを楽しむことに対してよく考えられていて、その特製をお茶で楽しんでみることでお茶の魅力がとっても引き出される・・・・逆になぜそこに日本人は気づかずにいたんだろう・・・・なんて思いも湧いたりして。

いやいや、大変興味深い勉強をさせて頂いた会でした。

スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター