2014
12
12

yasai french NR (ヤサイフレンチ ノール)

yasai french NR さんでとあるワイン輸入元営業マンさんと秘密の会合(ふふふ)
http://stt-restaurantgroup.jp/nr/index.html

P1290394.jpg
Ch.ラモット・ブスコー 白2012年
セミヨン50%  ソーヴィニョン・ブラン50%
ほう、いい樽の香り!
素晴らしい芳香だ!
ボルドーブランて、個人的に大好きなんですが、この白は特にいい!!
こういうワインを広めたい。
白といえばシャルドネに頼りがちで、ロワールのワインはミネラルがミネミネしすぎていたり、酸が強かったり、「だったらボルドーブランで行こうよ」ってなかなかならない感があるような気がするんですよね~。

セミヨンが入ることで甘味がソーヴィ二ヨンの柑橘な酸とかをまろくしてくれてバランスいいワインが多いと思うのだが。。。



お料理は画像メインで、すみません。
P1290374.jpg
とろとろに熟した柿と鴨だったかな。

P1290376.jpg
フォアグラには奈良漬が巻いてあります。

何でも、最近シェフが変わったそうで、料理長の木村さんは京都のフランス人がオーナーのフレンチ ケザコさんに10年以上いたということで、そちらのお料理のアレンジ版だとか。

面白い!!!!



P1290392.jpg
テタンジェ コント・ド・シャンパーニュ 2000年
いや~すっきやわ~~~~~~~!!!!!!
まだ硬さがあるけど、優雅なコク。ミネラルの旨み。
口の中がずっとうまい!!!


P1290378.jpg
こちらはグループ店のレスプリ・ドゥ・クー・ド・フランスのスペシャリテの一つ。
ワインに合わせて牡蠣の味付けも強めにして頂いたとの事。
いやぁうまい!



P1290391.jpg
わお!
ムルソー 1999年 コシュ・デュリ
これはこれは、マッチョな筋肉質な、まだまだ力強いが、ドンだけ力強いネン、なワイン。
村名だなんて信じられない。
へたなグランクリュは軽く凌駕する、いや、まさにコシュ・デュリワールド。

価格も素晴らしいですが、相応のすごさは納得せざるを得ない。。

グラスからあふれ出るパワフル芳香はいつまでも楽しかった。



P1290380.jpg
オマールエビもガッツリと!

P1290381.jpg
グラニテで一休み


P1290390.jpg
マジ・シャンベルタン 1988年 フェヴレイ
う?う~ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
果実味が広がらない。。。
何ていうんだろうな。
みんなは慰めてくれたけど、はっきり言って全然だめ子。。。残念



P1290389.jpg
Ch.オーブリオン 1993年
ちょうど10年ほど前、アドバイザー合格お祝い会で飲ませてもらった銘柄。
10年たってどうなってるか・・・・・・強い!
チョコ、タンニンはややほぐれてきて滑らかになってきているが濃いです。
なかなかほどけない。
5名での会食でしたが皆さん、グラスで暫く育てる系。

しかししかし、次のお皿が鹿で、抜群のマリアージュだったんですね~~~

P1290384.jpg
P1290385.jpg
デザート♪

P1290386.jpg
カルバドスなども頂きつつ♪

P1290388.jpg
最近はお紅茶をチョイス。胃腸をいたわってます。

P1290393.jpg

いやいや、とんでもないワインをご馳走になってしまい大恐縮。

秘密の会合もまとまり、年始にはいいイベントができそうだ!

※秘密でもなんでもなく、メーカーズディナーをこちらでやる計画があるんです!また、ご案内しますね!!

yasai french NR さんはワインの持ち込みにとっても寛容なスタンスでいらっしゃるので、持ち寄りワイン会などにはぜひぜひお勧めのお店間違いなしですよ!!!!!!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター