2015
03
25

Kamiya

芦屋にまた新しいお店ができましたよ!

Kamiya(カミヤ)さん
芦屋市川西町2-37アシヤサウザンドビル201
TEL:0797-35-7130
月曜定休
オーナーは神谷さん。

弊社三階セミナースペース シエクルにて行われている久保正和先生の受験講座にてソムリエも取得された、フランスでのフレンチの経験もおありのお方。

ワインと炭火を使ったお料理のレストラン

いや~楽しみだ。



まずは、お店の内装を舐めまわすように見せていただく(笑)
IMG_0265.jpg
IMG_0266.jpg
天井が高く、ゆったりとした空間で明るいのに大人の雰囲気が出ていてワインが飲みたくなる!!

カウンター10席、小上がり上った半個室スペース5席。

カウンター正面の壁がシックなベージュのタイルになっていていい雰囲気。

IMG_0270.jpg
P1290930.jpg
品数多いのにリーズナブル♪
お料理はいろいろと創作料理がどんどん変わってるとの事!!


この日は、定休日の月曜に無理やり予約を受けて頂いた。

センチュリーが長年大変お世話になった方の送別会として、だったんですね。

P1290931.jpg
ロベール・モンキュイ EX BRUT
もう、ルイ・ロデレール クリスタル用のブドウをルイ・ロデレールに卸さなくても自社のシャンパンが人気となったらしい。
いい売り文句だったんだけどな。

繊細で元気な泡、ノンドゼなのに辛すぎずフルーティさが程よくてブドウのポテンシャルの高さが良くわかる。
口どけがデリケートで、記憶をたどるとこちらのミレジメがあった事を思い出したが、こいつで充分満足できるんじゃない?と思うほどの内容。



P1290933.jpg
いきなり、メニューにないサービスネタ!?

フォアグラとリンゴのジャムのモナカはちゃんと袋に入っています。

P1290934.jpg
P1290935.jpg
失礼ながら中身を開けてみた。シャンパンに合うわ♪


P1290937.jpg
アンリ・ビリオ ロゼ
こちらの白はピノ寄りなセパージュの肉厚感あるシャンパンのイメージだがロゼは思いのほかキレのいいドライ仕立て。
じっくり、温度も上げながら飲むと厚みがありふくよかさが出てきた。
いいシャンパーニュ!

P1290939.jpg
天然ブリのマリネ 春キャベツとラヴィゴットソース


P1290940.jpg
炭火焼鳥も出てくるところが憎いんですよね~
胸肉の炙り 木桶醤油


P1290942.jpg
菜の花と甘エビのリゾット絶品!!!!


P1290978.jpg
シャブリ 1er Cru オー・フルノー  2011年 ルイ・モロー
王道系シャブリの醍醐味が堪能できる。
1er Cru ならではの厚みがしっかり楽しく、優等生ですね。
時間と共にミネラルがほどけ、若いのに甘味も出てきて大満足!

P1290944.jpg
「季節のお野菜は、焼鳥屋さんのキャベツと一緒」とは神谷さん謙遜し過ぎ!

P1290945.jpg
せせり

P1290946.jpg
薬味も楽しい

P1290948.jpg
P1290949.jpg
P1290951.jpg
プイィ・ヴァンゼル 2012年 ドメーヌ・スフランディエール
レモンな酸味が抜栓後すぐに感じられる。
とがった酸はなく程よいまろみがあり酸は嫌みがない。
ザラメのような糖の甘味が徐々に出てきてふくよか系のいいワインだ!
マニアックACのいい経験。


P1290952.jpg
ズリ  マスタード。

P1290953.jpg
P1290954.jpg
フォアグラのキャラメリゼ モスコバド糖とラム酒
キャラメリゼに合わせてラム酒で香りづけとか。
凝ってます。

P1290956.jpg
シャサーニュ・モンラッシェ 1er Cru アンヴィロンド 2009年 マルク・モレ
樽と蜜の香り。
これはこれは、いや、これはこれはいいワインです。
樽が30分くらいでグゥーっと前面に出てきて、男っぽいなぁと思いきや、すすす~っと樽感が控えめになり酸が出てきて、目くるめく変化。

P1290957.jpg
砂ズリの近くの部位のトリッパ仕立て
美味いわな!


P1290958.jpg
ブルゴーニュ ピノ・ファン 2012年 パスカル・ラショー
ぴちぴち若いが果実はしっかり熟した感。雑味の無いフレッシュ感。
若干の尖りが時間と共に消えていく。
健全ないいワイン。

P1290959.jpg
新玉ねぎのスムージー


P1290962.jpg
肝のフォレスティエール

P1290964.jpg
ジュヴレイ・シャンベルタン クロ・プリウール 2004年 マルク・ロワ
こ、こ、これは!!!!!!!!
畑は上半分が1er だが下半分が村名格ということで村名ワイン。
この芳香は素晴らしい!
村名格でここまで香りを引き出せるマルク・ロワ(♀)さん、上級キュヴェも確か村名格止まりとはもったいない実力派!
これは値打あるわ~~~~~

P1290965.jpg
うずらのパテ パイ包み
ウズラの個性がある味わいが癖になります!

P1290967.jpg
レ・グリフォン 2012年 
ピション・バロンの新しいセカンド。
レ・トゥーレル・ド・ロングヴィルはピション・バロンとは土壌が随分異なるようで、こちらの商品の方がセカンドと呼ぶにふさわしい、トップキュヴェと近い土壌の物とか。
香りは若々しく、ヴァニラなフレーヴァー。
クリーミーな舌触りでメインの仔羊とよく合う合う!!

P1290970.jpg
仔羊のブルーチーズソース

P1290972.jpg
フルコースにもほどがあるフルコース!
〆ラーメン

P1290973.jpg
デザートまで!!

いやいや、神谷さんにはわがまま聞いていただき放題、お腹いっぱい、とっても美味しかったです!
ありがとうございました!!



今回、10年来お世話になってきた輸入元のベテラン営業マンの転勤に伴うお別れ会だったのですが、本当にお世話になりました。

我々がまだブルゴーニュのブくらいしかわかっていない時に、シャンパーニュのシャしかわからない時に、いろいろと時間を割いて、サンプル持って沢山教えて頂いた御恩は忘れません。

人のご縁は宝です。

また、関西にお立ち寄りの際は遊びに来てくださいね!!

ありがとうございました!!!!!!!




スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター