2015
06
22

フランス出張 その①

6月11日~20日までフランス出張して参りました。

画像を中心に残しておきたいと思います。



古酒を中心としたワインのサプライヤーの元を訪問し買付け。



2年前にもこちらには訪問したのですがなかなか買付も難しい。

BIGネームのワインはお金を出せば日本からでもいくつかの仲介業者を介して手に入れることができたりしますが、(物にもよりますが・・)なかなかリストにも上がってこないマイナーアイテム(無名生産者の良アペラシオン)の堀出し系アイテムは輸入元リストにもすくないし、あっても現物見ないとこちらも買うの怖い。
我々からフランスに出向いて、目視とオーラの感じ方によって仕入れる。


でもそんなバクチ感と、開けてみて、飲んでみてロマンと感動を得られる・・・・・それがワインの醍醐味かと・・・

ワインの「熟成」の魅力をもっともっと伝えていきたいと考えています。


※買付分のワインは2か月後くらいに入荷予定。
IMG_1340+.jpg
IMG_1342+.jpg
IMG_1345+.jpg
IMG_1346+.jpg


仲良くさせて頂いている輸入元のバイヤーさんと同行させて頂いていたのですが、接待を受けられるのに金魚のフンとして同行させて頂く。(もちろん弊社としてもワインぼちぼち買いましたがね。)

IMG_1400+.jpg
ミシュラン★★かな?
キャレ・ド・フォイヨン(2年ぶり二度目の訪問)

IMG_1401+.jpg
IMG_1402+.jpg
IMG_1404+.jpg
IMG_1405+.jpg
IMG_1406+.jpg
接待です♪

ピュリニー・モンラッシェ 1er Cru レ・コンベット 1986年 ルフレーヴ
いや、そりゃいいわ!
素晴らしいです。温度が若干低くて上がる前にほぼ飲んでしもた。



IMG_1407+.jpg
IMG_1409+.jpg
!!!
ミュジニー 1995年 ヴォギュエ
まぢですか!
やや若さが残るもエレガントで貴婦人のような綺麗さ。
荘厳さもありさすがの一言。
まだまだ熟成しますよね~

IMG_1423+.jpg
!!!!!
まだまだ熟成しますよね~って言ったら追加で1994年が出てきました。接待です♪
ミュジニー 1994年 ヴォギュエ
完全にこちらの方がほぐれている。
奥行きはやや単調なのはVTから来るだろう感じだが、今飲んでどっちかというとこちらです。
ミュジニー垂直とは・・・・・感謝感謝。



IMG_1414+.jpg
IMG_1419+.jpg
IMG_1421+.jpg


IMG_1411+.jpg
!!!!!!
ジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru クロ・サン・ジャック 1999年 アルマン・ルソー
さすが、接待する側は良くワインを分かってられる。
「1er cruを後回しにするんだ~~~・・・・」と疑問に思っていましたが飲んでみて納得、確実にこちらが外交的で陽気、華やか、開いてる。
程よい濃度で香りもむんむんで・・・・・こんなワインなかなか飲めないもんなぁ・・・・・




IMG_1424+.jpg
フォイヨン
実力派シェフ・アラン・デュトゥルニエ 氏は96'フランス最優秀シェフに選ばれた歴をもつ本格実力派とか・・・。


IMG_1430+.jpg
IMG_1432+.jpg
後入れ抹茶フレーバーソース

IMG_1434+.jpg
IMG_1435+.jpg
IMG_1428+.jpg
IMG_1436+.jpg
地下ワイン庫はトイレの隣にあり見せる造り。



IMG_1437+.jpg
IMG_1438+.jpg
IMG_1440+.jpg
店内はここだけではなく個室に近いお部屋がいくつかあり。

IMG_1441+.jpg
エントランスに並ぶディジェスティフは圧巻の品ぞろえ。

IMG_1441+.jpg
IMG_1442+.jpg
IMG_1443+.jpg
IMG_1444+.jpg
2フォイヨン

うん。。。
ハード面ではさすがの二つ星。
サービスも今回は悪くなかった。英語が話せるソムリエもしっかりしてたし。(私英語カタコトですけど・・)

お料理は、悪くなかったのですが二年前の自分のブログを見返してみると・・・・お料理同じものが散見される。

http://centurywine.blog7.fc2.com/blog-entry-1211.html

感じたことは、日本のフレンチのレベルが凄過ぎるのではないか、という事。

今回、確かに美味しいのですが、日本の食文化のレベルの高さを痛感した・・・逆にワインは勝てません。

ジャパニーズフレンチはもはやフレンチを追い越してしまった新たな領域のような気がしますし、世界の食の中でも図抜けている気がしていてフランスワインとそれとのの融合は世界一ではなかろうかと。

日本に住んでて良かった♪

接待受けときながら生意気言ってスミマセンでした。美味しかったです!!


スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター