2015
06
26

ヴィネクスポ→シャトー ラ・ガルデ

フランス出張の備忘録です。

フランス最大級のワイン展示会に参加。

会場の大きさは端から端まで1.5kmあるとか。。

ボルドーで2年に一回、香港で2年に一回交互に行われています。日本でも昨年かな?開催されましたがこちらはかなり小さかったとの事。

2年前にもボルドーのヴィネクスポには行きましたが、ブース数がその時よりも大幅に減り縮小傾向。

中国人バイヤーらしき人がとても増えており、ワインのトレンドも世界的に変化するスピード感を肌で感じる事ができました。

IMG_1522+.jpg
IMG_1537+.jpg
ひたすら、いろいろ試飲します。


ボルドー各地の多くのシャトーは、このヴィネクスポ(5日間)のタイミングを利用して世界中から集まるバイヤーをシャトーに招き接待パーティが行われます。

輸入元のバイヤーさんに今回同行させてもらったのですが、私も接待に金魚のフン。


この日は、朝から夕方までヴィネクスポでワイン探しをひたすら行った後、ペサック・レオニャンのCh.ラ・ガルデにて接待ディナー。

お庭で1時間ほど立食パーティの後、着席ディナー。


IMG_1556+.jpg
IMG_1557+.jpg
IMG_1559+.jpg
IMG_1561+.jpg
IMG_1571+.jpg
IMG_1572+.jpg
IMG_1573+.jpg
IMG_1576+.jpg
IMG_1579+.jpg
IMG_1580+.jpg
IMG_1583+.jpg
IMG_1584+.jpg
IMG_1587+.jpg
IMG_1590+.jpg
IMG_1592+.jpg
IMG_1589+.jpg

日本ではなかなか会えない日本の方とこういうところでご挨拶ができたり・・・

海外の方は、パーティ文化になれていて日本人が同じことやるとなにかぎこちなさが出るような気がする。

気候が乾燥していて、夜も10時頃まで明るくて、そりゃ外で楽しむわな、てな感じです。

肉食の文化で、魚介はあっても日本の繊細さはない。

でもワインのバリエーションは無限で…本当に晴らしい。

こんな日が3日間続きました。

スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター