2015
07
03

ブルゴーニュ視察②セラファン

視察の二軒目はドメーヌ・セラファン。


IMG_1802+.jpg
IMG_1821+.jpg
IMG_1819+.jpg
IMG_1820+.jpg
真正面に2012年の八月ごろに中国人に買収された事が明らかになった「シャトー・ド・ジュヴレ・シャンベルタン」

二年前にも来ましたがまだ改修工事が全然進んでいないとの事でした。


IMG_1810+.jpg


ケースは日本の輸入元、ラックに送る分パレットだ、と言っていました。


セラファン3
セラファン2
クリスチャン・セラファン氏はドメーヌの二代目で父はポーランド人だといっていました。
ポーランドから来てこの名声を手に入れるまでには並大抵ではなかった事と思います。

無口で挨拶もしてくれません。

ブルゴーニュの人々からはあれがまさしくヴィニュロン。超職人肌ってところですかね。

おもむろに、抜栓しはじめ飲ませてくれました。


試飲アイテム:
●ジュヴレイ・シャンベルタン 2011年 
香ばしく芯がしっかり。やはり、酸が特徴的な生産者のような気がする。

●ジュヴレイ・シャンベルタン V.V. 2004年
●ジュヴレイ・シャンベルタン V.V. 2005年
V.V.は1erのコルヴォー、カズティエ、プティ・シャペルそしてGCのグリオット・シャンベルタンに接する好立地の畑との事。
石ころが多い畑もあり、それがフィネスをもたらすとの事。
05年に熟成香によるブルーチーズ香を少し感じかつおだしのような雰囲気が少し出ていたがまだ熟成が利く大人締めな印象。

●ジュヴレイ・シャンベルタン V.V. 2003年
香りに甘さと目詰まり感を感じる。
タニックでやはりヴィンテージから来る濃さがある。
若々しく、セラファンさんもまだ熟成させるべき、との事。
酸が少なくすこ~し間抜けで甘味有り飲み易い。

●ジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru コルヴォー 2008年
マジ・シャンベルタンのすぐとなりとの事。
ああ。。。やはりワンランク上。
官能さが増した香り。
小梅ちゃんみたいな品がある酸。
クリスピーなイメージも。

●ジュヴレイ・シャンベルタン 1er Cru カズティエ 2008年
おお。。。
香りが開いてきて素晴らしい。
濃いめの出汁の香り。
味わいには酸がありまだまだ熟成しますね~
樽香のバランス感も絶妙で甘美な部分のバランスもよく、素直に「んまい!!!」



IMG_1812+.jpg
IMG_1813+.jpg
IMG_1815+.jpg
IMG_1816+.jpg
セラファンさんはご自分でも長熟するタイプの造りと公言していて、
「船便などで揺られて日本に着いたボトルの方が私のワインは熟成が進んで美味しくなってるよ」
なんて荒療治な話もあったり。

2001年に跡継ぎの息子を交通事故で亡くし、一時ふさぎ込んでいた時期もあったらしいんですが現在は娘のカリーヌさんも一緒に運営していて、その息子さんもいるらしく、うまく代つなぎできればいいのに。まだ小さいらしいですけどね。

セラファン
IMG_1843+.jpg
手はグローブのようにごっつくて、鼻も大きい。

昔は今ほど便利な農耕器具がなく、全て手でやってきたから勝手にこんな手になった、とおしゃってました。

挨拶なかったけど、不愛想なわけでもなくて、優しくて大きなオーラを感じる農家のお爺ちゃんといった感じでした。


IMG_1844+.jpg


「雹の害があった」とちょこちょこブドウ産地の話で聞きますが、尋常じゃないくらいシャレにならん話らしくて、ブドウに雹が当たってダメージを受けるとそこからブドウが傷んでくるため後のケアも大変だし、作柄も落ちえらいことになるらしいです。

2013年はブルゴーニュを雹が襲ったらしいのですがシャンボールミュジニー村まではやられてジュヴレイ・シャンベルタン村はセーフだったとの事。

自然だけには逆らえないんですね~~。



2005年物はようやく少しは飲めるようになった。

「1976年のシャルムシャンベルタンを持っている」と私が言ったら「76年は固い年だが今カナリイイ」とか。。
いいエノロゴ(様々な分析をするワイン作りの上でのお医者さんみたいな人)と長年いい関係らしく、彼の言うとおりに2013年VTを他の生産者が収穫し始める中、「あと10日待ちましょう」という助言に従って待った結果素晴らしくうまくいったとか。

タンニンの強い年はわざとアルコール度を上げてバランスを取る。

2012年は収量が少なく花ぶるいがあり厳しい年だった。

2014年は結構うまくいった。

収穫直前の天気の影響はめちゃくちゃ大きい。

※メモしたことを箇条書きしてみました。

いやいや、さらに大ファンになりました。
ありがとうございました~~!!!


スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター