2015
07
06

ブルゴーニュ視察③トロ・ボー

午後はブルゴーニュのグランクリュ街道を走りトロ・ボーへ向かいます。

畑からはビンビンとエネルギーを感じる気がする。。。

IMG_1861+.jpg
マジ・シャンベルタン

IMG_1863+.jpg
ダモワのクロ・ド・ベズの小屋はいつ来てもかっこいい。

IMG_1865+.jpg
シャルム・シャンベルタン

IMG_1868+.jpg
ヴォギュエのボンヌ・マール。

ちゃんと書いてくれていると観光客としてはありがたい。

IMG_1869+.jpg
ジョセフ・ドルーアンのミュジニー。


ちなみに、畑の土壌は、いろいろとありますが驚くような土質でふっかふかの真綿のようだったりおっきな石がごろごろしてるのは基本で、雨が降るとねちょねちょの粘土みたいになるのに水はけが良く、乾くとさらふわ。。。

IMG_1873+.jpg
ロベール・グロフィエのレザムルーズ。



IMG_1878+.jpg
レザムルーズのブドウは6/18時点でこの状態。


定番のロマネ・コンティには今回は向かわずミュジニーの上の斜面へ向かう。

IMG_1880+.jpg
ルーミエのミュジニー。本当に僅かの畝のみ。

そりゃ生産量少ないはずだわ。


などなど、ぐるりと畑巡りをして向かうはトロ・ボー。




IMG_1884+.jpg
IMG_1885+.jpg
2トロボー
五代目となるファミリー経営でナタリーさんに案内して頂く。

IMG_1894+.jpg

赤の生産量の方が圧倒的に多いんですよね。
でも、いつもほしいのはシャルドネなんだが・・・

試飲したワイン
●ショレイ・レ・ボーヌ 2013年
若々しくやや人工的ニュアンス。チャーミングだがほぐれていない。
2013年のサヴィニー・レ・ボーヌは雹害で作れなかったらしいです。

●ボーヌ 1er Cru クロ・デュ・ロワ 2013年
ショレイ・レ・ボーヌよりブドウが熟しやすい畑との事。
う~~ん、こちらも人工的なニュアンスあり。
しっかり目な甘みを感じる。
かた~く閉じてビターニュアンス。

●アロース・コルトン 2013年
塩味旨みあり。
明るい花の香り。
ブルーがかった粘土質土壌だそうで・・・・・
若いトロ・ボーの赤はとにかく固い印象で、ナタリーさんも「固い」と公言してます。
「まっだまだ熟成させないとね」
てな感じです。


●アロース・コルトン 1er cru フルニー
う~~ん、固いなぁ。難しいなぁ。
人工的で長熟するだろうなぁ~とは思うけど、今飲むのはつらいなぁ。


●コルトン ブレッサンド グラン・クリュ 2013年
甘味を感じる。
これまでの物とは明らかに一線を画す。飲み易さが少しあり暖かいところのブドウを想像させる。
畑によってこうも違うとは面白い。
とはいえ、固い。


●コルトン ブレッサンド グラン・クリュ 2012年
う~ん、こいつも人工的!?なニュアンス。
2013年よりソフトで甘味はこちらもあり少しほぐれていて飲み易い、が・・・・・難しい。


●コルトン ブレッサンド グラン・クリュ 2009年
なるほど!やはり熟成は大事なり。
バランスが良く充実感がありワンランク上のワインをしっかりと感じ取ることができる。

ナタリーさんも若いワインには熟成が必要だとしきりにおしゃっていて、「熟成するとこうなる」というのもしっかりと考えて出してくださってる気がした。
生産者も自覚する程、若い間は難しいワインなんだろうと感じた。

だって、明らかに試飲する方も微妙なリアクションになりますもんでね。


●アロース・コルトン 1er cru フルニエ 2006年
うん、まだ硬いんだけど美味しい。
やはり、塩味旨みを感じるんだな~。
熟したアロマ、ふんわり優しい口当たり。


偶然開いていた
★コルトン・シャルルマーニュ 2001年
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
香りむんむん!
やはりトロ・ボーのコルトン・シャルルマーニュは素晴らしい!!
随分とほぐれていてアプリコットを感じオイリーさもあり、樽がいい感じに利いている。
生クリームを使ったホタテの料理、バターの利いたオマール海老との相性はバッツグン!!!とナタリーさん。
旨みの余韻がずっと口に残り酸のバランスもよい!!!
IMG_1895+.jpg
トロボー
いやいや、熟成の重要性、今回いろいろと本当に勉強になりました。

ありがとうございました!!

「熟成」もっともっとやっていきます!!!!!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター