2016
01
18

ソムリエのお手伝い【備忘録】

とあるパーティでのソムリエのお手伝い【備忘録】

IMG_4318.jpg

●アペリティフ
ワイン:ナイティンバー・クラシック・キュヴェ(8℃)
- ミネラルウォーター(発泡性)にライムを添えて

イギリスのナイティンバーは珍しいロゼ。
シャルドネ52%、ピノ・ノワール42%。
ふむふむ。
う~~ん。。。。
なるほど。シャンパーニュと比べるとなかなか厳しいものがあるが、イギリスの・・・というネタで行くと珍しさもあって面白いかと。 


●Terrine de Omelette
オムレツのテリーヌ チーズ ホウレン草 トマト
トリコロール
クーリ・ドゥ・トマト
ヴィネグレットは弱め
冷製
ワイン:クラレンス・デイロン 2012.年 
- ボルドー・ロゼ(セニエ)(10℃)
メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン
軽やかぁ~なロゼ。



●Soupe au chou-fleur
カリフラワーのスープ クリーム仕立て
濃いめのクリーム
野菜ブイヨン
ポワロー、人参、オニオン

合わせたお酒: 瑞祥黒松剣菱
1800ml(20℃)五年以上熟成のブレンド。
白ワインのような黄色い色調。
酸化のニュアンスがあり紹興酒やシェリーを思わせる。
味わいを先に知っておけば、面白いマリアージュを検討できそうな個性派だ。







●Lot de mer
鮟鱇のポワレ イカとイカ墨ソース
オリーヴオイルでポワレ
プティ・デにしたイカ
トマトとイカスミでソース

ワイン:シャトー・タルボ・カイユ ブラン 2012年(13-15℃)
ソーヴィニヨン・ブラン主体、セミヨン
メドック格付け第4級シャトー・タルボが手掛ける白ワインです。
シャトー・タルボは、107haというメドックで2番目に大きな畑を所有していますが、うち102haに赤ワイン用のブドウが栽培されており残りのたった5haのみから作られる白とのこと。
稀少です!
いい白だ!!
ボルドーブランってもっともっと知名度や人気が上がって


●Carre d’agneau aux persillade
仔羊のロースト ドフィノワ添え
コートレット・ダニョー2 pcs
片側だけ焼く
ペルシラード
jus
ポンム・ドフィノワ

ワイン:シャトー ダルマイヤック 2007年 - ポーイヤック、落ち着いた熟成(18℃)
香りが抜栓からすぐ開いており第一飲み頃。
状態のいい健全ボルドーを堪能できる。


●ブルーチーズに合わせて

ワイン:Crocker Stam・・・
名前失念。カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニヨン
日本には入ってきていないワインの様です。
ニューワールドならではの力強いスタイル。
チョコや甘めの樽感。
熟成がほしいところですがファンが多いだろうこともうなづける。




●Tian dorang
オレンジのティアン 柑橘のソルベ添え
オレンジアングレーズ
ソースを下に敷く
パイ+オレンジ
赤ザラメでバーナー焼目
ワイン:シャトー・クーテ 2006年
- 貴腐のある程度乗った、しかし強過ぎない、ある程度熟成したソーテルヌかバルサック(8-10℃)
さすがのソーテルヌ。
独特の貴腐香と程よい酸。
この酸が素敵なんだなぁ。オレンジ、パッションフルーツのソースに相性は抜群と思われる。



勉強になりました~~~~!!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター