2017
03
16

オーベック・ファン神戸

ちょっと前になるのですが、この日は久々の男塾にお誘い頂きました。

場所は、JR灘駅からすぐのオーベック・ファン神戸さん。
http://www.aubecfin-kobe.com/

IMG_5645.jpg


IMG_5646.jpg
シャン杯はジャック・セロス レ・キャレル ブラン・ド・ブラン 
デゴルジュマンは2010年1月。
リリース直後のタマですな。
ガス感はかなり優しい感じになっている。ピュアで優しく飲み頃感大!!!!
まろやかなミネラルの口当たり。
とっても質のいいブラン・ド・ブラン。香りも甘く奥にほんのり黄金糖。ビオ感はほとんどなく、すごい旨い!!!


IMG_5648.jpg
アキテーヌ産キャビア。
シャンパンにピッタリ♪

IMG_5650.jpg
マスが遡上するイメージで♪

IMG_5654.jpg
コルトン・シャルルマーニュ 1989年 フェヴレイ
香りは最初おとなしめ。
甘美で鼻から抜ける品よくフローラルな香り。
ブルーチーズでも負けないくらいのコルシャルの特徴的ミネラルを凝縮したような・・・・・とってもイイ!!
ベストバランスの肉付きで徐々にクリームブリュレも出てくる。
海のニュアンスを感じるんだよな。

IMG_5657.jpg
桜鯛、装飾付きの綺麗なお皿💖


IMG_5652.jpg
DRC モンラッシェ 1986年
恐るべし、男塾・・・・とうとう行きついてしまった。。。。。
夢にまで見たモンラッシェ・・・
どうこう書く気にならない、口にできるだけで感慨深い経験なんですけど・・・
市場価値を考えずにコメントすると、今飲んでよかった、と思える熟成のピークの最後の方。
抜栓直後から香りは開きコルシャルとはまた違った繊細でいて大胆さもある華やかな余韻。
ブランデーのような複雑味も感じる。
酸も締まっていて落ち着いた美味しさ。果実味がピークの峠越えを感じる、少し落ち着いた柔らかい印象でした。


IMG_5660.jpg
IMG_5661.jpg
フランス産黒トリュフとカイノミのコンソメドゥーブル カルタファ包み
素晴らしい!!!

IMG_5662.jpg
モレ・サン・ドニ 1er cru クロ・ソルヴェ 2001年 ジャッキー・トルショ
立ち上がり、ゆで卵、硫黄?
色薄でビオじゃないよね、ビオっぽい。
海のニュアンス感じるユル旨。
還元香は徐々に消えていき、ニュージーランドで当りのモヤッと感を出したピノに感じたタイプに近い気がするんですが。
独特のトルショ節でこれはこれで面白い。
ま、手に入らないけど・・

IMG_5664.jpg
活けオマール海老のロースト 岩塩バター風味
クラシックコース気合入ってます!!


IMG_5667.jpg
リシュヴール 1992年 アラン・ユドロ・ノエラ
あ~旨い。とっても健全な旨さ。
口中にまとわりつく粘性。香りはVTなりの、少し閉じこもり気味な印象ですがさすがのグランクリュ!


IMG_5669.jpg
黒毛和牛フィレ肉のロティ。 アルデンヌクラシックロードレース。
お料理の題名、いろいろ凝られていますがブログでは説明不足ごめんなさい。


IMG_5670.jpg
宇治産緑茶のグラニテとキウイ ヘイワードのソルベ

IMG_5671.jpg
A.B.F イチゴのミルフィーユ

IMG_5672.jpg
IMG_5673.jpg
ミニャルディー巣(笑)

IMG_5674.jpg
いやいや、ちょっと贅沢過ぎる貴重な経験、有難うございました。

暫く大人しくしないとな・・・・
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター