2017
05
22

シャンパーニュ視察#8

エルヴェ・ジェスタン氏と偶然遭遇!!

オーラが凄い。
6548_.jpg
IMG_6549_.jpg
有難いことにデギュスタシオンさせていただけることに。



IMG_6558_.jpg

6552_.jpg
ご本人自ら注いでいただく。恐縮です!


IMG_6553_.jpg
グラスは白い丸で印をつけてみたのですが、白い傷があらかじめ付けてあるシャンパーニュ用のグラス。
シャンパーニュの泡が、グラスの傷を核として立ち上がるようになっているもの。
形もフルートではなく白ワイン型。

IMG_6554_.jpg
IMG_6555_.jpg
味わいは、とにかくまろやかできれいで、口当たりに白ワインの超高級系を飲んだ時にも感じたことのある独特の潤い感。

透明感が半端なく、ガス圧は弱めだった気がします。

可愛らしい花のニュアンス。

なる程、これがエルヴェ・ジェスタンか。。
他のシャンパーニュとは確かに一線を画する美しい個性。

IMG_6559_.jpg
哲学が凄そう。。
通訳介してもなかなか難しい拘りの世界。
話は思ってもみない方向へ。

IMG_6566_.jpg
代々受け継ぐパワーストーンと対話しながら・・・・的な・・・・

6565_.jpg
6564_.jpg
えっ!昔、地下水脈を掘りあてるためにテレビで見たダウジングに似た機具?
超能力!?超常現象的な世界。

ここまでとは・・・恐るべし世界観。
ここまでくると毎年気にならざるを得ない。。。

シャルドネ50%(trepail)、ピノ・ムニエ25%(cumieres)、ピノ・ノワール25%(bouzy)
オーク樽で9ヶ月間熟成、マロラティック醗酵は自然に始まり、 夏至を過ぎてからビン詰め。

6568_.jpg
人当りは柔らかく、知的さが伺えてとっても紳士的で表情からも穏やかな優しいお人柄。

命がけで真剣ですね。

シャンパーニュは土地や土壌、気候などの条件的なこともさることながら、作り手によるものの大きさをつくづく感じたのでした。



スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター