FC2ブログ
2011
03
24

NZ視察報告 2011,3,25

私がワイヘキ島にいる間に参加できる収穫は今日で最後になりました。(残念)

明日は収穫はありませんがもちろんワイナリーには行きます。


収穫は“ぎりぎりまで甘みが乗るのを待つ”という感覚もよく勉強できました!



ワイナリー内は醸造の工程も同時に行われているのでスタッフ一同かなり疲労の色が出ています。

発酵の様子を久しぶりに動画で撮ってみました。

ぷちぷちという音で醗酵が確認できます。

醗酵が終わるまで6時間おきにプランジング。(ピジャージュ)

大変そうです。


その他、参考になりそうな画像をいくつか・・・・
P1120847.jpg
P1120905.jpg
接木あとですね。
分かり易いものを・・・。フィロキセラ対策はNZでも常識です。


P1120898.jpg
シラー。
いままで、ティアドロップと書いていましたが楕円形でした。
オリーブの実みたいですね。
P1120895.jpg
これはシラーの房。(分かりにくくてごめんなさい。)

収穫してて思ったのですがやはり若木のブドウはブドウの量も少ないし葉も少なく樹も当然小さい。

実も小さかったり量も少ないので樹齢ってかなり大事なポイントだと思いました。

若木のブドウ収穫は実が少ないのですぐ終わります。

生命力もあまり感じない。感じないというよりも樹齢が高いブドウの木の生命力たるやすごかったです。

ブドウの実って自分の子供を残す手段な訳ですから、「ここまで実つけるか!」というほどモリモリに実がなっている場合もあったりして・・・・

枝葉の成長具合もえぐいほどの生命力を感じることもありました。

自然の賜物です。
スポンサーサイト



Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター