思わず題名からネタばらしてしまってますが、弊社最後のチョイ飲み忘年会。

P1190109.jpg
まずは私の妻と榎本ノリちゃんの差し入れ画像から♪



P1190105.jpg
私、古河ダイスケの今年一番シャンパーニュ、ベレッシュのルフレ・ダンタンをみんなで味共有♪

う~ん良いね。
ソレラによるほんのりやわらかな熟成感と若さが混在。
香りがこなれているのはそれらの成せる技?

ガス感は大人しく味わいも柔らか。

優しく優雅な味わいにみんなの評判も上々で良かったわ。





P1190107.jpg
番外編のNZの大沢ワインズをこの機会にテイスティング。

ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ、ピノ・ノワール。

ソーヴィニヨン・ブランはきれいに作ってるね。
いやみなく上品。

シャルドネは程良い樽感が心地よくクリーンで好印象。

ピノ・ノワールは・・・・・派手過ぎて人工的。

わざとらしい感が出過ぎで二杯目に手が伸びない。。。。スミマセン、辛口で・・・・正直なコメントです。



で、トリは噴きモレワイン。
P1190108.jpg
ヴォーヌ・ロマネ 2004年 ルロワ

雹が降った事により禁断のデクラッセが行われた話題性のあるワイン。
リシュブール(特級畑)
ロマネ・サン・ヴィヴァン(特級畑)
ヴォーヌ・ロマネ・レ・ボーモン(一級畑)
ヴォーヌ・ロマネ・レ・ブリュレ(一級畑)
ヴォーヌ・ロマネ・レ・ジュヌヴリエール (村名畑)
2004のヴォーヌ・ロマネは、上記のワインを混ぜ合わせたものなんです。。。。。

香りGOOD!!!!!!!!
ルロワ香バリバリ!
やってくれるよね!な期待感を胸にテイスティング。




・・・・・シガシガしい!!!!!!(怒)



酸がやたらとがってる。。。。。。。。


う~~~~~~~~~~~~ん、状態は悪くないが何しろ酸がとがってシガシガする。


酸っぱい。


若すぎるのか?


でもここまで酸が強いと柔らかくなって来ても限界があるぞ。。。

ちっきしょー!悔しいワインだな。

30分くらいグラスくりくりするもシガシガが強くてがっかり。不機嫌になりました。



二度も振り向いてもらえないなんて(悲)





悔しいのでもう一本。
P1190111.jpg
ラルロ ニュイ・サン・ジョルジュ 1996年
こちらも少し噴きモレなんですけどね・・・・・(ワイン屋も大変なんです!飲みたくて飲んでるんじゃないんです!ややこしい飲みもんです!!)
ウン、こいつは健全!
抽出がしっかり目でもわもわ妖艶な感じも出てる。
程良く酸も通っていて今いい感じ。
村名ニュイにしては上出来ではないでしょうか?


しっかし、ルロワは悔しいな!!!トラウマだわ。。。根に持つタイプなんやぞ(怒)



てなことで、今年一年、有難うございました!(愚痴愚痴ですみません(笑))


来年も今年以上にワインと楽しみながら格闘したいと思います!

宜しくお願い致します!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2011/12/31(Sat) 20:22burichan [ URL|Mail ]

    おつかれ様でした。
    今年はいろいろありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします(^^♪
    良い年越しを~☆

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター