2012
02
03

DOHVA⇒リシュリュゥ

プチ会 at DOHVAさん。

いつも無理言ってスミマセン。ワインは持ち込ませてもらう。


P1190415.jpg
P1190416.jpg
ジャクソン 1996年
分厚くガス感も強い。ミネラル、鉄を感じる。
時間と共に開くとブランデーな感じも。
しっかりしてますね。
P1190419.jpg
ドサージュ3.5gとはエクストラドライだね。



P1190421.jpg
ほっこり、牡蠣うまし!!


P1190422.jpg
白子最高!!

P1190426.jpg
ぜんぜんプチ会じゃないんですけど・・・
バタール モンラッシェ 1989年 ポール・ペルノー
香りは初め大人しい。
舌の奥に独特の旨み感じるのは2010年のブルゴーニュ シャルドネにも感じたポール・ペルノースタイル。
酸が少しダレ気味でピークをやや過ぎた感。。。。。

こいつが15~20分位から面白くなって来て・・クッキーとかマロンクリーム、カスタード等のニュアンスが楽しめて面白かった!

探しても出てこないワインですからね~

P1190428.jpg
お造り気合入りまくりです!

P1190431.jpg
クロ・ド・ヴージョ 1990年 ジャン・グリヴォー
ギイ・アッカが関与していた(1987~1992)中でのGOOD ヴィンテージ。
検証です。
ふむふむ。。。
う~~ん・・・。
香り単調。
トーン重ため。
クロ・ド・ヴージョという畑の影響?
いや~グランクリュならもう少し頑張ってくれなきゃ・・・・
複雑味にも不満が残る。
独特のかゆ~い香り。
今後慎重に買い付けを考えざるを得ませんね。
1993年以降はまた検証の余地があるが・・・・


P1190432.jpg
ニュイ・サン・ジョルジュ オー・ブド 1995年 ルロワ!
ぜんぜんプチ会じゃないやん。
ルロワです。
NSGでこの香り出せるのすごいな。
テクニックですね。
香りがとにかく素晴らしいルロワ香。
味わいは香りにやや押され気味でNSGらしい奥行きは「親しみやすい」なんて言ったら怒られる高額ワインだが親しみやすい。





P1190437.jpg
伊予牛の炭火焼

P1190440.jpg
鴨肉のボロネーゼ!絶品です!!


P1190429.jpg
メッソリオ 1999年 
たまにはイタリアもね♪という事で、これもプチ会ワインじゃない!
どっしりしっかり、まだまだ若さが残るが良いですね~
ボロネーゼに合う!!
磯自慢風の香り少々、瑞々しさの後にまだ元気なタンニンがしっかり。
でも受けがいいワインだな。



P1190442.jpg
地鶏の炭火焼き、白ギモのソース絶品!!

P1190443.jpg
牡蠣とお魚を追加で♪


P1190446.jpg
デザートで〆!いやー旨かったうまかった!



「師匠、次どこ行きます?」という事で向かうは三宮のリシュリュゥさん


P1190448.jpg
ブリュノー・パイヤールで乾杯。


P1190450.jpg
P1190456.jpg
シャンボール・ミュジニー VV 2004年 ユドロ・バイエ
人工的に感じる香りが好みとはちょっと違うかなぁ

P1190457.jpg
ヴォーヌ・ロマネ 2002年 ベルナール・マルタン・ノブレ
先日もご馳走になったのですが抜栓仕立ては結構強い。
少し茎っぽさがあるが、開くと恐らく気にならなくなるはず。
先日ご馳走になったのはしっかり開いていて香りも広がりかなり好印象でしたので結構ストーリーが楽しめるワインなのでは??


シャトー・ヌフ・デュ・パプ 2001年 ドメーヌ・デュ・カイヨン
しっかりどっしりで緩急付けて飲み比べると食後のワインバーではいい感じですね。



いやいや、今回も贅沢させて頂きました。

貴重なワインを沢山ご馳走様でした~!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター