2012
03
12

お手伝い

つい先日のお仕事でしたが、お客様のお店でワイン会(ワインパーティ)。

その、ソムリエして参りました。

参加人数は60名超!

ワタナベバー
序盤の画像です。

ワインはもちろん私がチョイスさせて頂きましたが、お客様より「濃いワインが好き」というご希望を頂いていたのでブドウ品種ごと、国ごとに展開して全20種類以上をいろいろ比較テイステインング。

こんな感じのストーリーで・・・
まずはイタリアスプマンテ
①モンテベッロ
②シャンパン ブラン・ド・ブラン(アグラパール 7cru )
③シャンパン ブラン・ド・ノワール(セドリック ブシャール アンフロレサンス 2007年)

スプマンテとシャンパーニュの違い、ブラン・ド・ブランとブラン・ド・ノワールの違い。

ボルドー品種からフルボディ比較へ・・・・をストーリー仕立てでいろいろ比較
④コンチャ・イ・トロ カベルネ(チリ)
⑤ジャン・バルモン カベルネ(南仏)
⑥ロバート・モンダヴィ カベルネ(カリフォルニア)
⑦ニュートン ナパヴァレー クラレット(カリフォルニア ボルドーブレンド)
⑧Ch.ド ブリッサ 1997年(ボルドーの熟成)

⑨ジャンバルモン メルロー (南仏メルロー)
⑩シャトー モンペラ 2009年(南仏メルロー主体)

⑪ヴィニウス シラー (南仏シラー)
⑫ウインダウリ サクラシラーズ(オーストラリア シラーズ)
⑬クロード・ヴァル 赤(南仏品種ブレンド)

ワインが足りず番外編で
パッソ・ドブレ (アルゼンチン マルベック主体)
コンテ ディ マタロッコ ネロ・ダヴォラ

覚えてるだけでもこんな感じ。まだまだ開きました。

いやいや勉強になりました!


ビュリュゲ
最近大好き、アグラパール 7cru!
いやいや、美味しいわぁ。
バランスの取れた大人のすっきり感。
複雑さもあるしね。

セドリック
セドリック ブシャール アンフロレサンス 2007年
これ、初めてでしたが良かった!!
やはりブラン・ド・ブランと比較すると甘みがありますね。


ビュルゲ
番外編でこっそり抜栓♪
ジュヴレイ・シャンベルタン 1er cru レ・シャンポー 2007年
こちらは2004年のジュヴレイ・シャンベルタン メ・ファヴォリット V.V.が大ヒットしたとあって飲むチャンスをうかがっていた検証ワイン。
むむむ、おいしい。
美味しいけど・・・バランス感に不満。
どうしても04の優等生ぶりを期待してしまうのだが、ヴィンテージの加減と若さもあってチグハグ。
口当たりと喉越しはとてもエレガントで綺麗だが酸が少し勝り旨みがしみこむようなしみじみ感が少ない。
美味しいんですけどね。

この日も勉強になりました!

有難うございました!!!
スポンサーサイト

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ワインハウス センチュリー

  • Author:ワインハウス センチュリー
  • ワインハウス センチュリーのオフィシャルブログです。

    シニアソムリエ3名を含む6名のソムリエ資格保持者が常駐するワインショップ。

    阪神間を中心に、ワインを中心としたお酒の卸小売りの会社です!
    ワインの楽しさをいかに皆様にお届けできるか、日々奮闘中!!

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター